吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

British

【Disc Review】“The Study of Touch” (2017) Django Bates' Beloved

“The Study of Touch” (2017) Django Bates' Beloved
Django Bates (piano)
Petter Eldh (double bass) Peter Bruun (drums)

The Study of Touch
Django Bates
Ecm Records
2017-11-10


 イギリスのフリージャズ系ピアニストDjango Bates、ECMでのリーダー作。
 ECMでは客演で“So I Write” (1990), “Exile” (1993) Sidsel Endresen, “Eréndira”(1985), “Cantilena”(1989) First Houseなどがありますが、リーダー作としては初めてでしょう。
 ECMとDjango Bates、ソロ、変則コンボ・・・何でもありそうないかにも危険な組み合わせですが、本作はオーソドックスな編成のピアノトリオ、“Confirmation” (2012)など、超弩級に激しく過激なジャズバンドDjango Bates' Belovedでのアルバム。
 1970年代ECMならいざ知らず、その激烈なジャズが現代のECMに合うのかなあ・・・と思いながら・・・
 さすがECM、厳しいご指導があったのでしょうかね?
 ほどほど静かなDjango Bates' Beloved。
 トレードマークの変幻自在、予測不能、複雑怪奇なジャズの色合いははそのまま。
 が、激烈さは影を潜め、穏やかなサウンド。
 激しくは弾かれないピアノと、それに合わせるような暴れないバンド。
 このバンドの流儀と思しきジャズスタンダードをグチャグチャに解体するのではなく、何となくジャズっぽい感じのオリジナル曲。
 メカニカルでピキピキパキパキとしつつも、ECMのお約束、ルバートでのスローバラードなども交え、近年のECM的な淡いサウンドに近づけようとしているようにも聞こえます。
 それでもフワフワとした感じにならず、なんだかんだでDjango Batesのパキパキした感じ、ECM諸作の中ではジャズ寄りのサウンドでしょうかね。
 直近の客演“Blue Maqams” (2017) Anouar Brahemでは、もう少しフワフワしていて、ECMっぽかったようにも思うのですが・・・?
 なんだかんだで過激ではない、上品で上質なピアノトリオジャズ。
 ECM移籍第一作目は淡い色合いになる、の法則は、鬼のようなベテラン激烈ピアニストにも当てはまる・・・かな?




posted by H.A.

【Disc Review】“Nightfall” (2015) Quercus

“Nightfall” (2015) Quercus
June Tabor (voice) Iain Ballamy (tenor, soprano saxophones) Huw Warren (piano)

NIGHTFALL
QUERCUS
ECM
2017-04-28


 イギリスのボーカリストJune Tabor率いるQuercusのECM作品。
 前作は“Quercus” (2006)。
 その作品名をバンド名とし、他のレーベルはチェックしていませんが、ECMでは10年ぶりの制作。
 メンバーも音の雰囲気も変わりません。
 静謐に、透明に、ジャジーに、ECMコーティングされたブリティッシュフォーク。
 美しいピアノと、“Ballads”(Dec.1961,Sep.1962,Nov.1962)なColtrane、あるいはCharles Lloydなサックス。
 淡々と語るクールで乾いたボイス。
 全編スローなテンポ、おそらくブリティッシュ周辺の曲であろうトラディショナル曲が半数。
 遠い所を眺めるような、どこか懐かし気な音・・・・
 ってな感じで、”Quercus” (2006)と同じ形容になってしまう、一貫性のある音。
 さり気なく収められたジャズスタンダード”You Don't Know What Love Is”, “Somewhere”、あるいはBob Dylanナンバーも、すっかりその空気感の中に取り込まれ、全編通じて遠い所を眺めるような音。
 前作と比べると、少々勇まし気な音の流れのトラディショナル曲が目立つかもしれません。
 ブリティッシュエスニックなんてのがあるとすれば、そんな感じなのかもしれません。
 そんな曲は映画” Braveheart”な雰囲気。
 ま、不勉強な私は、スコットランド、イングランド、ブリティッシュの関係がきちんと整理ができていないのですが・・・
 ともかくにも、全編淡々としている分、気持ち穏か、じわじわときます。
 タイトル通りに”夕暮れ時”な空気感。
 これを聞きながら、静かに歴史のお勉強でもしてみましょうかね・・・


※別アルバム収録のBob Dylanナンバー。
 本アルバム収録バージョンはサックスが載ってくる分、もう少しジャジー。
 それもECMマジックですかね?


posted by H.A.



【Disc Review】“Quercus” (2006) June Tabor, Iain Ballamy, Huw Warren

“Quercus” (2006) June Tabor, Iain Ballamy, Huw Warren
June Tabor (voice) Iain Ballamy (tenor, soprano saxophones) Huw Warren (piano) 

Quercus
Tabor
Ecm Records
2013-06-04
ジューン・テイバー

 イギリスのボーカリストJune TaborのECM初作品。
 詳細についての情報は持っていませんが、1960年代から活動している大ベテランのフォーク?の人でしょうか?
 ピアノ、管とのトリオの編成、ECMでのそれ系の人といえば、同じくイギリスのNorma Winstonの諸作、あるいは近年ではSusanne Abbuehl諸作を想起します。
 それらに近いテイスト、妖しさを少々薄めて、ストレートにフォーク寄りの音の作り、といったところでしょうか。
 ピアノ、サックスの人もイギリスの人。
 派手な演奏はありませんが、ECMならではの美しい音。
 ピアノはクラシックの香り、ヨーロッパっぽさは濃厚ですが、明るい質感は少々アメリカ的でもあり、カッチリと律儀に弾く感じ。
 サックスはコンテンポラリー系に多いクール系、こちらも素直にサラリと吹くタイプ。
 Thomas Strønenとのバンド”Food”でECM制作しており、フリー系の志向もある人なのかもしれませんが、オーソドックスな質感。
 “Ballads” (Dec.1961,Sep.1962,Nov.1962)なColtrane、あるいはECMのCharles Lloydをもう少しバイタルにした感じでしょうか。
 そんなECM的ではあるものの、カッチリとした音を背景にして、ボイスは低く沈んだハスキー系、確かに英米のフォークシンガーにいそうな感じの声と節回し。
 ヨーロッパとアメリカの中間の雰囲気、それがイギリスっぽいといえばその通り。
 同じフォーク系でも北欧系だとエキゾチシズムを感じますが、さすがにポップミュージック、フォークミュージックの総本山のイギリス系、耳慣れた音流れは自然に耳に馴染みます。
 そこに緩やかなECMマジック、静謐さ透明感が加わると、やはり特別な質感です。
 ECMの真骨頂、ルバートっぽいスローバラード“Near But Far Away”なんて最高です。
 わかりやすいのだけども、どこか遠くを眺めているような、遠い所から聞こえてくるような、懐かしいような、切ないような・・・
 最初から最後まで、寂寥感と郷愁感が漂う美しい音。
 本作、発表は2013年ですが、録音は2006年。
 なぜ止まっていたのかはわかりませんが、十分にECMサウンド、仕上がりも上々です。




posted by H.A.


【Disc Review】“Night-Birds” (1982) Shakatak

“Night-Birds” (1982) Shakatak
Bill Sharpe (Arp Odyssey, Fender Rhodes, Oberheim Synthesizer, Piano, Prophet Synthesizer) Nigel Wright (Fender Rhodes, Oberheim Synthesizer, Prophet Synthesizer, Trombone) Keith Winter (Guitars) George Anderson (Bass) Roger Odell (Cymbals, Drums) Stuart Brooks (Trumpet) Dick Morrissey (Saxophone) Simon Morton (Percussion, Vocals) Jackie Rawe, Lorna Bannon, Jill Saward (Vocals)

Night Birds
Shakatak
Imports
シャカタク


 このアルバムをこんなマニアックなブログで取り上げるのは、何となく気が引けてしまいますが、カッコいいので仕方ありません。
 “Tribes, Vibes And Scribes” (1992) Incognitoの10年前、“Diamond Life” (1984) Sadeの2年前、The Style Councilデビューの1年前でしたか・・・
 それらに先駆けたBritish Soul~Funk,Fusionの決定版。
 と書いてしまうとその筋の人に怒られるのかもしれませんが、その筋の素人からするとそんな印象のアルバムです。
 クールでファンキー、センチメンタル、オシャレ。
 ポップでナンパでわかり易い。
 ソフトでメロウ。
 ・・・・・・
 最高ですね。
 売れすぎたのでしょうし、夜のTV番組のテーマ曲だったし、スーパーでよく流れていたし、好感度系の人はシカトしてた気もするし、蕎麦屋の出前持ちも・・・・・・
 などなど、先入観はさておき、中身は極めてカッコいい、上品、上質なファンク・フュージョン。
 美しいピアノとファンキーなベース、ギターのカッティング。
 図らずとも体が揺れてしまう、静かなグルーヴ。
 さりげないボイス。
 さらにこれまたさりげないラテンテイストが隠し味。
 ピアノもギターもサックスも短いながらの計算しつくされたような、かつ手練れたインプロビゼーション。
 アメリカ系のフュージョンの派手だったり、カチッとし過ぎた感じではなく、抑制されたスッキリとした音。
 あの時代っぽいキメ、ブレイクはたくさんありますが、あくまでさりげなくていい感じ。
 んー、心地いい。
 確かに出来すぎてるような気がしないでもないですが、やはり音は最高です。
 が、下の絵のチャーリーズエンジェル(※1970年代オリジナル)な、あるいはマイアミバイス(※1980年代オリジナル)な髪形とファッション、ちょっとアレな演出には、苦笑いを禁じ得ません・・・






.posted by H.A.

【Disc Review】“Tribes, Vibes And Scribes” (1992) Incognito

“Tribes, Vibes And Scribes” (1992) Incognito
Bluey (Guitar, Keyboards) Randy Hope-Taylor (Bass) Andy Gangadeen (Drums) Richard Bull (Drums, Percussion, Keyboards, Guitar) Graham Harvey, Peter Hinds (Keyboards) Thomas Dyani-Akuru (Percussion) Patrick 'Bebop' Clahar (Saxophone) Fayyaz Virji (Trombone) Kevin Robinson (Trumpet, Flugelhorn) Maysa Leak (Vocals) and others



 懐かしのBritish Soul。
 ノリが良くてファンキー。
 でも、全体の空気はクールでオシャレ。
 とてもカッコいいギターのカッティング。
 シンプルながらものすごいベースライン。
 ブンブンうなりながらのグルーヴが最初から最後まで続きます。
 でも下品にはならない絶妙な音使い。
 さりげないタイミングで入ってくる、これまた絶妙なホーンアンサンブル。
 ベタつかない哀愁感の漂うメロディライン。
 軽さを押さえるちょっとコッテリ気味のボイス・・・・・・
 全編通じて、アメリカ系のソウル、フュージョンにはあまりない、軽快でスッキリした音作り。
 ノリノリなようで、穏やかにジワジワと、ヒタヒタと迫ってくるようなグルーヴ。
 それでいてしっとり感も十分。
 洗練の極みですねえ。
 聞き慣れたStevie Wonderナンバーまでもとても斬新に聞こえます。
 これは懐かしい・・・になってしまうのでしょうか?
 今の耳で聞いてもカッコいいなあ。
 最高のブリティッシュ・ファンク、ソウル、フュージョン、・・・だと思います。




.posted by H.A.
Profile
記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ