吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Contemporary_Jazz

【Disc Review】“When Will The Blues Leave” (1999) Paul Bley, Gary Peacock, Paul Motian

“When Will The Blues Leave” (1999) Paul Bley, Gary Peacock, Paul Motian

Paul Bley (piano) Gary Peacock (double bass) Paul Motian (drums)

When Will the Blues Leave
Paul Bley
Ecm
2019-05-31


 マスターたちのピアノトリオ、未発表ライブ音源、2019年発表。
 鬼のような“Not Two, Not One”(1998)制作後のステージ。
 そちらとは少々違って、ダークネスとアバンギャルドな色合いはほどほどに抑制されたジャズ。
 楽曲はPaul Bleyを中心に、Gary Peacock、Ornette Coleman、ジャズスタンダードなど。
 冒頭は意外にも明るい色合い、Ornette Colemanが見え隠れする、ぶっ飛んだフリーが入り混じるジャズ。
 自由です。
 オモチャ箱をひっくり返したような音の洪水、それでいてグチャグチャな感じはなく、スッキリとまとまった、さすがの名人芸。
 続くはPaul Bleyのトレードマーク、全編ルバートでの美バラード。
 タメにタメにタメて置かれていく美しい音、センチメンタルなメロディ。
 感傷を纏いながら突然崩れていく儚さと狂気。
 そのピアノどう合わせるのか思案のベースとドラム、危ういバランスの美しさ。
 同様の演奏は、上掲アルバムから”Dialogue Amour”、さらにソロピアノの演奏も。
 どこかで聞いた超美メロの断片が、まるで記憶を想い起こすように現れ、そして崩れていきます。
 「耽美」ってな言葉が一番似合う、いかにもPaul Bleyさんの音。
 そんな感傷と自由が変幻自在に交錯するピアノに、動きまくるベース、虚空に響くシンバル。
 ぶっ飛びながらもスッキリしたアヴァンギャルドとベタベタの感傷が交錯、錯綜するステージ。
 同じく超名人たちのKeith Jarrett Standardsよりも明暗、動静の落差、変化が大きく、その分ぶっ飛んだ感じがするのかもしれません。
 未発表だった理由はジャズな成分が少々強めなことぐらい?・・・ってなのも変ですが、普通にジャズとして「も」聞ける名演奏集。
 なお、お三方のうち、既に二人が鬼籍に入ってしまっているのが何とも・・・




posted by H.A.


【Disc Review】“Guamba” (1987) Gary Peacock

“Guamba” (1987) Gary Peacock

Gary Peacock (bass)
Peter Erskine (drums) Jan Garbarek (tenor, soprano sax) Palle Mikkelborg (trumpet, flugelhorn)

Guamba -Reissue/Digi-
Gary Peacock
Ecm
2019-05-17


 Gary Peacockの1987年作。
  先の“Voice from the Past – Paradigm” (1981)と同様の編成のピアノレス二管カルテットですが、Jan Garbarekを残してメンバーを変更。
 素直なドラムにスッキリ系のトランペット、全体のサウンドも焼けた金属片が混ざるようなオイル臭さが抜けた感じでしょうか。
 軽快なドラムにクールでスタイリッシュなトランペット、やはりドロドロなサックス。
 もちろん全体を支配するのは、あの男臭いベースの音の動きと哀し気なメロディ。
 交錯する疾走と浮遊、ときおり表出する狂気。
 やはり前作と同様、ハードボイルドでやるせないGary Peacockワールド。
 前作はジャケットも夜なイメージでしたが、本作は不穏な雲に覆われた昼のポートレート、そのままの音。
 闇をベースとした陰影の前作に対して、薄暗い日中のような陰影の本作。
 いずれも気難しいのですが、ECMのアートを感じるには、とてもいい感じのバランスの二作のようにも思います。

※別のアルバムから。


posted by H.A.


【Disc Review】“Voice from the Past – Paradigm” (1981) Gary Peacock

“Voice from the Past – Paradigm” (1981) Gary Peacock

Gary Peacock (bass)
Jack DeJohnette (drums) Jan Garbarek (tenor, soprano sax) Tomasz Stańko (trumpet)



 Gary Peacockの1981年作。
 超名作“Tales Of Another” (1977)、“Standards, Vol. 1” (1983)の間の制作。
 この時点で今も続く相棒となっていたのであろうJack DeJohnetteに加えて、Jan Garbarek, Tomasz Stańkoの鬼のような二管、ピアノレス。
 激しく、ハイテンション、甘味なし、気難し気で沈痛、ハードボイルドな音が聞こえてきそうなメンツですが、そのまんま。
 激しく動くベース、自由に飛び交うシンバル、哀し気なメロディを奏でるアンサンブルと抑制的ながらときおり狂気が表出するインプロビゼーション。
 強烈な疾走と浮遊の交錯、ダークネスに包まれた時間。
 冒頭のタイトル曲”Voice from the Past”、同じくつわもののMarilyn Crispell, “Amaryllis” (2000)での再演がとても優しく聞こえてくるのは、女性ゆえでしょうか。
 こちらは男臭い悲哀に糊塗されたされた音。
 が、スピードを上げ、あるいは混沌に陥り狂気にとらわれているようでも、なぜかどこかで抑制されているストイックなムード。
 あくまで静かで沈み込むような、やるせない悲哀。
 つわものたちが絞り出す、苦み走った音。
 決して怖くはありません。
 たぶん。

※同タイトル曲、別アーティストのカバー。こちらはスッキリ系。


posted by H.A.


【Disc Review】“December Poems” (1977) Gary Peacock

“December Poems” (1977) Gary Peacock

Gary Peacock (bass)
Jan Garbarek (saxphones)



 Gary Peacock、ベースソロを中心としたアルバム。
 ベースをオーバーダビングし、二曲ほどでサックスが加わる構成。
 古今東西ピアノトリオ名作中の名作“Tales Of Another” (1977)と同年の録音。
 ピアノもギターも鳴らないゆえに、武骨で不愛想な印象ですが、上掲と同じ空気感が流れています。
 やるせないメロディ、ダークなムードと強烈な緊張感。
 疾走と浮遊、激しい音の動きの中に突然顔を出す美しいメロディ。
 と書いてしまうと、Keith Jarrettの音楽と似た感じの形容になってしまうのですが、だから長く共演が続いているのでしょう。
 彼の音楽との違いはロマンチシズムや甘さが前面に出る場面があるか否かでしょうか。
 こちらは武骨で不愛想、そしてやるせない哀愁。
 男臭いハードボイルドネスの塊のようなアルバム。
 だから上掲含めてあのトリオの音楽がカッコいいのかも。




posted by H.A.


【Disc Review】“Skylight” (1981) Art Lande

“Skylight” (1981) Art Lande

Art Lande (piano, percussion)
Paul McCandless (soprano saxophone, English horn, oboe, bass clarinet, wood flute) Dave Samuels (vibraharp, marimba, percussion)

Skylight
Art Lande
Ecm Import
2008-11-18


 アメリカのピアニストArt Lande、1981年、変則トリオでの作品。
 ベース、ドラムを排し、管とマリンバ系での室内楽アンサンブル的な編成。
 これにRalph Townerが加わると”Oregon”になるのだろうなあ・・・とか思いつつも、いつもの漂うような音、あくまでノーブルなArt Landeさんの世界。
 淡さ、浮遊度は諸作でも一番強いのかもしれません。
 ビートと展開をコントロールしつつもスムースに流れるピアノ、フワフワとした背景を作るマリンバ、ヴィブラフォン、その上を漂うような柔らかな木管楽器の音。
 三者三様の浮遊と疾走が交錯しつつも、ピッタリと寄り添ったアンサンブル。
 少し哀しげな憂いを湛えたメロディ、音の流れ。
 ビート感が上がり、高揚しても激情ではなく、あくまで穏やかな空気感。
 夜ではなく、あくまで朝~昼の空気感。
 淡いようで明解、明解なようで淡い、夢うつつの狭間。
 穏やかな非日常感。




posted by H.A.


【Disc Review】“Shift in the wind” (1980) Art Lande, Gary Peacock, Eliot Zigmund

“Shift in the wind” (1980) Art Lande, Gary Peacock, Eliot Zigmund

Art Lande (piano) Gary Peacock (bass) Eliot Zigmund (drums)

Shift in the Wind
Gary Peacock
ECM
2008-12-19


 Art Lande, Gary Peacock, Eliot Zigmund、1980年のピアノトリオ作品。
 Gary Peacock視点では、あの超名作“Tales Of Another” (1977)、“Standards, Vol. 1” (1983)の間での制作。
 ピアノはフォーキー&クラシカルなアメリカンArt Lande、ドラムはBill Evans所縁のEliot Zigmund。
 フォーキー&クラシカル、そしてリリカルなピアノ。
 いつものように饒舌、強いテンションを加え加速を促すような激しいベースの動き。
 それに呼応するようにテンションを上げようとするピアノ。
 が、何曲かのフリーな演奏を含めて、遠い所に飛んで行ってしまいそうで踏み止まります。
 Keith Jarrett的でないことはもとより、Bill Evans的でもない、あくまでノーブル&スムースなピアノ。
 危ういようで、アンバランスなようで、落ち着くところに落ち着いてしまいます。
 Art Landeさん、この期1970年代ECMのピアニストとしては異色なのかもしれませんが、21世紀ECMには何人もいそう。
 平穏な音が流行る時代になったのか、それとも時代が追い付いてきたのか・・・
 いずれにしても、ぶっ飛んでいるようで、上品で穏やか、そんな不思議なバランスのピアノトリオ。




posted by H.A.



【Disc Review】“Rubisa Patrol” (1976) Art Lande

“Rubisa Patrol” (1976) Art Lande

Art Lande (piano)
Bill Douglass (bass, flute, bamboo flute) Glenn Cronkhite (drums, percussion)
Mark Isham (trumpet, flugelhorn, soprano saxophone)

Rubisa Patrol
Art Lande
Ecm Import
2008-11-18


 アメリカ人ピアニストArt Lande、“Red Lanta” (1973)に続くECMでの第二作。
 ピアノトリオ+トランペットのカルテット編成。
 前作と同じく優しくてフォーキーですが、ビート感が強まり、シャープなトランペットが鳴る分、あるいはインプロビゼーションの時間が長い分だけ、クラシックよりもジャズ寄り、クールさ妖しさが増。
 要所々にちりばめられた疾走、ときおりのフリーな場面を交えつつも、あくまで穏やかでリリカル。
 静かにグルーヴし、スムースに疾走するピアノトリオ、端正なトランペット。
 淡いメロディ、漂うようなアンサンブル、インプロビゼーションが、穏やかな空気に包まれながら流れていきます。
 1970年代ECM作品では少数派であろう、キツくない優しい音。
 40年以上前の音ながら、全く古さなし。
 穏やかな今の時代感に合っているのかもしれません。
 前作が爽やかな朝なら、本作は穏やかな昼下がり。
 心地よい時間。




posted by H.A.


【Disc Review】“Red Lanta” (1973) Art Lande

“Red Lanta” (1973) Art Lande

Art Lande (piano) Jan Garbarek (soprano, bass sax, flutes)

Red Lanta -Reissue/Digi-
Art Lande
Ecm
2019-05-17


 アメリカ人ピアニストArt Landeのデビュー作、Jan GarbarekとのDuo。
 Jan Garbarek 視点では“Witchi-Tai-To” (Nov.1973) Jan Garbarek, Bobo Stensonと同時期、”Belonging” (1974)、”Arbour Zena” (Oct.1975) Keith Jarrettの間の録音。
 ECMでは、上記に加えて”ECSTASY” (1974) Steve Kuhn、”Underwear” (1971) Bobo Stenson、”Hubris” (1977) Richard Beirach、”Piano Improvisations Vol.1,2” (Apl.1971) Chick Coreaなどなど、強烈なピアニスト作品が並ぶ時期。
 ハイテンションなそれらに対して、本作は緩やかでクラシカル、さらにアメリカンでフォーキーなムード。
 ゆったりとしたビートと、淡い色合いの優しく穏やかなメロディ。
 要所でタメを効かせながら丁寧に置かれていく端正なピアノと、張りのある管の音の漂うような絡み合い。
 この期のJan Garbarekさんは血が噴き出すような激しいの音のはずなのに、なぜか穏やかに聞こえてきます。
 フルートなどは鳥のさえずりのように聞こえてしまうのは、優しいメロディとピアノゆえでしょうか。
 1970年代ECM、上掲のような狂気が漂うようなハイテンションな名作群がスゴイのですが、ノーブルでリラックスして聞ける本作、今聞くとかえって新鮮だったりして。
 さわやかな朝にピッタリな音。




posted by H.A.


【Disc Review】“Lost River” (2018) Michele Rabbia

“Lost River” (2018) Michele Rabbia

Michele Rabbia (drums, electronics)
Eivind Aarset (guitar, electronics) Gianluca Petrella (trombone, sounds)

Lost River
Michele Rabbia
Ecm
2019-05-31


 イタリア人パーカッショニストMichele RabbiaのECM作品。
 おそらくフリー系、ECMでは“Re: Pasolini” (2005) Stefano Battagliaなどへ参加していた人。
 Enrico Ravaとの共演が多いイタリアントロンボーン奏者と、ノルウェーのアンビエント~先端系ギターの変則トリオ。
 静かでスタイリッシュなアンビエント系ミュージック。
 どこまでが電子音で、どこからが人が出しているのか曖昧なビート。
 抑制された電子音が奏でる哀し気なコードの移り変わり、あるいはシンプルなリフの繰り返しの中を、静かに舞うシンバル、乾いた革の擦過音、鐘の音、ギターのシングルトーン、コード、遠くから響いてくるような、あるいはときおり前面に出てジャズを奏でるトロンボーン。
 電子音と生楽器、各々の楽器の音の境界が曖昧になり、浮遊、疾走、混沌、静謐、覚醒・・・グラデーションを描きながら次々と変わっていく景色。
 予想できない展開ながら、難解、意味不明ではなく、メロディアスでセンチメンタルな音の動き。
 終始流れているのは、どこか遠くを眺めるような柔らかな哀感。
 ビートと旋律、夢と現実、過去と未来、人間と機械・・・、それらの境界が曖昧になった、それでいて調整が取れた摩訶不思議な時間。
 とてもクールでセンチメンタル。




posted by H.A.


【Disc Review】“Bloom” (2016) Areni Agbabian

“Bloom” (2016) Areni Agbabian
Areni Agbabian (Voice, Piano) Nicolas Stocker (Drums, Percussion)

Bloom
Areni Agbabian / Nicolas Stocker
Ecm
2019-04-26


 アルメニアルーツのアメリカンAreni Agbabian、DuoでのECM作品。
 静謐な無国籍ミュージック。
 Tigran Hamasyanバンドにボーカルとして参加していた人。
 サポートはNik Bartsch’s Mobileの人。
 少し重めのピアノと繊細なパーカッションの漂うような音を背景にした、ウィスパーな声。
 全編に哀しさを湛えた、ヨーロッパでも中近東でもない、それらが入り混じるエキゾチックなメロディ、そして敬虔なムード。
 全編スローテンポ、抑えられた音数、場面によっては残響音のみの時間の方が長く感じられるような、余白たっぷりの音の流れ。
 そんな時間の中を漂うとてつもなく美しい声。
 シルキーなようなハスキーなような微妙なバランスの声と、ジャズでもロックでもない、おそらくはクラシックがベースなのであろう歌。
 メロディアスな楽曲と断片的なインプロビゼーション、短い楽曲が錯綜しながら進む時間。
 美しい声とときおりのカリンバの音、朗読に覚醒を促されつつも、まどろむような、あるいは迷宮のような時間が続きます。
 現代アメリカンが感じるアルメニアンSaudadeはこんな空気感なのでしょうか。
 とても哀し気で敬虔、そして幻想的。
 いつなのか、どこなのかわからない、静かで清廉な場所へのトリップミュージック。




posted by H.A.


Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ