吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

ECM_records

【Disc Review】“Codona 3” (1982) Collin Walcott, Don Cherry, Naná Vasconcelos

“Codona 3” (1982) Collin Walcott, Don Cherry, Naná Vasconcelos

Collin Walcott (sitar, tabla, hammered dulcimer, sanza, voice) Don Cherry (trumpet, organ, doussn' gouni, voice) Naná Vasconcelos (percussion, berimbau, voice)



 エスニックフュージョングループCodonaの第三作。
 Collin Walcottが1984年に逝去しますので、これが最終作になるのでしょう。
 相対的にまとまっていた感もある第一作“Codona” (1978)から、ぶっ飛び度が強くなった感もある“Codona 2” (1980)に続く本作。
 もちろんぶっ飛んだ無国籍ワールド。 
 冒頭、“Goshakabuchi”なる日本の伝統曲?からスタート。
 静謐さを醸し出す鐘の音と雅な旋律を奏でるトランペット。
 さらに古楽器dulcimerの高貴な響きが絡み合う桃源郷サウンド。
 徐々にスピードとテンションを上げ、日本的な空気をまとったままの疾走サウンド。
 続いて、陶酔へと誘うシンプルなリフと儀式的ビートの繰り返し、呪文のような妖しいボイスが延々と続く演奏、摩訶不思議な音階を奏でるトランペットとシタール。
 よじれたような静かな子守歌。
 囁き声の合唱が続く中での荘厳?なバラード。
 静かなビートを背景にして歌やらシタールやら妖し気なパーカッションやらが汽笛のような音の交錯。
 最後は静かに緊張感を煽るように鳴り続けるオルガンを背景に、断片的に飛び交うトランペット、意味不明なボイス、パーカッション。
 もう何がなんだかよくわかりません。
 あくまで静かで抑制された音、繰り返されるリフ、ビート、そして妖しい音の数々が、静かな高揚、陶酔へと誘う時間。
 行き着く先は妖しげな桃源郷。




posted by H.A.


【Disc Review】“Codona 2” (1980) Collin Walcott, Don Cherry, Naná Vasconcelos

“Codona 2” (1980) Collin Walcott, Don Cherry, Naná Vasconcelos

Collin Walcott (sitar, tabla, mbira, timpani, voice) Don Cherry (trumpet, melodica, doussn' gouni, voice) Naná Vasconcelos (percussion, talking drum, berimbau, voice)



 エスニックフュージョングループCodonaの第二作。
 基本的には前作“Codona” (1978)と同様の無国籍・無時代のエスニックフュージョン。
 強烈な浮遊感に覆われた前作と比べると、ビートが明確で定常な演奏、テーマが明確なジャズ的な演奏、また、不可思議なヴォイスが前面に出る場面も多く、若干印象が異なるのかもしれません。
 Naná Vasconcelosさんのパーカッションがたっぷりフィーチャーされ、延々と雄叫びを上げる、なんて時間も。
 ジャズっぽいCollin Walcottの楽曲にしても、トランペットはさておき、シタールや妖し気なパーカッションが背景なだけに、あまり他では聞けないエスニックなんだか、なんなんだかよくわからない、摩訶不思議な世界。
 挙句の果てには、あのNanáさんのケッケッケッケッケなんて音も聞こえてきて、山奥度120%。
 妖しい音を発するパーカッションが延々と鳴り続ける中でのシタール、トランペット、メロディカ、その他の静かでフリーな絡み合い。
 不思議さ、妖しさ200%。
 相対的に整った感もある“Codona” (1978)よりもさらに山奥なのかどこなんだかわからないぶっ飛んだ時間。
 世はフュージョン全盛期のポップでお洒落、あるいはキメキメメカニカル、はたまたシンセでスペーシーな時代。
 そんなことは我関せず、全く明後日の方向、異次元へのトリップミュージック。




posted by H.A.


【Disc Review】“Codona” (1978) Collin Walcott, Don Cherry, Naná Vasconcelos

“Codona” (1978) Collin Walcott, Don Cherry, Naná Vasconcelos

Collin Walcott (sitar, tabla, hammered dulcimer, kalimba, voice) Don Cherry (trumpet, wood flute, doussn' gouni, voice) Naná Vasconcelos (percussion, cuica, berimbau, voice)

Codona
Codona
Ecm Records
2000-09-12


 エスニックフュージョングループCodonaの第一作、ECMレコードから。
 誰がどう考えたらこの組み合わせが出来たのかよくわかりませんが、スタイリスト三人組。
 インドなシタール、タブラ、ヨーロッパ~中近東な古楽器、キリッとしたジャズ~フリージャズあるいは無国籍な管楽器、ブラジル山奥なパーカッションとヴォイス、さらに日本的な旋律もちらほら。
 全部合わせて世界一周、無国籍なのは言わずもがな、とても幻想的な音。
 冒頭は日本的な音階、雅な感じの弦と笛の絡み合い。
 トランペットが聞こえると現代西洋の空気が少し流れますが、その時間は決して長くなく、山奥的幻想な打楽器、笛の音とともに、どこにいるのかわからない空間に。
 漂うような音の流れを作るシタールやタブラ、ビリンボウの妖しい音もさることながら、ところどころに散りばめられた、琴にも似た古楽器Dulcimerの高貴な響きと、キリッとしたトランペットの絡み合いがカッコいい。
 "Colemanwonder”なんてタイトルのOrnette ColemanStevie Wonderのメドレーがあったりするのもご愛敬。
  どこかすっとぼけた感じも含めてぶっ飛んでいます。
 それでいてとても心地よいのは、沈痛さや深刻さとは無縁の穏やかで懐かしい音の流れ故なのでしょう。
 ナチュラルなトリップミュージックの極めつけ。




posted by H.A.


【Disc Review】“Grazing Dreams” (1977) Collin Walcott

“Grazing Dreams” (1977) Collin Walcott

Collin Walcott (sitar, table)
John Abercrombie (guitar, electric mandolin) Palle Danielsson (bass) Dom Um Romão (percussion, tambourine, berimbau)
Don Cherry (trumpet, wood flute, doussn' gouni)

Grazing Dreams
Collin Walcott
Ecm Records
2001-06-19


 シタールとタブラを操るCollin Walcott、“Cloud Dance” (Mar.1975)に続くECMでのアルバム。
 鬼のようなギタートリオを従えた前作のメンバーからJohn Abercrombieだけが残り、Don Cherryが加わる、これまたスーパーなメンバー。
 Oregonでコンスタントに制作が続く時期、“Codona” (1978) Collin Walcott, Don Cherry, Naná Vasconcelosの前年。
 LPレコードA面は組曲。
 前作同様に穏やかなムードではあるのですが、少々淡い色合い。
 トランペットが前面に出て、シタール、ギターは背景を作る役回りが中心。
 西欧的な洗練が強かった前作に対して、無国籍な非日常感。
 そんな中にキリッとしたトランペットが激しく、木管が妖しく鳴り響きます。
 前作には無かったフリー混じりの妖しい場面もちらほら。
 どちらが本当の姿はさておき、いかにもECMな感じ、あるいは“Codona” (1978)に近づいた感じでしょうか。
 B面に移ってDon Cherryが参加しない演奏は西欧的洗練、前作のイメージの楽曲もありますが、エスニックな空気感が勝ります。
 同時期のOregonでの演奏もあるタイトル曲も含めて、そちらよりも十分に妖しい、ECMな感じ。
 無国籍な空気感、静けさ、そして不思議な明るさは、ジャケットのイメージそのまま、そんな音。
 この後ECMでは、Codona諸作を経て、次のリーダー作は南アフリカのSteve Eliovson との共作“Dawn Dance” (1981)、そして隠れ名作“Cycles” (1981) David Darlingなどに参加、さらにバンドまとめて移籍した"Oregon" (1983) 。
 さまざまな世界が交錯する無国籍フュージョン、摩訶不思議なトリップミージックが続いていきます。

※Oregonでの演奏から。


posted by H.A.


【Disc Review】“Gnosis” (2016) David Virelles

“Gnosis” (2016) David Virelles

David Virelles (piano, marímbula, voice)
Román Díaz (voice, percussion)
Thomas Morgan (double bass) Allison Loggins-Hull(piccolo, flute) Rane Moore(clarinet, bass clarinet) Adam Cruz (steel pan, claves) Alex Lipowski (orchestral bass drum, temple blocks, bongos, gong) Matthew Gold(marimba, glockenspiel) Mauricio Herrera (ekón, nkomos, erikundi, claves)
Yunior Lopez (viola) Christine Chen, Samuel DeCaprio (cello) Melvis Santa, Mauricio Herrera(voice)

Gnosis
David Virelles
Ecm Records
2017-09-15


 キューバ出身、ニューヨーク在住のピアニストDavid Virelles、摩訶不思議なフリー混じりエスニックコンテンポラリージャズ、ECMレコード制作。
 ピアノトリオとパーカッション、ヴォイスを中心に、何曲かにストリングスが加わる構成。
 ECMのChris Potter, Tomasz Stankoの作品に参加していた人。
 そちらではジャズ色の強い演奏でしたが、本作ではアヴァンギャルド系。
 陽気ながらちょっと哀しいキューバンミュージックでも、超絶技巧演奏集でも、Kip Hanrahan的なダークで都会的なアフロキューバンでもありません。
 敬虔、沈痛、陰鬱、静かで摩訶不思議な音楽。
 クラシックとジャズ、ラテンが交錯するピアノ、それが叩く不協和音と山奥パーカッション、呪術的なヴォイス、ジャズなベース。
 ときおりラテンな感じ、あるいは超絶疾走ピアノも表出し、多くの場面でキューバンなグルーヴが流れているように感じるのですが、気がつけば明後日の方向に動いていきます。
 連打されるパーカッションとプリミティヴな祝祭ヴォイスが押し寄せてくると、周りの景色はここがどこだか・・・
 そして度々訪れる思索的な静かな時間、断片的に鳴る美しいピアノの音、呪術ヴォイス・・・
 静かながら強烈なトリップミュージック、エスニック、プリミティヴ、シリアス系。
 この非日常感を怖いと感じるか、心が洗われると感じるかは、その人次第。
 なお、タイトルは“神秘的直観、霊知”のような意のようです。
 なるほど。




posted by H.A.


【Disc Review】‎”White” (2016) Marc Sinan, Oğuz Büyükberber

‎”White” (2016) Marc Sinan, Oğuz Büyükberber

Marc Sinan (Guitar, Electronics) Oğuz Büyükberber (Clarinet, Bass Clarinet, Electronics)

White
Marc Sinan
Ecm
2018-05-18

 トルコ、アルメニアをルーツとするギタリストMarc Sinanとトルコの管楽器奏者Oğuz BüyükberberのDuo。
 Marc Sinan は“Fasıl” (Mar.2008) でアコースティックギターでヨーロッパ寄りな音楽をやっていた人。
 本作でもエスニック色はあまり強くない、静かでフリー色の強い不思議な音楽。
 定まらないビートとコードの中のエレキギターと電子音、クラリネットの絡み合い。
 ギターはクリーントーンながら1970年代サイケを想い起こすような音使い、クラリネットは艶やかで朗々としつつも不思議な音階。
 フリーなインプロビゼーションばかりではなく、合奏の場面もありますが、不思議なメロディ、そして気がつけばまた強烈な浮遊と淡い混沌の中。
 ときおり現れる祈りのようなヴォイスが醸し出す敬虔なムード、電子音の宇宙的なムード、さらに突然現れるディストーションの掛かったギターの強烈な音・・・
 深刻で沈痛な面持ちと、何が出てくるのか、どこにたどり着くのか全く予想できない不安感。
 そして極めて透明度の高い美しい音。
 美しいだけにかえって不思議感、不安感120%。
 強烈な非日常へと誘う、摩訶不思議なトリップミュージック。




posted by H.A.

【Disc Review】“The Wind” (2004) Kayhan Kalhor, Erdal Erzincan

“The Wind” (2004) Kayhan Kalhor, Erdal Erzincan

Kayhan Kalhor (Kemenche) Erdal Erzincan (Baglama)
Ulaş Özdemir (Baglama)

Wind
Kayhan Kalhor
Ecm Records
2006-09-19


 イランのカマンチェ奏者Kayhan Kalhorとクルドのバーラマ奏者Erdal Erzincanの双頭リーダー作。
 カマンチェはバイオリン、バーラマは琵琶の原型あるいは変形の中近東の伝統楽器のようです。
 Kayhan Kalhor は“The Rain” (2001) Ghazalなど、ECMで時々見かける人、その中近東伝統音楽路線。
 例の中近東系音楽のもの哀しいメロディとゆったりとしたビート、終始流れるやるせないムード。
 あるいはいわゆる“悠久”な空気感。
 弦が弾かれる音と擦られる音の絡み合い。
 聞き慣れない響きはプリミティヴなようでもあるし、敬虔なようでもあるし。
 打楽器、声の無いシンプルな編成ゆえの淡々とした音の流れは、形を変えながらゆったりと進んでゆきます。
 一定のパルスを感じさせつつも不規則に停止を繰り返すビート、ときおり激情を託されたような加速を伴う強い音を交えた動きは、寄せては返す波のよう。
 いつ果てるとも知れない音は終盤に向けて徐々にテンションとスピードを上げ、高まる高揚感、最後に訪れる陶酔。
 そして全てが終わった時に訪れる静寂の時間の深淵さ。
 強烈な非日常、静かな陶酔へと誘うトリップミュージック。




posted by H.A.

【Disc Review】“Dreamlife of Debris” (2019) Kit Downes

“Dreamlife of Debris” (2019) Kit Downes

Kit Downes (piano, organ)
Tom Challenger (saxophone) Stian Westerhus (guitar) Lucy Railton (cello) Sebastian Rochford (drums)

Dreamlife of Debris
Kit Downes
Ecm
2019-10-25


 イギリスのピアニストKit Downes、不思議感たっぷり、静かなコンテンポラリージャズ。
 “Time Is A Blind Guide” (2015) Thomas Strønenで、漂い、疾走するカッコいいピアノを弾いていた人。
 が、ECMでの初リーダー作“Obsidian” (2017)は幻想的なパイプオルガンの独奏。
 本作ではオルガンとピアノが半々、イギリスのサックス奏者とのDuoを中心に、楽曲によってドラム、先端系ギター、チェロが加わる編成。
 冒頭は妖しいメロディと定まらないビート。
 漂うサックスと美しいピアノが織り成す強烈な浮遊感に覆われたコンテンポラリージャズ、いかにもECMの世界。
 が、オルガンが加わると様相は変わってきます。
 “Obsidian” (2017)と同様、宇宙的な感じ、アンビニエントなイメージ。
 チェロが加わるとクラシカルな色合いが加わり、ギターが静かに鳴ると未来的な感が強くなります。
 そんな空気感に支配された淡い音楽。
 ときおり聞こえるピアノに覚醒しつつも、静かで穏やかな音の流れの中で微睡の中へ・・・
 締めはオルガンが前面に出て厳かで穏やかながらドラマチックなエンディング。
 全編通じて淡く穏やかな音の流れ。
 宇宙的な廃墟感というか、デカダンスというか・・・
 ジャケットはオーロラっぽい雲のポートレート、タイトルは"瓦礫の夢の生活?"。
 確かにそんな感じの音。




posted by H.A.

【Disc Review】“Munich 2016” (2016) Keith Jarrett

“Munich 2016” (2016) Keith Jarrett

Keith Jarrett (Piano)

Munich 2016
Keith Jarrett
Ecm
2019-11-01


 Keith Jarrett、2016年のソロピアノ、ドイツでのステージ。
 各所のステージから編集され、静かで落ち着いた“Creation”(2014)以来のソロ演奏アルバムでしょうか。
 21世紀に入ってからの短い演奏で区切っていくスタイルですが、前作とはイメージが異なります。
 インプロビゼーション12編とスタンダード三曲。
 序盤は少々抽象的なイメージ。
 何かがゆったりと崩れていくような動きから一気に強烈な疾走、さらに重厚で陰鬱な低音が鳴り響く重々しい展開。
 そこを抜けると淡く穏やかに、さらに徐々に明度も上がりメロディアスに。
 荒天が収まっていくように、周囲の景色、空気感は変わっていきます。
 ゴスペル~フォークロックなバラード風あり、“Treasure Island” (Feb.1974) 風あり、幻想的なバラード風あり。
 後半CD二枚目は穏やかで美しいバラードからスタート。
 ゆったりと丁寧に置かれていくメロディ。
 短くブルースを挿んで、柔らかな音、静かで繊細な演奏が続きます。
 序盤のような荒天には戻りません。
 そして、短い疾走曲ともにインプロビゼーションは幕。
 締めにはゆっくりとメロディを置いていく“The Melody At Night, With You” (1998)スタイルのスタンダード演奏三連発。
 “The Köln Concert” (Jan.1975)とも、“La Scala” (Feb.1995)とも、“Radiance” (Oct.2002)とも、“Creation” (2014) とも違った印象のソロ演奏。
 序盤の気難し気な雰囲気に緊張し不安になりつつも、後半の穏やかで明るい音で解放される前向きな展開。
 構成からすれば“Rio” (Apl.2011)、その演奏が抑制され、柔らかく淡い色合いになった感じでしょうか。
 ジャケットは少々の黒い雲はあれど穏やかで爽やかな青空。
 中盤から後半に向けて、その写真そのままな音。
 そんなKeith Jarrett。




〇:ソロ作品
 (May.1967)   “Life Between the Exit Signs"
〇(Mar.1968)   “Restoration Ruin"
 (Aug.1968)   “Somewhere Before"
 (Jul.1970)  “Gary Burton & Keith Jarrett"
 (May.1971)   “Ruta and Daitya"
 (Jul.1971)  “El Juicio (The Judgement)"
 (Jul.1971)  “Birth"
 (Jul.Aug.1971) “The Mourning of a Star"

〇(Nov.1971) "Facing You"
 (Apl.1972) "Expectations"
 (Jun.1972) "Hamburg '72
 (Nov.1972)   “Conception Vessel”    Paul Motian
 (Feb.1973) "Fort Yawuh"
 (Feb.1973) "In the Light"
〇(Mar.Jul.1973) ”Solo Concerts:Bremen/Lausanne” 
 (Feb.1974) “Treasure Island” 
 (Apl.1974) Belonging” 
 (Apl.1974) “Luminessence” 
 (Oct.1974) Death and the Flower” ,“Back Hand” 
〇(Jan.1975) The Köln Concert” 
 (Feb.13.1975) “Solo Performance, New York ‘75” 
 (Jun.1975) "Gnu High"   Kenny Wheeler 
 (Oct.1975) Arbour Zena” 
 (Dec.1975) Mysteries” 
 (???.1975) Shades” 
 (Mar.1976) Closeness”  Charlie Haden
 (Apl.1976) The Survivor's Suite” 
〇(May.1976) Staircase” 
 (May.1976) Eyes of the Heart” 
 (???.1976) “Hymns/Spheres” 
 (Oct.1976) Byablue”、“Bop-Be” 
〇(Nov.1976) Sun Bear Concerts” 
 (Jun.1977) “Ritual” 
 (Feb.1977) Tales Of Another” Gary Peacock 
 (Oct.-Nov.1977) “My Song"    
 (Apl,16-17.1979) “Sleeper”, “Personal Mountains” 
 (May,1979) Nude Ants:Live At The Village Vanguard
 (1979,1980) "Invocations/The Moth and the Flame"
 (Mar.1980) "G.I. Gurdjieff: Sacred Hymns", "The Celestial Hawk"

〇(May.1981) ”Concerts:Bregenz” 
〇(Jun.1981) ”Concerts:Munchen
 (Jan.1983) Standards, Vol. 1”、“Standards, Vol. 2” 、“Changes
 (May-Jul.1985) "Spirits"
 (Jul.1985) "Standards Live"
 (Jul.1986) "Still Live", "Book of Ways", "No End"
 (Feb.1987) "Well-Tempered Clavier I"
〇(Apl.1987) "Dark Intervals"
 (Oct.1987) Changeless” 
〇(Oct.1988) Paris Concert
 (Oct.1989) ”Standards in Norway” 
 (Oct.1989) “Tribute”
 (Apl.1990) “The Cure”
〇(Sep.1991) “Vienna Concert
 (Oct.1991) “Bye Bye Blackbird”
 (Sep.1992) “At the Deer Head Inn”
 (Mar.1993) “Bridge of Light”
 (Jun.1994) “At the Blue Note”
〇(Feb.1995) “La Scala
 (Mar.1996) “Tokyo '96”
〇(Oct.1996) “A Multitude of Angels” 

〇(1998)   “The Melody At Night, With You” 
 (Nov.1998)  "After The Fall"
 (Jul.1999) “Whisper Not”
 (Jul.2000) “Inside Out” 
 (Apl.2001) “Yesterdays”
 (Apl.2001) “Always Let Me Go”
 (Jul.2001) “My Foolish Heart”
 (Jul.2001) “The Out-of-Towners”
 (Jul.2002) “Up for It”
〇(Oct.2002) “Radiance
〇(Sep.2005) “The Carnegie Hall Concert
 (2007)   ”Jasmine”, “Last Dance
〇(Oct.2008) “Testament
 (May.2009) “Somewhere”
〇(Apl.2011) “Rio
〇(2014)   “Creation
〇(2016)   “Munich 2016” 

posted by H.A.

【Disc Review】“Playing The Room” (2018) Avishai Cohen, Avishai Yonathan

“Playing The Room” (2018) Avishai Cohen, Avishai Yonathan

Avishai Cohen (Trumpet) Avishai Cohen (Piano)

Playing the Room
Avishai Cohen
Ecm Records
2019-09-06


 イスラエルのトランペッターAvishai Cohen、同じくピアニストAvishai YonathanのDuo。
 静かで落ち着いたコンテンポラリージャズ。
 Avishai Yonathan はAvishai Cohenバンドのメンバー、“Into The Silence” (2015)、“Cross My Palm With Silver” (2016)にも参加。
 二人とも近年のECMの看板選手になりつつあるのだと思いますが、エスニックには寄らない、またヨーロピアンとも違う、むしろアメリカ的な印象もちらほら。
 演奏の色合いというよりも、二人のオリジナル曲に加えて、John Coltrane, Abdullah Ibrahim, Ornette Coleman, Duke Ellington, Milt Jackson, さらにはStevie Wonderまで取り上げた楽曲のイメージが大きいのでしょう。
 冒頭は美しいピアノと朗々としたトランペットが奏でるバラード。
 スローテンポでのDuoゆえに、揺らぐようなビート感。
 沈痛ではなく、穏やかで懐かし気なセンチメンタリズム。
 続くあちこちに跳ぶオリジナル曲、ゆったりとしたバラードで演奏される”Cresent”も同様の空気感。
 揺らぐ空間の中で鳴り続けるキリッとしたトランペット。
 Duke EllingtonOrnette ColemanMilt Jacksonも同様、穏やかに優しく、そして端正に奏でられていきます。
 ピアノ中心の“Sir Duke”はコミカルな感じですかね。
 などなど合わせて、ハイテンション先端系ジャズにはなりません。
 締めには懐かしいムードのイスラエルの楽曲。
 アメリカンではなくて、イスラエリーなSaudadeはこんな感じなのでしょうかね。
 ともあれ、圧倒的な演奏力に支えられた穏やかなコンテンポラリージャズ。


 

posted by H.A.


Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ