吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Eberhard_Weber

【Disc Review】“Stages of a Long Journey” (2005) Eberhard Weber

“Stages of a Long Journey” (2005) Eberhard Weber
Eberhard Weber (bass)
Jan Garbarek (soprano, tenor sax) Gary Burton (vibraphone) Rainer Bruninghaus, Wolfgang Dauner (piano) Marilyn Mazur (percussion) Nino G. (beatbox) Reto Weber (hang) Stuttgart Radio Symphony Orchestra conducted by Roland Kluttig

Stages of a Long Journey (Ocrd)
Eberhard Weber
Ecm Records
エバーハルト ウェーバー


 Eberhard Weber、所縁のあるメンバーとオーケストラを従えた集大成?ライブ。
 かつての名曲のオンパレード、さらにはスタンダードなども交えた豪華作品。
 "Silent Feet"で始まり、"The Colours of Chloë"、"Yellow Fields"、"Maurizius"を挟みつつ、”Little Movements" (1980)あるいは最新作から"The Last Stage of a Long Journey"で締める、絵にかいたような代表曲のアンロジー。
 サックスのCharlie Marianoはもういませんが、代わりに後に盟友となるJan Garbarek。
 ライブということもあるのでしょうが、ジャズ度もいつになく高め。
 サポートはさておきリーダー作でスタンダードとか素直なウォーキングベースとかあったかなあ・・・?
 1970年代から何作も共演したGary Burtonとは“Dreams So Real” (1975) から”Syndrome”をチョイス。
 あの作品にはEberhard Weberは参加してなかったはずですが・・・
 オーケストラ入り、コンボ、ピアノとのDuo、サックスとのDuo、その他諸々多彩な構成。
 過去の作品を知っている立場としては、懐かしいなあ・・・といった演奏から意外な演奏まで。
 20-30年前の曲、そのころから全く変わらないスペーシーな彼独特のベースがいまだに新鮮に聞こえます。
 初期からの盟友Rainer Bruninghausの素晴らしいピアノがたっぷり聞けるのもうれしい限り。
 ピアノソロに加えて、諸作からすればやりそうもないベースとのDuoでのジャズスタンダード演奏なども聞けます。
 この手の演奏を何作か制作していれば、ビッグネーム、スーパーピアニストとして崇められてたんだろうんあ・・・
 その他諸々、録音含めて瑞々しさはかつてのスタジオ作品の方が上かも知れませんが、余裕、ゆったり感は本作の方があるかな。
 ヨーロピアン・コンテンポラリー・ジャズの象徴の一人、貫禄の集大成、あるいは復帰に向けての第一声・・・
 ・・・のはずだったのでしょう。
 が、次の作品は、ライブの編集版に加えて”Hommage A Eberhard Weber”(2015)。
 アンコールの位置づけ、エピローグとして広いホールに響く孤高のベースソロ・・・・・





 ECM中心に私が知る限りの作品。
 活動歴40年にしては少ないリーダー作。
 音作りの変化はありますが、本人の音は最初から今に至るまで全く変わっていないように思います。
 初期の作品はヨーロピアンコンテンポラリージャズ、ECMの代表的な音。
 ともすればハイテンションで深刻系が多い中、リーダー作にしろサポートにしろ、この人の音が鳴るとなぜか空気が明るくなる希少な存在。
 間違いなく、ヨーロピアンコンテンポラリージャズの第一人者のひとりでしょう。
 また新たな活動を期待しております。

   (as a leader)
(1973) “The Colours of Chloë
(1975) “Yellow Fields
(1976) “The Following Morning
(1977) “Silent Feet
(1979) “Fluid Rustle
(1980) “Little Movements
(1982) “Later That Evening
(1984) “Chorus
(1988) “Orchestra
(1993) “Pendulum
(2000) “Endless Days
(2005) “Stages of a Long Journey
(1990-2007) “Résumé” 
(1990-2007) “Encore”
(2015) ”Hommage A Eberhard Weber

           (as a suporter)
(1970) “Intercontinental”  Joe Pass
(1974) Ring” Gary Burton 
(1974) ”Solstice” Ralph Towner 
(1976) Passengers” Gary Burton 
(1977) ”Watercolors” Pat Metheny 
(1977) ”Solstice/Sound and Shadows”  Ralph Towner
(1978) “Photo with ...” Jan Garbarek 
(1981) “Paths, Prints” Jan Garbarek 
(1983) “Wayfarer” Jan Garbarek
(1984) “It's OK to Listen to the Gray Voice” Jan Garbarek
(1988) “Legend of the Seven Dreams” Jan Garbarek
(1990) “I Took Up the Runes”  Jan Garbarek
(1992) “Twelve Moons”  Jan Garbarek
(1995) “Visible World”  Jan Garbarek
(1998) “Rites” Jan Garbarek

posted by H.A.

【Disc Review】“Endless Days” (2000) Eberhard Weber

“Endless Days” (2000) Eberhard Weber
Eberhard Weber (bass)
Paul McCandless (oboe, english horn, bass clarinet, soprano saxophone) Rainer Brüninghaus (piano, keyboards) Michael Di Pasqua (drums, percussion)

Endless Days
Eberhard Weber
Ecm Import
エバーハルト ウェーバー


 Eberhard Weber、久々のコンボ作品。
 リズム隊があってフロント陣がいて、といったオーソドックスなコンボ構成としては“Later That Evening” (1982)以来かもしれません。
 リーダー作としても“Pendulum”(1993)以来なのでしょうか?
 また、以降はライブ作品、その編集作品のみ。
 スタジオ録音としては現時点の最新作となるのでしょう。 
 ピアニスト以外のメンバーは“Later That Evening”と同じ。
 “Later That Evening”が淡い色合いのコンテンポラリージャズだったのに対して、本作はカッチリしたイメージ。
 クラシック、あるいはサウンドトラックのような印象。
 元々そういったイメージはありましたし、ベースソロ含めたフロント陣はかつてのままのイメージですが、アレンジ、あるいはビート感が穏やかだからでしょうかね?
 それともPaul McCandlessの端正な音が目立っているからでしょうか?
 参加していたJan Garbarekの諸作“Rites” (1998) などの影響もあったりして?
 あそこまで重々しくはないですが。
 さておき、アルバム全体が穏やかで優しげな表情。
 組曲的な流れのドラマチックな構成。
 ベースはいつもの饒舌な音使い。
 クラシック色混じりの穏やかなリード、いつもの控えめで上品ながら動き出すと強烈な疾走感のピアノ。
 個々の楽器が大きくフィーチャーされる曲など、楽曲ごとに表情は異なりますが、一貫性のある上品なムードと何かしら感じられるストーリー。
 タイトルが“Endless Days”、最後の曲が“The Last Stage Of A Long Journey”の再演。
 後の活動も考えると意味深な感じがしないでもないですが・・・
 集大成だったのかもしれません。




posted by H.A.

【Disc Review】“Pendulum” (1993) Eberhard Weber

“Pendulum” (1993) Eberhard Weber
Eberhard Weber (bass)

Pendulum
Eberhard Weber
Ecm Records
エバーハルト ウェーバー


 Eberhard Weber、ソロ作品。
 インプロビゼーションではなく、ベースその他?のオーバーダビングによるバンドサウンド。
 前後のリーダー作は“Orchestra” (1988)、“Endless Days” (2000)と、この時期から制作のペースは落ちています。
 Jan Garbarek”I Took Up the Runes”(1990)、“Twelve Moons”(1992)、”Visible World” (1995)など、参加作品は多数。
 さて・・?
 さておき、いつもながらのスペーシーな近未来サウンド。
 前作“Orchestra” (1988)のイメージ踏襲。
 背景で繰り返される少々のデジタル風味含めたシンプルなリフ、コードチェンジが穏やかな高揚感を誘う音作り。
 静かなサウンドと饒舌なベース。
 静かな空間に残る心地いい残響音。
 インプロビゼーション集ではありません。
 哀愁が漂う淡いメロディ、計算し尽されたと思われるアレンジ、アンサンブル。
 穏やかな中の寂寥感。
 “Silent Feet” (1977)のような1970年代のエキサイティングなバンドサウンドとは作風は変わっていますが、逆に余白の多い、想像力を掻き立てるような音。
 もちろん穏やかで落ち着いたサウンド。
 ジャケットはちょっと怖いですが、中身はメロディアス。
 わかりやすくもあり、深そうでもある、優しい音楽です。  




posted by H.A.

【Disc Review】“Orchestra” (1988) Eberhard Weber

“Orchestra” (1988) Eberhard Weber 
Eberhard Weber (bass, percussion, keyboards)
Herbert Joos, Anton Jillich (fluegelhorn) Rudolf Diebetsberger, Thomas Hauschild (French horn) Wolfgang Czelustra, Andreas Richter (trombone) Winfried Rapp (bass trombone) Franz Stagl (tuba)

Orchestra
Eberhard Weber
Ecm Import
エバーハルト ウェーバー


 Eberhard Weber、タイトルからするとオーケストラとの共演のように想像してしまいますが、事実上Eberhard Weberのソロ作品のイメージ。
 ホーンが入るのは二曲、アンサンブルのみ。
 オーバーダビングされたベース、ホーンが作る音を背景にして、ベースがメロディを奏で、インプロビゼーションを展開する構成。
 ベースソロ中心の作品は、少なくともECMでは本作が初めてなのでしょう。
 スペーシーで幻想的なムードは次作"Pendulum” (1993)とも似ていますが、躍動感も強い音。
 クラシック色はあまり感じませんが、タイトルからすると、オーケストラの音をベース一本で表現しようとしたのでしょうか?
 組曲的なストーリー性は感じますが、重厚な印象ではなく、淡い色合い。
 シンプルなリフ、コードチェンジをベースにした自由なインプロビゼーションが印象に残ります。
 メランコリックなメロディとどこまでも続いていきそうな饒舌なベースのインプロビゼーション。
 全編を漂う暗くはならない暖かな哀愁感はいつものこの人の色合い。
 コンボで演奏してもいい作品になりそうな流れですが、それだと静謐なムードが出ないのでしょうかね。
 いずれにしても、全編ベースが鳴りまくり。
 Eberhard Weberのエレクトリック・コントラバスの音に浸るにはいい作品です。




posted by H.A. 

【Disc Review】“Chorus” (1984) Eberhard Weber

“Chorus” (1984) Eberhard Weber
Eberhard Weber (bass, synthesizer)
Jan Garbarek (soprano, tenor sax) Manfred Hoffbauer (clarinet, flute) Martin Künstner (oboe, English horn) Ralf-R. Hübner (drums)

Chorus
Eberhard Weber
Ecm Records
エバーハルト ウェーバー


 Eberhard Weber、盟友Jan Garbarekを迎えたアルバム。
 Jan Garbarek の近品は“Wayfarer” (Mar.1983)、”It's OK to Listen to the Gray Voice” (Dec.1984)。
 ちょうどJan Garbarekの作風が優しくなっていく時期ですが、本作でもキツめと優しめが入り混じるサックス。
 全一曲、七パートに分かれた組曲風のドラマチックな構成。
 ドラムは入っていますが、常時ビートを出しているわけではなく、アクセント付け。
 ホーンとベース、シンセサイザーが主体の漂うようなサウンド。
 ビートが効いた普通のジャズバンド作品とは面持ちが異なります。
 かといってクラシック風味でもなく、カテゴライズ不能の文字通りのコンテンポラリージャズ。
 フリーではなくメロディアスですが、Eberhard Weberの作品の中では沈痛度高め、幻想度高めかもしれません。
 もちろん全曲Eberhard Weberのオリジナルですが、やはり常時フロントに立つJan Garbarekのムードが強いのでしょう。
 彼の作品として聞いても違和感はないかもしれません。
 Eberhard Weberの作るスペーシーで穏やかなサウンドの中に強烈に響く緊張感の塊のようなサックス。
 この二人の共演の真骨頂といえばその通り。
 好対照でもあり、中和し補完し合っている名コンビ。
 ・・・なのかもしれません。




posted by H.A.
Profile
記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ