吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Avishai_Cohen

【Disc Review】“Cross My Palm With Silver” (2016) Avishai Cohen

“Cross My Palm With Silver” (2016) Avishai Cohen
Avishai Cohen (trumpet)
Yonathan Avishai (piano) Barak Mori (double bass) Nasheet Waits (drums)



 イスラエルのスーパートランペッターAvishai Cohen、“Into The Silence” (2015)に続くECM第二弾。
 オーソドックスなワンホーンカルテットでのコンテンポラリージャズ。
 メンバーは前作からサックスが抜け、ベーシストが交代。
 前作は近年のECMっぽい抑制されたコンテンポラリージャズでしたが、本作も同じ。
 静かで淡々とした語り口。
 10分を超える長尺な演奏を冒頭と中間に配して、間を短い演奏で繋ぐ構成。
 5曲、全体で40分に満たない収録時間は、今日的には短く、かつてのLP時代のA面B面に分けてそれぞれを完結させていく構成に見えなくもありません。
 冒頭は10分を超える"Will I Die, Miss? Will I Die?"なんて意味深なタイトル。
 確かにそんな感じの静かな緊迫感の演奏。
 ピアノを中心とした静かで雅な感じのイントロに導かれ、徐々にテンションを上げ、次々と景色が変わっていくような音の流れ。
 スパニッシュなようなジャパニーズなような、もちろんイスラエルなのでしょうが、漂うほのかなエキゾチシズム。
 インプロビゼーションのスペースもしっかりとられて、徐々に高揚していくトランペット。
 が、激情には至らず、トランペットもピアノもバンドも、あくまでクールでスムースな音。
 続くは全編ルバートでのスローバラード。
 “The Trumpet Player” (2001)でJohn Coltraneの”Dear Lord”をカバーしていましたがありましたが、そのビートをフリーにして、妖し気にしたような演奏。
 漂うように、時に激情を発しながら流れていく淡い時間。
 ECMのお約束ですが、この人の色合いはハードボイルドです。
 さらに続く曲もこれまたフリービート、ピアノレスでのスローバラード。
 漂うような妖しげな演奏が続きます。
 後半(?)に移って、もう一つのピークであろう長尺曲”Shoot Me in the Leg”でようやくバンドのテンションが上がります。
 前奏のピアノの漂うような音から、ビートが入ると、トランペットが全開。
 時折激しい音を交えながら、あるいはドラムに激しく煽られながらテンションを上げていきます。
 が、さまざまな音の流れの変化を経ながらも、スムースな音の流れは変わりません。
 締めの”50 Years and Counting”も同様の色合い。
 テンションの高い演奏で緊張感も強いのですが、あくまでスムース。
 サラリとしていてスルスルと流れていく音。
 ECM的な音作りながら少し戸惑い気味にも聞こえた前作“Into The Silence” (2015)に比べると、スッキリとまとまった印象でしょうか。
 全編通じてスムースで、トゲや毒は直接的には見えてこないのですが、どこか浮世離れしたムード。
 ついつい“The Trumpet Player” (2001)の激しいバンドサウンドに乗ったスーパージャズトランペッターAvishai Cohenに期待してしまうのですが、スムースにまとめていくのがこのひとの近作のスタイル。
 作品の色合いに幅のある人だと思うのですが、ここまでの諸作のさまざまな色合いと、近年のECMの色合いがほどよい感じでフュージョンしたような感じ。
 Avishai CohenもManfred Eicherさんもいい感じのバランスを見つけたのかもしれません。
 ・・・にしても、アルバムにしても楽曲にしても、タイトルが意味深だなあ・・・




posted by H.A.


【Disc Review】“New Blues” (2007) Third World Love

“New Blues” (2007) Third World Love
Yonatan Avishai (Piano) Omer Avital (Bass) Avishai Cohen (Flugelhorn, Trumpet) Daniel Freedman (Drums)

New Blues
Third World Love
Anzic Records

アヴィシャイ コーエン
サードワールドラブ

 トランぺッターAvishai Cohenが参加するイスラエルのバンド、コンテンポラリージャズ。
 やっていること自体はオーソドックスなのかもしれませんが、普通のジャズとは異質な何か。
 メロディ、リズムともに欧米系のものとは何か違います。
 このバンドのメロディライン、基本的にはポップ。
 そこはかとないエキゾチシズム。どことなく日本の童謡的、あるいは歌謡曲的なムードも。
 これがお国柄なのかどうかはわかりませんが、スケールが微妙に違うのでしょうかね。
 全編ちょっと変わった感じ。
 さらにリズム。エンヤトットな感じのノリの曲がいくつか。日本に近いとも思えるノリ。
 これも果たしてお国柄なのか、それともこのバンド独特なのか、よくはわかりません。
 いずれにしても、これらが総じてエキゾチックなムードを醸し出しているのでしょう。
 演奏力は超一級、スリリングな演奏。
 決して押し込んでくるわけではない柔らかな質感。
 それでいて独特のグルーヴがあるし、疾走感は強いし、強烈な抑揚感があるし、楽器の音は美しいし、わかりやすいし、いいことづくめ。
 欧米系の音楽に慣れてしまった耳には、とても斬新でカッコよく響くのでしょう。
 Avishai Cohenのトランペットはここでもすごいのですが、“The Trumpet Player” (2001)のように吹きまくってはいません。あくまでバンドサウンド重視。
 同時期のリーダー作“Flood” (2008)、最新作“Into The Silence” (2015) でも同様、音作り重視。
 吹きまくって欲しいところですが、やりたいことではないのでしょうね。




posted by H.A.

【Disc Review】“The Trumpet Player” (2001) Avishai Cohen

“The Trumpet Player” (2001) Avishai Cohen
Avishai Cohen (Trumpet)
Jeff Ballard (Drums) John Carver Sullivan (Bass) Joel Frahm (Tenor Sax)

The Trumpet Player
Avishai Cohen
Fresh Sound New Talent

アビィシャイ コーエン

 イスラエルのトランぺッターAvishai Cohen、これがデビュー作でしょうか? 端正で強烈なジャズ。
 発表当時メディアでもプッシュされていましたので人気作品なのでしょう。
 ピアノレスで少々辛口、それでもCD一枚、スルッと聞けてしまうカッコよさ。
 決して派手なことや変わったことをするわけではないトランペット。
 それでもすごい勢い、スピード感。
 次から次へと繰り出されるフレーズ。止まりません。
 サックスが数曲で入りますが、目立ちませんので、基本的にはワンホーン、トランペットトリオのイメージ。
 誤魔化しは効きそうにないし、少しでもダレると退屈な場面も出てきそうだけども、一切なし。
 愛想のある曲は少ないのですが、そんなことすらも全く気にならない凄み。
 これを演奏力というべきなのか、表現力というべきなのか・・・。
 エキゾチシズムはここではあまり強くは感じません。あくまでクールなジャズ。
 雑味なしのトランペットの音をたっぷり浴びることができる、希少なトランペットワンホーン、ピアノレスジャズ。
 このまま抜群の演奏力、表現力を生かしたハイテンション・ジャズを押し進めるかと思いきや、そうならないのが面白いところ。




posted by H.A.

【Disc Review】“Into The Silence” (2015) Avishai Cohen

“Into The Silence” (2015) Avishai Cohen
Avishai Cohen (trumpet)
Yonathan Avishai (piano) Eric Revis (double bass) Nasheet Waits (drum) Bill McHenry (tenor sax)

into the silence
avishai cohen
ecm
2016-01-29
アヴィシャイ コーエン

 イスラエルのトランぺッター、ECM移籍第一作。
 既に作品はたくさんありますが、ECMから出すとなると、かつての“The Trumpet Player” (2001)のようなテンション高い系ジャズでくるのか、近年の“Flood” (2008)のような穏やかなワールドミュージック路線でくるのか、あるいはThird World Loveのような楽曲重視路線でくるのか、予想できないところ。
 結果は意外にも抑制されたコンテンポラリージャズ路線。
 "Flood", "Third World Love"の間くらいかもしれません。
 リズム隊がビシバシ決めて、バリバリと吹きまくる“The Trumpet Player” (2001)とは違う音。
 難解さはありませんが、淡い色合い、しっとり度、抽象度が高い感じでしょう。
 全曲オリジナル。
 エキゾチシズムは流れていますが、ECM的な過激さ、フリー色もありません。
 緊張感もそれほど強くなく、むしろ穏やかな印象。
 不思議系のメロディですが、終始流れる哀感。ほのかに明るいムード、郷愁感のイメージ。
 冒頭はゆったりとしたリズムの穏やかなバラード。
 Miles Davisのようなミュート、余裕のインプロビゼーション。
 二曲目はピアノを中心とした長尺なルバートでのスローバラードから、徐々にハイテンションに。
 テンションは上がりますが、こちらも終始穏やかな表情。
 そんなゆったりとした穏やかな演奏中心。 
 テーマ~順次にアドリブ、ではなく、バンド全員が複雑に絡み合いながら徐々に盛り上げていく近年のコンテンポラリージャスに多いスタイル。
 もちろん強いビートの曲もありますが、ドラマチックなバラード演奏の方が印象に残ります。
 フロントの管楽器2名も強烈に吹く場面はありません。
 他のメンバーも強烈に自己主張することなく手堅いサポート。
 あくまでアンサンブル中心。
 スーパー・トランぺッター、まずは手堅いECM初作、といったところ。 




posted by H.A.

【Disc Review】“Flood” (2008) Avishai Cohen

“Flood” (2008) Avishai Cohen
Avishai Cohen (trumpet)
Yonatan Avishai (piano) Daniel Freedman (percussion)
 
Flood
Avishai Cohen
Anzic Records
2008-10-21
アビシャイ コーエン

 イスラエルのトランぺッターの変則トリオ。
 強烈なジャズ?かと思いきや、穏やかな室内楽的なジャズ。
 メロディが何だか変わっていて、これがイスラエルっぽいメロディ・ライン?この人が参加している”Third World Love”もこんな感じだったかな?
 本作は基本的には全編バラード。
 しっとりとしているんだけども、決して甘くは無いし、クールでもない。取っ付き易い訳でもない。リズムもシンプル。素朴な質感。何となく日本的な感じもちらほら。
 そんなメロディをキレイで張りのある音のトランペットが淡々と。
 インプロビゼーションも決して熱くなるわけでは無く、あくまで淡々と、でも丁寧にメロディを紡いでいく感じ。
 この人、激情系だったように思っていたのですが、全く違う表情。
 サイドの二名も同様。強烈に弾いたり、奇をてらった展開をするわけではなく、あくまで淡々と丁寧に。
 結果、全体に郷愁的なものが流れていて、聞いているとなんだか懐かしい風景が浮かんでくるような感じ。空間が優しく、温かくなっていく感じ。
 第一印象は地味、正直よくわからなかったのですが、何度か聞いているうちにこの穏やかで優しげな空気感が見えてきました。
 これ以上吹いたり弾いたりすると、何か別の音になってしまうのかな。そんなデリケートで微妙なバランス、質感。
 ジャケットの湖は枯れていますが、音はゆるーい風が吹く、穏やかな湖面の風景。


※こちらはキリッとしたジャズなので、雰囲気が全く違いますが・・・


posted by H.A.
Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ