吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Chris_Potter

【Disc Review】“The Dreamer Is The Dream” (2016) Chris Potter

“The Dreamer Is The Dream” (2016) Chris Potter
Chris Potter (tenor, soprano saxophones, bass clarinet, clarinet, ilimba, flute, samples)
David Virelles (piano, celeste) Joe Martin (double-bass) Marcus Gilmore (drums)

DREAMER IS THE DREAM
POTTER/VIRELLES/MART
ECM
2017-04-21


 すっかりECMの看板アーティストになったChris Potterのジャズカルテット作品。
 現在のジャズのサックス奏者では、Mark Turnerとこの人が第一人者なのでしょうか?
 どちらも今はECM所属なのも不思議な感じ。
 ECMのサックスといえば、Jan Garbarekを想い起こしますが、艶やかで張り詰めたような音は近いのかもしれませんが、初期のJan Garbarekの発していいた狂気のようなモノや、ドロドロとした空気感はなく、もっとスムースで、あっけらかんと明るい感じ。
 もちろん氷のような冷たさや吹きすさぶ寒風もなく、むしろ暖か。
 前々作“Sirens”(2012)、ストリングス入りの前作“Imaginary Cities” (2014)、と少しずつメンバーを変えてきていますが、ニューヨークコンテンポラリージャズのファーストコールの面々であることは変わりません。
 キューバ出身のピアニストは今やECMアーティストの人。
 ギターのAdam Rogersがいなくなったのが残念ですが、そんなメンツで本作も前々作“Sirens”(2012)と同様、ECMらしからぬニューヨークコンテンポラリージャズな音。
 バラード集といった感じではないのですが、各曲ともに静かに始まり、徐々にテンションを上げていく構成。
 冒頭もバラードから。
 ってもECM的な妖し気なバラードではなく、剛球一直線なアメリカンなバラード。
 途中でリズムを落として、ソロピアノでの静かな場面もあり、やっとECMか・・・?と思うのはわずかな時間、音圧の高いテナーが戻ってくるとその色合いはなくなります。
 カリンバっぽいエスニックなムードで始まる二曲目は、これはECM的エスニックにもっていこうとしているのかも・・・と思うのはわずかな時間、ビートが入るとエスニック系ではあるものの、ラテンなビートとメカニカル系のメロディが交錯する明るいコンテンポラリージャズ。
 さらに、三曲目の”The Dreamer Is the Dream”はECMの真骨頂、ルバートでのスローバラード。
 さすがにEicherさんのご指導が入ったのか・・・どうかはわかりませんが、伸び縮みするビート、フリーなドラムと漂うピアノ、ベースがいかにもそれっぽい感じ。
 Chris Potterもスタートはバスクラリネットを使って妖しいムードを醸し出しています。
 が、音楽が進み、テンションが上がると、高音圧でスムースな剛球テナーサックスが登場し、とてもドラマチックではあるものの、妖しさ、ECM色は薄らいでいきます。
 フワフワではなく、ドロドロ、ベトベトでもなく、キリッとした、あるいはカラッとした色合い。
 フリーっぽくなる場面もいくらかあるのですが、音楽が進んでいくと、またまた、アメリカンコンテポラリージャズ、カラッとした系。
 その他、電子音を使った妖し気な展開から始まってみたり、牧歌的な雰囲気をソプラノサックスが綴ってみたり。
 いろいろECMっぽいこと?にチャレンジしているのかな・・・?と思えること多々。
 が、なんだかんだで、最後はいかにもこの人、メカニカルな現代的ファンクジャズ。
 全編吹きまくり、各曲とも10分近い長尺な演奏、全6曲。
 これでもかこれでもかと押し込んでくるサックス。
 ま、それがこの人の色合い、ECMながら、これまたいかにもChris Potterな一作。




posted by H.A.

【Disc Review】“The Unity Sessions” (2014) Pat Metheny

“The Unity Sessions” (2014) Pat Metheny
Pat Metheny (guitars, guitar synth, electronics, orchestrionics)
Chris Potter (tenor sax, bass clarinet, soprano sax, flute, guitar) Ben Williams (acoustic, electric bass) Antonio Sánchez (drums, cajon) Giulio Carmassi (piano, flugelhorn, whitling, synth, vocals)

The Unity Sessions
Pat Metheny
Nonesuch
パット メセニー


 Pat Metheny、Unity Goupでのスタジオライブアルバム。
 メンバーは”KIN (←→)” (2013)と同様。
 楽曲は“Unity Band” (2012)、”KIN (←→)” (2013)から+α。
 アレンジも大きくは変わっていないと思います。
 2016年の発表ですが、”Kin” (2013)のツアー?の後の録音のようです。
 ザックリ作る感があったバンドだけに、ブチ切れた超ハイテンションな演奏になるかと思いきや、意外にも落ち着いた質感。
 スタジオ録音作品自体が各曲長尺、超ハイテンションだったこともありますが、それらと同じイメージ。
 一糸乱れぬ完璧なライブもこの人の持ち味でしたね。
 冒頭曲、瑞々しいアコースティックギターソロで始まりますが、シンバルのバシャーンの合図とともに徐々にハイテンションに。
 Antonio Sánchezはずーっと叩きっぱなし。
 ”The Way Up” のライブDVDだと楽曲が複雑な分、緩急があったように思いますが、このバンドではあのシンバルが断続的に響きまくり。
 と思いながら聞いていたら、気が付けば強烈なインプロビゼーションの雨あられ・・・
 終盤の”Kin”、”Rise up”辺りになると耳から血が・・・
 ・・・んなことはないですが、ハイテンションな凄まじい演奏が最後まで続きます。
 アンコール的な締めは、”Trio 99 → 00”(1999)に入っていた端正なジャズ曲"(Go) Get It”を、どぎついディストーションかけたギター(フレットレス?)でグチャグチャギュイーン、ドラムとのDuoでのロックンロール・・・
 こりゃ凄いや・・・
 その他、“80/81” (1980)からの”Two Folk Songs #1”のチョイスは、あのMichael BreckerとChris Potterを比べてみよう、ってな感じでしょうか。
 オリジナルバージョンのイメージを踏襲し、ギターソロなしの潔さ。
 あちらほど長尺のサックスソロではありませんが、Chris Potter、似た感じのブチ切れ方してますねえ。
 あるいは、アコースティックギターでの”Phase Dance”~” Minuano”~・・・なんて懐かしい曲のメドレーもあります。
 こちらは“What's It All About” (2011)と同様の極端に落ち着いたムード。
 といった感じで、緩急はありますが、全体的にはハイテンション。
 CD2枚、凄まじい高揚感、お腹一杯ごちそうさまなライブ。




posted by H.A.

【Disc Review】“Kin” (2013) Pat Metheny

“Kin” (2013) Pat Metheny
Pat Metheny (guitars, guitar synth, electronics, orchestrionics, synths)
Chris Potter (tenor,soprano sax, clarinets, alto,bass flute) Giulio Carmassi (piano, trumpet, trombone, vocals, etc.) Ben Williams (acoustic,electric bass) Antonio Sánchez (drums, cajon)

Kin
Pat Metheny
Nonesuch
2014-02-04
パット メセニー

 Pat Methenyバンドの2014年新作。
 ごっついサウンドのコテンポラリージャズ。
 デビュー時からのPatの大ファンですが、近年のアルバムは「ちょっとねえ、、、」が本音です。
うまく説明できませんが、「うるさいかなあ、、、」「大仰だなあ、、、」といった印象。
 このバンドの前のアルバム“Unity Band” (2012)もメンバーからしてジャズっぽい方向かな?と期待して聴いてみたものの、「やはり、、、」。
 それでも、聴きたくなるのがファンの悲しい性。
 恐る恐る聴いてみたところ、これはいいんじゃない。
 この盤もまさにうるさく大仰なのですが、エキサイティング、ドラマチックと言えばその通り。
 愛想に乏しい楽曲、複雑な構成、ロック色も強いビート感はモダンジャズファンには合わないのかもしれません。
 また、ドでかいシンバル音のヘビー級ドラムが引っ張るハードなテイスト、テンションの高さは、オシャレさや寛ぎを期待する人にも難しいのでしょう。
 が、完成度の高さは抜群。
 Guitarはいわずもがなの艶やか&しなやかさ、鋭く激しいSax、凄まじい音圧のDrum、安定感だけでなく華もあるBass、全体を貫く高レベルな緊張感とあざといまでの?昂揚感。
 そして聴いた後の妙な疲労感は、力のある音楽の証なのでしょうか。
 要所で入るボイス、キーボード、クラッピングなど、少しだけかつてのテイストも。
 今の時代のジャズのひとつの完成形、もしかすると先に残る名盤なのかもしれません。
 それでも“Still Life (Talking)”(1987) “Letter from Home”(1989)あたりのしなやかで軽やかなPat Methenyサウンドの新譜が聞きたいなあと思うのはOldファンのわがままなのでしょうね。

(※本投稿は2014/06/15から移動しました。)
 


posted by H.A.

【Disc Review】“Unity Band” (2012) Pat Metheny

“Unity Band” (2012) Pat Metheny
Pat Metheny (guitars, guitar synth, orchestrionics)
Chris Potter (tenor sax, bass clarinet, soprano sax) Ben Williams (acoustic bass) Antonio Sánchez (drums)

Unity Band
Pat Metheny
Nonesuch
パット メセニー


 Pat Metheny、ニューヨーク的コンテンポラリージャズ、ハード系。
 Pat Metheny Group“The Way Up” (2003-4)以降、Christian McBrideとのトリオBrad Mehldauとのコラボレーション、その他を経た後の作品。
 当時~現在も流行っているギタートリオ+サックス。
 Chris Potterのバンドにも名ギタリストAdam Rogersがレギュラーメンバー、“The Remedy” (2006) Kurt Rosenwinkelなど新世代に刺激されたのかもしれません。
 それとも故Michael Breckerの影をChris Potterに見たか・・・?
 近年のニューヨーク系コンテンポラリージャズ、大きくはハード系と浮遊感強い系に分かれそうですが、こちらはハード系。
 Pat Metheny Groupのサウンドがベビーになったのが”Quartet” (1996)以降、ニューヨーク系コンテンポラリーっぽいAntonio Sánchezの参加が“Speaking of Now” (2001)から、強烈な変拍子の“The Way Up” (2003-4)、などといった事から想像すると、Pat Methenyも近年のコンテンポラリージャズ・ハード系サウンドを作った一人なのかもしれません・・・どうだろ?
 全曲Patのオリジナル曲ですが、サウンドは他のメンバーの名前から想像される音。
 激しいビート、深刻系で強面、少々重々しい楽曲。
 ハード&ヘビーなサウンド、ブチ切れ気味のハイテンションインプロビゼーション。
 Chris Potterのサックスを中心にソリッドな音、Antonio Sánchez のシンバルの強烈な”バシャーン”はこれまで通り。
 ギターも音色こそ変わりませんが、バンドサウンドにつられてか、いつになくハードでソリッドな印象。
 徹底的に作り込まれた感のあるPat Metheny Groupの音に対して、ラフでソリッド、その分ジャズ度も高いイメージ。
 本作の流れはそのまま“KIN (←→)” (2013)に、2016年新作”The Unity Sessions”(2014)へと引き継がれます。




posted by H.A.

【Disc Review】“Sirens” (2012) Chris Potter

“Sirens”(2012)Chris Potter
Chris Potter(sax)
Craig Taborn (piano) David Virelles(piano) Larry Grenadier(bass) Eric Harland(drums)

The Sirens
Universal Music LLC
2013-02-13
クリス ポッター

 Chris Potter 、ECM第一弾、最近作の前作。
 メンバーはECMオールスターとも、New Yorkオールスターともとれるメンバー。
 結果はヨーロッパ的ではなく、アメリカ的コンテンポラリージャズ。
 冒頭曲、8ビートなのか変拍子なのかよくわからない、今旬なリズムから始まり、相変わらず硬質な音でゴリゴリ、ブリブリ、高い音圧で吹きまくり。
 二曲目も近いテイスト。
 現代的なリズムにメカニカルなテーマ、エキサイティングなインプロビゼーション。
 そのまま最後まで行っちゃいます。
 一部ECMっぽかったり、バラードも入ったりしますが、全体的にはあくまでアメリカン。
 カラッとした感じのハイテンションなイケイケジャズ。
 この人の場合、ハイテンション、深刻系に聞こえても、あまり暗くはならないのが特徴だったように思いますが、それがそのまま。
 愛想がないのもそのままだったり・・・
 結果的には、メカニカルでアメリカンなコンテンポラリージャズで、ECMレーベルとしては少々異質。
 Eicherさんもあまり口出しはしていないのかな?
 やはりどこに行ってもChris PotterはChris Potter。




posted by H.A.

【Disc Review】“Imaginary Cities” (2014) Chris Potter Underground Orchestra

“Imaginary Cities” (2014) Chris Potter Underground Orchestra
Chris Potter (sax)
Adam Rogers (guitar) Craig Taborn (piano) Steve Nelson (vibraphone,marimba) Fima Ephron (bass) Scott Colley (bass) Nate Smith (drums) Mark Feldman (violin) Joyce Hammann (violin) Lois Martin (viola) David Egger (cello)
  
Imaginary Cities
Chris Potter
Ecm Records
2015-01-13
クリス ポッター

 あちこちで引っ張りダコの人気サックス奏者Chris Potterの最新作。
 オールスターのコンボ+ストリングスの豪華版。
 音圧の強い激烈系の音楽が得意な人のイメージが強かったのですが、本作はストリングス絡みのバラードからスタート。
 沈痛な面持ちのクラシック風なイントロからメロディアスなジャズバラードへ展開。
 意外にもこれがいい感じ。
 ストリングスにも過激系の人がいるだけに気難しい系かと思いきや、不思議なぐらいオーソドックス。
 もちろんサックスは相変わらずの音圧強い系で、これでもかこれでもかと畳みかけてくるようなドラマチックなバラード。
 なんだ、バラード集だったの?と安心するのも束の間、だんだん激しくなっていくのですが、ほどほどなハードさで、小難しい系ではありません。
 いろんなバンドで演奏して来た人だけに音のイメージも多彩。
 ビブラフォンやベースがフィーチャーされるとDave Hollandのバンドの様でもあるし、ギターが前面に出ると今風のロック、ファンク色の強い?自身のバンドの様でもあるし、Pat Methenyのバンドっぽくもあるし。
 コンボのメンバーも好演。
 が、いずれの名手にもあまりスペースが大きくないのが少々もったいない感じではあります。
 ストリングスも適度に緊張感を加えるアンサンブル中心。
 現代音楽的な複雑な感じでも、激甘なムードを醸し出すスタイルでもありません。
 悲しげな表情の曲、全体を通じて音圧が高く、緊張感も強いのですが、何故かあっけらかんと明るい感じ。
 リーダーのキャラクターがそうなのかもしれませんが、ドラマーが終始カラッとした今風のビートを繰り出しており、そのイメージが強いのでしょうか?
 結果、繊細で神経質な感じのECMらしさは薄く、ちょっと激しい系のアメリカ的コンテンポラリージャズ。
 リラックスしてダラりと聞ける感じの音ではありませんが、あまり行き過ぎない程度、ほどほどにハードな音を聞きたいときにはピッタリ。
 暑いこれからの季節には向かないかも、ですが・・・
 さておき、これを機にギターのAdam RogersがECMレーベルからJazz色が強いアルバムを出してくれると嬉しいな、と思うのはファンの無謀な望みかな?




posted by H.A.
Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ