吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

George_Gruntz

【Disc Review】”Trio Tage” (Oct.Nov.2002) George Gruntz, Thierry Lang, Dino Saluzzi

”Trio Tage” (Oct.Nov.2002) George Gruntz, Thierry Lang, Dino Saluzzi
George Gruntz, Thierry Lang (piano) Dino Saluzzi (bandoneon)

トリオ・ターゲ
ティエリー ラング,ディノ サルーシ, ジョルジュ グルンツ
P-JAZZ
2005-04-20


 Dino Saluzzi、スイスのピアニスト二人とのトリオ作品。
 George Gruntzとはビッグバンド作品”Theatre” (1983)以来の共演。
 美しいピアノの代表格Thierry Langは、郷愁感が強い諸作、牧歌的な作品も作っており、Dino Saluzziは憧れの人だったのかもしれません。
 いずれにしても異色の共演、異色の編成。
 ”If” (2001) Myriam Alterと同様に、ECM以外で録音すると何故かタンゴの香りが強くなるのも面白いところ。
 本作は静謐で美しいバラード集。
 冒頭、ピアノによる静かなフリージャズ。少々混沌の時間はそこだけ。
 リズムが入りバンドネオンが入ると独特の揺れ。
 そして郷愁感あふれるDino Saluzziのメロディ。
 美しいピアノを背景にして自在に動き回るバンドネオン。 揺らぐ空間。
 その揺らぎはバンドネオンの音が止むまで止まりません。
 ピアノだけになると一転して端正なリズム、ジャズの気配。
 が、バンドネオンの参加とともにまた揺らぐ時間へ・・・その繰り返し・・・。
 各者が持ち寄ったとてもセンチメンタルなメロディ。
 Dino Saluzziの郷愁感、ヨーロピアンのスタイリッシュな哀愁感。
 タンゴであれ、ジャズであれ、Dino Saluzzi Worldであれ、美しいメロディ、美しいピアノと揺らぐバンドネオンが作る素晴らしい時間。
 とても素敵なアルバムです。

※音源がないので収録曲をThierry Langの作品から。


posted by H.A.

【Disc Review】”Theatre” (1983) George Gruntz

”Theatre” (1983) George Gruntz 
George Gruntz (keyboards)
Marcus Belgrave, Tom Harrell, Palle Mikkelborg, Bill Pusey (trumpet, fluegelhorn) Peter Gordon, Tom Varner (French horn) Julian Priester (trombone) Dave Bargeron (trombone, euphonium) David Taylor (bass trombone) Howard Johnson (tuba, bass clarinet, baritone sax) Charlie Mariano (alto, soprano sax, flute) Ernst-Ludwig Petrowski (alto, soprano sax, clarinet) Seppo "Baron" Paallunainen (tenor sax, flute) Dino Saluzzi (bandoneon) Mark Egan (bass) Bob Moses (drums) Sheila Jordan (vocal)

Theatre
George Gruntz
Ecm Import

ジョルジュ グルンツ

 スイスのピアニスト、George Gruntzのビッグバンド作品、ECMから。
 Phill WoodsのEuropiean Rhythm Machineのメンバーだった人。
 当時のECM所縁のメンバーを中心に集めたコンテンポラリーなビッグバンドですが、面白いのはバンドネオンのDino Saluzzi、ボーカルのSheila Jordanの参加。
 Dino Saluzziは前年にECMで初リーダー作“Kultrum” (1982)を吹き込んだばかり。
 プロデューサーManfred Eicherとしても、いろいろ組み合わせてみたかったのでしょうねえ。
 Sheila Jordanは“Home” (1979) Steve Swallow、“Playground” (1979)、”Last Year's Waltz”(1981) Steve Kuhnに参加、こちらもこれからプッシュしようとしていた矢先?
 Mark Eganのベースのフィーチャー度が高めなのも何かあるのかな?
 冒頭から妖しげなVoiceと、揺れるバンドネオンが炸裂。
 いかにもECM的な一筋縄ではいかないビッグバンド。
 フリーな場面はわずかですが、民族音楽的な色合いやら、エスニックなボイスやら。
 アナログB面移るとこれまた妖しげなSheila Jordanのボーカルをフィーチャー。
 とか何とか、ゲストのフロント陣が変わった色合いですが、背景のバンドは端正で現代的なビッグバンド。
 Mark EganのフレットレスベースとGeorge Gruntzのエレピ、ピアノ、上品なホーンアンサンブルが背景を作り、手練れたホーン陣がソロを取るオーソドックスな展開。
 以降、Dino SaluzziはECMに定着、Sheila Jordanはリーダー作に至らず。
 Pat Metheny Groupを抜けたMark EganもECMに残らず、当のGeorge GruntzはECMではこれ一作のみ。
 何がどうなったのやら・・・。
 いずれにしても変わり種の面白いビッグバンド作品。

※このバンドの映像、音源が無いので、代わりにPhill Woods、Sheila Jordan、George Gruntzのビッグバンドを。 


posted by H.A.

Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ