吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Chico_Pinheiro

【Disc Review】“Já Tô Te Esperando” (2005) Edu Ribeiro

“Já Tô Te Esperando” (2005) Edu Ribeiro
Edu Ribeiro (drums)
Chico Pinheiro (guitar) Fábio Torres (piano) Thiago Espírio Santo, Paulo Paulelli (bass)
Toninho Ferragutti (accordeon) Daniel D'Alcântara (trumpet, Flugelhorn)



 ブラジリアンジャズ?のドラマーEdu Ribeiroのリーダー作。
 Chico PinheiroRosa Passosなど、ブラジル系のジャズ、フュージョン、MPBのアルバムでよく見かける人。
 その界隈ではファーストコールな人なのでしょう。
 本作はプロデューサーに現代最高?のブラジリアンジャズギタリストChico Pinheiroも名を連ね、いかにもそんな感じの現代的ブラジリアンジャズ。
 何曲かでエレキベース、エレピは入りますが、基本的にはアコースティックなジャズ。
 Chico Pinheiroが入ると都会的な色合い、クールなジャズ色が強くなるのだけども、もちろんブラジリアンジャズの独特のフワフワした感じは出ていて、心地いいバランス。
 ピアノトリオ+ギターを背景に、アコーディオンの柔らかい音がフワフワと漂い、キリッとしたトランペットとギターが全体を締める、そんな構成。
 ドラム、ギターはもちろんの事、ベースのグルーヴが凄いし、ピアノも、トランペットも、超一線級の演奏。
 さらに、これまた凄い演奏力のアコーディオンが、普通のジャズとは違う空気感を醸し出しています。
 もちろん普通のジャズフュージョンとして聞いても最高にカッコいい演奏だし、CD終盤に向けてドカーンと盛り上がっていく構成もお見事。
 全曲、リーダー、Chico Pinheiroのオリジナル曲。
 キリッとしたジャズ曲、エレキベースがうなるフュージョン曲、さらに南米エキゾチックな曲が交錯しつつ進む、元気いっぱいの演奏。
 アメリカ産のジャズ、フュージョンと比べると、なぜかしなやかで柔らかに感じるリズムと音の流れ。
 ノってくるとなぜかサンバに聞こえてしまうのは気のせいでしょうか?
 その要因はビート感なのか、コードの流れなのか、いまだによくわかりません。
 アメリカンなジャズ、フュージョンに食傷した時、でもヨーロッパ系や重かったり暗かったりする音、さらには直球な南米系もピンとこない時には、こんな感じのジャズが一番気持ちいいですかね。
 明るくて爽やかだしね。




posted by H.A.

【Disc Review】“Nova” (2008) Chico Pinheiro & Anthony Wilson

"Nova” (2008) Chico Pinheiro & Anthony Wilson
Chico Pinheiro, Anthony Wilson (Guitar)
Fábio Torres (Piano) Paulo Paulelli, Marcelo Mariano (Bass) Edu Ribeiro (Drums) Armando Marçal (Percussion) Proveta (Clarinet) Matt Zebley, Vinícius Dorin (Flute) Proveta, Matt Zebley (Alto Sax) Vinícius Dorin, Matt Otto (Tenor Sax) Adam Schroeder, V. Dorin (Baritono Sax) Garrett Smith, Paulo Malheiros (Trombone) Gilbert Castelhanos, Daniel D'Alcântara (Trumpet, Flugel)

Nova
Chico Pinheiro
Goat Hill Recordings
2008-11-11
シコ ピニエロ
アンソニー ウイルソン

 ブラジリアンChico Pinheiro、アメリカンAnthony Wilsonの両ギタリストによるブラジリアン・フュージョン。
 穏やかなボッサ系リズムのピアノトリオに時折ホーンのアンサンブルを交えたサポートの上で、ギターが気持ちよさげにソロを繰り広げていきます。
 Fabio Torresのピアノも一級品。少ないスペースながら、表現力、瞬発力、グルーヴ感は抜群。只者では無い感が漂ってきます。
 オリジナル曲に加えてDorival Caymmi、João Donatoなどのブラジリアンスタンダード、穏やかで優しい曲揃い。
 そんなカッコいい音を背景に、主役のギタリストたち。
 Chico Pinheiro、もちろんガットギターもよいのですが、いつもながらにエレキギターがすごい。
 アップテンポ曲での高速フレーズの気持ちよさ。
 類似する人が思いつかないタイプで、ジャズとブラジリアン独特?の色が混ざり合い、ひょっとすれば一大スタイリストに化けるかも、と思っているんですがねえ。他にもいい録音がたくさん。
 Anthony Wilsonは何でもできそうな現代的Jazzギタリストっぽいけど、似たタイプだなあ。
 いい感じの絡み方。
 ほどほどのブラジルテイストと、ほどほどの洗練感が優雅で爽やか。
 とても素敵なブラジリアンフュージョン。




posted by H.A.

【Disc Review】“Chico Pinheiro” (2005) Chico Pinheiro

“Chico Pinheiro” (2005) Chico Pinheiro
Chico Pinheiro (Guitar, Vocals)
Fábio Torres, Rafael Vernet (Piano) Marcelo Mariano, Paulo Paulelli, Serginho Carvalho (Bass) Edu Ribeiro (Drums) Armando Marçal (Percussion) Paulo Sérgio Santos (Clarinet) Andréa Ernest Dias (Flute) João Bosco, Luciana Alves, Tatiana Parra (vocals)

Chico Pinheiro
Chico Pinheiro
Discmedi
2014-03-17
シコ ピニエロ

 ブラジリアンギタリストChico Pinheiro、2005年作。
 デビュー作?“Meia-Noite Meio-Dia”(2003)の延長線上、これまたカッコいいMBP、ブラジリアンフュージョン。
 シャープなオリジナル曲。
 ブラジルっぽい優しげで大らかな感じではなくて、現代的で洗練されたイメージ、リズムも少し早目でシャープな印象。
 ギターも同様。
 ガットギターとエレキギターを取り混ぜながら、これまた洗練されたシャープな音。
 弾き始めるとどこまでも行ってしまいそうな疾走感。 リズム隊も決して派手ではないけども、リーダーと同様にシャープ。
 軽快でうるさくならない、でも推進力のあるドラム、ベースの作る静かながら強いグルーヴ、ツボ抑えた美しいピアノ。
 さらに、こちらはいかにもブラジルっぽい少し線が細めの本人のボーカル、本作でも多くの曲でフィーチャーされる限りなく透き通ったLuciana Alvesの儚げなボイス。
 この組み合わせ、バランスが秀逸。
 しなやかなブラジルのムードと郷愁が根底に流れる中での、静かなクールネス。
 Pat Metheny的でもToninho Horta的でもない、唯一無二のカッコよさ。




posted by H.A.

【Disc Review】“There's a Storm Inside” (2010) Chico Pinheiro

“There's a Storm Inside” (2010) Chico Pinheiro
Chico Pinheiro (Guitar, Vocals)
Lula Alencar (Accordion) Luciana Alves (Vocals) Nailor "Proveta" Azevedo (Clarinet) Marco Bosco (Percussion, Triangle) Paulo Calasans (Fender Rhodes, Piano, Electric Piano) Marcelo Mariana (Electric Bass) Bob Mintzer (Bass Clarinet, Tenor Sax) Paulo Pauleli (Acoustic Bass, Mouth Drums) Zé Pitoco (Vocals) Dianne Reeves(Vocals) Edú Ribeiro (Drums) Otmaro Ruíz (Electric Piano) Fabio Torres (Piano, Electric Piano) and strings

There's a Storm Inside
Chico Pinheiro
Sunny Side
2010-08-31
シコ ピニエロ

 ブラジルのギタリスト&ボーカリストChico Pinheiroの2010年盤。
 凄いギタリストだと思っているのですが、リーダー作ではボーカルを前に出したポップス、ボサノバ色・ジャズ色の強い、いわゆるMPB。
 質感はあくまでポップスですが、バンドの演奏は極めて高レベル。
 特にリズムが強烈で、シンプルに歌を乗せてしまうにはもったいないぐらい。
 結果的に、ゆったりした感じではなく、テンションは少々高め。
 冒頭、スタンダードナンバーからスタートしますが、ジャズ色ではなく、あくまでボッサ色が強いポップス仕立て。
 Chet Baker風の線の細いボーカルがいい感じ。
 二曲目からはさらに本領発揮。
 アップテンポでの何とも言えないノリのガットギターとピアノトリオのバッキング。
 全員揃ってさりげないのだけども、強烈なグルーブ感。
 そんな心地よいリズムの上に、これまたさりげないボーカル、強烈なギターソロ。
 この人のギター、エレキギターになると急にジャズっぽくなり、高速フレーズを連発。
でもなぜかスペースは控えめ。もったいないけど、歌を生かすにはこのくらいのバランスが適当なのかな?
 楽曲はMPB色の強いオリジナルからスティービーワンダーまでさまざまなテイスト。
 さらにいつも数曲で加わる女性ボーカルのLuciana Alvesも儚げ、怪しげでいい感じ。



posted by H.A.

【Disc Review】“Meia-Noite Meio-Dia” (2003) Chico Pinheiro

“Meia-Noite Meio-Dia” (2003) Chico Pinheiro
Chico Pinheiro (guitar, vocal)
Fábio Torres, Tiago Costa (Piano) Marcelo Mariano, Paulo Paulelli (Bass) Edu Ribeiro, Erivelton Silva (Drums) Armando Marçal (Percussion) Swami Jr. (Guitar) Proveta (Clarinet) Teco Cardoso (Flute, Baritone sax) Chico César, Ed Motta, Lenine, Luciana Alves, Maria Rita (Vacals)

Meia Noite Meio Dia
Chico Pinheiro
Ais
2006-05-31
シコ ピニエロ

 ブラジルのギター&ボーカリスト。
 このアルバムがデビュー作だったのでしょうか?
 とにかく素敵なアルバム、ミュージシャン。
 ボサノバではなく、いわゆるMPB、ブラジリアンポップス。
 曲作り、編曲がものすごくいい感じ。
 もちろん全編ブラジルテイストで、リズムはボッサが中心、メロディは哀愁系、自身を含めたボーカル陣も伝統のウイスパー系が中心なのだけど、なぜか現代的、都会的でクールな質感。
 ストリングスなども絡めつつ、曲ごとにいろんなミュージシャンを集めてどの曲もいい感じのアレンジ。
 かといって作り込みすぎる訳では無く、適度なテンションとゆるさがちょうどいいバランス。
 しっとりしたバラードから、ボサノバ、グルーブの強いベースラインがカッコいいブラジリアンフュージョンまで多彩な構成。
 でも一貫性は感じられるし、この人独特の色合いが常に流れています。
 さらにギターが上手い。ガットギターはもちろん、エレキギターも。
 インプロビゼーションではあまり沢山のスペースは取らないのだけども、クリーントーンで何とも言えない雰囲気、疾走感のあるフレーズを連発。
 ブラジル系独特のノリのよさはそのままに、テンション高め、クールな質感で個性的。
 これまたカッコいい現代的都会的ブラジリアンミュージック。




posted by H.A.
Profile
記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ