吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Gilad_Hekselman

【Disc Review】”Ask for Chaos” (2018) Gilad Hekselman

”Ask for Chaos” (2018) Gilad Hekselman

Gilad Hekselman (guitar)
gHex Trio : Rick Rosato (bass) Jonathan Pinson (drums)
ZuperOctave : Aaron Parks (piano, keyboards) Kush Abadey (drums, pads)

Ask For Chaos
Gilad Hekselman
Pias UK
2018-09-14


 ニューヨーク系コンテンポラリージャズのギタリストGilad Hekselmanの最新作。
 オーソドックスな編成のギタートリオgHex Trioと、Aaron Parksを迎えエレクトリックを前面に出したトリオZuperOctaveの二編成。
 柔らかくて耳当たりのよい音ながら、その実、先端的で複雑、不思議な音楽を作る人。
 gHex Trioは前作“Homes” (2015)よりもビートが柔らかな感じ、フワフワと漂うような不思議系ジャズ。
 ”Milton”なんて曲もあり、そんな南米的な浮遊感も全編に漂っている感じ。
 ZuperOctaveは電子音と複雑なビートの先端ジャズ。
 パシパシと決めまくる先端的ドラムにシンセ(っぽい)ベース、エレピとシンセサイザー、たっぷりのエコーが効いたクリーントーン、時に強くエフェクティングしたギター。
 徹底的に攻めた音。
 が、こちらのバンドもキツさはなく、柔らかなビート感と強烈な浮遊感。
 楽曲は複雑でメカニカルながら柔らかさが勝り、全て前向きで明るい表情。
 さらにここまでのアルバムと同様に、全体に何かメッセージが込められているのであろうドラマチックな構成。
 後に残る名作になる予感・・・ってなのは贔屓に過ぎますか?
 とにもかくにも心地よさ最高の先端ジャズ。




posted by H.A.

【Disc Review】“Hearts Wide Open” (2010) Gilad Hekselman

“Hearts Wide Open” (2010) Gilad Hekselman
Gilad Hekselman (Guitar)
Joe Martin (Bass) Marcus Gilmore (Drums) Mark Turner (Saxophone)

Hearts Wide Open
Gilad Hekselman
Le Chant Du Monde Fr
ギラッド ヘクセルマン



 ニューヨーク系コンテンポラリージャズギタリストGilad Hekselmanの第三作。
 現代の若手のエース陣を揃えたクールなコンテンポラリージャズ。
 前二作のオーソドックスな色合いが薄くなり、複雑なビート、いかにも最新型なコンテンポラリージャズの怒涛のような演奏。
 ドラムはまさに怒涛のような叩きっぷりですが、ギターは怒涛と呼ぶには違和感のある優しい音。
 押し寄せてくるというよりは、次々と湧きだしてくような・・・、といった表現が妥当なような穏やかな音使い。
 最新作“Homes” (2015)まで続く、激しい系の最新鋭ドラマーMarcus Gilmoreとのコンビネーション、激しさと穏やかさの対比は絶好の組み合わせ。
 サックスMark Turnerのクールで強い浮遊感の不思議系の音使いも相性ピッタリ。
 本作ではジャズスタンダートはなし、全てオリジナル曲、不思議系。
 いろいろな楽曲が混在していた前作“Words unspoken” (2008)のいろいろな要素が一つに溶け込んだような統一感。
 アルバムの先頭と最後に短い“Prologue”、”Epilogue”を配し、後半に向けて徐々に高揚していくドラマチックな編曲、構成。 
 思わせぶりに始まり、紆余曲折を経て、終盤はドカーンと盛り上がります。
 全編通じてモダンジャズのムードがなくなり、いかにもコンテンポラリージャズ、ニューヨーク系。
 浮遊感が強くて、不思議で、激しいようで穏やかな複雑な質感。
 しかもドラマチックでスリリング。
 さらにクール。
 この質感そのままに、メンバーも同じ次作“This Just In” (Dec.2011,Jan.2012)へと続きます。




posted by H.A.

【Disc Review】“Words unspoken” (2008) Gilad Hekselman

“Words unspoken” (2008) Gilad Hekselman
Gilad Hekselman (Guitar)
Joe Martin (Bass) Marcus Gilmore (Drums) Joel Frahm (Tenor Saxophone)

Words Unspoken
Gilad Hekselman
CD Baby
ギラッド ヘクセルマン


 ニューヨーク系コンテンポラリージャズギタリストGilad Hekselmanの第二作。
 デビュー作“Splitlife” (2006)は不思議系のジャズトリオでしたが、本作でサックスが数曲で参加。
 冒頭の“Ga'agua”は前作の穏やかさからは想像できない沈痛でヘビーな演奏。
 激情系テナーと激しいギターのソロ。
 現代の若手とは思えないような、John Coltrane的な重さのある演奏。
 これは凄いや、と身構えていると、以降は前作同様の穏やかな表情の不思議系コンテンポラリージャズ。
 サックスが入る曲は若干沈痛だったり、エキサイティング系ジャズだったり、歌謡曲風だったりしますが、冒頭曲のようなことはありません。
 この人の本筋はやはり穏やかな表情の不思議系のようです。
 何拍子かわからない複雑なビートとフワフワと漂うメロディ。
 “April in Paris”, ” Countdown”などのジャズスタンダードもそんな曲に化けています。
 と思っていると“Someone to Watch Over Me”は最後まで静かな普通のジャズバラード演奏だったり、”How Long Has This Been Going On”は素直なラテンだったり・・・
 とかなんとか、いろんな要素が入り混じる印象ですが、ギター自体は各曲とも同じ色合い。
 丸いクリーントーン、 ふわふわと漂いながら突っ走る、不思議感満載ながらスムースこの上ない音使い。
 天から次々と降ってくるような音、とても心地よいうえにクールな質感。
 今から思えばこのアルバムの異質な要素を混ぜ合わせた結果が、後続の“Hearts Wide Open” (2011)、“This Just In” (2011)のようにも聞こえます。 
 にしても冒頭曲は沈痛でヘビーだなあ。
 カッコいいけど。




posted by H.A.

【Disc Review】“Splitlife” (2006) Gilad Hekselman

“Splitlife” (2006) Gilad Hekselman
Gilad Hekselman (Guitar)
Joe Martin (Bass) Ari Hoenig (Drums)

SplitLife by Gilad Hekselman (2006-05-03)
Gilad Hekselman
Smalls Records
ギラッド ヘクセルマン


 イスラエル出身、ニューヨーク系コンテンポラリージャズギタリストGilad Hekselman、デビュー作、ライブ録音。
 とても穏やかで、とても優し気、そしてクールなギタートリオ。
 激しい人も少なくないコンテンポラリージャズギタリストの中、この人は穏やか系。
 他のイスラエル系のジャズの人達と比べると穏やかでオーソドックスなムード。
 ギターの音色はちょっと丸くて太めのクリーントーンで一貫しています。
 変拍子ではなく、4ビート中心。
 バンドのメンバー、演奏はニューヨーク系コンテンポラリージャズの中ではオーソドックスな方でしょう。
 半数を占めるジャズスタンダードの演奏もオーソドックス。 
 ちょっと聞きでは普通のジャズギタートリオですが、ちょっと変わっています。
 強い浮遊感が漂う不思議系。
 普通な感じの演奏が、なぜかちょっと違う感じ、ただ者ではないカッコよさ。
 もちろんその源泉はリーダーのギター。
 派手でも攻撃的でもなくオールドスタイルなようで、フレージングがものすごく斬新。
 次から次へと自然に湧き出してくるというか、天から降りてくるようなというか、そんなスムースな音の流れ。
 聞き飽きたはずのジャズスタンダードが新しいもののように聞こえます。
 オリジナル曲は不思議系の淡いメロディ。
 後の諸作でのドラマチックな展開はまだ出ていませんが、穏やかさがかえって魅力的。
 この後メンバーを変更しながら、先端的なコンテンポラリージャズへと変わっていきます。




posted by H.A.

【Disc Review】“Homes” (2015) Gilad Hekselman

“Homes” (2015) Gilad Hekselman
Gilad Hekselman (guitar)
Joe Martin (bass) Marcus Gilmore, Jeff Ballard (drums)

Homes
Jazz Village
2015-10-09
ギラッド ヘクセルマン

 ニューヨーク系コンテンポラリージャズの人気ギタリストGilad Hekselman、最新アルバム。
 前作“This Just In” (2011,2012)からサックスが抜け、シンプルにトリオ。
 この人のギター、音は艶やか、キレイで優しげ、でもフレージングは予想不可能、強烈な浮遊感。
 何か別のルールで弾いているような感じ。
 次はこうかなと思っていると違うところへ。
 でも、調和を崩すわけでもないし、とらえどころがない感じでもないし。
 散文的?Wayne Shorter的?それも違うか・・・
 なんだか変わっているんだけども、妙な感じではないし、基本的にはキレイだし、最後はなぜかまとまっていく。
 浮遊感系、不思議系、そしてクール系。
 バンド全員がそうだとなんだかわからないものになりそうだけど、ビシッとした推進力の強い最新型のリズムの上でこれだからカッコいいんでしょうね。
 ビシバシなドラムが煽る煽る。
 曲はこれまた不思議系のオリジナル+Pat Metheny, Baden Powellなど。
 短いプロローグ?インタールド?を挟むのは前作と同様。
 何かメッセージがあるのでしょうが、現時点では読み解けず。
 オリジナル曲はどれも抽象度が高く複雑なようで、何故かサラリと聞けてしまいます。
 テーマ一発、あとはアドリブ・・・といった印象ではなくて、徐々に盛り上がるドラマチックな構成も前作と同様。
 これどうなるんだろう・・・と思っていると気が付けばドカーンと盛り上がっている、これまた不思議な質感。
 不思議系だけども気難しさはありません。
 今のニューヨーク系コンテンポラリージャズの典型の音、かな。
 20世紀にはこんな感じのギタートリオ、なかったもんね。




posted by H.A.

【Disc Review】“This Just In” (Dec.2011,Jan.2012) Gilad Hekselman

“This Just In” (Dec.2011,Jan.2012) Gilad Hekselman
Gilad Hekselman (guitar)
Joe Martin (bass) Marcus Gilmore (drum) Mark Turner (sax)

This Just In [輸入盤]
Gilad Hekselman
Jazz Village
2013-04-25
ギラッド ヘクセルマン

 若手ギタリストGilad Hekselmanの2012年作。
 複雑なメロディ、複雑なビート、浮遊感の強いギター、サックスがいかにも現代的なニューヨーク系コンテンポラリージャズ作品。
 メンバーは前作"Hearts Wide Open" (2011)から変更なし。
 現在のファーストコールが揃った現代系ジャズのベストメンバー。
 この人の作品、淡い色合いの複雑系の曲作りが特徴のように思いますが、前作からアルバムとしては組曲的な構成となっています。
 結果、個々の楽曲、演奏の複雑感、強烈な浮遊感はそのままに、アルバムの起承転結が明確になり、盛り上がり~完結感がいい感じ。
 アルバム全体が一編のストーリーとしてスキッリとまとまった印象で、淡い色合いながらとてもドラマチック。
 ギターはちょっと太めで艶のあるクリアな音色を中心に、複雑でふわふわと漂うような個性的な音使い。
 次から次へと湧き出してくるようなイメージが特徴的なフレージング。
 予測不能な音使い、ハイテンションなようで、あくまで柔らかで穏やか、スムースな質感。
 数曲で客演するMark Turnerもいつものクールさ、浮遊感に加えて、激しくドラマチックなインプロビゼーション。
 そして全編で叩きまくり、盛り上げまくるMarcus Gilmoreのドラム。
 こりゃ気持ちいいや。
 強烈な浮遊感、ハイテンションなインプロビゼーションが醸し出すほどよい緊張感が、とても心地いいバランス。
 とてもクールです。




posted by H.A.
Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ