吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Bossa_Nova

【Disc Review】“Dois em Pessoa volume II” (2017) Renato Motha, Patricia Lobato

“Dois em Pessoa volume II” (2017) Renato Motha, Patricia Lobato

Renato Motha (guitar, voice, wind instruments, bass, drums, percussion, etc.) Patricia Lobato (voice, ganzá, triangle, tamborim)
Tiago Costa (piano) Bruno Conde (guitar) and strings



 ブラジルの男女Duoによるとても穏やかなMPB。
 名作”Dois Em Pessoa” (2003)と同様、ポルトガルの詩人Fernando Pessoaの作品にメロディを付けた楽曲集、第二弾。
 もちろんそちらと同質、Duo+αの少人数の演奏なので、さらに静かで穏やかな音。
 ガットギターの漂うような音とシルキーな男女なボイスの絡み合い。
 Joao Gilberto流儀ながらそれを何倍も優しくしたような男声と天使のような女声。
 少し沈みつつも前向きな、いつものこの二人の音。
 二枚組、全26曲のオリジナル曲。
 まあ、よくもここまでたくさんキャッチーなメロディが出てくるなあ・・・
 さらに多くの場面で鳴っているTiago Costaのピアノがとても素晴らしい。
 派手なインプロビゼーションこそありませんが、漂うような舞い落ちるような音。
 一部ではECMっぽい空気感の場面もあるのですが、そこまでひねくれてはなくて、Carlos AguirreAndre Mehmariをもっと静かに繊細にオーソドックスにしたような音使い。
 あるいは、神様Antonio Carlos Jobimを意識したのかなあ・・・ってなボサノバ王道の音の流れもそこかしこに。
 おまけにときおり聞こえるストリングスの響きが優雅の極めつけ。
 先の同企画”Dois Em Pessoa” (2003)よりもこっちの方が緩い感じ、よりサラサラとした感じですかね?
 それが最高。
 気がつけば、ふにゃー・・・としてしまうような心地よい脱力感。
 このコンビの作品は全て楽園ミュージック。




 posted by H.A.

【Disc Review】“Baião De Domingo” (2009) Alexandre Gismonti Trio

“Baião De Domingo” (2009) Alexandre Gismonti Trio
Alexandre Gismonti (Guitar)
Mayo Pamplona (Double Bass) Felipe Cotta (Percussion)

Baiao De Domingo
Alexandre Trio Gismonti
Microservice Brazil
2005-10-31


 Egberto Gismontiのご子息Alexandre Gismontiのおそらく初リーダー作。 
 善きにつけ悪しきにつけ御父上のイメージをもって聞いてしまうのですが、本作はまずまずオーソドックスなボサノバ混じりのブラジリアンジャズ。
 オリジナル曲、高速なフレージングのギターに父Gismontiの影は感じますが、その毒というか、妖しさというか、ちょっと普通ではない感じはなく、穏やかです。
 オーソドックスなギタートリオ編成でのオーソドックスな音。
 父Gismonti とのDuoによる“Saudações” (2006,2007)よりも優しい表情かもしれません。
 オリジナル曲にいくつかのブラジルの巨匠たちの楽曲群。
 “Saudações” (2006,2007)を聞く限り、スパニッシュ色が強くなるのかな?と勝手に想像していましたが、むしろ父上よりもブラジルブラジルしている感じでしょうかね。
 アグレッシブではなく、むしろノスタルジック。
 少々センチメンタルな音の流れ。
 ベタつかないクールな質感は現代の若者の音の特徴なのでしょう。
 さて、ここから姉Biancaさんのように、現代的でポップな感じで行くのか、父Egbertoさんのようにアグレッシブで求道的な線でいくのか、それはこれからのお楽しみ。
 まずは普通に心地よいブラジリアンギタートリオを、気楽に聞くのが吉。
 ・・・っても、父上と同様に新作がなかなか来ないなあ・・・


 

posted by H.A.


【Disc Review】“Rebentação” (2016) Daniel Dias

“Rebentação” (2016) Daniel Dias
Daniel Dias (guitar, voice)
Toninho Horta (guitar) Walmir Gil (trumpet)
 
Daniel Dias ダニエル ディアス
Imports
2016-11-04

 ブラジルのギタリスト&ボーカリストDaniel Dias、デビュー作なのでしょう。
 Toninho Horta _Guitarra (エレキギター)のクレジットに惹かれて入手した一作。
 基本的には弾き語りのボサノバ。
 Toninho Hortaは三曲に参加し、数曲にトランペットが加わります。
 予想通りのとても柔らかい音。
 Jobim, Luis Bonfa, Caetano Veloso, Dorival Caymmi, Ary Barroso、さらに Miles Davisを含めてジャズスタンダードを数曲。
 どこにでもありそうな音になりそうで、確かにそうなのですが、なんだか不思議にとても心地よいバランス。
 Joao GilbertoRosa Passosのように沈んだ感じではないのですが、妙に落ち着いていて、アメリカ系にはない特別な音。
 柔らかなビート、美しく瑞々しい音のギターと、ウイスパーではないけど優し気なボイス。
 現代的で上品なJoao Boscoってな感じでしょうか?
 それに丸っこいクリーントーンのToninho Hortaのエレキギターが乗ってくると・・・
 フワフワとしているようで、シャキッとしているようで、何とも言えないいい感じの浮遊感。
 春っぽいなあ・・・
 春眠暁をなんとか・・・もちろん誉め言葉です。
 
 


【Disc Review】“Amazon River” (1993) Wanda Sa & Celia Vaz

“Amazon River” (1993) Wanda Sa & Celia Vaz
Célia Vaz, Wanda Sá (Vocals, Guitar)
Gal Costa, Joyce, Marcio Malard, Nana Caymmi, Quarteto Em Cy (Vocals) Reginaldo Vargas (Percussion)

ブラジレイラス (BOM17008L)
ワンダ・サー & セリア・ヴァス



 ボサノバを歌う女性ボーカリストはいったい何人ぐらいいるのでしょう?
 古今東西合わせれば10万人?100万人?1000万人?・・・
 その頂点の人たち、ベテランのビッグネームが集まった企画アルバム。
 鳥の声なども絡めながらの楽園サウンド。
 安易な企画と疑うことなかれ、これが素晴らしいアルバム。
 歌いつくされ、演奏しつくされた楽曲、ギターとパーカッションのみのシンプルなサポート、奇をてらうことのないアレンジ。
 それでも全曲名曲、名演、名唱。普通に豪華な編成、アレンジではなく、シンプルなのがカッコよさの決め手なのかもしれません。
 主役のボーカリストが入れ替わり立ち替わりでも、サウンドイメージは一貫性しています。
 とても優雅な歌、コーラス。
 あくまでさりげない音がなんとも言えないカッコよさ。
 やはりこのあたりの人たちには、巧拙とか年齢とか何とかを超えた何かがあるんでしょうねえ。
 何か持っている人たちによる素敵なボサノバ・ボーカルアルバム。




posted by H.A.

【Disc Review】“Brasil '65” (1965) The Sérgio Mendes Trio, Wanda De Sah, Rosinha De Valenca

“Brasil '65” (1965) The Sérgio Mendes Trio, Wanda De Sah, Rosinha De Valenca
Sérgio Mendes (Piano) Wanda De Sah (Vocals) Rosinha De Valenca (Guitar)
Sebastião Neto (Bass) Chico Batera (Drums) Bud Shank (Flute, Sax)

ブラジル’65
セルジオ・メンデス・トリオ~ワンダ・ヂ・サー



 Sérgio Mendes、Wanda De Sahを半数の曲でフィーチャーしたアルバム。
 ジャズファンからすれば“Getz/Gilberto” (1963)の方が馴染みがあり、Sérgio Mendesを好まない人もいるのかもしれません。
 が、タイプは違えど、こちらもアメリカ制作ジャズサンバの名作。
 沈んだ凄み、湿り気のある“Getz/Gilberto”に対して、乾いた質感の本作。
 こちらの方が本場のムードには近いのでしょう。
 Sérgio Mendesとしてもこの作品がアメリカ進出の端緒だったのでしょうかね?
 Jobimナンバーはもちろん、キャッチーな曲を選りすぐったような、今から見ればベタベタな選曲。
 どこかで聞いたメロディ揃い。
 Wanda De Sahはいつも通りのハスキーな声で淡々とした歌。
 神様Joao Gilbertoと比べても仕方ないのですが、同じような沈んだムード。
 かわいらしい云々だけでなく、どことなく凄みが漂っているような気もします。 
 もう一人のフィーチャリングアーティストRosinha De Valencaのギターもタメを活かしたしっとり系。
 Sérgio Mendesのピアノもそれにつられたかどうか、少し沈んだ面持ち、淡々としたビート。
 Bud Shankのサックスだけが明るく元気です。
 気のせいなのかもしれませんが・・・ 
 といったところで、明るく元気になりすぎないジャズサンバ、素晴らしいコラボレーション。




posted by H.A.

【Disc Review】“Softly!” (1965) Wanda De Sah

“Softly!” (1965) Wanda De Sah
Wanda De Sah (Vocals)
Sérgio Mendes (Piano) Rosinha De Valenca (Guitar) Sebastião Neto (Bass) Chico Batera (Drums) and Orchestra

Softly!
Wanda De Sah
Rev-Ola
ワンダ・サー


 Wanda Sá、優雅この上ないオーケストラを背景にしたボサノバ~ポップスアルバム。
 “Wanda Vagamente” (1964)はブラジル制作だと思いますが、こちらはアメリカ西海岸での録音、アメリカのレーベルでの制作。
 “Brasil '65” (1965) Sérgio Mendesと連続するセッションでしょう。
 いかにもあの時代の西海岸のオーケストラサウンド。
 とても優雅でノスタルジックなストリングスと、軽快なSérgio Mendesのジャズサンババンドを背景にした優雅な歌。
 ジャズ、ポップス系の人だとベタベタで艶っぽい感じの作品が多いのでしょうが、本作はあくまで爽やか。
 淡々とした歌、軽快なコンボ、少々ベタッとしたロマンチックなオーケストラの絶妙な組み合わせ。
 これはまさに桃源郷。
 この手の作品、他にもたくさんあり、大仰で時代を感じさせるものが少なくありませんが、本作はあくまでナチュラル。
 ノスタルジックだけども、あくまで上品。
 Sérgio Mendesの存在も大きいのでしょう。
 歌の後ろで低く鳴るコロコロと転がるようなオブリガードのカッコいいこと。
 また、ボーカルも可憐なようで、ハスキーで少し沈み気味のムード。
 意図したものかどうかはさておき、それがなんとも言えない深みに繋がっているようにも思います。
 とても優雅な別世界にトリップさせてくれる音。




posted by H.A.

【Disc Review】“Wanda Vagamente” (1964) Wanda Sá

“Wanda Vagamente” (1964) Wanda Sá
Wanda Sá (Vocal)
Manuel Gusmao, Octavio Bailly Jr, Sergio Barroso (Acoustic Bass) Dom Um Romao, Edison Machado, João Palma (Drums) Henri Ackselrud (Flute) Celso Brando, Roberto Menescal (Guitar) Eumir Deodato, Luiz Carlos Vinhas, Tenorio Jr. (Piano) Pedro Paulo (Trumpet) Ugo Marotta (Vibraphone) and others



 ボサノバの聖典、なのでしょう。
 あくまで個人的な見解ですが、このアルバムはボサノバとジャズの分水嶺。
 一ジャズファンから見れば、ボサノバ、ブラジル音楽の魔境への入り口のように思います。
 ほとんどのジャズファンからすれば、“Getz/Gilberto” (1963)への抵抗はないと思いますが、このアルバムは?な人も少なくないのでは・・・?
 歌い方や巧拙は好みの問題も大きいのでさておいて、おそらくポップに過ぎるメロディライン、アレンジだから。
 特に一曲目。
 ここさえ切り抜ければ、後は少々ジャズっぽくもあるし、演奏もいいし、とても優雅なブラジル音楽~本場のボサノバワールド。
 慣れてしまえば一曲目もこれしかないように思えてきます。
 また、この人の歌、不安定だし、ルックスも含めて単なるアイドルのように思えるかもしれないけども、よく聞くと何だか沈んだ感じで、深いものを感じてしまいます。
 もう一人のアイドル、Astrad Gilbertoも然り。
 単にブラジル人の好みなのか、もっと深いものがあるのか・・・
 まあ、前者でしょうかね・・・?
 汗が飛び散るような強烈でエキサイティングな音や、ECMのような深刻な音もいいのですが、こちらの音は大らかで優雅。
 ってな感じでコアなジャズ好きの人も、気持ちの清涼剤にお試しください。
 ここを抜ければ、待っているのは桃源郷。
 あるいはジャズよりももっとたちの悪い魔境なのかもしれませんが・・・




posted by H.A.

【Disc Review】“Voce E Eu” (2000) Phil Woods, Barbara Casini

“Voce E Eu” (2000) Phil Woods, Barbara Casini
Phil Woods (sax) Barbara Casini (vocal)
Stefano Bollani (piano)

VOCE E EU-FEATURING STEFANO BOLLANI
PHIL WOODS&BARBARA CASINI
PHILOLOGY
バーバラ・カッシーニ  フィル・ウッズ


 大御所Phil Woods、ボーカリストBarbara Casiniとのボサノバアルバム。
 どうもPhil Woods in Italyってなシリーズがあるようで、そのChapter 2。
 相棒はイタリア系ブラジル人かブラジル系イタリア人なのかわかりませんが、イタリア在住のボーカリストBarbara Casiniと、こんな企画にはまり役のイタリアンStefano Bollani。
 Barbara Casini は”Vento” (1999) Barbara Casini, Enrico Rava、“Vira Vida”(2003) Nicola Stilo / Toninho Hortaといったアルバムがある人。
 イタリアでジャズの人がボサノバをやるときにはファーストコールなボーカリストなのでしょう。
 確かにいかにもボサノバチックな柔らか、かつ華やかなvoice。
 オシャレです。
 後追いで聞いた“Outro Lado” (1990)のハイテンション加減には仰天しましたが、ここではこの時期の諸作同様、優し気で穏やか、典型的なブラジリアンな歌い方。
 雰囲気はもちろん、歌唱力、表現力ともに抜群です。
 Stefano Bollaniは説明無用・・・かもしれませんが、BossaNova大好きなようでそんな作品も多いのですが、ちょっと変わったBossaNovaピアノ。
 本作ではドラムもベースもいませんので、ビート作りもバッキングもやり放題。
 あっちに行ったりこっちに行ったり、伸びたり縮んだり、遅くなったり速くなったり、意外な方向に音を飛ばしてみたり。
 ボサノバ特有の柔らかさはあるものの、線が細くて鋭い音。
 ジャズの時を含めて、この人のピアノにはいつもそんな色合いを感じます。
 楽曲はどこかで聞いたことのある代表曲揃い。
 Antônio Carlos Jobim, Ary Barroso, Carlos Lyra, Baden Powell, Caetano Veloso・・・。
 Phil Woodsはいつもながらの王道ジャズサックス。
 変わったピアノが背景を作って、オシャレなvoiceと渋いサックス。
 ピアノの不思議さ加減がいいアクセントになったオシャレで素敵なボサノバアルバム。
 アメリカ系のボサノバよりも柔らかい感じがするのは気のせいでしょうか?
 私の好みはこちらです。
 もちろん本場ブラジルがいいのですが、イタリア系はオシャレで、洗練されていて、繊細で。
 本作もその通りのアルバムです。




posted by H.A.

【Disc Review】“Outro Lado” (1990) Barbara Casini

“Outro Lado” (1990) Barbara Casini
Barbara Casini (vocals, percussion)
Beppe Fornaroli (guitar, Cavaquinho, guitar synth) Naco (percussion, vocals)
Novelli (Vocals)



 イタリア系ブラジル人かブラジル系イタリア人のボーカリストBarbara Casini。
 ”Vento” (1999) Barbara Casini, Enrico Ravaなどでは優雅で柔らかないかにもブラジル的な歌でしたが、この作品はボサノバではなく、ハードなサンバ中心。
 ボーカルも穏やか系ではなくて、力が入った熱唱型。
 イタリア系のオシャレなボサノバを予想して、少人数で静かでインティメイトな音を期待していた立場としてはビックリ仰天。
 速いテンポのサンバに、抜群のリズムへのノリ、歌唱力、表現力の歌。
 これはサラリと聞き流すのは・・・
 たった三人、シンセサイザー、ストリングス的な音などを含めたオーバーダビングもありますが、決して分厚い音ではありません。
 が、とてもハイテンション。
 ボサノバでもなく、伝統的なスタイルのサンバでもなく、オシャレ系でもなく、スタイリッシュでハイテンションなコンテンポラリー系サンバ。
 ギターとパーカッションの二人はおそらくイタリアン。
 パーカッションはエスニック風味を醸し出していますが、カバキーニョ、ガットギターに加えて、エレキギター(ギターシンセ?)も使った現代的な音作り。
 ピアノ、ベースなど入れた普通のバンドでやってしまうと、普通な感じになってしまうのかもしれませんが、少人数ゆえのシャープな音。
 ブラジル的な柔らかさしなやかさはあって、うるさくはないのですが、ほどほどのエフェクティング、時折の不思議感のあるアレンジも含めてスタイリッシュです。
 楽曲はLuiz Gonzaga Jr., Dori Caymmi, Gilberto Gilその他諸々+オリジナル。
 予想していた音とは違うけども、とてもカッコいい現代サンバです。




posted by H.A.

【Disc Review】"E Dona Da Bossa " (1963-1965) Claudette Soares

"E Dona Da Bossa " (1963-1965) Claudette Soares
Claudette Soares (vocal) and others

クラウデッチ ソアレス

 真夏の夜のボサノバ。
 ブラジルの女性ボーカルClaudette Soares、ノスタルジックなポピュラー音楽~ボサノバ。
 楽園へのトリップツール。
 前半はストリングスを従えたあの時代のジャズ~ボサノバ~ポップス仕立て、ブラジルというよりむしろアメリカ西海岸っぽいテイスト。
 後半はコンボをバックに素直なボサノバ。
 オーソドックスなボサノバ的なサラッとした歌い方ではなく、後ろに引きずり気味、ビブラート強め、いかにも女性です、なタイプ。
 これがあの時代のストリングスアレンジとマッチしてなんともゴージャス。
 英語ではなく、柔らかなポルトガル語の響きも含めて、楽園テイスト。
 そして、このアルバムがいいのは、A面とB面の質感が全く異なるところ。
 CDで聞いていると、夢見心地もベタついてきて飽きたかな・・・と思う頃、いいタイミングで乾いたボサノバが始まります。
 これは軽妙でいい感じの口直し。
 単に便利なだけじゃん、と言ってしまえば元も子もないのですが、これが結構あなどれない素晴らしさ・・・
 もちろんA、B両面ともに音楽自体が素晴らしいアルバムです。 
 この季節の夜にピッタリの音。


 

posted by H.A.
Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ