吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

European

【Disc Review】“A Long Time Ago” (1997,1998) Kenny Wheeler

“A Long Time Ago” (1997,1998) Kenny Wheeler

Kenny Wheeler (Flugelhorn)
John Parricelli (Guitar) John Taylor (Piano)
Derek Watkins, Henry Lowther, Ian Hamer, John Barclay (trumpet) Mark Nightingale, Pete Beachill, Richard Edwards (Trombone) Dave Stewart, Sarah Williams (Bass Trombone)

Long Time Ago
Kenny Wheeler
Ecm Import
1999-10-19


 Kenny Wheelerのラージアンサンブルでのコンテンポラリージャズ。
 たくさんの作品を制作していた時期のようで、ECMでは”Angel Song” (1996)に続く作品。
 盟友John Taylorにギターを加えたトリオに、大人数のブラスアンサンブル。
 ドラムとベースの参加はなく、いわゆるビッグバンドのジャズとは異なります。
 フロントに立つのはフリューゲルホーン、ピアノ、ギターのみ。
 そのトリオのみの静かな場面も多く、ブラスのアンサンブルが彩りを付けていく形。
 冒頭のタイトル曲は30分を超える組曲。
 いつものちょっと悲し気で勇壮なメロディに、柔らかい音のブラスのアンサンブルから、フリューゲルホーンとギターとピアノの静かなジャズへ。
 それらが交錯する構成。
 鋭く美しいピアノに、現代的ながらあくまでジャズなギター。
 低音楽器を中心とした重厚で格調高いブラスアンサンブル。
 ドラムとベースがいない分、不思議な質感で淡々と進む音。
 ギター、ピアノが後ろに下がった場面では、よりクラシック的に聞こえます。
 現世の日常とは違う、中世のヨーロッパ的な、静かだけども不思議な重厚感。
 Kenny Wheelerらしく勇壮で高貴、上品、大人、そして静かなジャズ。

※別のアルバムから。


posted by H.A.

【Disc Review】“Contra La Indecision” (2017) Bobo Stenson

“Contra La Indecision” (2017) Bobo Stenson

Bobo Stenson (piano)
Anders Jormin (bass) Jon Falt (drum)

Contra La Indecision
Bobo -Trio- Stenson
Ecm Records
2018-01-19


 スウェーデンの大御所ピアニストのトリオ作品。
 “Indicum” (2011)から久々のアルバム。
 メンバーは変更なく、音のイメージも同様のバラード集。
 静かだった前作よりもさらに静かで淡々としたイメージかもしれません。
 本作のアルバムタイトルはこれまでの作品でもよく取り上げていたキューバの楽曲。
 Bobo Stensonのオリジナル曲は一曲、盟友Anders Jorminが5曲、Bela BartokにErik Satieなどのクラシック曲、とても切ないスペイン曲。
 深く沈み込みながら静かなグルーヴを作るベースに、自由に動くドラム、漂うような美しいビアノ。
 しばしば現れるルバートでのスローバラード、ときおりの疾走・・・
 このバンドのいつものコンビネーション。
 Anders Jorminのいつになく饒舌なベースに、終始穏やかなピアノ。
 いまや“Underwear” (1971)の頃のKeith Jarrettを凌駕するような、あるいは血の出るようなハイテンションな演奏はありません。
 穏やかで漂うような近年のBobo Stensonの、あるいは近年のECMの色合い。
 静かに舞い落ちてくる雪のようなピアノ。
 とても淡くて穏やか。
 全編を覆うそこはかとない寂寥感。
 そんな静かなジャズ。

※近年の演奏から。



 Bobo Stenson参加作品、私が知る限り。

(1969)  “One Long String” Red Mitchell 
(1971)  “Listen to the Silence” George Russell 
(1971) “
Underwear” 
(1971)  “Terje Rypdal” Terje Rypdal 
(1971)  “Sart” Jan Garbarek 
(1973) “Witchi-Tai-To” with Jan Garbarek 
(1975) “Dansere” with Jan Garbarek 
(1983)  “The Sounds Around the House” 
(1984)  “Nordic Lights” Anders Jormin 
(1986) “Very Early” 
(1986)  “New Hands” Lars Danielsson 
(1989)  “Fish Out of Water” Charles Lloyd 
(1991)  “Notes from Big Sur” Charles Lloyd 
(1991)  “Poems” Lars Danielsson 
(1993)  “Dona Nostra” Don Cherry 
(1993)  “The Call” Charles Lloyd 
(1993)  “Bosonossa and Other Ballads” Tomasz Stanko 
(1993) “Reflections” 
(1994)  “Matka Joanna” Tomasz Stanko 
(1994)  “Far North” Lars Danielsson 
(1994)  “All My Relations” Charles Lloyd 
(1996)  “Leosia” Tomasz Stanko 
(1996)  “Canto” Charles Lloyd 
(1997)  “Litania:Music of Krzysztof Komeda” Tomasz Stanko 
(1997)  “Live At Visiones” Lars Danielsson 
(1997) “War Orphans” 
(1999) “Serenity” 
(2001)  “Rica” Parish
(2003) “Bobo Stenson/Lennart Aberg”
(2004)  “Parish” Thomas Stronen
(2005) “Goodbye” 
(2007) “Cantando” 
(2011) “Indicum
(2017) “Contra La Indecision

posted by H.A.

【Disc Review】“Obsidian” (2017) Kit Downes

“Obsidian” (2017) Kit Downes

Kit Downes (church organs) Tom Challenger(tenor sax)

Obsidian
Kit Downes
Ecm Records
2018-01-19


 イギリスのピアニストKit Downes、パイプオルガンのソロ演奏。
 “Time Is A Blind Guide” (2015) Thomas Strønenでカッコいいピアノを弾いていた人。
 ECMからの初リーダー作は、その疾走するピアノではなく、ちょっとビックリのパイプオルガン演奏。
 一曲のみサックスが加わりますが、オルガンの独奏。
 とても静かで淡い音。
 宗教的な雰囲気やクラシックな感じが強いわけではなく、シンセサイザーで奏でる幻想的なフューチャージャズ、あるいはフリーインプロビゼーションにも聞こえます。
 次々と音色を変えていくゆったりと漂うような音と、淡くて幻想的な音の流れ。
 抽象的なメロディと、変幻自在な先が読めない展開が続きます。
 そんな中に置かれたスタンダード“Black Is the Color of My True Love's Hair”の懐かしいメロディ。
 不思議感120%。
 最高のピアノニストが弾くパイプオルガンは、近年のECMの定番?、時代、場所が曖昧なトリップミュージック。
 楽器と音楽が全く予想外で、他の人とは違うパターンではありますが、ECM移籍第一弾は淡い色合いになる、の法則がこの人にも・・・かな?




posted by H.A.

【Disc Review】“Lucus” (2017) Thomas Stronen,‎ Time Is a Blind Guide

“Lucus” (2017) Thomas Stronen,‎ Time Is a Blind Guide

Thomas Strønen (drums, percussion)
Ayumi Tanaka (piano) Ole Morten Vågan (double bass)
Håkon Aase (violin) Lucy Railton (cello)

Lucus
Thomas Stronen
Ecm Records
2018-01-19


 ノルウェーのドラマーThomas Strønenの静かなコンテンポラリージャズ。
 前作”Time Is A Blind Guide” (2015)のタイトルを冠したバンド。
 前作からパーカッションが抜け、ピアニストが日本人女性に変わっています。
 時空が歪むような弦の妖しいアンサンブルと静かなグルーヴが絡み合う、フリージャズ混じりの北欧ジャズ。
 基本的な空気感は同じですが、ここまでの作品よりもフリー度が下がったイメージでしょう。
 メロディ、コードが明確で、ビートも定常な場面が多くなっています。
 バンドが一体となって静かななうねりを作りながらヒタヒタと迫りくるようなアンサンブル。
 ベースが土台を作り、つかず離れずうねるように揺れるように旋律を奏でるバイオリンとチェロ、さらに別の周期で揺れるピアノ、自由に動くドラム・・・
 全体を通じた淡い色合い。
 その中からときおり浮かび上がるピアノ、バイオリン、チェロのシングルトーンがとても美しく響きます。
 が、その時間は束の間、また次の音のうねりへ・・・
 それらが織り重なるような繊細な音の綾。
 前作の”I Don't Wait For Anyone”のような突出した名曲はないのかもしれませんが、タイトル曲をはじめとして、概ね全編でメロディ、ビートが明解な分、全編がそんな感じ。
 明確なような曖昧なような、どこか遠い所を眺めているような非現実的な時間。
 とても静かで繊細で、それでいてハードボイルドな一作。




posted by H.A.

【Disc Review】“Hummingbird” (2017) Knut Hem, Helge Lien

“Hummingbird” (2017) Knut Hem, Helge Lien

Knut Hem (Dobro, Weissenborn) Helge Lien (piano)

Hummingbird
Helge Lien
Ozella Music
2018-02-23


 ノルウェーのギタリストKnut Hem、ピアニストHelge LienのDuo作品。
 ピアノはヨーロピアンコンテンポラリージャズの第一人者、ギターはなぜかドブロギター。
 なんだかよくわからない組み合わせですが、ミスマッチの予感は全くの杞憂、奇をてらわない穏やかなサウンド。
 冒頭はゆったりとしたフォーキーなバラード。
 漂うドブロギターの響きと、控え目なピアノ。
 限られた音数、少しルーズな感じの寂寥感の強いサウンドは、“Paris, Texas” (1985) Ry Cooderの世界。
 が、ピアノが前面に出ると、あのクラシックの香りも濃厚な、美しく疾走するHelge Lien。
 全く違う質感がとてもいい感じのバランス、いい感じの混ざり具合。
 もしRy CooderKeith Jarrettが共演したら・・・ってな全くあり得ない感じも、当たらずとも遠からず・・・?でもないか・・・
 ま、要するに私的な好みにはピッタリの音。
 曲が進んでビートが上がるとアメリカンな感じが強くなるのは、Knut Hemの書くメロディ、ギターの響きゆえでしょう。
 Knut Hemの曲を中心にHelge Lienが二曲に、やはりアメリカンのその筋の人Jerry Douglasが一曲。
 北欧っぽいなあと思うと、やはりHelge Lienの曲だったりするのですが、それとドブロの組み合わせもいい感じ。
 高い透明度と低めの温度感、カラッとした質感、あるいはルーズさと端正さが交錯する音は、アメリカンっぽいのかノルウェーっぽいのか判然としませんが、全編どこか懐かし気な音。
 さて、はたしてノルウェーではドブロギターが流行っているんでしょうかね?
 ま、とにもかくにも心地よさ最高。




posted by H.A.

【Disc Review】“All the Dreams” (2016) Sara Serpa / André Matos

“All the Dreams” (2016) Sara Serpa / André Matos

Sara Serpa (voice, piano, Fender Rhodes) André Matos (guitar, electric bass, percussion)
Pete Rende (synthesizer) Billy Mintz (drums, percussion)

【送料無料】 Sara Serpa / Andra Matos / All The Dreams 輸入盤 【CD】【送料無料】 Sara Serpa / Andra Matos / All The Dreams 輸入盤 【CD】


 ポルトガルの女性ボーカリストSara Serpaと、おそらく彼女のパートナーであろうギタリストAndré Matosのジャジー、あるいはフォーキー、南米の現代フォルクローレ的な色合いのポップス。

 ジャズな編成でのコンテンポラリージャズな“Praia” (2008)でも共演していたお二人ですが、本作ではDuo+αの演奏を中心にもっと穏やかで静かな音作り。
 4ビート的でも先端ジャズ的でもなく、あくまでフォーキー。
 但し、電子音、Bill Frisell的不思議系ギターなど含めて、少々先端的、現代的な新しい感じ。
 Sara Serpaの楽曲はやはりメカニカルな感じですが、本作で中心となるAndré Matosのメロディはどこか懐かし気でフォーキーです。
 っても十分に複雑で不思議系で先端的なのですが・・・
 たっぷりなエコーが効いた儚げなボイスに漂うようなギター。
 ブラジル感もたっぷり漂いつつの、無国籍、ノンジャンルな質感。
 爽やかなようで少々スモーキーで湿り気のある空気感は、まるで朝靄のよう。
 とても心地よいフワフワした時間。





posted by H.A.


【Disc Review】“Praia” (2008) Sara Serpa

“Praia” (2008) Sara Serpa

Sara Serpa (voice)
André Matos (guitar) Vardan Ovsepian (piano) John Lockwood (bass) Nick Falk (drums) Greg Osby (alto sax)

Sara Serpa
Inner Circle Music
2008-01-01


 ポルトガルのボーカリストSara Serpaのコンテンポラリージャズ。
 どうもあのごっつい変拍子ファンクM-Base、Greg Osby閥の人だったようで、彼も参加しています。
 が、ごっつい感じでもCassandra Wilson的なディープな感じでもなく、フワフワとした柔らかい空気感。
 裏声を中心とした儚げなボイスのスキャットと、明らかに凄まじい演奏力の現代の手練れの演奏が交錯する柔らかなコンテンポラリーなジャズサウンド。
 ピアノトリオ+サックスはアメリカ系、リーダーのパートナーなのであろうギターはBill Frisel的、あるいはロック的。
 ポルトガル語が前面に出るわけではないのですが、ボーカル、全体のムードはブラジル的。 
 が、リーダーが書くオリジナル曲は極めてテクニカルでメカニカルで先端的。
 後のブラジリアンTatiana Parra諸作に通じる感じかもしれません。
 と思っていたら、ピアニストは“Lighthouse” (2014) Tatiana Parra & Vardan Ovsepianのアルメニアン。
 なるほど・・・
 複雑怪奇にアップダウンするボイスとギターのユニゾン。
 これでもかこれでもかと動くメロディと、合間々に挟まれる先端的、現代的ジャズなインプロビゼーション。
 これは確かに新しい。(っても十年以上前ですが・・・)
 現代アメリカ、ヨーロッパ、南米が交錯する新しい質感のジャズ。





posted by H.A.


【Disc Review】“The Study of Touch” (2017) Django Bates' Beloved

“The Study of Touch” (2017) Django Bates' Beloved
Django Bates (piano)
Petter Eldh (double bass) Peter Bruun (drums)

The Study of Touch
Django Bates
Ecm Records
2017-11-10


 イギリスのフリージャズ系ピアニストDjango Bates、ECMでのリーダー作。
 ECMでは客演で“So I Write” (1990), “Exile” (1993) Sidsel Endresen, “Eréndira”(1985), “Cantilena”(1989) First Houseなどがありますが、リーダー作としては初めてでしょう。
 ECMとDjango Bates、ソロ、変則コンボ・・・何でもありそうないかにも危険な組み合わせですが、本作はオーソドックスな編成のピアノトリオ、“Confirmation” (2012)など、超弩級に激しく過激なジャズバンドDjango Bates' Belovedでのアルバム。
 1970年代ECMならいざ知らず、その激烈なジャズが現代のECMに合うのかなあ・・・と思いながら・・・
 さすがECM、厳しいご指導があったのでしょうかね?
 ほどほど静かなDjango Bates' Beloved。
 トレードマークの変幻自在、予測不能、複雑怪奇なジャズの色合いははそのまま。
 が、激烈さは影を潜め、穏やかなサウンド。
 激しくは弾かれないピアノと、それに合わせるような暴れないバンド。
 このバンドの流儀と思しきジャズスタンダードをグチャグチャに解体するのではなく、何となくジャズっぽい感じのオリジナル曲。
 メカニカルでピキピキパキパキとしつつも、ECMのお約束、ルバートでのスローバラードなども交え、近年のECM的な淡いサウンドに近づけようとしているようにも聞こえます。
 それでもフワフワとした感じにならず、なんだかんだでDjango Batesのパキパキした感じ、ECM諸作の中ではジャズ寄りのサウンドでしょうかね。
 直近の客演“Blue Maqams” (2017) Anouar Brahemでは、もう少しフワフワしていて、ECMっぽかったようにも思うのですが・・・?
 なんだかんだで過激ではない、上品で上質なピアノトリオジャズ。
 ECM移籍第一作目は淡い色合いになる、の法則は、鬼のようなベテラン激烈ピアニストにも当てはまる・・・かな?




posted by H.A.

【Disc Review】“Unloved” (2017) Maciej Obara Quartet

“Unloved” (2017) Maciej Obara Quartet
Maciej Obara (alto sax)
Dominik Wania (piano) Ole Morten Vågan (double bass) Gard Nilssen (drums)

Unloved
Maciej -Quartet- Obara
Ecm Records
2017-11-10


 ポーランドのサックス奏者Maciej ObaraのECMでの第一作。たぶん。
 静かで美しいジャズバラードを中心としたアルバム。
 Charles LoydeのECM名作諸作を想い起こすような音。
 サックスは、サブトーンがしっかり効きながらも艶のある極めて美しい音、ゆったりとした吹きっぷり。
 アルトがテナーのように聞こえます。
 冒頭からECMの定番、今にも止まりそうなルバートでのスローバラード。
 周囲の景色がゆっくりと溶けていくような音。
 そんな演奏が何曲か。
 ビートが定まっても、繊細に鳴るシンバルとピアノの高音がペースを作る静かな演奏。
 長くはありませんがアップテンポの場面では、バンドが一体となった強烈な疾走感。
 Maciej Obaraのサックス、ブチ切れたり妙な音使いはせず、上品で硬軟織り交ぜた素晴らしい表現力。
 さらにピアニストDominik Waniaは漂うような音から疾走まで、一聴してタダモノではないことが分かるスーパーピアニストの片鱗。
 いかにもヨーロピアン、いかにもECMな素晴らしい演奏。
 ドラムとベースもフリーと強烈なグルーヴを使い分けつつ、縦横無尽の素晴らしいサポート。
 このピアノトリオのメンバーも遠からずECM御用達の人になるのでしょう。
 オリジナル中心の楽曲は、いかにもポーランドジャズな少々沈痛系の哀し気なメロディ、ECMでありがちな抽象的なそれではありません。
 ビートもなんだかんだで4ビートが中心、ECMには珍しく、いかにもジャズ。
 さらに、高い透明度とたっぷりのエコーが加わった、こちらはECM的な素晴らしい録音。
 ピアノもサックスもベースもドラムも、極めて上品な最高に心地よい音。
 20世紀型ジャズ、20世紀型ECMといえばそうなのかもしれませんが、極めて上質なジャズサックスカルテット。
 普通のジャズファンも大喜びの名作でしょう。




posted by H.A.


【Disc Review】“Songs of an Other” (2007) Savina Yannatou, Primavera En Salonico

“Songs of an Other” (2007) Savina Yannatou, Primavera En Salonico
Savina Yannatou (Voice)
Kostas Theodorou, Michalis Siganidis (Double Bass) Kostas Vomvolos (Kanun, Accordion) Harris Lambrakis (Ney) Yannis Alexandris (Oud, Guitar) Kostas Theodorou (Percussion) Kyariakos Gouventas (Violin, Viola)

Songs of an Other (Ocrd)
Savina Yannatou
Ecm Records
2008-09-09


 ギリシャの女性ボーカリストSavina Yannatouの地中海エスニック~クラシックな音楽。
 正直、ギリシャ、地中海のエスニックな音がどんな音なのか、いつの時代の音楽をイメージしたのかはよくわかりません。
 また、Savina Yannatou自身がクラシックの人なのか、伝統音楽の人なのか、はたまたジャズ、ポップ畑の人なのか、あるいはこの音楽がギリシャ的なのかどうかもわかりません。
 “Siwan” (2007,2008),“Nahnou Houm” (2017) Jon Balke、"Arco Iris" (2010) Amina Alaouiなどの北アフリカ色、あるいはアラブ~中近東が混ざり合うような少々妖しげで悲しげな音の流れ。
 ギリシャといえばエーゲ海の陽光のイメージをしてしまうのですが、地理的にはトルコ~アラブ、あるいはアフリカ、そしてヨーロッパの結節点。
 実際はいろんな要素が入り混じる複雑な空気感の地域なのかもしれません。
 それらのエスニックな空気感にヨーロッパ的な優雅でクラシカルな空気感、宗教的な敬虔な空気感が加わった音。
 楽曲を見ると、ギリシャ、イタリアに加えて、セルビア、アルメニア、ブルガリア、カザフスタンなどの伝統曲。
 エスニックで耳慣れない弦と木管、アフリカンなパーカッションの響きと朗々としながらも悲しげな女性ボイスの絡み合い。
 静かながらハイテンションで非日常的なメロディと演奏。
 ときおりの演劇的なアヴァンギャルドなボイスパフォーマンスは、Maria Joao、Iva Bittováあたりを想い起こします。
 敬虔で少々深刻なムードは宗教的な意味合いもありそうですが、それらが祈祷、祝祭、儀式、その他、何の音楽なのかはわかりません。
 ちょっと怖いような、哀しいような、それでいて懐かしいような・・・
 いずれにしても現代日本の日常の中では感じることができない空気感。
 きっと古代~中世の地中海~北アフリカ~中近東のムードなのでしょう。
 強烈な非日常感を味わえるトリップミュージック。




posted by H.A.

Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ