吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Claudette_Soares

【Disc Review】“Você” (1974) Claudette Soares

“Você” (1974) Claudette Soares

Claudette Soares (vocal) 
and others



 ブラジルのボーカリストClaudette Soaresの1970年代MPB。
 “Claudette Nº3” (1970)などほどノリノリではなく、落ち着いたサウンド。
 ソウルな感じの演奏も少々ありますが、ジャズサンバなバンドや、オーケストラとギターのみなど、少し前の時代を想い起こすようなジャジーなサウンドが中心。
 それでもIvan Lins, Milton Nascimentoといった新しい世代の楽曲も取り入れながら、1970年代MPBサウンドが色濃くなったClaudetteさん。
 何曲かのストリングス混じりのバラードでは、例の吐息ヴォイスが前面に出ますが、歌も心なしか軽やか。
 1960年代“É Dona Da Bossa” (1964)のようなパラダイス感、夜のボサノバ感は薄くなりましたが、その分ポップで現代的、爽やかな空気感。
 どれがいいかはお好み次第。




posted by H.A.



【Disc Review】“Claudette Nº3” (1970) Claudette Soares

“Claudette Nº3” (1970) Claudette Soares 

Claudette Soares (vocal) 
and others

CLAUDETTE Nº 3 ヌメロ・トレス
CLAUDETTE SOARES クラウデッチ・ソアレス
THINK! RECORDS
2014-03-05


 ブラジルのボーカリストClaudette Soaresの1970年作。
 エレキベースがうなるノリノリなサウンド、ファンク混じりの疾走曲からスタート。
 混ざり合う相手がしっとりしたジャズから、ロック、ファンクに移行した感じのブラジリアンポップス。
 バラードになっても躍動感は変わらず、ソウルっぽいホーンやらオルガンやらエレキギターのカッティングやら。
 すっかり模様替えしました・・・ってな感じではあるのですが、オーケストラがあの時代を引きずっている感もあって、それがまた何とも微妙でいい感じ。
 ヴォイスは変わらず、ビブラートたっぷり、吐息たっぷり。
 明るく前向き、ノリノリのポップス曲で聞こえる、吐息が何とも・・・
 アイドル然としたジャケットの明るい笑顔と、1970年代が明けました、ってな感じのおめでたいサウンドと、やはり夜な感じの艶っぽい歌。
 ミスマッチなのでしょうけども、その不思議な混ざり具合と過渡期なサウンドがお好みの人も少なくないのでしょうねえ。




posted by H.A.


【Disc Review】“Claudette” (1969) Claudette Soares

“Claudette” (1969) Claudette Soares

Claudette Soares (vocal) 
and others

CLAUDETTE SOARES クラウデッチ・ソアレス
CLAUDETTE SOARES クラウデッチ・ソアレス
THINK! RECORDS
2014-03-05


 ブラジルのボーカリストClaudette Soaresの1969年作。
 時代はジャズからロックへ移行している時期。
 オーケストラやピアノが先導するジャズサンバなコンボだけでなく、ファンクなビートやジャズロック、オルガンなども取り入れ、ブラジル定番な男女混成コーラスなども交えつつのブラジリアンポップス。
 新しいブラジル曲も取り上げ、モダンな感じ、1970年代になりそう感もちらほら。
 でもClaudetteさんの歌は変わりません。
 ヴィブラートたっぷり、吐息たっぷりのしっとりボイス。
 ここまで全体のサウンドが明るくなると、“É Dona Da Bossa” (1964)などのように夜のボサノバ、妖しいパラダイス、ってな感じではありませんが、何曲か登場するストリングス混じりのベタベタの哀歌には、やはりゾクゾクしたりします。
 ってな感じで、ちょうど過渡期、ジャズからロック、ファンクの色合いを取り入れつつの時代、いろんな色合いが交錯するあの時代のブラジリアンポップス。


 

posted by H.A.


【Disc Review】“Claudette Soares” (1965) Claudette Soares

“Claudette Soares” (1965) Claudette Soares

Claudette Soares (vocal) 
and others



 ブラジルのボーカリストClaudette Soaresの1965年作。
 この人のアルバム、名前がタイトルになったモノが多くて、ジャケットもそれぞれ何種類もあったり、黒髪だったり金髪だったりするので、何が何だか分からなくなるのですが、とにもかくにも1965年作。
 近い時期の“É Dona Da Bossa” (1964)と同様にオーケストラとジャズサンバコンボを使い分けたボサノバ~ブラジリアンポップス。
 ヴィブラートたっぷり、吐息もたっぷり、情感たっぷり、ねっとりした感じでクネクネと歌う人。
 オーケストラはあの時代の優雅な音、コンボはコロコロと転げまわるピアノが先導し軽快に突っ走るバンド。
 オーケストラではムーディーにしっとりと、コンボでは軽快に・・・ってな感じではなくて、やはり全編しっとりした音が聞こえてくるのは、特別な歌のなせる技なのでしょう。
 ・・・っても、どことなく明度の高い録音を含めて、“É Dona Da Bossa” (1964)よりは少し軽い感じでしょうかね。
 それでもこれもパラダイス、湿った夜のボサノバ。




posted by H.A.


【Disc Review】"E Dona Da Bossa " (1963-1965) Claudette Soares

"E Dona Da Bossa " (1963-1965) Claudette Soares
Claudette Soares (vocal) and others

クラウデッチ ソアレス

 真夏の夜のボサノバ。
 ブラジルの女性ボーカルClaudette Soares、ノスタルジックなポピュラー音楽~ボサノバ。
 楽園へのトリップツール。
 前半はストリングスを従えたあの時代のジャズ~ボサノバ~ポップス仕立て、ブラジルというよりむしろアメリカ西海岸っぽいテイスト。
 後半はコンボをバックに素直なボサノバ。
 オーソドックスなボサノバ的なサラッとした歌い方ではなく、後ろに引きずり気味、ビブラート強め、いかにも女性です、なタイプ。
 これがあの時代のストリングスアレンジとマッチしてなんともゴージャス。
 英語ではなく、柔らかなポルトガル語の響きも含めて、楽園テイスト。
 そして、このアルバムがいいのは、A面とB面の質感が全く異なるところ。
 CDで聞いていると、夢見心地もベタついてきて飽きたかな・・・と思う頃、いいタイミングで乾いたボサノバが始まります。
 これは軽妙でいい感じの口直し。
 単に便利なだけじゃん、と言ってしまえば元も子もないのですが、これが結構あなどれない素晴らしさ・・・
 もちろんA、B両面ともに音楽自体が素晴らしいアルバムです。 
 この季節の夜にピッタリの音。


 

posted by H.A.
Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ