吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

David_Murray

【Disc Review】“Shakill's II” (1993) David Murray

“Shakill's II” (1993) David Murray
David Murray (tenor saxophone)
Don Pullen (organ) Bill White (guitar) J.T. Lewis (drums)

 David Murrayのオルガンファンクジャズ、“Shakill's Warrior” (1991)に続く第二弾。
 ってもDon Pullenだけ残って他のメンバーは交代。
 音の感じはさらにスッキリ、洗練された感じでしょうか。
 前作ほどポップではありませんが、むしろスムースな印象。
 グルーヴィーなビートに、テナーもオルガンも激しいインプロビゼーションながら、とても洗練されています。
 どブルースもなんだかスムース。
 昭和歌謡な哀愁曲(これがカッコいい!)も交えつつの少々のポップネス。
 っても当時の流行りの軟弱系スムースジャズ(私はそれも好物なのですが・・・)とは完全に一線を画した硬派なジャズ。
 さらに録音が素晴らしくキレイ。
 ビロードのように艶のあるオルガンの音が敷かれた上を、転げまわり跳びはねるこれまた艶々と黒光りするようなテナーと、いいタイミングでバシッとくるスネアドラム・・・
 いつものフリーキーな音使いも大人な余裕とハードボイルドなカッコよさ。
 こりゃ気持ちいいや。




posted by H.A.


【Disc Review】“Shakill's Warrior” (1991) David Murray

“Shakill's Warrior” (1991) David Murray
David Murray (tenor saxophone)
Don Pullen (organ) Stanley Franks (guitar) Andrew Cyrille (drums)

 David Murrayのオルガンファンクジャズ。
 Don Pullenは名作エスニックジャズ“Kele Mou Bana” (1991)、Kip Hanrahanの“Tenderness” (1988-1990)、”Exotica” (1993)への参加と近い時期。
 David MurrayもKip Hanrahan諸作に参加していた人。
 ってもKip Hanrahanっぽくもエスニックっぽくもない、コテコテのジャズファンク。
 ジャケットやタイトルはとても怖いのですが、同じくDon Pullenとギターが参加した“Children” (1985)よりもロックっぽくはなく、スッキリした?コテコテ・・・というよりも、むしろ現代的なポップなジャズ。
 冒頭のブルースは1960年代Blue Noteの香りも濃厚な感じですが、ポップでキャッチ―なメロディの楽曲がたくさん。
 Don Pullen の"Song From The Old Country"、"At The Cafe Central"、"Milano Strut"は、他のバージョンでも有名な哀愁曲。 
 David Murrayの勇ましいタイトルの"Shakill's Warrior"も明るくて爽やかなフュージョン系。
 ってな感じで、メンバーやタイトルからすれば少し拍子抜けするかもしれないポップなジャズ。
 ま、サックスやオルガンは十分に激しいのですが・・・
 1990年代、モダンジャズはもとより、キメキメフュージョンの時代も終わり、激烈系がすっかり影を潜めてしまったのであろう時代のジャズ。
 洗練されていそうでトゲやザラツキを隠せない、かつての闘士のジャズ。




posted by H.A.


【Disc Review】“Children” (1985) David Murray

“Children” (1985) David Murray
David Murray (tenor saxophone, bass clarinet)
James Blood Ulmer (guitar) Don Pullen (piano) Lonnie Plaxico (bass) Marvin "Smitty" Smith (drums, percussion)

 現代の歪む時空の人、David Murrayの激熱ファンクジャズ。
 ガシャガシャギターにゴンゴンピアノ。
 ブンブンベースに叩きまくりドラム。
 James Blood UlmerにDon Pullen。
 よくもまあこんな暑苦しいメンツが集まったものです。
 そんな音を背景にした、とってもヤクザで艶々真っ黒けなブヒョブヒョテナー。
 こりゃ気持ちいいや。




posted by H.A.


【Disc Review】”Rendezvous Suite” (2009) David Murray, Jamaaladeen Tacuma

”Rendezvous Suite” (2009) David Murray, Jamaaladeen Tacuma
David Murray (Tenor Saxophone, Bass Clarinet) Jamaaladeen Tacuma (Bass Guitar)
Ranzell Merrit (Drums) Mingus Murray (Guitar) Paul Urbanek (Keyboards)
 
Rendezvous Suite
Jamaaladeen Tacuma
C Major
2013-01-29
デヴィッド・マレイ
ジャマアラディーン・タクマ


 真っ黒けな音の過激なサックスDavid MurrayとヘビーなファンクのJamaaladeen Tacumaの共演作。
 名前だけで鬼も逃げ出しそうな恐ろしいコンビですが、その通りのいかつい音。
 似たタイプの共演で名作“Layin' in the Cut” (2000) James Carterがあり、近いムードですが、本作の方が少しだけジャズに寄っているかもしれません。
 楽曲はJamaaladeen Tacuma作のファンク。
 例によってヘビーなベース。
 ちょっと前の時代のような、ベンベンってな感じの音が強烈な存在感。
 決して音数が多いわけでもフレージングが派手なわけでもないのにさすがの凄み。
 黒光りしているようなベースですが、さらに黒光りするようなテナーサックス。
 “Layin' in the Cut” (2000) James Carterも十二分に怖いですが、さらに親分登場・・・ってな感じ。
 あちらが激走超大型タンクローリーのような音だとすれば、こちらは黒塗りの大型セダン。
 ゆったりと前に進むようなグルーヴに、決して激しく叫ぶわけではないドスの効いた真っ黒けのサックス。
 なんだか余裕があって「相対的には」上品に聞こえたりもします。
 不良な大人の音。
 一番やんちゃなのは何曲かで大きくフィーチャーされるギター。
 Jimi Hendrixを離散型にした感じのズルズルグチョグチョな音。
 全編?8ビート、ミディアムテンポのファンク。
 ベースはもちろん、シンセサイザー的な音も所々に入って、表面上は全くジャズっぽくありません。
 それでもどことなくジャズな香りがします。
 なんだかんだでDavid Murrayのサックスがジャズっぽいからでしょうかね?
 ファンク、ラテン、アフリカなんでもこいの人ですが、やっぱりジャズの人。
 そんな微妙なバランスがなんとも不思議なジャズファンク、あるいはファンクジャズ。
 真っ黒けの過激な音。

※こちらはJamaaladeen Tacuma在籍中のOrnette Colemanのバンドから。
 近いかな?違うなあ・・・?


posted by H.A.

【Disc Review】"Perfection" (2015) Murray Allen & Carrington Power Trio

"Perfection" (2015) Murray Allen & Carrington Power Trio
David Murray (tenor saxophone) Geri Allen (piano) Terri Lyne Carrington (drums)
Charnett Moffett (bass) Craig Harris (trombone) Wallace Roney, Jr. (trumpet)

Perfection
Allen Murray
Motema Music
2016-04-15
デビッド マレイ

 激烈真っ黒けテナーのDavid Murray、最新作。
 ごっつい女性コンビとのトリオ作品。
 ゲストの参加もありますが一曲のみ、基本的にはベースレスの変則トリオ。
 プロデューサーはTerri Lyne Carrington、彼女が仕切っているバンドなのでしょう。
 アバンギャルドでもなんでも、どんとこいのお三方。
 ベースレスなので、多少フリーっぽい展開を期待していましたが、概ね定常なビート、意外にもオーソドックスなジャズ。
 三人揃って定常なビートで演奏すると普通のコンボに同じ。
 三者でのフリーフリーインプロビゼーションの場面はありますが、その時間はわずか。
 ちょっと拍子抜け・・・ってなわけでもないですが、予想と違って平和です。
 が、サックス、ピアノのいずれかが抜けると、ドラムとのDuoでのインタープレー。
 そんな場面もいくつか。
 もちろんビートはフリー。
 そのあたりがこのバンドのカッコよさ。
 ベースレスでやりたかったことがそれであれば、面白いバンドなのかもしれません。
 David Murrayはまだまだ元気。
 真っ黒けな野太い音でいつも通りの強烈な吹きっぷり。
 Geri Allenもやんちゃで過激なピアノ。
 Terri Lyne Carringtonにはいつも“Till We Have Faces” (1992) Gary Thomasのような演奏を期待してしまうのですが、それはまた次作に・・・
 ってな感じで、次作はもっとフリー度上げた激しいヤツを期待。
 このメンツだとカッコいいのができそうなのだけど、今は流行らないのかなあ・・・




posted by H.A.
Profile
記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ