吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Carlos_Aguirre

【Disc Review】“Soltando Amarras” (1998) Quique Sinesi, Marcelo Moguilevsky

“Soltando Amarras” (1998) Quique Sinesi, Marcelo Moguilevsky
Quique Sinesi (guitar, etc.) Marcelo Moguilevsky (reeds, voice, etc.)
Calros Aruirre (paino)

Soltando Amarras
Quique Sinesi
Espa Music
キケ・シネシ、マルセロ・モギレブスキー


 現代フォルクローレのギタリスト、Quique Sinesi、リード奏者とのDuo作品。
 “Danza Sin Fin” (1998)と同時期の録音、質感も同じ。
 これまた優雅で郷愁感が滲み出る名曲、名演奏揃い。
 冒頭曲こそハイテンション、ハイスピード、聞き慣れない笛が前面に出ますが、以降は穏やかで優しいメロディ、優雅な演奏が続きます。
 Marcelo Moguilevskyはクラリネット、ソプラノサックスを中心に、フルート、ボイスまでまで様々な楽器を駆使した演奏。
 この人もジャズの経験がある人なのでしょうかね。
 いい感じのグルーヴ、どの楽器にしても素晴らしい表現力、抑揚感。 
 Quique Sinesiのギターはソロ作品と同様の瑞々しさ。
 ギターソロではなくMarcelo Moguilevsky が背景を作ってくれる分、Quique Sinesiのシングルトーンのギターソロもたっぷり。
 ジャズ、スパニッシュ、その他が混ざり合ったような質感。
 スローテンポのタメとアップテンポでの強烈な疾走感、そのバランス、組み合わせががなんとも優雅でカッコいい。
 グルーヴに乗ったカッコいいインタープレーの場面もしばしば。
 Calros Aruirreは一曲のみの提供、客演ですが、これまた素晴らしい内容。
 ジャズファン目線で見たフォルクローレ、違和感があるとすれば、ビートが弱いこと、インプロビゼーションのスペースが小さいことがその要因なのでしょう。
 本アルバムはインプロビゼーションたっぷり、全編通じて穏やかなスウィング。
 優雅なビート感に慣れてしまえば、こちらの方が心地よかったりします。
 純粋にギターを聞きたいならば、あるいは静謐を求めるのであれば“Danza Sin Fin” (1998)の方が良いかもしれません。
 こちらのアルバムには、同様の質感に加えて、上品な高揚感、興奮もあります。
 どちらが良いかはお好み次第、というか、その日の気分で決めればよいのでしょう。
 どちらも同じぐらいに上質、周囲の空気が浄化されるような素晴らしい音。




posted by H.A.

【Disc Review】“Danza Sin Fin” (1998) Quique Sinesi

“Danza Sin Fin” (1998) Quique Sinesi
Quique Sinesi (guitar, etc.)
Calros Aruirre (paino, voice) Juan Falu (guitar) Gustavo Paglia (bandoneon)

Danza Sin Fin
Quique Sinesi
Espa Music
キケ シネシ


 現代タンゴ~フォルクローレのギタリスト、Quique Sinesi、ソロ作品。
 とても繊細で優しげな音楽。
 数曲でサポートが入りますが、基本的にはソロ演奏。
 元Dino Saluzziバンドの人、近年はAstor PiazzollaバンドのピアニストPablo Zieglerとの共演も多数。
 エレキギターも使って、タンゴだけでなく、ジャズ、フュージョン的な演奏もしていたようです。
 透明度の高いガットギターの音は、Ralph TownerやEgbetro Gismontiを想い起こしますが、彼らとは違う質感。
 もっと柔らかく優しく、線が細くて繊細な音、音楽。
 ビート感も少し違う感じ。
 ベースにアルゼンチンフォルクローレの6/8拍子が流れているのでしょう。
 サポートが付いた際のシングルトーンの音使いには、ジャズ的なムードも濃厚。
 ECMから出ていてもおかしくない質感ですが、それにしては穏やかで優し気すぎるのかもしれません。
 楽曲はオリジナル曲中心。
 どれも郷愁が漂うメロディ。
 もちろん優雅なフォルクローレなムード。
 また、数曲ごとに入るサポートがとてもいい感じ。
 ギターだけだと飽きてしまうかもしれませんが、ピアノ、バンドネオンがいいタイミングで違った色付けをしてくれます。
 Calros Aruirreとのコンビネーションは後の作品で聞かれるように、両者の繊細な音使いが相まって完璧なコンビネーション。
 バンドネオン、ギターとの組み合わせも同様。
 静謐ですが、陰鬱でも沈痛でもありません。
 あくまで穏やかな音。
 周囲の空気を一気に換えてしまうような音。
 淀んでいた空気が浄化する涼し気な風、微かな湿り気。
 淀んだ気持ちも穏やかに緩やかになるような空気感。
 現代フォルクローレの代表的な音。




posted by H.A. 

Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ