吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Cassandra_Wilson

【Disc Review】“Sacred Ground” (2006) David Murray

“Sacred Ground” (2006) David Murray
David Murray (tenor saxophone, bass clarinet)
Lafayette Gilchrist (piano) Ray Drummond (bass) Andrew Cyrille (drums) Cassandra Wilson (vocals)

Sacred Ground
David Murray
Justin Time Records
2007-06-26
デビッド マレイ

 真っ黒けの音の兄貴David Murray、ドスの効いた姉御Cassandra Wilson。
 鬼も逃げ出しそうなお二人の共演。
 やはり凄まじい。いや、素晴らしい。
 もはや説明無用。




posted by H.A.

【Disc Review】“Glamoured” (2003) Cassandra Wilson

“Glamoured” (2003) Cassandra Wilson
Cassandra Wilson (vocals, acoustic guitar)
Terri Lyne Carrington, Herlin Riley (drums) Jeff Haynes (percussion) Calvin Jones, Reginald Veal (bass) Gregoire Maret (harmonica) Brandon Ross (banjo, guitar) Fabrizio Sotti (guitar)

Glamoured
Cassandra Wilson
EMI Europe Generic
2003-10-22
カサンドラ ウィルソン





 とても素敵なジャケット含めて何となく明るいCassandra Wilson。
 ルーツ回帰路線、ここまであっけらかんとポップになると凄みに欠けてくるのかもしれないけども、もともと凄みの塊のような人なので、これぐらいがいいのかも。
 1980年代の作品もソウルっぽいのがカッコよかったしね。
 Sting、Bob Dylan, Willie Nelson・・・、何を歌ってもCassandra Wilsonの世界。
 ここでは決定的にカッコいいオリジナル曲、高速アコースティックファンクナンバー“I want more”。
 これだけで聞く価値あり。




posted by H.A.

【Disc Review】“Traveling Miles” (1998) Cassandra Wilson

“Traveling Miles” (1998) Cassandra Wilson
Cassandra Wilson (vocals, acoustic guitar)
Doug Wamble (acoustic guitar) Eric Lewis (piano) Jeffrey Haynes, Kevin Breit (guitars, electric mandolin, mandocello, bazouki) Marvin Sewell (guitars, bazouki) Lonnie Plaxico (acoustic bass) Dave Holland (bass) Marcus Baylor (drums, percussion) Mino Cinelu (percussion) Perry Wilson (drums) Vincent Henry (harmonica) Olu Dara (cornet) Steve Coleman (alto sax) Pat Metheny (classical guitar) Angelique Kidjo (vocals) Regina Carter (violin) Stefon Harris (vibraphone)

カサンドラ ウィルソン

 名作“Blue Light 'til Dawn”(1993), “ New Moon Daughter”(1996)の続編。
 基本線はルーツ回帰路線、でも、Milesトリビュートということで高テンション系・・・と思いきやそうでもない。
 冒頭曲、あの”Run the Boo Doo Town”の凄いベースはあのDave Hollandご本人。これは来たかな・・・と思っていると以降は結構肩透かし、かなりポップ。
 終始Lonnie Plaxicoの強烈なウッドベースが唸りながらバンドを引っ張っているものの、全体の質感は軽快で明るい。静寂な瞬間も、ない。
 明るくなりながらもディープで迫力十分な前作までとはガラッとイメージチェンジ。
 以降、本作の路線。ここが現在までへの路線への転機、過渡期だったのかもしれませんね。




posted by H.A.

【Disc Review】“New Moon Daughter” (1995) Cassandra Wilson

“New Moon Daughter” (1995) Cassandra Wilson
Cassandra Wilson (vocals, acoustic guitar)
Cyro Baptista(percussion, Jew's-Harp, shaker) Dougie Bowne (percussion, drums, whistle, vibraphone) Gary Breit (Hammond organ) Kevin Breit (acoustic & electric guitar, banjo, bouzouki) Brandon Ross (acoustic & electric guitar) Charles Burnham (violin) Tony Cedras (accordion) Graham Haynes (cornet) Lawrence "Butch" Morris (cornet) Jeff Haynes (percussion, bongos) Peepers (background vocals) Mark Peterson (bass) Lonnie Plaxico (bass) Gib Wharton (pedal steel guitar) Chris Whitley (guitar)

カサンドラ ウィルソン

 怖がらなくても大丈夫。とても優しいボーカルアルバム。
 前作“Blue Light 'til Dawn”(1993)、一曲目の”Strange Fluit”、あるいは普通のジャズではない質感にビビってしまうと、優しくたおやかなCassandra Wilsonに出会えることはありません。
 ジャズ的ではないビート、聞き慣れないバンジョーやスチールギター、フォークギターの音も慣れてしまえば、これしかないよね、と思えてくるのが不思議なところ。
 モダンジャズの小粋さ、ジャズ的グルーヴ、女性ボーカルの可憐さ、あるいはノリのいいファンクなどを期待してはいけません。
 あくまでCassandra WilsonのNew World。
 少しダーク、寂寥感が漂う空間を全て包み込むような深いボイス。
 一曲目を含めて相当意味深なことを訴えているのかもしれないけども、前作“Blue Light 'til Dawn”(1993)よりも前向き、明るくなった空気感。
 Blue Note以降のCassandra Wilsonはこれが一番のお気に入り。






posted by H.A.

【Disc Review】“Blue Light 'til Dawn” (1993) Cassandra Wilson

“Blue Light 'til Dawn” (1993) Cassandra Wilson
Cassandra Wilson (vocals)
Brandon Ross (acoustic guitar) Charlie Burnham (violin, mandocello) Tony Cedras (accordion) Olu Dara (cornet) Don Byron (clarinet) Gib Wharton (pedal steel guitar) Chris Whitley (national resophonic guitar) Kenny Davis (bass) Lonnie Plaxico (bass) Lance Carter (drums, percussion) Kevin Johnson (percussion) Bill McClellan (percussion, drums) Jeff Haynes (percussion) Cyro Baptista (percussion) Vinx (percussion)

カサンドラ ウィルソン






 これは凄いアルバム。
 冒頭、演奏し尽されたスタンダード”You don’t know what love is?”。
 とぎれとぎれに鳴るアコースティックギターのみを背景に、大きなフェイクなしの歌。
 時折の静寂。
 それが凄まじい。
 静謐な空間を包み込むような淡々とした声。
 それだけで立ち竦んでしまうような凄み。
 強烈なベース、アコースティックギター、パーカッションを中心とした極限まで贅肉をそぎ落としたような演奏、ダークな空気。
 その中を漂い、包み込む声。
 “Blue Light 'til Dawn”のタイトルに偽りなし。 
 静謐ながら、座して聞かなければならない強烈な音楽。





posted by H.A.

【Disc Review】“She Who Weeps” (1991) Cassandra Wilson

“She Who Weeps” (1991) Cassandra Wilson
Cassandra Wilson (vocals)
Jean-Paul Bourelly (guitar) Herman Fowlkes, Kevin Bruce Harris, Reggie Washington (bass) Rod Williams (piano) Mark Johnson, Tani Tabbal (drums)

She Who Weeps
Cassandra Wilson
Winter & Winter

カサンドラ ウィルソン

 M-Baseといえば、私にとってはCassandra Wilson、ってなマニアックな嗜好。
 1990年代のルーツへの回帰路線は最高にいいのですが、この頃の若々しさもいいなあ。
 といってもこの頃からすでに堂々とした貫禄。
 ジャズも、ファンクも、ソウルも、ロックも、全部突っ込んでのごった煮。
 ベースラインがカッコいいやんちゃでファンクなピアノトリオに、堂に入ったお姉さんのドスの利いた歌声。
 今だと怖くて近寄れないかもね。






posted by H.A.
Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ