吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

ECM_records

【Disc Review】“Surrounded by Sea” (2015) Andy Sheppard

“Surrounded by Sea” (2015) Andy Sheppard

Andy Sheppard (soprano, tenor sax)
Eivind Aarset (Guitar) Michel Benita (Double Bass) Sebastian Rochford (Drums)

Surrounded By Sea
Universal Music LLC
2015-04-17


 イギリスのサックス奏者Andy Sheppardの変則カルテットの普通なようで不思議なジャズ。
 前作“Trio Libero” (2012)のトリオにギターのEivind Aarsetが加わる形。
 静かながら躍動感が前面に出た前作に対して、本作は漂うようなバラード中心。
 Eivind Aarset は前々作“Movements in Colour” (2008)以来の参加。
 Nils Petter Molværバンド的な深刻な感じではなく、あくまで静かでスペーシーな背景作りに徹しています。
 サックストリオがキッチリとジャズを演奏する後ろで、薄い膜を作るような、あるいは緩やかに時空をゆがめていくようなギター。
 幻想的な色合いはBill Frisell入りのPaul Motianのトリオのようでもあるのですが、もっともっとジャズ寄り。
 主導するのは、あくまでどことなく懐かし気なメロディと、心地よさ最高の音のジャズサックストリオ。
 でもなんだかトリオだけの音とは印象は異なります。
 毒気まで行かずとも、不思議感を増幅するギター。
 ルバートでのスローバラードを間に挟みつつ、穏やかでゆったりとしたジャズが続きます。
 締めも“Looking for Ornette”と題された穏やかなバラード。
 本作はあまりにも穏やかなのでそれは感じていなかったのですが、やっぱり根っこはOrnette Colemanだったのかあ・・・




posted by H.A.


【Disc Review】“Trio Libero” (2012) Andy Sheppard

“Trio Libero” (2012) Andy Sheppard

Andy Sheppard (soprano, tenor sax)
Michel Benita (Double-Bass) Sebastian Rochford (Drums)

Trio Libero
Universal Music LLC
2017-07-28


 Andy Sheppard、“Movements in Colour” (2008)に続くECMでの制作作品。
 とても妖しい前作のメンバーを刷新し、オーソドックスなジャズ色合いのフランス人ベーシストにイギリス人ドラマー。
 サウンドもまるっきり違う色合い。
 インド的な不思議なグルーヴの前作に対して、本作はジャスト、ジャズ。
 但し、Ornette Coleman的なジャズ。
 それを思いっきり静かにソフトにスムースにした感じでしょうか。
 Charlie Haden的だけども、もっともっと柔らかい感じ、低い重心でぐんぐん前に進むベースに、静かなドラム。
 サックスはいつも通りにスムース。
 たっぷり余裕のある空間の中を漂うたっぷりのエコーが効いたサックスの音と、ボコボコと音を置くベース、静かに背景を作るようなドラム。
 心地よさ最高。
 ECMのお約束、ルバートでのスローバラードも交えつつ、不思議感たっぷりに、但し、終始明るく前向きなムードで進む音。
 さらに、普通のジャズのようでどこか幻想的な雰囲気は、ECMだからこそなせる技か、百戦錬磨の名手のなせる技か。
 ま、両方なのでしょう。
 オーソドックスなようで不思議感たっぷり。
 わかりやすいのだけども、異色。
 日常と少しだけズレたような空気感と、音の響きがとても心地よい一作。

※こちらはギター入り。


posted by H.A.


【Disc Review】“Movements in Colour” (2008) Andy Sheppard

“Movements in Colour” (2008) Andy Sheppard

Andy Sheppard (soprano, tenor sax)
John Parricelli (acoustic, electric guitar) Eivind Aarset (guitar, electronics) Arild Andersen (double bass, electronics) Kuljit Bhamra (tabla, percussion)

Movements in Colour (Ocrd)
Andy Sheppard
Ecm Records
2009-06-30


 イギリスのサックス奏者Andy Sheppardの変則カルテットによるエスニック~近未来ジャズ、ECMでの制作。
 Carla Bleyバンドのイメージが強く、そこでは奇をてらわないオーソドックスでスムース、手練れたサックスのイメージ。
 本作でもサックス自体はそのままですが、バンドのサウンドは摩訶不思議。
 激烈ジャズベースArild Andersen、音響系未来系ギターEivind Aarsetのノルウェー勢に、イギリス人ギタリストJohn Parricelli、加えて打楽器の主役はタブラ。
 それら各人のイメージそのままがフュージョンしたような不思議なジャズ。
 ビートは淡々と進み次第に熱を帯びていくインド風、メロディはスパニッシュかインドっぽいエスニック風味、ベースは強烈なジャズ、フロントに立つサックスとギターはオーソドックスなジャズ、さらにときおり電子音が空間を支配して近未来的に・・・ってな感じ。
 何が何だかよくわからないフュージョン。
 そんな音が中心ですが、最後にさり気なく収められた“International Blue”なる妖しいギターとサックスの哀しく漂うような絡み合いが、これからの作品を予見しているような、そうでもないような・・・
 ECM流のエスニックジャズではあるのですが、あっちの世界には行かないオーソドックスさ。
 そんな不思議なバランスの一作。

※別のバンドでの作品から。


posted by H.A.


【Disc Review】“La Notte” (2010) Ketil Bjørnstad

“La Notte” (2010) Ketil Bjørnstad

Ketil Bjørnstad (piano)
Eivind Aarset (guitars, electronics) Arild Andersen (bass) Marilyn Mazur (drums, percussion) Anja Lechner (cello) Andy Sheppard (tenor, soprano sax)

La Notte
Ketil Bjornstad
Ecm Records
2013-06-11


 ノルウェーのピアニストKetil Bjørnstadのライブ録音。
 リーダーはクラシック色が強い人、メンバーはいろんな世代のECMオールスターズ。
 チェロのAnja Lechnerのイメージが合いますが、他は少し前に“Movements in Colour” (2008)を制作したゴリゴリのジャズの人に音響系の先端ギタリストといったメンバー。
 なんだかミスマッチな感じもするのですが、予想に違わず、チェロとピアノが前面にでたクラシック色と、Andy Sheppardのサックスが前面に出るジャズ色が交錯するステージ。
 “夜”?と題された組曲、全8編。
 例の跳ねないビートと沈痛で深刻なメロディ、チェロとピアノのDuoでのクラシカルな雰囲気からスタート。
 ベースが入るとジャズなサックスにズルズルギターの激しい系コンテンポラリージャズに、妖しくフリーなパーカッション。
 硬、軟、ジャズ、クラシックを織り交ぜつつ、メンバーの色合いそのままがフュージョンするアンサンブル。
 妖し気な音響系ギターがさり気ない背景を作りつつのチェロとクラシカルなピアノの絡み合い、あるいは激烈Arild Andersenと優雅なAnja Lechnerの低音Duo、なんて他ではなかなか聞けないのでしょう。
 全編わかりやすくてキャッチ―なメロディ、さまざまなシーンを織り込んだ映画のようにドラマチックな構成。
 哀し気ですが、他の諸作よりも沈痛は低め、どこかあっけらかんとした、優しい色合い。
 最後のルバートでのスローバラードも、妖しく幻想的ながら前向きなメジャーコード締め。
 この人の作品にしては深刻度低め、ジャズ度強めのクラシカルコンテポラリージャズ。
 気難しくなくていいなあ・・・




posted by H.A.


【Disc Review】 “Dream Logic” (2012) Eivind Aarset

“Dream Logic” (2012) Eivind Aarset

Eivind Aarset (Electronics, Guitar, Bass, Percussion, Programming, Sampling)
Jan Bang (Dictaphone, Programming, Sampling)

Dream Logic
Eivind Aarset
Ecm Records
2012-11-13


 ノルウェーのギタリストEivind AarsetのECM作品。
 同胞Nils Petter Molværの未来系ファンク諸作“Khmer” (1996-1997)などはさておいても、“River Silver” (2015) Michel Benita、”Atmospheres” (2014) Tigran Hamasyan, “Movements in Colour” (2008) Andy Sheppardなど、意外な人たちと共演を重ねている人。
 アンビエント系、音響系、未来系・・・、なんとカテゴライズするのかはわかりません。
 同胞のJan Bangと二人で制作した本作もそんな音。
 Nils Petter Molværのバンドでは激しく凶悪なイメージもありましたが、本作はひたすらゆったりとしていて静謐。
 そして近年のECMらしく哀し気ながらとても穏やか、どこか懐かし気。
 ギター、エレクトロニクスその他の音が緩やかに絡み合う静かな迷宮。
 ふわふわした心地よい時間、ゆったりと周囲の空気が変わっていくような音の流れが続きます。
 ときおり輪郭が明確になるたっぷりのエコーが効いたソリッドギターの音がアクセント。
 静かに広がる電子音の空間の中、そんなギターの音が静かに響く場面は心地よさ最高。
 場所、時代、時間、温度、湿度・・・その他諸々、すべてが曖昧な、静かな迷宮へのトリップミュージック。
 なお、本作のプロデューサーはJan Bang。
 Manfred Eicherのクレジットはありません。
 なるほど・・・




posted by H.A.


【Disc Review】“Ravensburg” (2017) Mathias Eick

“Ravensburg” (2017) Mathias Eick

Mathias Eick (trumpet, voice) 
Andreas Ulvo (piano) Audun Erlien (bass) Torstein Lofthus (drums) Helge Andreas Norbakken (drums, percussion) Håkon Aase (violin)

RAVENSBURG
MATHIAS EICK
ECM
2018-03-02


 ノルウェーのトランペッターMathias Eickのコンテンポラリージャズ。
 すっかり現代ECMの代表トランペッターになったようで、コンスタントに制作しています。
 前作”Midwest” (2014)と同様、オーソドックスなトランペットカルテットにバイオリンが加わる編成ですが、メンバーは大幅に変わっています。
 本作もこの人の色合い、寂寥感の強いジャズですが、少々明るいイメージだった前作に対して、本作はダークで哀感強め。
 しっとりしたジャズだけど、アコースティック4ビートな場面は少なく、現代的な複雑で乾いたビートを刻むドラムと、控え目に淡々と音を置くエレキベース。
 ピアノは前作に参加した大御所Jon Blakeではありませんが、“Skala” (2010)などに参加していたいかにも北欧系、繊細で美しい音の人。
 さらに狂気を秘めたようなバイオリンと、時にスキャット、そして主役のサブトーンたっぷり、寂寥感の塊のような音のトランペット。
 バイオリンはThomas Stronenの“Time Is A Blind Guide” (2015)、“Lucus” (2017)に参加していた人。
 派手に前面に出てくる場面は多くないのですが、トランペットとの揺らぐような絡み合いがとてもカッコいい。
 楽曲はもちろんこの人の描く、哀感、寂寥感の強いメロディ。
 ノルウェーのトラディショナルな空気感と、ロックやフォーク、その他諸々の要素が混ざり合う現代の音。
 静かに淡々と進みつつも、漂い揺らぎながらじわじわと迫ってくるような音の流れは、穏やかながらとてもドラマチック。
 近年のECMの定番、淡くて穏やかでエスニック、そして揺らぎのあるコンテンポラリージャズ。
 どことなく寂しげで懐かしげな空気感は、Nordic Saudade。
 ダークで沈んだ質感だけども、なぜか和みます。




posted by H.A.


【Disc Review】“For 2 Akis” (2017) Shinya Fukumori

“For 2 Akis” (2017) Shinya Fukumori

Shinya Fukumori (drums)
Walter Lang (piano) Matthieu Bordenave (tenor sax)

For 2 Akis
Shinya -Trio- Fukumori
Ecm Records
2018-02-16


 日本人ドラマーのデビュー作品、ECMレコードから。
 リーダーは30歳代、ピアノはベテランのドイツ人、テナーはリーダーと同世代のフランス人。
 ベースレスでの浮遊感の強い、静かなバラード集。
 といってもECMのお約束の全編ルバート・・・ってな感じではなく、ピアノが定常なビートを出して、サックスはそれに合わせ、ドラムが静かにフリー動いていく構成。
 キッチリとしたヨーロピアンピアノに、Charles Lloyd的な繊細なテナー。
 自由なドラムは、Paul MotianThomas StronenといったECMのフリー系の人たちとはイメージの異なる、静かで繊細な優しい音。
 “Silent Caos”といったとてもカッコいいタイトルのイメージそのままの演奏もありますが、ECM的な毒や難解さ、気難しさはありません。
 ドラムはフリーですが、その動きを含めて全編メロディアス。
 中心となるオリジナル曲はどこか懐かしい童謡を想い起すようなメロディ、音の動き。
 さらにスローでルバートっぽく演奏される美空ひばり/小椋佳の“愛燦燦”、あるいは”荒城の月”なんて、なかなか・・・
 演歌的ではなく、クールに聞こえるのはいかにも現代の音であり、ECMな音。
 それでも全編通じて日本っぽくて懐かしい音の流れは、Japanese Saudadeってな感じでしょうか。
 ヨーロッパで生活する日本人、あるいはドイツの人からしてもそんな感じに聞こえるのでしょうかね?
 とても静かで優しい、日本的な空気感が素敵なコンテンポラリージャズ。



posted by H.A.


【Disc Review】“Descansado - Songs for Films” (2017) Norma Winstone

“Descansado - Songs for Films” (2017) Norma Winstone

Norma Winstone (voice)
Klaus Gesing (bass clarinet, soprano sax) Glauco Venier(piano) 
Helge Andreas Norbakken(percussion) Mario Brunnello(cello)

Descansado: Songs for Films
Norma Winstone
Ecm Records
2018-02-16


 大御所Norma Winstoneの映画音楽集。
 “Dance Without Answer” (2012)以来の久々の作品。
 近年のレギュラートリオにバーカッションとチェロが数曲で加わっています。
 Michel Legrand、Nino Rota、Ennio Morriconeといったヨーロピアンのとてもセンチメンタルで甘いメロディを散りばめつつ、全曲いつものスローバラード。
 この人の作品はいつも古いヨーロッパ映画のような映像的な音、ズバリそのものの企画。
 静かに零れ落ちるような音使いと要所でのグルーヴが交錯する美しいピアノと、いかにもヨーロピアンジャズな美しいソプラノサックスに妖しいバスクラリネット。
 近年、あるいは“Azimuth” (Mar.1977)、”Somewhere Called Home” (1986)の頃から変わらない、あの静謐な世界。
 トリオの演奏をベースとして、要所でパーカッションが妖しさを、チェロが優雅さを助長します。
 かつてよりもハスキーになり、重心が下がった感じの声と歌。
 甘いメロディに儚げで妖しい演奏、沈んだボイスの絶妙なバランス。
 強い浮遊感、センチメンタルでメランコリック、ちょっとノスタルジックな幻想的な時間がひたすら続きます。
 ひたすら静かで美しいのだけども、どこか日常からズレているような、歪んでいるような、あの世界観。
 European Saudadeってなのがあるとすれば、こんな音なのかもしれません。
 ジャケットにさり気なくクレジットされた“In memory of John and Kenny”。
 二人の盟友とも、すでに故人。
 はるか40年前、三人で作った“Azimuth” (Mar.1977)の頃から、描こうとしている景色は変わらないのでしょうね。


※少し前の演奏から。


posted by H.A.


【Disc Review】“A Long Time Ago” (1997,1998) Kenny Wheeler

“A Long Time Ago” (1997,1998) Kenny Wheeler

Kenny Wheeler (Flugelhorn)
John Parricelli (Guitar) John Taylor (Piano)
Derek Watkins, Henry Lowther, Ian Hamer, John Barclay (trumpet) Mark Nightingale, Pete Beachill, Richard Edwards (Trombone) Dave Stewart, Sarah Williams (Bass Trombone)

Long Time Ago
Kenny Wheeler
Ecm Import
1999-10-19


 Kenny Wheelerのラージアンサンブルでのコンテンポラリージャズ。
 たくさんの作品を制作していた時期のようで、ECMでは”Angel Song” (1996)に続く作品。
 盟友John Taylorにギターを加えたトリオに、大人数のブラスアンサンブル。
 ドラムとベースの参加はなく、いわゆるビッグバンドのジャズとは異なります。
 フロントに立つのはフリューゲルホーン、ピアノ、ギターのみ。
 そのトリオのみの静かな場面も多く、ブラスのアンサンブルが彩りを付けていく形。
 冒頭のタイトル曲は30分を超える組曲。
 いつものちょっと悲し気で勇壮なメロディに、柔らかい音のブラスのアンサンブルから、フリューゲルホーンとギターとピアノの静かなジャズへ。
 それらが交錯する構成。
 鋭く美しいピアノに、現代的ながらあくまでジャズなギター。
 低音楽器を中心とした重厚で格調高いブラスアンサンブル。
 ドラムとベースがいない分、不思議な質感で淡々と進む音。
 ギター、ピアノが後ろに下がった場面では、よりクラシック的に聞こえます。
 現世の日常とは違う、中世のヨーロッパ的な、静かだけども不思議な重厚感。
 Kenny Wheelerらしく勇壮で高貴、上品、大人、そして静かなジャズ。

※別のアルバムから。


posted by H.A.

【Disc Review】“Play Blue: Oslo Concert” (2008) Paul Bley

“Play Blue: Oslo Concert” (2008) Paul Bley

Paul Bley (piano)

Play Blue
Paul Bley
Ecm Records
2014-05-06


 Paul Bleyのソロピアノコンサート。
 これが遺作になるのでしょうか?
 ECMでは名作“Open, to Love” (1972)、“Solo in Mondsee” (2001)に続く三作目のソロピアノ。
 おそらくは全て即興演奏なのでしょう。
 跳ねるようなアップテンポの場面が多い印象ですが、スローバラード、その他を織り交ぜながら、短いスパンで次々と景色が変わっていくような音の流れ。
 グラデーションを付けながら変わっていくスタイルはKeith Jarrett的ではあるのですが、彼の演奏よりも変化が大きく、その予想も困難。
 冒頭、明るいアップテンポから今にも止まりそうなタメを効かせたスローバラード、さらにフリージャズへ。
 そして理不尽な不協和音と不自然なまでに長い残響音でのエンディング。
 激しいフリージャズの演奏から、次の瞬間は穏やかで美しいメロディ、あるいはその逆。
 そんな演奏が続きます。
 中盤に置かれた“Flame”は “In the Evenings Out There” (1991)に収められた名演”Afterthoughts”のバリエーションのようなスローバラード。
 フリーで抽象的な場面を経て、予想外の激しいエンディング。
 このステージの最後の曲も目まぐるしい展開と、まとまったようで何か唐突な印象もある終演・・・
 その唐突感と予想外の展開、そしてその間々に挟まれた超美メロディの数々がこの人の真骨頂。
 ベタつかないクールさ、ハードボイルドネス、そして美しさの源泉なのでしょう。
 終演後の長い長い拍手は “The Carnegie Hall Concert”(Sep.2005) Keith Jarrettを想い起こします。
 そしてアンコールはECM制作としては全く意外なSonny Rollinsナンバー、但し、フリージャズ仕様。
 1960年代から、モダン~フリーを体現したジャズアーティストの本分。
 キャリアの集大成ともいえそうなステージの記録。
 そして、稀代のスタイリストPaul Bley、2016年逝去。

※若き日の演奏から。


posted by H.A.
Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ