吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Billy_Hart

【Disc Review】“One Is the Other” (2013) Billy Hart

“One Is the Other” (2013) Billy Hart

Billy Hart (drums)
Ethan Iverson (piano) Ben Street (double bass)
Mark Turner (tenor sax)

One Is The Other
Universal Music LLC
2014-02-28


 Billy Hart、“All Our Reasons” (2011)に続くサックスカルテット。
 前作と同じメンバー、不思議感たっぷり、フリー混じりのコンテンポラリージャズ。
 前作と同様にBilly Hart, Ethan Iverson, Mark Turnerで楽曲を分け合い、スタンダードを一曲。
 メカニカルなMark Turner曲で突っ走り、フリーなEthan Iversonの曲で漂い、Billy Hartの曲でちょっとだけ普通のジャズに戻る、そんな組み合わせ。
 少々陰鬱系。
 John Coltraneをクールにしたというか、Wayne Shorterをスッキリさせたというか、そんなサックスが全編で鳴り続けます。
 Ethan Iversonのピアノもそれに合わせてかどうか、前作よりも不思議系。
 前作はECMっぽくやってみましたが、本作はThelonious Monk系を強めに・・・ってな感じ。
 御大は変幻自在、大技小技の軽快なドラム。
 全部合わせて、明後日の方向に飛んで行って、なかなか帰ってこないで次の曲へ・・・
 でもなんだかなんだでECMにしてはジャズだったりします。
 懐かしいんだか、新しいんだか・・・
 これまたフリーとオーソドックスの狭間をさまよう、不思議感たっぷりの現代ジャズ。




posted by H.A.


【Disc Review】“All Our Reasons” (2011) Billy Hart

“All Our Reasons” (2011) Billy Hart

Billy Hart (drums)
Ethan Iverson (piano) Ben Street (double bass) 
Mark Turner (tenor sax)

All Our Reasons
Deutsche Grammophon ECM
2018-01-19


 大御所ドラマーBilly Hart、ECMでのサックスカルテット作品。
 エレクトリックMilesあるいはHerbie Hancockのサウンドを支えた人。
 ECMでもサポートは多数あったと思いますが、リーダー作は初。
 別レーベルで”Quartet” (2005)を作ったメンバーそのまま、旬な若手Mark Turner、Ben StreetにECMのカラーに合うのか否か何とも微妙な過激なジャズロックバンドThe Bad Plusのピアニスト。
 激烈系にもなりそうな顔ぶれですが、結果は静かなフリー混じりのジャズ。
 Billy Hart, Ethan Iverson, Mark Turner三者のオリジナル曲は淡くて抽象度の高いメロディ。
 冒頭からECMでのお約束、ルバートでのスローバラード的な静かに漂うようなジャズカルテット。
 終始フリーなドラム、高音で旋回するような音が目立つサックス、徐々に激烈になっていく様は、“Kulu Sé Mama” (Jun.Oct.1965) John Coltraneの“Welcome”あたりを想い起こします。
 そんな演奏は冒頭のみ、以降はビートが決まったグルーヴィーで不思議系なジャズ。
 Mark Turnerのサックスはいつものクールな感じよりも、沈痛で陰鬱な感じが目立つ緊張感の高い音。
 リーダーらしく叩きまくるBilly Hart、あちこちに跳びまわりながらも意外にECM的なピアノを弾くEthan Iversonに、ペースキーパーの役割であろうBen Street。
 1960年代にタイムスリップ・・・ってな感じでもないのですが、現代の先端ジャズを演奏する今の若手~中堅もそんなジャズが好きなのでしょう。
 フリーとオーソドックスの狭間をさまよう、不思議感たっぷりの現代ジャズ。




posted by H.A.


Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ