吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Bianca_Gismonti

【Disc Review】“Desvelando Mares” (2018) Bianca Gismonti Trio

“Desvelando Mares” (2018) Bianca Gismonti Trio

Bianca Gismonti (piano, voice) 
Antonio Porto (bass) Julio Falavigna (drums, tabla) 
Jose Izquierdo (percussion) Preetha Narayanan (violin) Bebe Kramer (accordeon) Fabio Mentz (bansuri flute) Ganapati (sitar) Maria Joao (voice) Elizabeth Rodriguez, Magdelys Savigne (vocals)

Desvelando Mares
Bianca Gismonti
Hunnia Records
2018-08-30


 ブラジルのピアニストBianca Gismonti、トリオ+αの新作。
 前作は“Primeiro Céu” (2015)、父Egbertoさんとは少し違う感じながらも、なんだかんだでその現代女性版ってなイメージでしたが、本作は諸々の音が入り混じる多国籍な音。
 ファンクなピアノトリオをベースに、フォルクローレなアコーディオン、バイオリン、インドなタブラにシタール、ポルトガルの魔女Maria Joao(ホントに”Majo”って曲歌っています。名前の略だと思うけど。)、多士済々のゲスト陣。
 冒頭、アコーディオンが響くフォルクローレな優しい音からスタートし、上品なバイオリンなどが絡みながら音楽は進みます。
 本作は穏やかで優しい系かあ・・・と思っていたら、徐々にビートが強くなり、ヘビーでエキサイティングなファンクの連発だったり、シタールとタブラが絡み合う山奥の妖しい系だったり、激しい系のピアノソロ演奏だったり。
 諸々を経て、三者が複雑に絡み合う幻想的で漂うような音、ドラマチックなピアノトリオで幕。
 考えてみれば父Egbertoさんも初期の優しいブラジリアンミュージックから徐々に過激になっていった感じでしたかね。
 その怪人っぽさが別の方向から来た、ってな感じでしょうか。
 そんな感じのポップではなく、シリアスな表情のコンテンポラリージャズ。




posted by H.A.


【Disc Review】” Sonhos de Nascimento” (2013) Bianca Gismonti

” Sonhos de Nascimento” (2013) Bianca Gismonti
Bianca Gismonti (Piano, Voice)
Julio Falavigna (Drums) Yuri Popoff, Antonio Porto, Bruno Aguilar (Bass) Jorge Amorim, Jose Izquierdo (Percussion) Alexandre Gismonti (Acoustic Guitar) Vittor Santos (Trombone) Marcelo Martins (Flute) Jesse Sadoc (Flugelhorn) Nana Vasconcellos ( Percussion, Voice)

ビアンカ ジスモンチ

 Bianca Gismonti、Egberto Gismontiの娘さんのひとつ前のアルバム。
 新作“Primeiro Céu” (2015)で、あれっ変わった?と思いましたが、こちらを聞き直してみて、そうでもなかったのかなあ・・・といった思い。
 このアルバム、父Gismontiの色が強力、と思っていましたが、それはまんま父Gismontiの冒頭曲のイメージが強るぎるからかも。
 アルバム全体では、彼女自身の音のイメージがこの時点でできていたように思います。
 編成は同じくピアノトリオに曲によってvoice, ホーンなどが加わる形。
 音の作りは父Gismonti的なものもありますが、Pops寄り、Folklore寄り。
 父Gismonti、ECMの諸作に比べると、陰の部分、激烈な部分が薄く、健全に素直に元気になった感じですかね。
 いかにも今の若い人のイメージ。
 と言っても普通のピアニストと比べると結構激しいし、緊張度も高め。
 ハスキーで柔らかいいかにもブラジルっぽい本人のvoiceが加わると雰囲気は和らぐのですが、全編を通じて攻めの音。
 なんだかんだで、若くて現代的で女性のEgberto Gismonti、ってな何も考えていないような形容が結構当たっていたりして・・・
 もちろん褒め言葉です。




posted by H.A.

【Disc Review】“Primeiro Céu” (2015) Bianca Gismonti

“Primeiro Céu” (2015) Bianca Gismonti
Bianca Gismonti (piano, voice)
Julio Falavigna (drum) Antonio Porto (bass) and others

ビアンカ ジスモンチ

 Egberto Gismontiの娘さん、Bianca Gismontiのピアノトリオを中心とした最新作。
 とても前向きなジャズ&MPB(ブラジリアンポップス)、MPB&ジャズ。
 前作で強かった父Gismonti色が薄くなりましたかね?
 多様なサウンドは前作と同様。ジャズ、ポップス、ロック、Folklore、・・・ごった煮状態。
 日本の女性ジャズピアニストっぽいしっとりとした冒頭曲にあれ?と思っていると、エレキベースがうなるグルービーな展開。
 さらには変わったビート感のフュージョン曲、ポップ曲、ちょっとヘビー目のFolkloreっぽい曲。
 はたまたいかにもジャズなホーンが乗ってきたり、緩やかなハーモニカが出てきたり、などなど。
 ピアノも激しい系だと思っていたら、かなり抑制系に。
 強めのタッチ、明確なビート感、のイメージは残っているけども、前に前に、といった感じが抑えられ、父Gismonti色が抜けてきた感じでしょうか?
 ドラマチックな曲、展開の、アコースティックなMPB的ジャズ、ジャズ的MPBってな感じ。
 Voiceが入る曲がとてもカッコいい。
 多様だけどもバラバラな感じはではなく、一本筋が通った統一感のある内容。
 いずれにしても、ジャンルごった煮、強いビート感ながら、Brazilっぽい哀愁感が常に流れる素敵な音楽です。 




posted by H.A.
Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ