吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

European

【Disc Review】“An Ancient Observer”(2017)Tigran Hamasyan

“An Ancient Observer”(2017)Tigran Hamasyan
Tigran Hamasyan (piano, voice, Synthesizer, Fender Rhodes, Effects)
 
An Ancient Observer
Tigran Hamasyan
Wea
2017-03-31
ティグラン ハマシヤン

 アルメニア出身のスーパーピアニストTigran Hamasyanのソロ作品。
 ECMでの制作“Atmospheres” (Jun.2014)、”Luys i Luso” (Oct.2014)を経て、本作は前のレーベルNonesuch から。
 ECMとの契約は終わったのか、Nonesuchとの残契約の消化なのか、そのあたりの事情はわかりません。
 どのタイミングの録音なのかも現時点では不明です。
 いずれにしても上掲のECM作品とは全く質感は異なります。
 Nonesuch での前作、プログレッシブロックなジャズ“Mockroot” (2014)とも違うし、同じくソロ作品の“A Fable” (2010)に近いといえばそうですが、さらにジャズっぽさは薄く、それにクラシック色、 ECM二作の教会音楽?色が強く混ざったような不思議な色合い。
 メロディアスな要素が薄まって、自在にインプロビゼーションを展開しているようにも聞こえるし、事前にキッチリ組み立てているようにも思えるし。
 ピアノのソロ演奏に加えて、要所でいつもの幻想的なボイスが加わり、パーカッションその他が彩をつけていく構成。
 “A Fable” (2010)に比べると、妖しい感はそのままに現代的なビート感が薄まり、さらに不思議感が強くなっています。
 冒頭はクラシックか民族音楽のような空気感の静かな演奏。
 続く強いビートの演奏は、何拍子かわからないブレークと切り返しが意外なところに入る、いかにもTigranな変拍子ロックと幻想的なボイスの絡み合い。
 それらが交錯するような構成。
 ジャズ的なビートはあまり出てきません。
 “Liberetto” (2012) Lars Danielssonなどのジャズ諸作のように、わかりやすいコードの流れ、強烈なグルーヴに乗って弾き倒して欲しいと思うのは、古いジャズファンの古い志向なのでしょう。
 そんな世俗な気持ちを突き放したような独自の世界観。
 ジャズなんて中途半端に古くて俗な世界ではなく、もっと古(いにしえ)の空気感。
 アメリカや西欧の馴染みやすい場所ではなくて、おそらく東欧~中東であろう、よくはわからない場所の香り。
 この人の音は、ハードで大音量にしても、静かな音にしても、どこか遠い所に連れて行ってくれるようなトリップミュージック。
 タイトルにピッタリくる音といえばその通り。
 ヨーロッパ、中近東、アジアの狭間、アルメニアの空気感、ジャズ、ロック、クラシックを超越したノンジャンルなアート、Tigran Hamasyanの世界・・・ですかね。


 

 posted by H.A.

【Disc Review】“Jazz at Berlin Philharmonic III” (2015) Leszek Możdżer & Friends

“Jazz at Berlin Philharmonic III” (2015) Leszek Możdżer & Friends
Leszek Możdżer (piano)
Lars Danielsson (bass & cello) Zohar Fresco (percussion)
Atom String Quartet :
Dawid Lubowicz (violin) Mateusz Smoczyński (violin) Michał Zaborski (viola) Krzysztof Lenczowski (cello)
 
レシェック モジジェル

 ヨーロッパのスーパーピアノトリオ、ストリングスをゲストに迎えたライブアルバム。
 “The Time”(2005)、“Between Us & The Light”(2006)、“Polska” (2013)といった一連のトリオ作品の延長線、楽曲もその他の作品からチョイスが中心。
 が、ライブという事もあるのでしょう、それらの淡い色合いと比べると、強烈なインプロビゼーションが前面に出る場面が多いと思います。
 やっと弾いてくれたか、と思う一方、Zohar Frescoのボイスが出る場面はなく、彼が主導していたと思われるエスニックで幻想的な空気感は抑え気味。 
 Leszek Możdżerの楽曲、クラシック色の強い演奏が多く、クレジット通り、トリオというよりも彼の色合いが最も強い作品。
 クラッシック~現代音楽?ベースのとんがった激しいピアノソロから始まり、Lars Danielssonの哀愁曲、ストリングスを交えた優し気で妖し気な演奏、などなど、Leszek MożdżerLars Danielssonのショーケースのような演奏が並びます。
 とてつもなく透明度が高く美しいピアノのピキピキパキパキした音と、間々に挟まれるLars Danielssonの郷愁感、哀愁感の塊のようなメロディ。
 コンサートのメインはストリングスを交えた優雅ながらテンションが高い演奏なのかもしれませんが、ついついそちらに耳が行ってしまいます。
 Lars Danielsson曲で取り上げられているのは、何処かのアルバムに入っていたいずれも大名曲の”Praying”、”Africa”、”Eden”。
 美しいメロディとコードを背景にして突っ走り飛び回るピアノ。
 氷のように鋭く冷たく、この世のものとは思えないような美しい音、指に加速装置がついているとしか思えないような疾走感を含めて、人間業とは思えない演奏。 
 そのぶっ飛んだピアノと、ベタベタなメロディ、上品なグルーヴの対比がこのバンド、数多くの作品を制作しているこのコンビのカッコよさなのでしょう。
 美しくて上品、かつ、とんがった妖しい音、さらにセンチメンタル。
 “Liberetto” (2012)などのTigran HamasyanLars Danielssonのコンピネーションも素晴らしいのですが、Leszek Możdżerとの組み合わせの方が繊細な感じがする分、私的には好み。
 Leszek Możdżer、あるいはこのトリオ、このアルバムあたりを集大成として、そろそろ次に行こうとしているのかもしれませんが・・・




posted by H.A.

【Disc Review】“Blue” (1986) Terje Rypdal & the Chasers

“Blue” (1986) Terje Rypdal & the Chasers
Terje Rypdal (Electric Guitar, Keyboards)
Bjørn Kjellemyr (Acoustic Bass, Electric Bass) Audun Kleive (Drums, Percussion)

Blue
Terje Rypdal
Ecm Records
1994-10-25



 ノルウェーのギタリストTerje Rypdal、ギタートリオでのアルバム。
 トリオとなると名作“Terje Rypdal/Miroslav Vitous/Jack DeJohnette” (1978)、“To Be Continued” (1981)のハードなジャズな感じを期待してしまうのですが、本作はロック、あるいはフュージョン寄り。
 ノルウェーのベーシスト、ドラマーはジャズの人の様ですが、ビート感はヘビーなフュージョンテイスト。
 フレットレスエレキベース、チョッパーも多用するエレキベースに、パタパタしたドラム。
 ギンギンのディストーションにズルズルグチョグチョのギターはついJimi Hendrixを思い出してしまうハードなファンクロックなギタートリオってな感じの演奏もあります。
 もちろんそればかりではなく、ウッドベースが入ってジャズっぽくしっとりとした演奏、その他、ロッカバラード風だったり、4ビートなWeather Report風フュージョンだったり、幅のある音作り。
 ギターはいつも通りに十分に過激、激烈ですが、背景の整ったビート感からの印象は、少し過激なジャズフュージョン。
 Jaco Pastrius&Peter Erskinそっくりなベース&ドラムがあったり、ストリングスっぽい背景づくり中心に使われるシンセサイザーがあったりで、1980年代フュージョンっぽくて、懐かしい感じもします。
 ズルズルグチョグチョなハードなアバンギャルドロック、あるいはフリージャズってな面持ちはありません。
 ますますもってECM的ではないのですが、この時期、“Night” (1984) John Abercrombieなど、こんな感じのフュージョン作品もいくつかありましたかね。
 整った1980年代的フュージョンサウンドを背景にした、ズルズルグチョグチョでハードなギンギンギターのバランス、あるいはアンバランスが絶妙で希少、と言われればその通り。
 Weather Report全盛期は“8:30”(1979)とすれば少し前かあ・・・




 posted by H.A.


【Disc Review】“Odyssey” (1975) Terje Rypdal

“Odyssey” (1975) Terje Rypdal
Terje Rypdal (Guitar, Synthesizer, Soprano Saxophone)
Brynjulf Blix (Organ) Sveinung Hovensjø (Bass) Svein Christiansen (Drums) Torbjørn Sunde (Trombone)

オデッセイ
テリエ・リピダル
ポリドール
1999-09-15


 ノルウェーのギタリストTerje Rypdal、若き日のECM作品。
 ディストーションの効いたロックなギターは苦手な立場としては、積極的には聞いてこなかったのですが、ECMを聞いていると避けては通れない人。
 ここまでで取り上げただけでも、以下のような作品にサポートで入っていて、その他諸々、結果的にはそこそこたくさん聞いているようです。

  ”Afric Pepperbird” (Sep.1970) Jan Garbarek Quartet
  “Sart” (Apl.1971) 
  “Terje Rypdal/Miroslav Vitous/Jack DeJohnette” (1978) 
  “To Be Continued” (1981) Terje Rypdal / Miroslav Vitous / Jack DeJohnette
  “The Sea” (1994) Ketil Bjørnstad
  “The Sea II” (Dec.1996) Ketil Bjørnstad
  “Litania - The Music of Krzysztof Komeda” (1997) Tomasz Stanko
  “Karta” (1999) Markus Stockhausen

 ディストーション、チョーキング、トレモロアームを駆使して、過剰なほどにドラマチックな音は、慣れてしまえば結構いけるというか、素晴らしい演奏があります。
 本作もそんな一作。
 冒頭からフリービートのルバートでのバラードが続きます。
 オルガンの響きとディストーションがかかった泣きのギンギンギターが、それでいてジャジーな空気は"Caravanserai" (Feb-May.1972) Santanaを想い起こします。
 そんな漂うような演奏が、一曲目だけでなく二曲目の冒頭まで5分以上続き、三曲目などは十数分間ずーっとそれ。
 アルバム全体では半分ぐらいがそんな感じ。
 とてもドラマチック。
 これはカッコいい。
 ファンクなビートが入り、シンセサイザーが乗ってきても、ジャジーなムードは消えません。
 ハードロック、プログレッシブロックからというよりは、エレクトリックMilesからの流れを汲むイメージのファンクジャズ。
 一つのリズム、コードのパターンをひたすら繰り返すリズム隊の上を、縦横無尽に駆け巡るギターとトロンボーン。
 シンセサイザーが出る場面が少ないこともあり、スペーシー、文字通り宇宙的な感じがあり、ギターは紛うことなきロックギターなのですが、ビート感はロックロックしてはおらず、ジャジーな空気感が流れています。
 もちろんアコースティック4ビートな感じはゼロだし、ギターからは全くジャズは感じません。
 ジャズファンよりもロックファン、プログレッシブロックファンへの受けの方がいいのでしょうけども、ありそうでなかなかない感じは、いかにもECMというか、さすがECMというか・・・
 リーダーのギター以外は結構しっとり系なんですがね・・・
 だからカッコいいのか。




 posted by H.A.


【Disc Review】“Sart” (Apl.1971) Jan Garbarek, Bobo Stenson, Terje Rypdal, Arild Andersen, Jon Christensen

“Sart” (Apl.1971) Jan Garbarek, Bobo Stenson, Terje Rypdal, Arild Andersen, Jon Christensen
Jan Garbarek (tenor, bass saxophone) Bobo Stenson (piano , Electric Piano) Terje Rypdal (guitar) Arild Andersen (double bass) Jon Cristensen (percussion)
 
Sart
Universal Music International Ltda.
1989-09-04

 北欧のスーパーアーティスト、若き日の彼らが結集したバンド。
‎ ”Afric Pepperbird” (Sep.1970) Jan GarbarekのメンバーにピアニストBobo Stensonが加わる形。
 同時期このアルバムのリズム隊で名作“Underwear” (1971) Bobo Stensonが制作されています。
 流れからすれば”Witchi-Tai-To” (Nov.1973) Jan Garbarek, Bobo Stenson Quartetの予告編的な感じではありますが、ジャズ的な色合いが強いそれよりも過激。
 サイケで陰鬱で沈痛な音。
 ワウをかけたギターのサイケなリフからスタート。
 ゆったりしたヘビーなリフは“Bitches Brew”(Aug.19-21,1969) Miles Davisのタイトル曲を想起しますが、それに透明度の高い美しいピアノが絡みつき、地の底から這い出てくるようなテナーがクダを巻く・・・ってな感じの不思議なムード。
 激しくロック的になりそうなバンドを、背景で美しく鳴るピアノがノーブルな世界に引き留めようとしている・・・ってな感じの妙なバランス。
 ヘビーな印象の楽曲を含めて、全体を牽引するのはJan Garbarekなのでしょう。
 もちろん後まで続く彼のハイテンションな音ですが、フリージャズ的な音の流れが多く、後期John Coltrane、あるいはArchie Sheppの影響が多大だったんだなあ、と改めて思ったり。
 その他、エレピとフルートが後の“Return to Forever” (Feb.1972) Chick Coreaっぽい場面があったり、Ornette Colemanっぽい曲があったり、ズルズルグチョグチョなギターが前面に出る場面はJimi Hendrixっぽかったり。
 一曲のみのアコ―スティック4ビート曲“Irr”でのArild Andersenの凄まじいベースは45年後の今日まで続く彼の音。
 もし彼がJan Garbarek, Bobo Stenson Quartet、あるいは“Belonging” (Apl.1974) Keith Jarrettに参加していたら、もっと凄いことになったんだろうなあ、と思ったり。
 Bobo Stenson美しく切れ味鋭いピアノもこの時点から。
 Terje Rypdalの適当な居場所がなさそうで、フィーチャーされるのはわずかのみ。
 アコースティックなバンドでズルズルグチョグチョなギターがどこまで映えるのか、あるいは、もしJimi Hendrixがウッドベース入りのジャズバンドを従えて演奏したら・・・ってな妄想が出来たりも・・・
 ってな感じで、なんだかわけのわからないフリージャズ的音楽、といったことではなくて、1970年前後のクリエイティブ系な要素をいろいろ集めて消化中、あるいはそれらの結節点的な作品、といった感じでしょうか。
 この後、Terje Rypdalはドラマチックロックな我が道を行き、Arild Andersenは“Clouds In My Head” (1975)などのジャズフュージョン路線、Jan Garbarek, Bobo Stenson, Jon Cristensen はいかにもECMなハイテンションジャズ”Witchi-Tai-To” (Nov.1973)、さらにはKeith Jarrettとつながり、“Belonging” (Apl.1974)へと歩を進めます。
 やはり結節点、あるいは分岐点的な作品ですかね、たぶん。




 posted by H.A.


Profile
記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ