吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Ike_Quebec

【Disc Review】“Soul Samba” (Oct.1962) Ike Quebec

“Soul Samba” (Oct.1962) Ike Quebec
Ike Quebec (Tenor Sax)
Willie Bobo (Drums) Kenny Burrell (Guitar) Wendell Marshall (Bass) Garvin Masseaux (Chekere)

Soul Samba (Hybr)
Ike Quebec
Apo
アイク・ケベック


 激渋テナーIke Quebecのボサノバアルバム。
 さすがにこれは似合わないだろ・・・と思いきや、これがいい感じ。
 渋くてクールなボサノバ。
 また、流行に乗っただけの企画・・・と思われそうですが、時期的にはまだジャズ的ボサノバの黎明期。
 “Getz/Gilberto” (Mar.1963)よりも前、“Jazz Samba”(Feb.1962) Stan Getzの半年後の録音のようです。
 後は続きませんでしたが、意外にもIke Quebecもジャズ的ボサノバの先駆者のひとりなのでしょうかね。
 選曲も激渋。
 まだJobimナンバーがメジャーになっていない時期なのだと思いますが、後にもあまり有名にはならなかった曲揃い。
 もちろんそれでも素敵なメロディ揃いです。
 Ike Quebecはサブトーンを強めに効かせて沈んだムードのテナー。
 低音中心、力を入れず終始抑制された音使いがかえって凄みに繋がっているようにも思います。
 ギターのKenny Burrellもクールで淡々とした音使い。
 ひょっとしたらまだボサノバ慣れしていなかったのかもしれませんが、結果的には、他にはあまりないクールで抑制されたボサノバアルバムに仕上がっていると思います。
 ジャケットはちょっとやりすぎで怖い気もしますが、中身は渋くてクール、夜のボサノバテナー。




posted by H.A.

【Disc Review】“With a Song in My Heart” (Feb.1962) Ike Quebec

“With a Song in My Heart” (Feb.1962) Ike Quebec
Ike Quebec (Tenor Saxophone)
Earl Van Dyke (Organ) Sam Jones (Bass) Willie Jones (Guitar) Wilbert Hogan (Drums)

With a Song in My Heart by Ike Quebec (2012-08-22)
Ike Quebec
EMI Japan
アイク・ケベック


 Ike Quebec、こちらもしばらくお蔵入りしていた作品。
 得意のオルガン入りのコンボ。
 スローテンポのバラードが半数以上を占める構成。
 バラード集を作ろうとしてスッキリまとまらなかった・・・なんて想像してしまう演奏集。
 確かにこれはギターの刻むリズムが少々単調だし、その他流し気味になっている演奏もあるかな?
 ともあれ、Ike Quebecがバラード吹いてりゃなんでもいいか・・・
 なんてのはファンだけなのでしょうかね。
 オルガン入りのIke Quebec聞くなら、“Heavy soul” (1961)、“It Might as Well Be Spring” (1961)から、に異論ありません。
 とにもかくにも、本作の魅力はIke Quebecのオルガン入りバラード中心なこと。
 私は嫌いでなかったりします。




posted by H.A.

【Disc Review】“Easy Living” (Jan.1962) Ike Quebec

“Easy Living” (Jan.1962) Ike Quebec
Ike Quebec (tenor saxophone)
Sonny Clark (piano) Milt Hinton (bass) Art Blakey (drums) Bennie Green (trombone) Stanley Turrentine (tenor sax)

イージー・リヴィング
アイク・ケベック
ユニバーサル ミュージック
2014-06-25


 Ike Quebecのとても渋いジャズ。
 しばらくお蔵入りになっていたのは、少々質感の異なるオールドスタイルとモダンジャズ、セクステットとカルテットが中途半端に入り混じっているからかな?
 カッコいい曲、カッコいい演奏揃いで、それ以外に発表しなかった理由は思いつきません。
 冒頭からちょっと時代を感じさせるホーンのアンサンブルのスローブルース。
 今の耳で聞くとその時代感がカッコいい。
 Ike Quebecにはこのムードが一番合っていると思うし、好調そうな吹きっぷり。
 続くBennie Green、Stanley Turrentineのオリジナル曲も、ちょっとヤクザないかにもモダンジャズなカッコいい曲。
 CDでのボーナストラック二曲もそのままのムードが続いて、アナログB面に移るとカルテットでのバラード三曲。
 これをお蔵に入れるとはなんともったいない。
 Ike Quebec、普通のピアノトリオバックの演奏が少ないだけに、希少な録音。
 トロトロのテナーと引きずるようなピアノのコンビネーションの妙。
 ま、Ike Quebecがバラードを吹くと、どんな背景でもカッコよくなてしまうのでしょうが・・・
 スローバラード三連発も全く退屈なし。
 CDでは全八曲。
 ここから六曲選んでコンパイルしようとしてまとまらなかったのでしょうかね?
 確かに表が全てジャンピーで、裏が全てバラードってのもあまりない構成だし、二枚に分けるには曲が足らない。
 確かに難しいのかな?
 でも、
  A1 “Easy Living”
  A2 “Congo Lament”
  A3 “I've Got A Crush On You”
  B1 “See See Rider”
  B2 “Nancy”
  B3 “Que's Pill”
んな感じで並べれば、B1がアクセントのいいアルバムになりそうだけど・・・
  ってなマニアックで勝手な想像も楽しめる素敵な演奏集。
 和みます。




posted by H.A.

【Disc Review】“Blue & Sentimental” (Dec.16.23.1961) Ike Quebec

“Blue & Sentimental” (Dec.16.23.1961) Ike Quebec
Ike Quebec (Tenor Sax)
Paul Chambers, Sam Jones (Bass) Sonny Clark (Piano) Grant Green (Guitar) Louis Hayes, Philly Joe Jones (Drums)

Blue & Sentimental
Ike Quebec
Blue Note Records
アイク・ケベック


 激渋テナーのIke Quebec、“It Might as Well Be Spring” (1961)から一週間後、メンバーを総入れ替えしての録音。
 三週続けてなぜか同じ曜日でのセッション、ってなのもビジネスチックで面白いなあ。
 オルガンが抜けてモダンジャズ、ブルーノートな顔ぶれでの文字通りのモダンジャズ。
 好みからすればオルガンのサポートがいいのだけども、まあこのメンバーでよくないものが出来るはずはありません。
 このアルバムもスローバラード”Blue and Sentimental”からスタート。
 さすが勘所を押さえていらっしゃる。
 Grant Greenのいかにも鉄線弾いてます的な音でのブルージーなイントロの後はいきなりのトロトロテナー。
 いやはや、オルガンでなくてもいいです。
 というより、Grant Greenの素朴なギターの音との組み合わせが最高。
 脂が乗ったテナーと乾いたギターの対比。
 また、ピアノの参加は一曲のみで、ほとんどがギタートリオでのサポート。
 バックが厚くない分、テナーの残響音が心地よく空間に響きます。
 例によっていくつかのオリジナル曲と、スタンダード、ブルースの組み合わせのモダンジャズの様式美。
 概ね均等ですが、アナログA面の2/3がスローバラードの珍しい構成。
 バラードで始まり、ジャンピーな曲を挟んで、さらにバラード。 テーマからソロを演じたテナーが抜けて、ギタートリオになって寂寥感のある静謐な空間。
 その後にトロトロベタベタのテナーが再度入ってくる瞬間の気持ちいいこと。
 体の力がフニャーと抜けていく感じ。
 リラックスの極み。
 B面に移ってもスローブルースから。
 ジャンピーなナンバーを経て、バラードで締め。
 クールなモダンジャズと言えば“Midnight Blue” (1963) Kenny Burrellを想い起してしまいますが、それに並ぶクールな質感。
 これは最高です。
 渋くてクールなモダンジャズ。




posted by H.A.

【Disc Review】“It Might as Well Be Spring” (Dec.9.1961) Ike Quebec

“It Might as Well Be Spring” (Dec.9.1961) Ike Quebec
Ike Quebec (Tenor Sax)
Al Harewood (Drums) Milt Hinton (Bass) Freddie Roach (Organ)

It Might As Well Be Spring
Ike Quebec
Blue Note Records
アイク ケベック


 ジャズっぽくないアルバムばかり続いたので、コテコテのジャズ、This is Modern_Jazzな音。
 激渋テナーのIke Quebecのオルガン入りコンボ、名作“Heavy soul” (1961) と同時期、同メンバーでの作品。
 記録を見るとその二週間後ぐらいの録音のようです。
 もちろん同質、同レベルの好作品。
 スタンダード曲が充実しているのでこちらの方が人気なのかもしれません。
 いきなり今にも止まりそうなスローテンポでの”It Might As Well Be Spring”。
 周囲を包み込むような暖かなオルガンの響きとトロトロのテナー。
 これはたまりませんねえ。
 Ben Websterから脂気を抜いたような音色とほどほどのサブトーン。
 ちょっとひしゃげたような微妙な歪もちょうどいい感じ。
 ベタつきそうでそうはならないギリギリのところで踏みとどまっている絶妙なバランス。
 オールドスタイルと言えばそうなのかもしれないけども、妙に奇をてらった音使いよりも、テナーサックスはこのぐらいの古さぐらいが一番心地よいなあ。
 モダンな感じの曲も何だかノスタルジックでいい感じ。
 似たタイプの人は、古今東西、何人もいるのだろうけども、この人だけが醸し出す微妙な雰囲気とオールドスタイルとモダンスタイルの絶妙なバランス。
 Ben WebsterDavid Murray、この人が好みのテナーサックスだけども、この人が一番安心して聞けます。
 そんなカッコいい激渋テナーとオルガンの組み合わせは最高に極楽気分な音。
 ベースをオルガンで弾いて、ギターが入ると、もっとスムースでグルーヴィになったんだろうなあ・・・なんてことは贅沢なわがままでしょうね。
 私にとってはThis is Tenor_Sax.な人。




posted by H.A.

【Disc Review】“Heavy soul” (1961) Ike Quebec

"Heavy soul” (1961) Ike Quebec
Ike Quebec(Tenor Sax)
Freddie Roach (organ) Milt Hinton (bass) Al Harewood (drums)

Heavy Soul
Ike Quebec
EMI Europe Generic
アイク ケベック

 名門ブルーノートからソウルフルテナーIke Quebec。
 このアルバムではオルガントリオをバックに、ちょっとひしゃげたような音色で、サブトーンを効果的に交えながら、メロディアスなフレーズを展開。
 スイング時代からのベテランらしく、少し古い雰囲気を醸し出しながらも、モダンジャズとして不自然でない演奏。
 Coleman HawkinsやBen Websterの場合、モダンジャズをやっても、何となくスイング時代を感じてしまいますが、この人の場合はモダンジャズ。
 いそうでなかなかいないタイプのミュージシャンのように思います。
 曲はオリジナル曲とスタンダードを半々。
 どの曲もカッコいいメロディとリフ、アレンジも決まっています。
 全編オルガンが入ったJazz独特のグルーブ感満載。
 聞いていると1960年代のハーレム辺りに連れて行ってくれそう。
 アップテンポの曲もいいですが、数曲入るバラードも絶品。
 スペーシーなオルガンの音が空間全体を包み込み、とろけるようなサブトーンたっぷりのテナーを聞いていると、全身の力がふにゃ~と抜けていきそう。
 渋いです。
 カッコいいです。




posted by H.A.
Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ