吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Dewey_Redman

【Disc Review】“Treasure Island” (Feb.1974) Keith Jarrett

“Treasure Island” (Feb.1974) Keith Jarrett
Keith Jarrett (piano, soprano saxophone)
Dewey Redman (tenor saxophone, tambourine) Charlie Haden (bass) Paul Motian (drums, percussion) Danny Johnson (percussion) Sam Brown (guitar) Guilherme Franco (percussion)

キース ジャレット

 アメリカンカルテット+α、本アルバムは明るく元気なKeith Jarrett。
 あの“Death and the Flower” (Oct. 1974)の8ヶ月前の録音、それとは全く違う印象のアルバム。
 テーマはHerbie Hancockの”Maiden Voyage”(1965)に近いのでしょう。
 あんなにキリッとした端正なジャズではありませんが、やんちゃで破天荒な海賊のイメージはバッチリ。
 大らかなテーマから始まり、Ornette的フリージャズのような混沌などを経ながら、ゴールにたどり着き、前向きに大団円するストーリー。
 ピアノは絶好調期。
 サックスも好調、カッコいいインプロビゼーションがたっぷり。
 さらにさまざまなテイストの楽曲。
 フォークロックからフリージャズまで、いい感じのメロディ、展開の楽曲が揃っています。
 タイトル曲、締めの“Sister Fortune”などは、後のPat Methenyの曲のような爽やかさ。
 ま、“My Song" (Oct.-Nov.1977)を書く人なんだから当然ですか・・・
 このバンドの真骨頂、毒気や狂気もちらほらしないでもないのですが、全体のスッキリした演奏、明るい雰囲気の中に溶け込んでいます。
 近々あの沈痛な”Death and the Flower” (Oct. 1974)を作る人とはとても思えないムードなのですが、後に同セッションの“Back Hand” (Oct.1974) 聞いて妙に納得。
 ”Death and the Flower” (Oct. 1974)は、深刻で沈痛、耽美な部分にフォーカスしたアルバムで、本作の方が生の姿とも思ったり。
 フォークロック色、1970年代当初の香りもたっぷり、それでいて古さは感じません。
 明るいサイドが前面に出た名作。




posted by H.A.

【Disc Review】“Fort Yawuh” (Feb.1973) Keith Jarrett

“Fort Yawuh” (Feb.1973) Keith Jarrett
Keith Jarrett (piano, soprano saxophone, tambourine)
Dewey Redman (tenor saxophone, musette, maracas) Charlie Haden (bass) Paul Motian (drums, percussion) Danny Johnson (percussion)

Fort Yawuh
Keith Jarrett

キース ジャレット


 Keith Jarrettアメリカンカルテット+αでのライブアルバム。
 ”Solo Concerts:Bremen/Lausanne” (Mar.Jul.1973)の前月の演奏。
 既に絶頂期に入っているのでしょう、ピアノのキレは超弩級、凄まじい演奏。
 “Expectations” (Apl.1972)でやろうとしていたことが整理されてきたというか、そのアイデアがまとまり、凄まじいまでのテンションで演奏されたステージの記録。
 耽美で沈痛なジャズ、フォークロックなジャズ、Ornette Coleman的なフリージャズの場面がたくさん。
 冒頭から怒涛のような激しいインプロビゼーション。
 ブチ切れたように音を重ね突っ走るピアノ、サックスとマシンガンのようなベース、バシャバシャドラム。
 これは凄まじい。
 続くタイトル曲は、スローなルバートで始まり、激烈な場面を経て、祈るようなインタールード、ゴスペルチックなリフレインへ。
 後の名演“Death and the Flower”(Oct.1974)などに近い構成美、様式美は見られますが、それも忘れてしまうような激しい演奏。
 LPレコードB面に移ると少しスピードを落とした明るいムードも出て一安心ですが、何か胸騒ぎを感じてしまうのは、A面の空気感が残っているからでしょうか。
 締めは静かで美しいピアノソロから、バンドが加わってもルバートな漂うビートが変わらないドラマチックなバラードで幕。
 “Treasure Island” (Feb.1974)っぽい明るい展開もあれば、“Death and the Flower”(Oct.1974)のような深刻系の演奏もあり、ドラマチックなバラードあり、Ornette Coleman的なフリージャズあり。
 Keith Jarrettアメリカンカルテットの諸々の表情がギュッと詰め込まれた演奏集。
 凄い人たちの凄い演奏、激しい音、てんこ盛りのステージ。
 心して聞くとそこは桃源郷・・・かも。

(※本投稿は2016/10/17より移動しました。)



posted by H.A.

【Disc Review】“Expectations” (Apl.1972) Keith Jarrett

“Expectations” (Apl.1972) Keith Jarrett
Keith Jarrett (piano, Soprano Saxophone)
Dewey Redman (tenor sax, percussion) Charlie Haden (bass) Paul Motian (drums) Sam Brown (guitar) Airto Moreira (percussion) and Strings, Brass

Expectations
Keith Jarrett
Sony
キース ジャレット


 Keith Jarrett若き日のアメリカンカルテット+α。
 LPレコードでは二枚組の大作。
 全体を通じて明るいムード、“Treasure Island”(Feb.1974)予告編、といった面持ちでしょうか。 
 ストリングス、ブラスは一部の曲のみ、基本的にはカルテット+ギター。
 ストリングスに導かれてスタートし、異名同曲?で占める組曲風の展開。
 明るい、あるいは爽やかなフォークロック調ジャズ、ラテン風味、ゴスペル調、疾走フリージャズ、Ornette Coleman的ジャズなどなど、勢揃い。 
 ピアノはそろそろ神がかってきたようなムード。
 平和で明るいフォークロック調の曲でも、独特のタメと疾走が交錯、狂気が混ざるような凄まじいインプロビゼーション。
 バラードではセンチメンタルな美メロと官能的なピアノ。 
 フリー混じりの演奏、Ornette的ジャズでは、マシンガンのようなベースに、カミソリのようなピアノ、過激なサックスとギター。
 インプロビゼーションは絶好調、過激さほどほど、難解さ、気難しさは少々のみ。 
 明るいムードの中に狂気のようなモノもちらほらしますが、一年後のライブ”Fort Yawuh” (Feb.1973)までにはまだ行かず。
 充分に激しいのではありますが・・・
 いろんな要素てんこ盛りながら、なぜか全体のイメージは統一されています。
 完成度十分の大作ですが、後々までのKeith Jarrettの音楽の諸々の要素が整理されていく過程が見えるようなアルバムのようにも思います。
 近くの凄い作品群の中、あまり取り上げられないアルバムなのかもしれませんが、中身は他の名作群と並ぶカッコいい演奏集。

(※本投稿は2016/10/16より移動しました。)



posted by H.A.
Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ