吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Carlos_Aguirre

【Disc Review】“Serpentina” (2017) André Mehmari, Juan Quintero, Carlos Aguirre

“Serpentina” (2017) André Mehmari, Juan Quintero, Carlos Aguirre
André Mehmari (Voice, Piano, Oberheim, Synth, Accordion, Harmonium, Koto, Viola de arco, Bandolim, Acoustic bass, Pandeiro, Pife) Juan Quintero (Voice, Guitar, Charango, Bombo, Percussion) Carlos Aguirre (Voice, Piano, Accordion, Fretless bass, Guitar, Percussion)



 ブラジルのAndré Mehmariと、アルゼンチン、現代フォルクローレのAca Seca TrioのJuan Quintero、現代フォルクローレのドン?Carlos Aguirreのトリオ作品。
 夢のなんとか・・・と書いてしまうのが憚られるような、あざといまでの組み合わせ。
 “Triz”(2012)André Mehmari, Chico Pinheiro, Sérgio Santosなんてブラジル人スーパーなトリオ作品もありましたが、それを上回るようなビッグネームなセッション。
 クラシックとジャズとMinasなAndré Mehmariと、元気系ポップスなフォルクローレなJuan Quinteroと、しっとり系フォルクローレのAndré Mehmari
 それらが交錯し混ざり合う音。
 穏やかな怒涛?のような全18曲。
 三人で概ね均等に楽曲を分け合い、他にブラジル曲、アルゼンチン曲を数曲。
 プロデューサーにAndré Mehmariのクレジット、また多くの楽曲でピアノを弾く彼の色が少々強いのかもしれません。
 が、さすがにつわものたち、いい感じでフュージョンし、André Mehmari諸作とは違う色合い。
 あの素晴らしくも強烈なピアノが続くと聞き疲れするかな・・・?と思っていたら、Carlos Aguirreの優しいピアノに変わってみたり、思い出したように水が滴るようなギターが聞こえたり、穏やかなだったり楽し気だったりのアコーディオンが聞こえたり・・・
 さらにはボーカリストが入れ替わりながらのさまざまなコーラスワーク。
 ・・・瑞々しい感性が有機的に絡み合いながら、自然に対するリスペクトとそこはかとない感傷、憂いを秘めた・・・とかなんとかの恥ずかしくなるような形容がそのまま当てはまってしまう音なのだから、困ってしまいます。
 André MehmariCarlos Aguirreがお互いに捧げ合っている曲もあり、まあ、そこまで演出しないでも・・・とも思ってしまいますが、それらがまた素晴らしい演奏なので、まあ、何と申しましょうか・・・
 全編、フワフワしていて、優しくて、センチメンタルで、でも前向きで・・・
 南米の郷愁感の極めつけ。
 ピアノを中心としたジャズ的インプロビゼーションのスペースもたっぷり。
 企画負けすると・・・?は全くの杞憂。
 大変失礼しました。
 期待以上の極上の出来。
 月並みな結論ですが、2017年の一番はこれでしょう。




posted by H.A.

【Disc Review】“Carlos Aguirre Grupo (Roje)” (2004) Carlos Aguirre Grupo

“Carlos Aguirre Grupo (Roje)” (2004) Carlos Aguirre Grupo
Carlos Aguirre (voice, guitar, piano, percussion) 
Silvina López (guitar, voice) Jorge Martí (guitar) Fernando Silva (bass) Silvia Gomez (percussion) 
Sebastian Macchi (piano) Notalia Damadian, Jorgelina Barbiero, Silvia Salomone (voice) and others
 


 アルゼンチン、現代フォルクローレのカリスマなのでしょう、Carlos Aguirreの2004年作。
 いずれ劣らぬ名作“Carlos Aguirre Grupo (Crema)” (2000)、“Carlos Aguirre Grupo (Violeta)” (2008)の間の作品。
 もちろんこちらも「ホッとする」、そんな音楽、癒しの大名作。
 水彩画のような淡い世界。
 三作の空気感は同じですが、その中ではこのアルバムが一番シンプルでナチュラル、スッキリ系かもしれません。
 私的な好みとしては、ジャズ的なノリが弱い音をついつい避けてしまうのですが、この人は別。
 近年のアルゼンチンの人でもQuique SinesiAndrés Beeuwsaertあたりは、きっとジャズを演奏していた人なんだろうなあ、といったニュアンスがあるように思うのですが、この人はそれがあまり強くありません。
 もちろんブラジル系とは違うし、タンゴ色もないし、クラシック的といえばそうかもしれないけども、それもそれほど強くはありません。
 文字通りの現代フォルクローレなのでしょうが、それにしては極めて洗練されているし、ポップス的といえばそうなのかもしれませんが何か違うし、極めて現代的な音なのだと思うのだけど、ノスタルジックな感じもするし・・・
 ・・・ってな感じでそれらが全部融合された微妙で繊細な音。
 ビート感がどうとか、インプロビゼーションがどうとかを超越した何かがあるように思います。
 その要因がメロディなのか、コードなのか、個々の楽器の音、アンサンブルなのか、あるいは声なのかはよくわかりません。
 それらを全部合わせて出来上がる穏やかな寂寥感なのでしょうかね? 
 パーカッションは色付け程度で、基本的にはギターとピアノ、ベースが繰り出す優しいビート。
 メロディは折り紙付きの淡い色合いの穏やかな動き。
 全編を漂う哀感、センチメンタリズム。
 寂寥感ってほど寂しくはない、やはり南米系、郷愁感ってな言葉がピッタリきます。
 ちょっと寂し気なボーカルと要所で入る女声コーラスの完璧なアンサンブル。
 瑞々しいギターを中心に、ときおりのピキピキピキーンといった透明度の美しいピアノ。
 なんとなくヨーロピアンにも近い上品な感じですが、キツさは微塵もない優しい音。
 全曲名曲揃いですが、最後に納められた"vidala que ronda”なんて、アルバムの締めはこれしかないというか、とても前向きな感じて、人生の最後を締めくくってもいいような?、そんなムード。どこかで聞いたソウルバラードのようだったりもして。
 寂し気なようでとても爽やか。
 春、新緑の季節になるとこの手の一連の作品が聞きたくなります。
 春は暑苦しい系や深刻系ジャズよりこっちの方がいいなあ。
 そんな音です。
 もう十年以上前の録音ですが、いまだに全く古くないエバーグリーンな一作。
 でも例によって廃盤かあ・・・




posted by H.A.

【Disc Review】“Orillania” (2012) Carlos Aguirre

“Orillania” (2012) Carlos Aguirre
Carlos Aguirre (piano, guitar, voice, keyboard, etc.)
Hugo Fattoruso (voice, keyboard) Leandro Drago, Sabastian Macchi, Mono Fontana, José Olmos (keyboard, piano) Quique Sinesi, Yamil Issac, Alfonso Bekes, Luis Salinas (guitar) Luis Medina (guitar, piccolo guitar) Alfonso Bekes (Mandolin) Fernando Silva (bass) José Lui Viggiano (drums) Gonzalo Giaz, José Piccioni, Quique Oesch (percussion) Antonio Arnedo (sax) Luis Barbiero (flute) Gladstan Galliza, Jorge Fandermole, Juan Quintero, Monica Salmaso, Francesca Ancarola (voice) and others

Orillania
Carlos Aguirre
Rip Curl Recordings
2012-02-19
カルロス アギーレ

 現代フォルクローレのCarlos Aguirre。 リーダー作としてはこれが現時点の最新アルバム(?)。
 基本線は“Carlos Aguirre Grupo (Crema)” (2000)と同じ世界、とても優雅、哀愁感が溢れる作品ですが、ちょっと趣の異なる作品、大作です。
 曲ごとにメンバーを変えて、さまざまな質感のアレンジ。
 電気楽器の使用、凝ったアンサンブル、多くの曲に入るコーラスワークなど、作り込み、磨き上げ、洗練された音。
 意外にも、歪んだエレキギター、シンセサイザーを前面に出したラテンフュージョンも数曲。
 全体的に素直なビートが効いた演奏が多め。
 ここまで来るとフォルクローレと呼んでしまうのことに違和感のあるゴージャスさ。
 全体的な印象としては、あの懐かしいAORが近そうなジャンルのように思います。
 コーラスを聞いているとあのMergio Mendesを想い起してしまいます。 
 フレットレスのエレキベースの柔らかい音がいい感じで効いている曲もいくつも。 
 それに重なるメローなエレキギター・・・
 もちろんそれらもあくまでナチュラルな質感。
 アコースティックでまとめた演奏も多く、全体を眺めれば現代フォルクローレであることは間違いありませんが・・・
 楽曲は全てオリジナル。
 哀愁が漂う素敵なメロディばかり。
 質感は変われど、さまざまなテイストの演奏があれど、全体を包み込む優しさ、優雅さ、郷愁感は同じ。
 これまた傑作でしょう。




posted by H.A.

【Disc Review】“Arrullos” (2008) Francesca Ancarola, Carlos Aguirre

“Arrullos” (2008) Francesca Ancarola, Carlos Aguirre
Francesca Ancarola (voice) Carlos Aguirre (piano) 

Arrullos [ Francesca Ancarola ]
 フランセスカ アンカローラ カルロス アギーレ
【輸入盤】Arrullos [ Francesca Ancarola ]

 チリのボーカリストFrancesca Ancarola、アルゼンチン、現代フォルクローレのCarlos Aguirre、Duo作品。
 チリ、アルゼンチン、ウルグアイ、キューバなど、中南米、スペイン語圏の楽曲集。
 タイトルは「子守歌」のようですので、各国の子守歌を集めてきたのだろうと思います。
 その通りの穏やかな音。
 ボーカルは素直で癖のない声、南米系定番のとても優しい歌い方。
 Carlos Aguirreはピアノのみでのサポート。
 伴奏に徹していますが、歌の後ろでの展開がやはり只者でない音使い。
 よく聞いてみると、定常な歌に対して、伴奏と同時に、カウンターというよりも自由なオブリガードが展開されているようにも。
 歌の旋律を伴奏にして、ピアノソロを弾いている・・・そんなイメージ・・・
 ・・・ってなこともないのかもしれませんが、そんなバランスが隠し味。
 最初から最後まで、穏やかで優しい、郷愁感漂う南米の音。




posted by H.A.

【Disc Review】“Carlos Aguirre Grupo (Violeta)” (2008) Carlos Aguirre Grupo

“Carlos Aguirre Grupo (Violeta)” (2008) Carlos Aguirre Grupo
Carlos Aguirre (piano, accordeon, keyboards)
Alfonso Bekes (guitar, mandolin) Luis Medina: (guitar, piccolo guitar) Fernando Silva (bass, cello) Jose Piccioni (perccusion, bandoneon) Silvia Salomone, Florencia Di Stefano, Jorgelina Barbiero (voice) Melisa Budini (voice, marimba)



 現代フォルクローレのCarlos Aguirre、Grupoでの三作目?
 ボーカルはコーラスのみ、一曲一曲が長尺な器楽曲の構成、“Carlos Aguirre Grupo (Crema)” (2000)、“Carlos Aguirre Grupo (Roje)” (2004)とは少しイメージが異なります。
 もちろん音楽の質感は同じ、とても穏やかで郷愁感溢れる音。 
 淡いイメージのメロディラインの楽曲、演奏揃い。
 少しずつ景色が変わっていくような構成。
 何かしらのドラマが込められた曲なのでしょう。
 優雅なアルゼンチンフォルクローレの6/8ビート。
 ワルツの様に大きな揺れではありませんが、それに近いふわりとしたビート感。
 少しずつ変わっていくビート、アンサンブル。
 それらを背景にして、ピアノ、ギター、バンドネオン、チェロ、ボイス、その他が、郷愁感が漂うメロディを代わる代わる、淡々と奏でていく流れ。
 派手なインプロビゼーションはありませんが、ピアノ、ギターを中心に繊細な音使い。
 シンプルなようで複雑、ゆったりとしたビート感の中で、微妙にタメが効いたピアノのオブリガード、カウンターが印象に残ります。
 ビートが上がると高揚感のあるグルーヴ、ブラジル・ミナス色が強い時期のPat Metheny Groupを想起させる場面もしばしば。
 それをもっとナチュラルで優しい方向に振った音、グルーヴ。
 時折挿入される水の音、鳥の声などの効果音。
 その雰囲気そのまま、とてもナチュラルで穏やか、優しい音楽。
 これまた傑作でしょう。




posted by H.A.
Profile
記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ