吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Argentine

【Disc Review】“Serpentina” (2017) André Mehmari, Juan Quintero, Carlos Aguirre

“Serpentina” (2017) André Mehmari, Juan Quintero, Carlos Aguirre
André Mehmari (Voice, Piano, Oberheim, Synth, Accordion, Harmonium, Koto, Viola de arco, Bandolim, Acoustic bass, Pandeiro, Pife) Juan Quintero (Voice, Guitar, Charango, Bombo, Percussion) Carlos Aguirre (Voice, Piano, Accordion, Fretless bass, Guitar, Percussion)



 ブラジルのAndré Mehmariと、アルゼンチン、現代フォルクローレのAca Seca TrioのJuan Quintero、現代フォルクローレのドン?Carlos Aguirreのトリオ作品。
 夢のなんとか・・・と書いてしまうのが憚られるような、あざといまでの組み合わせ。
 “Triz”(2012)André Mehmari, Chico Pinheiro, Sérgio Santosなんてブラジル人スーパーなトリオ作品もありましたが、それを上回るようなビッグネームなセッション。
 クラシックとジャズとMinasなAndré Mehmariと、元気系ポップスなフォルクローレなJuan Quinteroと、しっとり系フォルクローレのAndré Mehmari
 それらが交錯し混ざり合う音。
 穏やかな怒涛?のような全18曲。
 三人で概ね均等に楽曲を分け合い、他にブラジル曲、アルゼンチン曲を数曲。
 プロデューサーにAndré Mehmariのクレジット、また多くの楽曲でピアノを弾く彼の色が少々強いのかもしれません。
 が、さすがにつわものたち、いい感じでフュージョンし、André Mehmari諸作とは違う色合い。
 あの素晴らしくも強烈なピアノが続くと聞き疲れするかな・・・?と思っていたら、Carlos Aguirreの優しいピアノに変わってみたり、思い出したように水が滴るようなギターが聞こえたり、穏やかなだったり楽し気だったりのアコーディオンが聞こえたり・・・
 さらにはボーカリストが入れ替わりながらのさまざまなコーラスワーク。
 ・・・瑞々しい感性が有機的に絡み合いながら、自然に対するリスペクトとそこはかとない感傷、憂いを秘めた・・・とかなんとかの恥ずかしくなるような形容がそのまま当てはまってしまう音なのだから、困ってしまいます。
 André MehmariCarlos Aguirreがお互いに捧げ合っている曲もあり、まあ、そこまで演出しないでも・・・とも思ってしまいますが、それらがまた素晴らしい演奏なので、まあ、何と申しましょうか・・・
 全編、フワフワしていて、優しくて、センチメンタルで、でも前向きで・・・
 南米の郷愁感の極めつけ。
 ピアノを中心としたジャズ的インプロビゼーションのスペースもたっぷり。
 企画負けすると・・・?は全くの杞憂。
 大変失礼しました。
 期待以上の極上の出来。
 月並みな結論ですが、2017年の一番はこれでしょう。




posted by H.A.

【Disc Review】“Diente de Leon” (2015-2017) Andres Marino & Lucia Boffo

“Diente de Leon” (2015-2017) Andres Marino & Lucia Boffo
Andres Marino (piano) Lucia Boffo (voice)
Sebastian de Urquiza (bass, voice) Matias Sheines, Gabriel Gowezniansky (violin)

DIENTE DE LEON [ライナーノーツつき]
ANDRES MARINO & LUCIA BOFFO
インパートメント
2017-06-18



 アルゼンチン、現代フォルクローレのDuo。
 女性ボーカルとピアノとのDuoは、古い時代のJazzからの定番でしょうが、近年の南米系でも下のような佳作が多数。他にもたくさんあるのでしょう。
  “Aqui” (2010), “Lighthouse” (2014), “Hand In Hand” (2016) Tatiana Parra
  “Casa” (2016) Gisele De Santi
 激しくアップダウンする音の流れは “Aqui” (2010) , “Hand In Hand” (2016)に近いイメージもあるのですが、もっとクラシック寄りでしっとりとした感じ。
 ピアノに加えて、バイオリン、ベースがストリングスオーケストラのように響き、それを背景に漂うクラシック、ジャズ、ポップスの色合いが交錯する、朗々とした美しいボイス。
 ウイスパー系、静かに歌うスタイルではなく、堂々と声を出していくタイプ。
 ベースはフォルクローレな質感ですが、クラシックの色合い、ポップな色合いも混ざりつつの優雅な音の流れ。
 オリジナル曲のメロディは、クラシック的な流れで複雑にアップダウンし、予想外の方向に動くスタイルが中心。
 いわゆる美メロというよりは、テクニカルな感じ。
 ビートが強いと、あるいは音が優しくなければ激しい系にもなりそうですが、あくまでゆったりと漂い揺れ動くような穏やかな音の流れ。
 ピアノはジャズの人なのかもしれませんが、オーソドックスなクラシックの人のようにも聞こえます。
 透明度の高い美しい音を含めてヨーロッパ的な空気感。
 ECM系に比べると素直でポップ、ナチュラルでオーソドックスな質感。
 タイトルは“タンポポ”。
 間に挟まれる鳥の声、水の音含めて自然への敬意を託した音なのでしょう。
 近年のアルゼンチン、現代フォルクローレの定番の空気感、少々テンション高めのクラシック寄りな音。




posted by H.A.

【Disc Review】“Sin Palo” (2011) Juan Pablo Di Leone

“Sin Palo” (2011) Juan Pablo Di Leone
Juan Pablo Di Leone (flutes, voice, piano, harmonica, percussion, keyboards)
Carlos Aguirre, Hernán Jacinto (piano) Andrés Beeuwsaert (Keyboards) Nicolás Ibarburu (guitar)
Fernando Silva, Pablo Giménez, Quique Ferrari, Fancisco Fattoruso (bass)
Martín Ibarburu (drums, cajón) Facundo Guevara (percussión) Mariano Cantero (drums, percussion, accesorios, cajón peruano) Roberta Cunha Valente (pandeiro) Juan Quintero, Luna Monti (voice)
 フルートを中心としたマルイチインスツルメンタリストJuan Pablo Di Leoneの現代フォルクローレ。
 “Andrés Beeuwsaert” (2015)など、Andrés BeeuwsaertAca Seca Trioの諸作に参加していた人。
 彼らに加えてCarlos Aguirre閥などなど、豪華なサポート陣。
 Carlos Aguirreに通じる現代フォルクローレがベース、水彩画のジャケットアートもいかにもなそれ系ではあるのですが、強めのビートのラテンフュージョン、AOR風ポップス、などなど、いろいろな色合いが交錯するアルバム。
 本人のメイン楽器?であろうフルートを前面にフィーチャーするだけではなく、ピアノを弾いたり(上手い!)、歌ってみたり。
 楽曲は、ウルグアイのHugo Fattoruso、アルゼンチンのGustavo Leguizamonが何曲か取り上げられ、その他Carlos Aguirreなどなど。
 冒頭二曲は穏やかで優し気な現代フォルクローレ。
 旧い曲なのだと思うのですが、現代のヒットチャートに載っておかしくないキャッチーなメロディの素晴らしい演奏。
 この線か・・と思っていると、続くはキメの多いラテンフュージョン、さらに続くCarlos Aguirreナンバーもハイテンションな演奏。
 ・・・てな感じで、いろんな色合いの楽曲が交錯します。
 南米の近年の若手アーティスト、実験的な要素を入れ込む人も少なくない中、この人の場合はいずれもポップ。
 この種の音楽の定番のしっとり系も何曲かありますが、情緒に浸る感じではなく、明るく元気でカラッとした感じ。
 ロック、ポップスはほとんど聞かなくなってしまいましたが、このくらい南米フォルクローレやジャズが混ざった感じだとちょうどいい感じ。
 とても素敵な南米ポップス、現代版。




posted by H.A.

【Disc Review】“Sombra de Ombu” (2009) Belen Ile

“Sombra de Ombu” (2009) Belen Ile
Belen Ile (Vocal)
Carlos Aguirre (Piano, Guitar, Rhodes) Andres Beeuwsaert (Piano) Antonio Restucci (Guitar, Mandolin) Juan Quintero (Guitar, Vocal)
Fernando Silva (Fretless, Bass, Cello)
Mariano Cantero (Percusion) and others

 アルゼンチンのボーカリストBelen Ileの現代フォルクローレ。
 Carlos Aguirreがサポートし、彼のバンドのメンバー、さらにAca Seca Trioのメンバーも加わる、現代フォルクローレオールスターないかにもそれらしい系の音。
 冒頭からCarlos Aguirreナンバーのとても切ないメロディ。
 ピアノとギターが絡み合う漂うような音の流れ。
 その上を泳ぐような透明度の高い美しく儚げなソプラノボイス。
 いやはやCarlos Aguirreワールドです。
 そんな曲が何曲かあり、全体の印象もそれらのしっとりとしたイメージが強く残ります。
 ボーカルもそれらしいしっとり系。
 が、どうもこの人、元気系、スパニッシュな感じがお好みっぽく、アップテンポな楽曲、強いビートの楽曲では、いかにもフラメンコ系な香りもする、あるいはタンゴの香りがする強いボイス。
 ファンクっぽい楽曲もあったりしますが、あくまで音数が絞られたアコースティックなファンク。
 全体のサウンドは美しいピアノと瑞々しいギターが絡み合う現代フォルクローレな音、但し、元気系。
 Carlos AguirreバンドのベーシストFernando Silvaのフレットレス?エレキベースがしっかり効いています。
 センチメンタルで内省的なイメージと、元気で情熱的なイメージが交錯する演奏群。
 どの曲もキャッチ―です。
 現代フォルクローレというよりも、現代アルゼンチンポップス、ナチュラル系といった感じでしょうかね。
 ま、カテゴライズすること自体が時代遅れなのでしょう。
 アルゼンチン発、極めて上質なポップス、です。




【Disc Review】“Como Dibujo Agua” (2009) Mario Gusso

“Como Dibujo Agua” (2009) Mario Gusso
Mario Gusso (percussion, kalimba)
Sebastian Macchi (piano) Javier Lozano (piano, rhodes) Maria Elia (piano, voice) 
Diego Penelas, Joaquín Errandonea (Guitar, Voice) Sebastian Esposito, Cesar Silva, Pepe Luna (guitar) 
Willy González, Carlos Marmo, Guillermo Delgado (bass)
Micaela Vita (Voice) Franco Luciani (harmonica) 

COMO DIBUJO DEL AGUA
MARIO GUSSO(マリオ・グッソ)
PAI
2010-08-15


 アルゼンチンジャズ、現代フォルクローレのパーカッショニストのリーダー作。
 Carlos Aguirre 閥の人なのかどうかはわからないのですが、Carlos Aguirre的大名作の“Luz de agua: Poemas de Juan L. Ortiz - Canciones” (2005)のピアノ、Sebastian Macchiの参加に惹かれて聞いてみた一作。
 フォルクローレ、ジャズ、ソウル、ポップス・・・などなど、いろんな色合いがフュージョンする、アルゼンチン・ジャズ・フュージョン。
 楽曲の提供者によって音のイメージは異なります。
 何曲かのSebastian Macchiの楽曲は、Carlos Aguirre的、繊細な現代フォルクローレ。
 その他諸々、スパニッシュ風ギターが前面に出たり、女性ボーカルがフィーチャーされたり、アメリカ南部ロック風だったり、やはり繊細なピアノが全体を支配したり・・・
 ってな感じで、定番の繊細なガラス細工のような現代フォルクローレではなく、元気なジャズフュージョン。
 あるいはそれらがフュージョンし、交錯するアルバム。
 目立つのはリーダーの激しいドラムと、Willy Gonzálezの前面に出て動きまくるエレキベース。
 ちょっと強めの音ですが、なんだかんだで、優し気で懐かし気な空気感は南米の人特有の色合い。
 ブラジリアンなジャズは最高ですが、アルゼンチンなジャズもとてもカッコいい。
 その現代的な若者の音。


※Willy Gonzálezのバンドから。
 

posted by H.A.


Profile
記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ