吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Colin_Vallon

【Disc Review】“Danse” (2017) Colin Vallon & Patrice Moret & Julian Sartorius

“Danse” (2017) Colin Vallon & Patrice Moret & Julian Sartorius

Colin Vallon (piano) Patrice Moret (double-bass) Julian Sartorius (drums)

Danse
Colin -Trio- Vallon
Ecm Records
2017-01-27


 スイスのColin Vallon率いるピアノトリオ、ECMでの第三作。
 前作“Le Vent” (2014)と同様、不思議感たっぷりのコンテンポラリージャズ。
 音のイメージは少しずつ変化しています。
 クラシカルな色合いはそのまま、ミニマルな感じは抑えられ、より繊細になったイメージ。
 かといってオーソドックスなジャズに近づいたわけでもなく、アバンギャルドでもない、何とも不思議な音。
 シンプルなようで複雑なビート。
 三者三様、ピアノの右手と左手さえも違うビートを出しているような、それでいて拡散することなくピッタリと収まっていく、摩訶不思議なサウンド。
 沈んだムードのメロディ、リフは決してキャッチーではありませんが、難解でも沈痛でもありません。
 乾いた音、静かで繊細なドラム、揺らぎつつもペースを作るベース、そして美しいピアノ。
 硬質なリフで同じところを徘徊しているようで、気がつけば崩れ落ちるような儚い音、疾走を伴ったスムースな音、あるいはジャズなインタープレー、フリーなインプロビゼーション・・・、変幻自在、予測できない音の流れ。
 どれもが計算された演奏のようにも、即興のようにも聞こえます。
 アルバム全体の一貫したムード、どのカテゴリにも寄らない独特の構成、複雑ながらスッキリとまとまった質感は、前作まででやろうとしてきたことが完成したようにも思えます。
 とにもかくにも、美しい音で編み上げられる、とても繊細な音絵巻。
 これが21世紀型ジャズの新しい形、と言われれば納得の一作。




posted by H.A.

【Disc Review】“Le Vent” (2014) Colin Vallon & Patrice Moret & Julian Sartorius

“Le Vent” (2014) Colin Vallon & Patrice Moret & Julian Sartorius

Colin Vallon (piano) Patrice Moret (double-bass) Julian Sartorius (drums)

Le Vent
Colin Trio Vallon
Ecm Records
2014-03-18


 スイスのColin Vallon率いるピアノトリオ、ECMでの第二作。
 前作“Rruga” (2011)からドラマーが交代しましたが、そちらと同様、ミニマルな感じも強い不思議系ヨーロピアンジャズ。
 繊細さはそのまま、本作は少々ダークなムード。
 重めのビート、徘徊するようなフレーズの繰り返し、徐々にテンションと音量を上げていくバンド。
 かといって、完全にミニマル的でもなく、目まぐるしく形を変え、また、インプロビゼーションを交えつつ、微妙に、ときに大胆に景色は変化していきます。
 そんなハイテンションな演奏の合間にちりばめられらた不思議なバラード。
 響きを殺したピアノが琴のように聞こえる場面、日本的なメロディもちらほら。
 冒頭曲の“Juuichi”は十一のことなのでしょうし、Nik Bärtschさんと同じく、スイスのミニマル系の人は日本的なストイシズムがお好みなのでしょうかね?
 また、前作のそこはかとない哀しさが、沈痛、あるいは祈りにも似たムードに変わってきた感じにも聞こえます。
 ときに激しく、ときにアバンギャルド、ドラマチックながら、あくまでクールで上品。
 オーソドックスなジャズではない、ミニマルジャズでもない、先端変拍子ジャズでもない、アヴァンギャルドでもなく、クラシカルでもない。
 その他含めた諸々が不思議に混ざり合う、新感覚なピアノトリオ。




posted by H.A.



【Disc Review】“Rruga” (2011) Colin Vallon & Patrice Moret & Samuel Rohrer

“Rruga” (2011) Colin Vallon & Patrice Moret & Samuel Rohrer

Colin Vallon (piano) Patrice Moret (double-bass) Samuel Rohrer (drums)

Rruga
Colin Trio Vallon
Ecm Records
2011-05-10


 スイスのピアニストColin Vallon率いるトリオ、ECMでの第一作。
 テーマ~ソロといったオーソドックスなジャズではなく、アンサンブル中心、同じフレーズを繰り返しつつ抑揚をつけていくミニマルなスタイルを取り込んだ演奏。
 同じくスイスのNik Bärtschのようにパキーンとした、あるいはファンクな感じではなく、繊細でジャズに寄った色合い。
 複雑なビート感、タメを効かせて哀しげで妖しいメロディを奏でつつ、明後日の方向に動いていくピアノ。
 もちろんその美しさはECMならではの折り紙付き。
 複雑に自由にビートを繰り出しつつ徐々にテンションを上げていくドラム。
 堅実に背後を支えるベース。
 そんな三者が絡み合いつつ、静謐から高揚、疾走、美しいメロディからアバンギャルド、さまざまな綾を織りなしながら変化していく音。
 繊細、それでいてハイテンション。
 いわゆるソロの場面もあるのですが、それよりもバンドの三者が一体となってグルーヴし、浮き、沈み、突っ走っていくイメージが強く印象に残ります。
 オーソドックスなジャズになりそうでならない、アバンギャルドに行きそうで行かない、エスニックになりそうでならない、凶悪・沈痛になりそうでならない、意外な方向に動いていく音。
 変幻自在の21世紀型ジャズは、静かで繊細、そしてエキサイティング。




posted by H.A.



Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ