吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Barbara_Casini

【Disc Review】 “Terras” (2016) Duo Taufic, Barbara Casini

“Terras” (2016) Duo Taufic, Barbara Casini

Barbara Casini (Voice) Roberto Taufic (Guitar) Eduardo Taufic (Piano)

Terras
Duo Taufic
Via Veneto Jazz
2016-04-01


 イタリア在住のブラジリアンボーカリストBarbara Casini、ブラジルの兄弟Duoとのトリオ作品。
 Barbara Casini、同じくトリオでのハードなサンバ”Outro Lado” (1990)、あるいは 大御所Enrico Rava との“Vento” (1999)ではしっとり系のボサノバ。
 本作はその中間ぐらい、硬軟織り交ぜつつも抑制されたボサノバ~サンバ~ブラジリアンミュージック。 
 Taufic 兄弟はベテラン?の実力派なのでしょう、Robertoさんがイタリア在住のようですね。
 Edu Lobo, Dori Caymmiなどのブラジルの名曲が中心。
 キラキラと静かに煌めくようなピアノと静かなギターを背景に、美しくてほんの少しスモーキー、いかにもブラジリアンな優しい声でサラリと歌うBarbara Casini。
 躍動感は強いのですが、ドラム、ベース、パーカッションがいない分だけ、静かで穏やかな音の流れ。
 繊細で三者の出す音の細部が見えるような音作り。
 Andre Mehmariを穏やかに抑制的にしたようなピアノ。
 というか、クラシック寄りのブラジリアンピアノの典型的な音使いなのかもしれません。
 激しく動きまくり跳ねまくりますが、クラシックの色合いも混ざる上品な音の流れ、スローテンポではたっぷりのタメを効かせ、時に突っ走る、タダモノではない感が漂う音使い。
 ギターはジャズ畑、ポップス畑でももまれたのであろう、ソツのない洗練された音。
 派手な動きはピアノに譲って、静かで穏やかな土台を作るような演奏。
 そんな音を背景にして、硬軟、緩急、激穏、さまざまな表情、貫禄十分の歌。
 聞き慣れてしまった有名曲ではなく、どこかで聞いたことがあるのだけども曲名も作者も思い出せない、そんなさり気なくて上質なメロディを奏でる上品な演奏。
 現代的ながらもなぜか懐かし気な音の流れ。
 イタリアン&ブラジリアンな一作。




posted by H.A.

【Disc Review】“Voce E Eu” (2000) Phil Woods, Barbara Casini

“Voce E Eu” (2000) Phil Woods, Barbara Casini
Phil Woods (sax) Barbara Casini (vocal)
Stefano Bollani (piano)

VOCE E EU-FEATURING STEFANO BOLLANI
PHIL WOODS&BARBARA CASINI
PHILOLOGY
バーバラ・カッシーニ  フィル・ウッズ


 大御所Phil Woods、ボーカリストBarbara Casiniとのボサノバアルバム。
 どうもPhil Woods in Italyってなシリーズがあるようで、そのChapter 2。
 相棒はイタリア系ブラジル人かブラジル系イタリア人なのかわかりませんが、イタリア在住のボーカリストBarbara Casiniと、こんな企画にはまり役のイタリアンStefano Bollani。
 Barbara Casini は”Vento” (1999) Barbara Casini, Enrico Rava、“Vira Vida”(2003) Nicola Stilo / Toninho Hortaといったアルバムがある人。
 イタリアでジャズの人がボサノバをやるときにはファーストコールなボーカリストなのでしょう。
 確かにいかにもボサノバチックな柔らか、かつ華やかなvoice。
 オシャレです。
 後追いで聞いた“Outro Lado” (1990)のハイテンション加減には仰天しましたが、ここではこの時期の諸作同様、優し気で穏やか、典型的なブラジリアンな歌い方。
 雰囲気はもちろん、歌唱力、表現力ともに抜群です。
 Stefano Bollaniは説明無用・・・かもしれませんが、BossaNova大好きなようでそんな作品も多いのですが、ちょっと変わったBossaNovaピアノ。
 本作ではドラムもベースもいませんので、ビート作りもバッキングもやり放題。
 あっちに行ったりこっちに行ったり、伸びたり縮んだり、遅くなったり速くなったり、意外な方向に音を飛ばしてみたり。
 ボサノバ特有の柔らかさはあるものの、線が細くて鋭い音。
 ジャズの時を含めて、この人のピアノにはいつもそんな色合いを感じます。
 楽曲はどこかで聞いたことのある代表曲揃い。
 Antônio Carlos Jobim, Ary Barroso, Carlos Lyra, Baden Powell, Caetano Veloso・・・。
 Phil Woodsはいつもながらの王道ジャズサックス。
 変わったピアノが背景を作って、オシャレなvoiceと渋いサックス。
 ピアノの不思議さ加減がいいアクセントになったオシャレで素敵なボサノバアルバム。
 アメリカ系のボサノバよりも柔らかい感じがするのは気のせいでしょうか?
 私の好みはこちらです。
 もちろん本場ブラジルがいいのですが、イタリア系はオシャレで、洗練されていて、繊細で。
 本作もその通りのアルバムです。




posted by H.A.

【Disc Review】“Outro Lado” (1990) Barbara Casini

“Outro Lado” (1990) Barbara Casini
Barbara Casini (vocals, percussion)
Beppe Fornaroli (guitar, Cavaquinho, guitar synth) Naco (percussion, vocals)
Novelli (Vocals)



 イタリア系ブラジル人かブラジル系イタリア人のボーカリストBarbara Casini。
 ”Vento” (1999) Barbara Casini, Enrico Ravaなどでは優雅で柔らかないかにもブラジル的な歌でしたが、この作品はボサノバではなく、ハードなサンバ中心。
 ボーカルも穏やか系ではなくて、力が入った熱唱型。
 イタリア系のオシャレなボサノバを予想して、少人数で静かでインティメイトな音を期待していた立場としてはビックリ仰天。
 速いテンポのサンバに、抜群のリズムへのノリ、歌唱力、表現力の歌。
 これはサラリと聞き流すのは・・・
 たった三人、シンセサイザー、ストリングス的な音などを含めたオーバーダビングもありますが、決して分厚い音ではありません。
 が、とてもハイテンション。
 ボサノバでもなく、伝統的なスタイルのサンバでもなく、オシャレ系でもなく、スタイリッシュでハイテンションなコンテンポラリー系サンバ。
 ギターとパーカッションの二人はおそらくイタリアン。
 パーカッションはエスニック風味を醸し出していますが、カバキーニョ、ガットギターに加えて、エレキギター(ギターシンセ?)も使った現代的な音作り。
 ピアノ、ベースなど入れた普通のバンドでやってしまうと、普通な感じになってしまうのかもしれませんが、少人数ゆえのシャープな音。
 ブラジル的な柔らかさしなやかさはあって、うるさくはないのですが、ほどほどのエフェクティング、時折の不思議感のあるアレンジも含めてスタイリッシュです。
 楽曲はLuiz Gonzaga Jr., Dori Caymmi, Gilberto Gilその他諸々+オリジナル。
 予想していた音とは違うけども、とてもカッコいい現代サンバです。




posted by H.A.

【Disc Review】“Vento” (1999) Barbara Casini, Enrico Rava

“Vento” (1999) Barbara Casini, Enrico Rava
Enrico Rava (Trumpet) Barbara Casini (Voice, Guitar)
Stefano Bollani (Piano) Giovanni Tommaso, Nicola Jannalfo (Double Bass) Roberto Gatto (Drums) Franco Fiolini (Bass Clarinet) Moreno Foschi (Bassoon) Tatiana Patella, Valentina Turati (Cello) Mauro Negri (Clarinet) Claudio Allifranchini (Flute) Giovanni Pompeo (French Horn) Domenico Laracchia (Oboe) Bruno Pucci, Florinda Ravagnani (Viola) Angela Koukou, Arturo Del Vecchio, Cinzia Pagliani, Filippo Gianinetti, Ivana Sparacio, Luciano Saladino, Luisiana Lorusso, Maurizio Azzarello (Violin)

Vento
Label Bleu
バーバラ カシーニ 
エンリコ ラバ


 Enrico Rava、イタリア在住ブラジル人?ボーカリストBarbara Casiniとの共同リーダー作。
 オーケストラも交えたとても豪華で優雅な作品。
 Enrico Rava、あるいはジャケットのイメージからは想像しにくいのですが、ブラジリアンジャズを中心としたアルバム。
 ピアノはもちろんブラジル大好きStefano Bollani。
 Barbara Casiniは透明度の高い美しい声、柔らかな素晴らしい歌。
 “Vira Vida”(2003) Nicola Stilo / Toninho Hortaにも参加しています。
 イタリアではブラジル系音楽の第一人者なのかもしれません。
 あくまでBarbara Casiniの音楽が中心。
 全体のムードにEnrico Ravaの色合いはありませんが、作曲含めて渋いサポート。
 Enrico Ravaのブラジル音楽はあまり馴染がないのですが、これがピッタリ。
 哀愁が漂うクールな音使い~時折の激情はいつも通りですが、それがそのままブラジル的な郷愁漂う色合いとマッチしてます。
 楽曲はリーダー二人に加えてメンバーのオリジナル曲中心。
 これはブラジル人の曲かな、と思った曲がEnrico Rava作だったり・・・
 ブラジル風味の曲からコンテンポラリージャズ的な曲まで、イタリア的な哀愁も漂ういい曲ばかり。
 とても優雅です。
 Barbara Casini、他にもいい作品がありそうなので、探してみよ。




posted by H.A.
Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ