吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Art_Lande

【Disc Review】“Skylight” (1981) Art Lande

“Skylight” (1981) Art Lande

Art Lande (piano, percussion)
Paul McCandless (soprano saxophone, English horn, oboe, bass clarinet, wood flute) Dave Samuels (vibraharp, marimba, percussion)

Skylight
Art Lande
Ecm Import
2008-11-18


 アメリカのピアニストArt Lande、1981年、変則トリオでの作品。
 ベース、ドラムを排し、管とマリンバ系での室内楽アンサンブル的な編成。
 これにRalph Townerが加わると”Oregon”になるのだろうなあ・・・とか思いつつも、いつもの漂うような音、あくまでノーブルなArt Landeさんの世界。
 淡さ、浮遊度は諸作でも一番強いのかもしれません。
 ビートと展開をコントロールしつつもスムースに流れるピアノ、フワフワとした背景を作るマリンバ、ヴィブラフォン、その上を漂うような柔らかな木管楽器の音。
 三者三様の浮遊と疾走が交錯しつつも、ピッタリと寄り添ったアンサンブル。
 少し哀しげな憂いを湛えたメロディ、音の流れ。
 ビート感が上がり、高揚しても激情ではなく、あくまで穏やかな空気感。
 夜ではなく、あくまで朝~昼の空気感。
 淡いようで明解、明解なようで淡い、夢うつつの狭間。
 穏やかな非日常感。




posted by H.A.


【Disc Review】“Shift in the wind” (1980) Art Lande, Gary Peacock, Eliot Zigmund

“Shift in the wind” (1980) Art Lande, Gary Peacock, Eliot Zigmund

Art Lande (piano) Gary Peacock (bass) Eliot Zigmund (drums)

Shift in the Wind
Gary Peacock
ECM
2008-12-19


 Art Lande, Gary Peacock, Eliot Zigmund、1980年のピアノトリオ作品。
 Gary Peacock視点では、あの超名作“Tales Of Another” (1977)、“Standards, Vol. 1” (1983)の間での制作。
 ピアノはフォーキー&クラシカルなアメリカンArt Lande、ドラムはBill Evans所縁のEliot Zigmund。
 フォーキー&クラシカル、そしてリリカルなピアノ。
 いつものように饒舌、強いテンションを加え加速を促すような激しいベースの動き。
 それに呼応するようにテンションを上げようとするピアノ。
 が、何曲かのフリーな演奏を含めて、遠い所に飛んで行ってしまいそうで踏み止まります。
 Keith Jarrett的でないことはもとより、Bill Evans的でもない、あくまでノーブル&スムースなピアノ。
 危ういようで、アンバランスなようで、落ち着くところに落ち着いてしまいます。
 Art Landeさん、この期1970年代ECMのピアニストとしては異色なのかもしれませんが、21世紀ECMには何人もいそう。
 平穏な音が流行る時代になったのか、それとも時代が追い付いてきたのか・・・
 いずれにしても、ぶっ飛んでいるようで、上品で穏やか、そんな不思議なバランスのピアノトリオ。




posted by H.A.



【Disc Review】“Rubisa Patrol” (1976) Art Lande

“Rubisa Patrol” (1976) Art Lande

Art Lande (piano)
Bill Douglass (bass, flute, bamboo flute) Glenn Cronkhite (drums, percussion)
Mark Isham (trumpet, flugelhorn, soprano saxophone)

Rubisa Patrol
Art Lande
Ecm Import
2008-11-18


 アメリカ人ピアニストArt Lande、“Red Lanta” (1973)に続くECMでの第二作。
 ピアノトリオ+トランペットのカルテット編成。
 前作と同じく優しくてフォーキーですが、ビート感が強まり、シャープなトランペットが鳴る分、あるいはインプロビゼーションの時間が長い分だけ、クラシックよりもジャズ寄り、クールさ妖しさが増。
 要所々にちりばめられた疾走、ときおりのフリーな場面を交えつつも、あくまで穏やかでリリカル。
 静かにグルーヴし、スムースに疾走するピアノトリオ、端正なトランペット。
 淡いメロディ、漂うようなアンサンブル、インプロビゼーションが、穏やかな空気に包まれながら流れていきます。
 1970年代ECM作品では少数派であろう、キツくない優しい音。
 40年以上前の音ながら、全く古さなし。
 穏やかな今の時代感に合っているのかもしれません。
 前作が爽やかな朝なら、本作は穏やかな昼下がり。
 心地よい時間。




posted by H.A.


【Disc Review】“Red Lanta” (1973) Art Lande

“Red Lanta” (1973) Art Lande

Art Lande (piano) Jan Garbarek (soprano, bass sax, flutes)

Red Lanta -Reissue/Digi-
Art Lande
Ecm
2019-05-17


 アメリカ人ピアニストArt Landeのデビュー作、Jan GarbarekとのDuo。
 Jan Garbarek 視点では“Witchi-Tai-To” (Nov.1973) Jan Garbarek, Bobo Stensonと同時期、”Belonging” (1974)、”Arbour Zena” (Oct.1975) Keith Jarrettの間の録音。
 ECMでは、上記に加えて”ECSTASY” (1974) Steve Kuhn、”Underwear” (1971) Bobo Stenson、”Hubris” (1977) Richard Beirach、”Piano Improvisations Vol.1,2” (Apl.1971) Chick Coreaなどなど、強烈なピアニスト作品が並ぶ時期。
 ハイテンションなそれらに対して、本作は緩やかでクラシカル、さらにアメリカンでフォーキーなムード。
 ゆったりとしたビートと、淡い色合いの優しく穏やかなメロディ。
 要所でタメを効かせながら丁寧に置かれていく端正なピアノと、張りのある管の音の漂うような絡み合い。
 この期のJan Garbarekさんは血が噴き出すような激しいの音のはずなのに、なぜか穏やかに聞こえてきます。
 フルートなどは鳥のさえずりのように聞こえてしまうのは、優しいメロディとピアノゆえでしょうか。
 1970年代ECM、上掲のような狂気が漂うようなハイテンションな名作群がスゴイのですが、ノーブルでリラックスして聞ける本作、今聞くとかえって新鮮だったりして。
 さわやかな朝にピッタリな音。




posted by H.A.


Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ