吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Fusion

【Disc Review】“Montreal Live 89” (Jul.3, 1989) Pat Metheny Group

“Montreal Live 89” (Jul.3, 1989) Pat Metheny Group
Pat Metheny (guitars)
Lyle Mays (keybords) Steve Rodby (bass) Paul Wertico (drums) Pedro Aznar (voice, guitar, percussion) Armand Marsal (percussion,voice)
 
Montreal Live 89
Pat Metheny
Hihat
2016-04-15
パット メセニー

 Pat Metheny Group、ラジオかテレビ音源からのブートレッグ、2016年リリース。
 “Letter from Home” (1989)の頃、私の最も好きな時期、ブラジル色を入れた時期のコンサートの音源。
 “The Road to You” (1991)といった近い時期のライブアルバム、DVDもあるのですが、そちらはCD一枚、一時間前後に圧縮されていたこともあり、全体が聞けると思うと、つい・・・
 予想に違わない素晴らしい演奏。
 音質も”The Road to You”とまではいかずとも、普通に十分に楽しめる音。

Disc1.
●Phase Dance
〇Have You Heard
 Every Summer Night
 Change Of Heart
〇Better Days Ahead
〇Last Train Home
〇First Circle
 Scrap Metal
 Slip Away
 If I Could
 Spring Ain’t Here
 
Disc2.
●Straight On Red
●Are You Going With Me?
 The Fields, The Sky
 Are We There Yet?
 (It’s Just) Talk
〇Letter From Home
〇Beat 70
 Miuano
〇Third Wind

 “Have You Heard”で始まり、”Third Wind”で締めるのは当時のお約束だったのかもしれませんが、オープニングに懐かしの” Phase Dance”、締めの前には“Still Life (Talking)” (1987)のオープニング曲” Miuano”。
 当時のライブを観た人、ブートレッグを聞いている人からすれば定番で当たり前の流れなのかもしれませんが、初めて当時のライブの全貌に振れる立場としては新鮮です。
 いわゆるブラジル三部作”First Circle” (1984), “Still Life (Talking)”, ”Letter from Home”(1989)の美味しい所を集めてきたような選曲。
 さらには“Travels” (1982)にしか収録されていない変則サンバの隠れた名曲”Straight On Red”やら、”Question and Answer” (1989) 収録曲やら、その他諸々。
 “The Road to You”との重複は上の〇、“Travels” (1982)とは●。
 ”Phase Dance”、”Straight On Red”など、”Travels”の方がスッキリしているかもしれないけども、こちらの方がハイテンション、凄まじいまでの熱感、疾走感。
 目くるめくような名曲名演の連続。
 柔らかくしなやかで、ヒタヒタと迫ってくるようなビート、少し湿り気と哀感があるサウンド。
 私的には一番好きな時期、一番好きなメンバーのPat Metheny Groupがぎっしり詰まっています。
 音楽の密度としては、各々の作品、”The Road to You”の方が高いのかもしれないけども、それらを全部まとめて楽しめる一作として、よろしいのでは。
 ブートレッグながら、無人島アルバムになる・・・かな?

 Pat Metheny Groupの活動は”The Way Up” (2003,2004)で事実上停止しているのだと思いますが、そろそろ復活しないでしょうかね。
 超大作“The Way Up”でやり切った・・・、懐メロはやらない・・・、と言われてしまうと納得してしまうところではあるのですが・・・
 いずれにしても、もうこの頃の音には戻れないのでしょうね。
 
 


posted by H.A.

【Disc Review】“New York November 1979” (Nov.1979) Pat Metheny Group

“New York November 1979” (Nov.1979) Pat Metheny Group
Pat Metheny (guitars) 
Lyle Mays (piano, oberheim, autoharp, organ) Mark Egan (bass) Dan Gottlieb (drums)
 
New York November 1979
Pat Metheny
Hi Hat
2017-01-20
パット メセニー

 Pat Metheny Group、“American Garage” (1979)直後のラジオかテレビ音源からのブートレッグ、2017年リリース(なのだと思います)。
 ブートレッグにはあまり手を出さない(出さなかった)のですが、先に入手した“Montreal Live 89” (Jul.3, 1989)があまりにも素晴らしかったので、グループ結成前の“Boston Jazz Workshop, September 1976” (Sep.21.1976)、さらにMark Egan、Dan Gottlieb時代のライブも聞いてみたくなり入手。
 “Travels” (1982)ではもうSteve Rodbyに交代していたし、どのくらい印象が違うのか気にもなる時期。
 まだ普通にフュージョンっぽいバンドサウンド、ロックっぽさもありますが、この頃から柔らかなこのバンド独自のビート感と、艶のある丸いクリーントーンで突っ走るギター。
 “Boston Jazz Workshop, September 1976” (Sep.21.1976)の疾走感はそのままに、粗っぽさが消え、よりまとまった完璧な演奏、音質もまずまず。
 “Pat Metheny Group” (1978)、“American Garage” (1979)をそのまま再現したようなステージ構成。
ライブながら一糸乱れない完璧な演奏からすれば、初期のこのグループのアルバムはこれだけ持っとけば・・・なんてのは言い過ぎですが、そんなステージ構成、演奏。
  “Phase Dance”で始まるのは後々までのお約束として、”April Joy”、“Jaco”、“Cross The Heartland”、 “American Garage”、”James”など、公式のライブアルバムで聞けない名曲のライブバージョンが聞けるのが嬉しいところ。

Disc1.
 Phase Dance
 Airstream
 April Joy
 Unity Village~The House Of The Rising Sun~The Windup
 The Epic

Disc2.
 James
 Old Folks
 Jaco
 The Magicians Theater
 San Lorenzo
 Cross The Heartland
 American Garage

 “Travels” (1982)と比べると元気な印象の本作。
 やはりMark Eganがベースだからでしょうかね。
 ” April Joy”、”Jaco”のベースソロはこの人のいる時期ならでは。
 終盤は、公式アルバムでは収録されていない、あちこちのオリジナル曲を合わせたようなサンバっぽいチューン“The Magicians Theater”でドーカンと盛り上がって、名曲”San Lorenzo”で締め。
 アンコールはあの”Cross The Heartland”~”American Garage”。
 完璧なステージ構成。
 好みからすれば“Montreal Live 89” (Jul.3, 1989)頃のサウンドがベストなのですが、シンプルで明るい心地よさがあるのはこちら、その中間が“Travels”ってな感じでしょう。
 いい感じで進化しているようなこの時期のPat Metheny Group。
 過渡期と呼ぶには適当ではない完成度・・・というよりも、爽やかで明るく元気なアメリカンフュージョンのPat Metheny Groupの第一期が完成したのがこの時期なのでしょう。
 アメリカンなフュージョンのステージですが、柔らかさしなやかさは特別。

 この後”80/81”(May.1980)、”As Falls Wichita, So Falls Wichita Falls” (Sep.1980)などのソロ作品、”Toninho Horta” (1980)などへの客演などを経て、Steve Rodby、Nana Vasconcelosを迎えた新展開、”Offramp”(Oct.1981)へ。
 ブラジル色が入り、私にとってはベストな音が始まる一歩手前。
 が、このステージも別のテイストながら最高です。

※近い時期のステージから。


posted by H.A.

【Disc Review】“Boston Jazz Workshop, September 1976” (Sep.21.1976) Pat Metheny

“Boston Jazz Workshop, September 1976” (Sep.21.1976) Pat Metheny
Pat Metheny (guitar)
Lyle Mays (piano) Mike Richmond (bass) Dan Gottlieb (drums)
 
BOSTON JAZZ WORKSHOP
PAT METHENY
HIHAT
2016-09-16
パット メセニー

 Pat Metheny、“Bright Size Life”(Dec.1975)と”Watercolors”(Feb.1977)の間、 “Passengers” (Nov.1976) Gary Burtonセッション の二か月前、放送音源からのブートレッグ。
 これは前から出回っていたのでしょうか?私が初めて聞いたのは2016年。
 Jaco Pastriusはもちろん、Eberhard Weberの参加もありませんが、ここから半年後の”Watercolors”のサウンドが出来かかっています。
 初期のPat Methenyの柔らかでしなやかなビート感、サウンドはEberhard Weberの影響、透明度の高い美しい音はECMレーベルの色合いと思っていましたが、このアルバムを聞く限り、Pat Metheny自身、あるいはLyle Maysとのコンビの色合いと考えた方が適当なのでしょうね。
 音質はよくはないですが、ま、十分に楽しめます。
 冒頭、Lyle Maysのピアノが入った”Bright Size Life”なんて、ありそうでない演奏。 
 全編でピアノがキレまくっています。
 オリジナルよりもハイテンション。
 続く名曲“River Quay”、ちょっとベースが暴れ気味なのはご愛敬、後のPat Metheny Groupのお三方はこの時点で完璧。
 ギターはもちろん出来上がったPat Metheny サウンド、さらに盛り上がってしまうLyle Maysのピアノのソロがとてもカッコいい。
 さらにはジャズスタンダード“There Will Never Be Another You”。
 ちょっと変わった質感ではありますが、きちんと4ビート、バース交換までしているのが微笑ましいというか、何というか。
 これまたLyle Maysのジャズピアニスト振りがカッコいいけど、ちょっとベースの人、飛ばし過ぎ。
 続く“Watercolors”で突っ走るギター。
 やっぱりこの人は4ビートよりこっちだなあ。
 “Passengers”収録の二曲を経て、“Watercolors”収録の”Ice Fire”、“Bright Size Life”収録の“Unquity Road”から、珍しい直球なラテン曲で締め。
 やはりEberhard Weberがいるといないとでは印象は異なり、荒っぽい場面も少なくないのですが、いかにも”Watercolors”が生まれる空気感は十分。
 ま、半年前ですから当然ですか。
 “Bright Size Life”でもない、“Watercolors”でもない、”Pat Metheny Group” (Jan.1978)でもない、過渡期のPat Metheny & Lyle Maysサウンド、少々普通のジャズ・フュージョン寄り。
が、柔らかでしなやかなビートと、明るくて爽やか、透明感のある音。
 やはり特別です。
 
 


posted by H.A.


【Disc Review】“This Is This!” (1986) Weather Report

This Is This! (1986) Weather Report
Josef Zawinul (Keyboards) Wayne Shorter (Saxophones) Victor Bailey (Bass) Mino Cinelu (Percussion, Vocals) Peter Erskine, Omar Hakim (Drums)
Carlos Santana (Guitar) Marva Barnes, Colleen Coil, Siedah Garrett, Darryl Phinnessee (Vocals) 
 
This is this
Weather Report
MUSIC ON CD
ウェザー・リポート


 Weather Report、最終作。
 前作“Sportin' Life” (1985)のポップ路線踏襲。
 サックスが似合いそうなバラードでシンセサイザーが使われていたり、本作にもいかにもWeather Reportな高速な未来的4ビート曲がありカッコいいのですが、最後までWayne Shorterは出てこなかったり、Omar Hakimは一曲にしか参加していなかったり、バンドとしては事実上解散状態だったのでしょう。
 冒頭からクラッピングが効いたポップなビートにSantanaのロックギター。
 SantataとはドラマーLeon Chanclerが共通で、“Tale Spinnin'” (1975)あたりで共演していてもよかったんでしょうが、それから10年、やっと実現。
 デジタルっぽくてポップで明るい演奏はかつてのWeather Reportっぽくはありませんし、参加二曲のうち冒頭曲にはWayne Shorterは出てきません。
 が、もう一曲での弾むベースにロックな泣きのギターに続くサックスの絡みはやはりカッコいい。
 それでもやっぱりこのバンドで一番カッコいいのは、疾走する未来的4ビートの”Update”、と思うのは古い感覚のジャズファンなのでしょうか?
 1980年代も半ば。
 おりしもフュージョン全盛期が終わりそうな時期。
 このバンドの解散はそれを象徴するような出来事だったのかもしれません。
 総本山Miles Davisは、同時期“You're Under Arrest” (Jan.1984–Jan.1985)でポップなファンクフュージョンから次の作戦、Marcus Millerとのコラボレーションに移行中。
 次の世代の人の代表の一人、Pat Metheny は”First Circle” (1984)が同時期で、ここから一気に加速する時期。
 “Bitches Brew” (Aug19-21,1969) Miles Davisあたりを端緒としたジャズ・ロック・ファンクフュージョンの終着点の一つ。
 その第一世代が終わり、次の世代の次の音楽に移る時期、その象徴的な作品なのかもしれません。
 



 フュージョン、コンテンポラリージャズのベースとなる“In a Silent Way” (Feb.1969)、“Bitches Brew” (Aug19-21,1969) Miles Davisを作ったのは、MilesとJoe Zawinulなのだろうし、以降も両者が抜きつ抜かれつしながら、常に前に進んでいたように思います。
 Miles諸作と同様に、時系列で聞くと少しずつ音を変えて行っているのが見える流れ。
 4ビートへのこだわりはJoe Zawinulの方が強かったようにも思えるのも面白いところ。
 それにしても、Miroslav Vitous、Alphonso Johnson、Jaco Pastorius、Victor Baileyと続くスーパーベーシストの系譜は凄いなあ。

※“Bitches Brew”的ファンクジャズ
 (Aug.6-12.1970) “Zawinul” Joe Zawinul 
 (Feb-Mar.1971) “Weather Report
 (1972) “Live in Tokyo” 
 (1972) “I Sing the Body Electric

※ファンクフュージョン
 (1973) “Sweetnighter
 (1974) “Mysterious Traveller

※楽園ファンクフュージョン
 (1974) “Native Dancer” Wayne Shorter with Milton Nascimento
 (1975) “Tale Spinnin'
 (1976) “Black Market
 (1977) “Heavy Weather

※ファンクフュージョン+未来的4ビート
 (1978) “Mr. Gone
 (1979) “8:30” 
 (1980) “Night Passage
 (1982) “Weather Report
 (1983) “Procession

※ポップなファンクフュージョン
 (1984) “Domino Theory” 
 (1985) “Sportin' Life” 
 (1986) “This Is This!” 


posted by H.A.

【Disc Review】“Sportin' Life” (1985) Weather Report

Sportin' Life (1985) Weather Report
Josef Zawinul (Keyboards) Wayne Shorter (Saxophones) Omar Hakim (Drums, vocals)
Victor Bailey (Bass, vocals) Mino Cinélu (Percussion, vocals, guitar)
Bobby McFerrin, Carl Anderson, Dee Dee Bellson, Alfie Silas (Vocals)
 
Sportin' Life
Weather Report
MUSIC ON CD
ウェザー・リポート


 Weather Report、ラス前は前作“Domino Theory” (1984)よりもさらにポップな音作りのアルバム。
 次作“This Is This!” (1986)は契約消化のため云々といった話、Wayne Shorter、Omar Hakimの参加も限られていて、本作が事実上のラストアルバムなのかもしれません。 
 パーカッションがMilesバンドに“Decoy” (Jun.1983–Sep.1983)まで参加していたMino Cinéluに交代しています。
 冒頭からいつもより明るく元気いっぱいなファンクフュージョン。
 いつものように弾むようなリズムですが、ホーン隊のようなシンセサイザーのブレイクが効いたちょっとディスコ(懐かしい!)っぽいなあと思うゴージャスで派手なビート。
 ボコーダー的な音、デジタル処理した気な楽し気なコーラス、ミュージックビデオで大人数でダンスしていそうな雰囲気は、まあ想定の範囲としても、イメージチェンジではあります。
 ここまでの流れに沿った複雑なファンクビートをはさみながらも、アコースティックギターを背景にしたフォークなボーカル曲などもこのバンドとは思えない音。新顔Mino Cinéluの曲、ギター、ボーカルですか。
 さらにはシンセサイザーがメロディを綴るあの”What's Going On”。
 ベースラインと、サックスのオブリガートがカッコいいんだけども、そこそこ素直で、Weather Reportっぽいところまでもって行けているのかなあ・・・
 “Domino Theory”ではまだ半数以上を占めていた複雑なビートのファンクは少なくなりました。
 それでも最後の二曲、ソプラノサックスが主導する幻想的なバラード、プラスチックな4ビートの香りもする複雑なビートの楽園ファンクと、いかにもなシンセサイザーとサックスの絡み合い。
 これこそこの期のWeather Report・・・ってな感覚は古いのかなあ・・・?
 もし本作がラストアルバムだとすれば、ハッピーエンドな感じで、それなりにカッコいい締めだと思うのだけど。
 きっとまだそのつもりではなかったんだろうなあ・・・
 
 


posted by H.A.


Profile
記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ