吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Charlie_Haden

【Disc Review】“Playing” (1980) Old and New Dreams

“Playing” (1980) Old and New Dreams
Don Cherry (pocket trumpet, piano) Dewey Redman (tenor sax, musette) Charlie Haden (bass) Ed Blackwell (drums)
 
Playing
Old & New Dreams
Ecm Records
1994-10-25


 Ornette Coleman所縁のメンバーのバンドOld and New Dreams、ライブ作品。
 ECMではこれが最後ですが、もう一作、ライブ録音”A Tribute to Blackwell” (1987)があるようです。
 前作“Old and New Dreams” (1979)と比べると、よりジャズ的。
 ここまでの作品と同様に、Ornetteナンバーが数曲、他はメンバーのオリジナルですが、エスニック色は抑えめ、普通にインプロビゼーションの場面が多い分、よりジャズっぽく聞こえるのでしょう。
 たっぷりフィーチャーされるDewey Redman が普通にジャズなサックスを吹いていることも大きいのかもしれません。
 ミュゼットを吹き出すと別世界に行ってしまいますが・・・
 フロント陣はもちろん、Charlie Haden、Ed Blackwellも快調に飛ばしています。
 カッコいいハイテンションなピアノレスジャズ。
 Dewey Redman のサックスソロの場面を聞いていると、Keith Jarrettアメリカンカルテットを想い起こす場面もしばしば。
 あのバンドはOrnette色が強いバンドだったこと、フロントに立つDewey Redman もさることながら、Charlie Hadenの存在も大きかったんだなあ・・・とかあらためて思ったり。
 先に進むにつれだんだん妖し気な曲、演奏が増えてきますが、そこもこのバンドならではの色合い。
 この時点で1960年代フリージャズから十数年。
 果たしてその進化はあったのか、無かったのか?
 Keith Jarrett諸作からECM、さらに一定の枠組みのあるフリージャズぐらいまではまずまずいけるくらいの立場としては、まだまだこの先の深い世界は不勉強で・・・




posted by H.A.

【Disc Review】“Old and New Dreams” (1979) Old and New Dreams

“Old and New Dreams” (1979) Old and New Dreams
Don Cherry (pocket trumpet, piano(?)) Dewey Redman (tenor sax, musette) Charlie Haden (bass) Ed Blackwell (drums)
 
Old & New Dreams
Don Cherry & Dewey Redman
Ecm Records
2001-05-08


 Ornette Coleman所縁のメンバーのバンドOld and New DreamsのECM作品。
 同タイトルのデビュー作“Old and New Dreams” (Oct.1976)から何作かは別レーベルでザラついた感じ、アグレッシブなOrnette的ジャズでしたが、さすがにECMだと少し雰囲気が変わってきます。
 冒頭は10分を超える長尺なあの"Lonely Woman”。
 奇をてらったアレンジではなく、オリジナルに近いのですが、ECM的な透明度が高い音と緊張感。
 マシンガンのようなベースと陶酔感を誘いつつヒタヒタと迫ってくるようなドラムが背景を作り、Don Cherry がリード、Dewey Redmanのサックスが絡みつく構成。
 これにKeith Jarrettが入ると・・・そこまで行かずともSteve KuhnRichie Beirachあたり、この時期のECMハウスピアニストが入るともっとECMっぽく、凄い演奏になったんだろうなあ・・・とかは贅沢な妄想。
 過剰に熱くなることのないクールな音、どことなく突き放したようなムード。
 ハードボイルドです。
 Ornetteがもう一曲、それはOrnetteなジャズですが、他のメンバーのオリジナル曲はエスニックテイストが強い演奏。
 難解さはありませんが、なんだか不思議で妖し気な演奏が揃っています。
 さらにその上にECMならではの静謐でひんやりとしたクールネスが加わり、独特の音。
 無音の空間に響くトランペット、ベース、ミュゼットがカッコいい場面がしばしば。
 なんだかんだでアメリカっぽくて、その意味ではECM的ではないのかもしれませんが、全編通じてハードボイルド、妖しさ満点。
 前作に引き続き、甘いメロディがない、男くさいクールネス。 
 やはりピアノレスが正解なのでしょう。

 


posted by H.A.


【Disc Review】“Old and New Dreams” (Oct.1976) Old and New Dreams

“Old and New Dreams” (Oct.1976) Old and New Dreams
Don Cherry (pocket trumpet) Dewey Redman (tenor sax, musette) Charlie Haden (bass) Ed Blackwell (drums)
 
Old & New Dreams
Cherry
Black Saint
2017-01-20


 Ornette Colemanが加わるとそのまま彼のバンドになってしまいそうなメンバーが揃ったバンドOld and New Dreamsのデビュー作。
 後にECMで制作しますが、本作はイタリアのレーベルから。
 Dewey Redman, Charlie HadenKeith Jarrettのバンドでの作品“Eyes of the Heart” (May.1976)、“Byablue”, “Bop-Be” (Oct.1976)と同年のセッション。
 そちらの活動が終了した時期だったのでしょう。
 ECM作品のイメージが強かったこともあり、全体の音を締めているのはCharlie Hadenのような感じがしていたのですが、音の作り、楽曲提供からすると、誰がリーダーといったわけではなく対等なバンドだったのでしょうね。
 冒頭のOrnette ColemanチューンからいかにもなOrnette色全開。
 マシンガンベースにこれまたマシンガンドラム、Don CherryDewey Redmanのグルグルと徘徊するようなインプロビゼーション。
 当の親分は”Dancing In Your Head” (1977) Ornette Colemanでファンク~ロックに移っていった時期なのでしょうかね?
 弟子たちはなんだかんだでアコースティックなジャズ。
 不思議なことにこの人脈、Keith Jarrettを除けば、Miles DavisJohn Coltraneの直接的な色合いがほとんど感じられないのは気のせいでしょうか?
 やはり親分がOrnetteだから?あるいは、端緒がアメリカ西海岸だから?
 サイドに入ると暴れん坊なDewey Redmanも、自分の曲ではなんだかオーソドックスなジャズ。
 Don CherryCharlie Hadenは彼らなりのマイペースですが、こちらもなんだかんだで不思議感たっぷりのアコースティックジャズ。
 さらに甘いメロディが無い分、男臭いハードボイルドなムード。
 それを1960年代終盤のノスタルジーと感じるか、普遍的なカッコよさと感じかは人それぞれなのでしょう。
 バンドの名前にもなるタイトル曲“Old and New Dreams”はDewey Redmanの曲でしたか。
 作者は意外ですが、こちらはジャズっぽくなく、ミュゼットが鳴り響くエスニックで妖しい、いかにもこのバンドな演奏。
 なんだかんだで親分と同様、一筋縄ではいかないつわものたちの音、ですかね。

 


posted by H.A.


【Disc Review】”Jasmine”, “Last Dance” (2007) Keith Jarrett, Charlie Haden

”Jasmine”, “Last Dance” (2007) Keith Jarrett, Charlie Haden
Keith Jarrett (piano) Charlie Haden (bass)
 
Jasmine (Shm-Cd)
KEITH JARRETT
MUSICSTORE
2015-09-21
キース ジャレット
チャーリー ヘイデン

Last Dance
Keith Jarrett
Ecm Records
2014-06-17


 Keith Jarrett、かつての盟友とのDuo作品。
 ”Jasmine”は2010年、“Last Dance”は2014年の発表で、後者はCharlie Haden の遺作、もしくは追悼作になるのだと思います。
 “The Melody At Night, With You” (1998)と並んでKeith Jarrettの作品群の中では異色の静謐なバラードアルバム。
 この二人が揃うと“Death and the Flower” (1974)などのアメリカンカルテット諸作もさることながら、“Closeness”(1976)Charlie Hadenの強烈な演奏を思い出しますが全く異なる質感。
 楽曲も二人の作った数多くの名作バラードは取り上げず、ジャズスタンダードからのチョイス。
 Keith Jarrettの諸作、あるいはCharlie HadenのDuo諸作とは異なる音。
 “The Melody At Night, With You”と同じく不思議な磁力をもった静謐な音。
 ビートに乗った演奏も多いため、それとは違う質感ですが、Keith Jarrettは“The Melody At Night, With You”ほどではないにせよ、同様にタメを効かせて少し遅れ気味に音を置いていくスタイルも目立ちます。
 それに寄り添うように静かに音を置いていくCharlie Haden。
 訥々としたムード。
 それでも十分に流麗で、“The Melody At Night, With You”の凄みのようなものは無いのかもしれません。
 消えかかったろうそくのようにゆらめく“The Melody At Night, With You”に対して、静かに優しく煌めくような本シリーズ。
 興奮もなければ、かつての激情や狂気のようなものの表出もない穏やかな空気。
 その裏に隠された意味は・・・
 なんて野暮なことは考えずに、美しいメロディ、淡々と流れる音の流れに和むのがよいのでしょうね。




posted by H.A.


【Disc Review】”Beyond the Missouri Sky” (1996) Charlie Haden, Pat Metheny

”Beyond the Missouri Sky” (1996) Charlie Haden, Pat Metheny
Charlie Haden (bass) Pat Metheny (guitar, etc.)

Beyond the Missouri Sky
Charlie Haden & Pat Meth
Verve
チャーリー ヘイデン
パット メセニー

 “I Can See Your House from Here” (1993) Pat Metheny, John Scofieldに続くコラボレーションはCharlie HadenとのDuo作品。
 このコンビだと、過去作品“80/81” (May.1980)、“Rejoicing” (1983)、“Song X” (1985)のようにOrnette Coleman系のフリーもありそうですが、本作はタイトル通り、あくまでアメリカの豊かな大地のイメージ、郷愁感系。
 2016年の耳で他のアコースティックギター中心の作品、“One Quiet Night” (2001,3)、“What's It All About” (2011)含めて聞き直してみると、それらとは全く質感。
 徹底したゆったりとしたテンポ、センチメンタルなメロディは共通だとしても、本作が「ジャズ」なことを改めて感じます。
 ジャズのビート感とジャズ的なインプロビゼーション。
 全編バラードなので、エキサイティングな場面はありませんが、静かな名人芸。
 全体を眺めるとヒットチャートに載ってもおかしくないような、アメリカンポピュラーミュージックな質感。
 演奏している当人たちはジャズを演奏しよう、なんて意識はなく、自然体なのでしょうね。
 それにしても素晴らしい曲揃い。
 Charlie Hadenの定番曲、Pat Methenyの隠れた名曲、さらにはCinema Paradisoまで。
 最後はとても前向き、いかにもアンリカンなソウル~ロッカバラードで締め。
 和みます。




posted by H.A.

【Disc Review】“Nightfall” (2003) Charlie Haden, John Taylor

“Nightfall” (2003) Charlie Haden, John Taylor
Charlie Haden (bass) John Taylor (piano)

Nightfall
Charlie Haden
チャーリー ヘイデン
ジョン テイラー

 名人のDuo。
 とても静かで穏やかな音。
 今にも止まりそうなスローバラード、美しいメロディの連続。
 多くない音数、Charlie Hadenのバラード独特の、タメを効かせて少し遅れるように音が置かれる、漂うようなビート。
 それに寄り添い、同じく漂うような美しいピアノ。
 枯淡の境地、その美しさ。
 そんなイメージ。
 静かで穏やかで緩やかで、普通なようで、少しずれた、少しだけ非現実的な音空間。
 ジャケット、タイトルそのままの“Nightfall”な音。
 ”Bittersweet”です。




posted by H.A.

【Disc Review】“In Montreal” (1989) Charlie Haden, Egberto Gismonti

“In Montreal” (1989) Charlie Haden, Egberto Gismonti
Charlie Haden (bass) Egberto Gismonti (guitar, piano)

 チャーリー ヘイデン 
 エグベルト ジスモンチ 






 Charlie Haden、Egberto GismontiのDuo、ライブ録音。
 楽曲は概ね二人の半々のオリジナル曲+α、名曲、代表曲揃い。
 サックスはいませんが、Magicoバンドの再現のイメージもあるのでしょう。
 いつも通りに自在に展開するEgberto Gismontiに対して、Charlie Hadenが合わせに行っているイメージですが、それでもベースが入ると音楽が進む方向が明確になり安心して聞ける、そんな感じ。
 ベストな演奏かどうかはわからないけども、Egberto Gismontiのギターとピアノを素直に聞くには、ちょうどいい作品なのかも。
 全体のムードは幻想的で緊張度の高いECMのEgberto Gismontiの世界。
 厳かなギターでスタート・・・終始漂う哀愁。
 幻想的なギターと、「パキーン」といった感じの凄いタッチ、凄まじいスピード感のピアノ。
 ”First Song”,”Silence”といった名バラードを挟みつつ、終盤はハイテンションな名曲”Loro”,”Frevo”で全力疾走。
 最後は美しい名曲”Don Quixote”のカバーで幻想的に締める・・・
 といった完璧なステージ構成。
 さすが名作曲家の二人、もちろん名人芸の二人。




posted by H.A.

【Disc Review】 “Magico:Carta de Amor”(1981)Magico

“Magico:Carta de Amor” (1981)Magico
Jan Garbarek (tenor and soprano saxophones)Egberto Gismonti (guitars, piano)Charlie Haden (bass)

Magico-Carta De Amor
Garbarek
Ecm Records
2012-11-06
ヤン ガルバレク チャーリー ヘイデン エグベルト ジスモンチ



 1980年代、当時のECMレーベルのスーパーバンド、ライブ盤。2012年発表。
 美しく悲しく、優しい音楽。
 2枚のスタジオ録音盤も名作ですが、このライブ盤はさらに素晴らしい。
 スタジオ盤で感じられた過度の緊張感が薄れ、リラックスした寛げる音楽になっています。
 演奏者も時期も同じなので、変わりようが無さそうにも思うのだけども、なぜかこのライブは柔らかい。
 もともとアバンギャルドなこともやる人たちだけど、ここではそれも抑え気味。
 録音、ミキシングによる影響も大きいのか、個々の楽器が明るく、マイルドに聞こえます。
 特に、多くは緊張感の塊のようなJan Garbarekのサックスが少しだけ優し気で、ちょうど良い感じ。
 楽曲は全て美曲。
 Jan Garbarekの北欧色、Egberto Gismontiの南米色、両者のエキゾチシズムが適度に表出されながら、Charlie Hadenの堅実なベースが土台を締める。
 これもちょうど良いバランス感。
 ある時は幻想的に、ある時は切なく、ある時は悲壮感。
 バリエーションも豊かなので2枚組の長尺な演奏も決して長くは感じないし飽きも来ません。
 何かの映画を見ているような素敵な音楽。
 ありがちなモノクロームでレトロな感じでは無くて、これは近代的な天然色だなあ。

(※この投稿は2014/03/07から移動しました。)


posted by H.A.

【Disc Review】”Magico” (Jun.1979), “Folk Songs” (Nov.1979) Charlie Haden, Jan Garbarek, Egberto Gismonti

”Magico” (Jun.1979) “Folk Songs” (Nov.1979) Charlie Haden, Jan Garbarek, Egberto Gismonti
Charlie Haden (bass) Jan Garbarek (saxophone) Egberto Gismonti (guitar, piano)

Magico
Universal Music LLC
1986-06-26
 チャーリー ヘイデン 
 ヤン ガルバレク 
 エグベルト ジスモンチ 

Folk Songs
Universal Music LLC
1986-06-26


 ECMオールスターの多国籍スーパーバンド。
 静謐で幻想的、寂寥感にあふれる音空間。
 Charlie HadenはKeith Jarrettのバンドが終了し、オーネット・コールマン色の強い“Old And New Dreams” (Aug.1979)の制作前後。
 Jan Garbarekは名作“Photo With ...” (1978)の制作を終え、Keith Jarrettとの最終共演?”Nude Ants” (May,1979)のライブの直後。
 Egberto Gismontiは名作“Solo” (1978)を作り、“Saudades” (Mar.1979)Naná Vasconcelosの制作サポート直後。
 Jan Garbarek、Egberto Gismonti は“Sol Do Meio Dia” (1976) Egberto Gismontiで共演済、といった状況。
 全員が上り坂の絶好調期。
 楽曲提供も分け合い、三者対等。
 フロントに立つJan Garbarekが目立ちますが、土台が異なるだけに彼の作品とは全く異なるムード。
 事実上のリーダーはCharlie Hadenなのかもしれませんが、オリジナル曲なども含めて、全体のムードは背景を作るEgberto Gismontiの色合いが強いのでしょうかね。
 ”Magico”の最終曲、”Palhaço”が、Keith Jarrettの名曲”My Song”,”Country”が重なってきたりもします。Keith Jarrettを含めた四者相互の影響は・・・なんてことも気になります。
 さておき、全て名曲名演、Charlie Hadenの作るゆったりとした土台の上に、Egberto Gismontiが幻想的な背景を作り、Jan Garbarekが旋律を奏でる・・・やはり三者対等なのでしょう。
 三者共通するのは悲し気でとても美しいメロディ、さらに幻想的な音を作れること。
 三者三様の哀感と幻想の絡み合い。
 静かで不思議な音空間。
 難解さはありませんが、とても幻想的。
 アーティスティックでクリエイティブな作品。
 ライブでの名演“Magico:Carta de Amor”(1981)も含めて、どの作品も甲乙つけがたい名作。


 


posted by H.A.

【Disc Review】“Closeness” (1976)Charlie Haden

“Closeness” (1976)Charlie Haden
Charlie Haden (bass)
Keith Jarrett (piano) Paul Motian (drums) Ornet Coleman(Alto Sax) Alice Coltrane(Harp)
 
Closeness
Charlie Haden
A & M
2011-03-11
キース ジャレット
チャーリー ヘイデン


 Charlie HadenのアルバムにKeithが客演、Duoで一曲。
 このElen Davidという名のバラードがとてつもなく素晴らしい。
 もともと美曲なのだけど、Keithの生涯最高とも思えるピアノ、というと大げさか?大げさですね。
 さておき、胸が締め付けられるような凄まじいバラード。
 やはりこの時期、何を弾いてもカッコよくなるのでしょうね。
 なお、Keithは入っていませんが、Alice ColtraneとCharlieのDuo曲も結構いけます。

(※本投稿は2015/08/21から移動しました。)
 



posted by H.A.
Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ