吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Dino_Saluzzi

【Disc Review】”Responsorium” (Nov.2001) Dino Saluzzi

”Responsorium” (Nov.2001) Dino Saluzzi
Dino Saluzzi (bandoneon)
José Maria Saluzzi (acoustic guitar) Palle Danielsson (double bass)

Responsorium
Dino Saluzzi
Ecm Records
ディノ サルーシ


 Dino Saluzzi、ギター、ベースとのトリオ作品、“Cité de la Musique”(1996)の続編。
 ベーシストが変わりましたが世界観は同じ。 もちろんジャズではありません。
 基本はタンゴなのでしょうが、フォルクローレの色合いの方を強く感じてしまうような優しい音楽。
 静かで穏やかなDino Saluzzi World。
 前作“Cité de la Musique”のベース、Mark Johnsonはいつも通りに手数多め、強い推進力のジャズベースでしたが、本作のPalle DanielssonはDino Saluzziの「揺らぎ」に合わせにいっているようにも感じます。
 結果的に本作の方が、浮遊感が強いかも。
 それにしてもギターとバンドネオンのコンビネーションの素晴らしいこと。
 同じ波長のような「揺らぎ」。 
 それに耳が行くと、やはりジャズベーシストPalle Danielssonが苦労しているような気がするようなしないような・・・?
 もちろん三者が素晴らしい演奏、素晴らしい音。
 曲はいつも通りの郷愁感あふれる全曲オリジナル。
 コンテンポラリージャズ風味が強い“Cité de la Musique”、あくまで揺れるDino Saluzzi Worldの色が濃い本作、といった対比でしょうか。
 どちらも素晴らしい作品ですが、私の好みはこちらです。
 本日は。




posted by H.A.

【Disc Review】”If” (Jun.2001) Myriam Alter

”If” (Jun.2001) Myriam Alter 
Myriam Alter (compositions)
Dino Saluzzi (bandoneon) John Ruocco (clarinet) Kenny Werner (piano) Greg Cohen (bass) Joey Baron (drums)

If
Myriam Alter
Enja Justin Time

ミリアム アルター 
ディノ サルーシ 


 ベルギーの作曲家のジャズ~タンゴ作品。レーベルはドイツのenja。
 メンバーはジャズの人たち+Dino Saluzzi。
 Dino Saluzzi本人の作品よりもタンゴの香りが強いように。
 レーベルがECMではないこともあり、バンドネオンの音も少し違って聞こえます。
 こちらの方が明確でオーソドックスかな。
 さておき、クラリネットとバンドネオンの絡みがとても優雅。
 哀愁漂う優雅な佳曲揃い。
 楽器の音色も合わせて、どことなくノスタルジックなムード。
 では、Dino Saluzzi諸作のように「郷愁」という言葉がフィットするかどうかは微妙。
 メロディ、アレンジ、演奏の全て、細かな部分を含めて、洗練されたイメージが強いからでしょうかね。
 バンドネオンが前面に出ると、例の「揺らぎ」が出るのですが、背景のカチッとした音に次第に溶け込んでいく感じ。
 全体を眺めてみると、とても洗練された穏やかなヨーロピアンジャズ。
 少し、いや、かなりひねりが効いたECM系ばかり聞いていると、この種の素直な音楽が見えなくなっているかも・・・んなことはないか・・・。




posted by H.A.

【Disc Review】“Kultrum” (Oct.1998) Dino Saluzzi, Rosamunde Quartett

“Kultrum” (Oct.1998) Dino Saluzzi, Rosamunde Quartett
Dino Saluzzi (bandoneon) Anja Lechner (Cello) Helmut Nicolai (Viola) Andreas Reiner, Simon Fordham (Violin)

Kultrum
Dino Saluzzi
Ecm Import
ディノ サルーシ


 Dino Saluzzi、ストリングスカルテットとの共演。ECM New Seriesから。
 レーベルからもわかるように完全にクラシック~タンゴ。
 これまでECMだけでも、”Once Upon a Time - Far Away in the South” (1985)、”Volver” (1986) Enrico Rava、“From the Green Hill” (Aug.1998) Tomasz Stanko、“Cité de la Musique” (1996)、などなど、数多くのジャズミュージシャンとの共演作。
 どれもいい出来ですが、前後左右、縦横無尽に揺れるバンドネオンにピッタリとしたビート感の演奏はなかったようにも思います。
 どちらかが合わせに行っているか、それぞれが自由にやっているイメージ。
 が、この作品はビート感が自然にピタッと合っているように思います。
 クラシックには疎いので、この作品がその世界でどう位置付けられるのかはわかりません。
 とても穏やか、優雅で静謐な豊かな音楽。
 ストリングスと完全に一体化したバンドネオン。
 Dino Saluzziの揺らぎを吸収してしまうストリングスの素晴らしさ。
 全てDino Saluzziの楽曲、タンゴの香り。
 全体を包み込む静謐な浮遊感。
 あいにくクラシック音楽を形容する言葉をもち合わせていないのが残念なのですが、これはいいです。

※音源がないのでRosamunde Quartett を。


posted by H.A.

【Disc Review】“Cité de la Musique” (1996) Dino Saluzzi

“Cité de la Musique” (1996) Dino Saluzzi
Dino Saluzzi (bandoneon)
Marc Johnson (bass) José Maria Saluzzi (acoustic guitar)
 
Cite De La Musique
Dino Saluzzi
Ecm Records
2000-06-06
ディノ サルーシ



 季節柄、秋らしい音楽が無かったかな?と思って取り出したアルバム。
 バンドネオンを中心とした室内楽的ジャズ~ワールドミュージック(でもないか)。
 ちょっと怪しげなジャケットで怖そうな感じもするのですが、実はもの凄く優しい音楽。
 Dino Saluzziのバンドネオン、アルゼンチンの人ですがあまりタンゴタンゴしていない?ところが私のお気に入り。
 Astor Piazzollaあたりと比べると線が細いというか、優しいというか。
 身構えて聞かなければならないAstor Piazzollaに対して、リラックスして聞けるDino Saluzzi。
 このアルバムもそんな感じの音。
 遠くから聞こえてくるような繊細な感じのバンドネオン、静的に、出しゃばらず、でもしっかりとサポートするベースとギター。
 フォークロアっぽい曲が多いかな?強烈な美曲はありませんが、どの曲も優しくていい感じ。タンゴ的な悲壮感、激情感ではなく、穏やか、でもそこはかとなく寂寥感が漂う楽曲群。
 Bill Evans縁の曲を入れているのはMarc Johnsonへのご愛嬌?
 大御所Marc Johnsonがいる分、ジャズ度はまあまあ高めなのでしょう。Guitarはアンサンブル中心ですが、時折り出てくるソロがもの凄くいい感じ。出番が少ないのがちょっともったいないような・・・
 などなど、もろもろ含めて、結果、総じてのんびりゆったり。
 ローカル線に乗って、車窓を眺めている感じのイメージかな?
 決して急がずゆったりと、騒がしくなく淡々と、とても穏やか、とても心地いい・・・思わずうとうと・・・

(※この投稿は2015/09/26から移動しました。)
 


posted by H.A.

【Disc Review】”Rios” (1995) Dino Salussi, Anthony Cox, David Friedman

”Rios” (1995) Dino Salussi, Anthony Cox, David Friedman
David Friedman (Marimba, Vibraphone, Percussion) Dino Saluzzi (Bandoneon, Voice, Percussion) Anthony Cox (Acoustic, Electric Bass)

Rios
David Friedman
Intuition
ディノ サルーシ 
デビッド フリードマン 
アンソニー コックス 


 すごい取り合わせのトリオ。
 ジャケットもフリーか、プログレか、ってな感じでちょっと怖そうなアルバム。
 が、これが穏やかなコンテポラリージャズ。
 楽曲をほぼ等分に持ち寄っていますので、誰かがリーダーといった感じではないのでしょう。'My one and only love'なんてのも入っています。
 三者ともスタイリストですが、ぶつかることなくいい感じで絡み合った演奏。
 Dino Saluzzi一人になると独特の浮遊感、例の「揺らぎ」が出ますが、合奏になるとビシッと合わせてきます。たとえファンクなベースラインでもカッコいいインプロビゼーション。
 推進力が強くよく動くベースと、強いドライブ感のマリンバ。
 そして揺らぎたい気持ちを押さえつつも?バンドに溶け込むバンドネオン。
 全体的に穏やかな分、地味な印象もありますが、いいアルバムです。
 なおこの作品の続編“Other Worlds”(1997)がありますが、バンドネオンはDino Saluzziではありません。Al Di Meoraのバンドと似た顛末。
 Dino Saluzzi、ファミリーを除いて同じ人と沢山の録音はしないようです。チェロのAnja Lechnerだけが例外ですかね。

※音源がないので別の名手との'My one and only love'。これは合いそうな組み合わせだけども、共演は“From The Green Hill” (1998) Tomasz Stankoだけなのかな?


posted by H.A.

【Disc Review】”Mojotoro” (1991) Dino Saluzzi Group

”Mojotoro” (1991) Dino Saluzzi Group
Dino Saluzzi (bandoneon, percussion, voice)
Celso Saluzzi (bandoneon, percussion, voice) Felix ´Cuchara´ Saluzzi (sax, clarinet) Armando Alonso (guitars, voice) Guillermo Vadalá (bass, voice) José Maria Saluzzi (drums, voice) Arto Tuncboyaci (percusson, voice)

Mojotoro
Universal Music LLC
ディノ サルーシ


 Dino Saluzziファミリーバンド、ECMでは初作なのでしょう。
 いつも家族をイメージしたタイトルの曲が多かったので、これがやりたかったことなのでしょう。
 いつもながらのルバート、幻想的で懐かしいような展開から始まるものの、意外にもハイテンションなジャズ・フュージョンへ展開。
 おっと、と思っていたらその時間は短く、また漂うようなDino Saluzzi Worldに。
 基本的には幻想的。
 妖しげなパーカション、ボイスも入って密林的なイメージも強いのですが、何曲かごとに入るアップテンポな展開がチェンジ・オブ・ペース。
 サンバぽかったり、タンゴぽかったり。
 サックスあるいはギターが前面に出ると何故かベースも強く出て、急にジャズ、フュージョンの色が強くなったり、ラテンの色が強くなったりするのも面白いところ。
 生粋のジャズミュージシャンを集めた”Once Upon a Time - Far Away in the South” (1985)、“Volver” (1986)よりもこちらの方が自然で、合っているのかな?
 さまざまざま要素が入り混じり交錯する不思議な音楽。
 ジャズでもタンゴでもない、Dino Saluzzi World。




posted by H.A.

【Disc Review】”Andina” (1988) Dino Saluzzi

”Andina” (1988) Dino Saluzzi
Dino Saluzzi (bandoneón, flute)

Andina
Dino Saluzzi
Ecm Import
ディノ サルーシ


 Dino Saluzzi、名作”Once Upon a Time - Far Away in the South”(1985)の後、間に“Volver” (1986) Enrico Rava を挟んだ後のソロ作品。
 一人の演奏なので、雑味なしのバンドネオン。
 この人のバンドネオン、小型のパイプオルガンみたいに聞こえます。
 機構が同じなんだからそうなのでしょうが、遠くで鳴っているような印象、クラシカルな音使いのイメージを含めて。
 録音の加減もあるのでしょうが、Astor Piazzollaあたりと比べると線が細く、優しく聞こえます。
 これがなんとも言えない郷愁感、そして浮遊感を醸し出しているように思います。
 全曲オリジナル曲、全編に流れる淡い哀愁。 こちらも「郷愁」の方が言葉のイメージは合うのでしょう。
 タンゴというよりフォルクローレのイメージ。
 少し曖昧なメロディの輪郭と、ソロならではの伸び縮みするリズムが引き起こす浮遊感。
 揺らぐ音空間。
 Piazzollaが原色、あるいは黒だとすれば、Dino Saluzziは淡い色、パステル。
 少しくすんだパステル。ちょうどジャケットの色のような音。
 但し、写真のように寒々とした荒海な感じではありません。
 少し懐かしいような優しい音。




posted by H.A.

【Disc Review】”Once Upon a Time - Far Away in the South” (1985) Dino Saluzzi

”Once Upon a Time - Far Away in the South” (1985) Dino Saluzzi
Dino Saluzzi (bandoneon)
Palle Mikkelborg (trumpet, fluegelhorn) Charlie Haden (bass) Pierre Favre (percussion)

Once Upon A Time - Far Away In The South
Dino Saluzzi
Ecm Import
ディノ サルーシ






 Dino Saluzzi、ECMでのリーダー作二作目、コンボでは初作になるのでしょう。
 第一作“Kultrum”(1982)は彼独自のノンジャンル、ワールドミュージックな世界でしたが、こちらはジャズメンがサイドを固め、ジャズに近づいた作品。
 冒頭から十分を超えるルバートによるバラード。
 遠くから聞こえるようなバンドネオン、優雅なワルツのようなリズムがベースのルバート、現れては消えていくとても美しいメロディ、Charlie Hadenの沈み込むようなベースとMilesのようなミュートトランペット。
 Enrico Ravaとの名作 “Volver” (1986)に近い世界観。 
 LP片面、全部これがいいんじゃない、と思わせるような素晴らしい演奏。
 と思っていたら、LPではB面の冒頭にその続編があったりします。
 アルバム全編そんな幻想的な音、浮遊感の強い音。
 揺らぐ音。
 決して難解でも深刻系でもなくて、ほのかに温かなムード。
 タイトルからすると遠くの家族に捧げた演奏集なのでしょう。まさに全編そんな音。
 ブラジルやアルゼンチンの音楽に共通の穏やかな郷愁感、サウダーヂが強烈に感じられる演奏。
 ジャズでもタンゴでもボッサでもない、でも十分に普通の耳で馴染める、Dino Saluzzi唯一無二の世界。
 名作だと思います。




posted by H.A.

【Disc Review】”Theatre” (1983) George Gruntz

”Theatre” (1983) George Gruntz 
George Gruntz (keyboards)
Marcus Belgrave, Tom Harrell, Palle Mikkelborg, Bill Pusey (trumpet, fluegelhorn) Peter Gordon, Tom Varner (French horn) Julian Priester (trombone) Dave Bargeron (trombone, euphonium) David Taylor (bass trombone) Howard Johnson (tuba, bass clarinet, baritone sax) Charlie Mariano (alto, soprano sax, flute) Ernst-Ludwig Petrowski (alto, soprano sax, clarinet) Seppo "Baron" Paallunainen (tenor sax, flute) Dino Saluzzi (bandoneon) Mark Egan (bass) Bob Moses (drums) Sheila Jordan (vocal)

Theatre
George Gruntz
Ecm Import

ジョルジュ グルンツ

 スイスのピアニスト、George Gruntzのビッグバンド作品、ECMから。
 Phill WoodsのEuropiean Rhythm Machineのメンバーだった人。
 当時のECM所縁のメンバーを中心に集めたコンテンポラリーなビッグバンドですが、面白いのはバンドネオンのDino Saluzzi、ボーカルのSheila Jordanの参加。
 Dino Saluzziは前年にECMで初リーダー作“Kultrum” (1982)を吹き込んだばかり。
 プロデューサーManfred Eicherとしても、いろいろ組み合わせてみたかったのでしょうねえ。
 Sheila Jordanは“Home” (1979) Steve Swallow、“Playground” (1979)、”Last Year's Waltz”(1981) Steve Kuhnに参加、こちらもこれからプッシュしようとしていた矢先?
 Mark Eganのベースのフィーチャー度が高めなのも何かあるのかな?
 冒頭から妖しげなVoiceと、揺れるバンドネオンが炸裂。
 いかにもECM的な一筋縄ではいかないビッグバンド。
 フリーな場面はわずかですが、民族音楽的な色合いやら、エスニックなボイスやら。
 アナログB面移るとこれまた妖しげなSheila Jordanのボーカルをフィーチャー。
 とか何とか、ゲストのフロント陣が変わった色合いですが、背景のバンドは端正で現代的なビッグバンド。
 Mark EganのフレットレスベースとGeorge Gruntzのエレピ、ピアノ、上品なホーンアンサンブルが背景を作り、手練れたホーン陣がソロを取るオーソドックスな展開。
 以降、Dino SaluzziはECMに定着、Sheila Jordanはリーダー作に至らず。
 Pat Metheny Groupを抜けたMark EganもECMに残らず、当のGeorge GruntzはECMではこれ一作のみ。
 何がどうなったのやら・・・。
 いずれにしても変わり種の面白いビッグバンド作品。

※このバンドの映像、音源が無いので、代わりにPhill Woods、Sheila Jordan、George Gruntzのビッグバンドを。 


posted by H.A.

【Disc Review】“Kultrum” (1982) Dino Saluzzi

“Kultrum” (1982) Dino Saluzzi
Dino Saluzzi (bandoneón, voice, percussion, flutes)

Kultrum: Touchstones Series (Dig)
Dino Saluzzi
Ecm Records
ディノ サルーシ


 アルゼンチンのバンドネオン奏者Dino Saluzzi、ECMでの録音を中心に。
 ジャズとは距離のあるアルバムが多いのですが、どれも例外なく素敵な作品。
 ジャズファンにはジャズの人とのコンボ、以下がいいのでしょうかね。
 でも、もしソロや、チェロ、ストリングスとの共演などが気に入れば、ジャズとは別の素晴らしい世界が・・・
  (1985) ”Once Upon a Time - Far Away in the South” 
  (1986) “Volver” Enrico Rava 
  (1991) ”Mojotoro” 
  (1995) ”Rios” Dino Salussi, Anthony Cox, David Friedman 
  (1996) “Cité de la Musique” 
  (2001) ”Responsorium” 
  (2001) ”If” Myriam Alter
  (2005) “Juan Condori” 
  (1990-1996) “Di Meola Plays Piazzolla” Al di Meola


 ECMでの第一作、ソロ作品。
 冒頭から妖しげな笛のような音とボイスで始まるプリミティブな音。
 当然、南米なのでしょうが、どこなのかわからない民族音楽。
 が、ここでひるむと以降の豊かな世界にふれることはできません。(普通はひるみますが・・・)
 以降はバンドネオンの独奏が中心。
 前後左右、縦横無尽に伸び縮みするDino Saluzziの「揺らぎ」の世界。
 リズムもメロディもフワフワと浮遊する唯一無二の音空間。
 全編に流れる郷愁感。
 こんな感じの音がフォルクローレ~タンゴの原点なのでしょうかね?
 ジャズはもとより、タンゴからも遠い世界、聞き慣れない違和感があることは否定しません。
 が、流れていると、ここが都会であることを完全に忘れさせてくれる素敵な音楽。 




 posted by H.A.
Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ