吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Andre_Mehmari

【Disc Review】“Três no Samba” (2016) Eliane Faria, André Mehmari, Gordinho do Surdo

“Três no Samba” (2016) Eliane Faria, André Mehmari, Gordinho do Surdo
André Mehmari (Piano) Eliane Faria (Voice) Gordinho do Surdo (Surdo)

Tres No Samba
Andre Mehmari
Imports
2017-03-03


 ブラジルのスーパーピアニストAndré Mehmariのとても穏やかなサンバアルバム。
 ボーカルとパーカッションのトリオ。
 少々クラシックに寄せ気味のピアノに、低い音で静かにビートを刻むスルド。
 その上を踊るボイス。
 ウイスパー系、可憐系ではなく、ちょっと貫禄ある系の落ち着いたしっとり系の声、決して大きな声は出さないブラジル系特有の優しく穏やかな歌。
 サンバ系の伝統曲、スタンダード曲が並んでいるのだと思います。
 どこかで聞いたことがある、誰かが歌っていたメロディばかりなのだけども、思い出せない・・・
 もちろんサンバ特有の明るいようで切ないような、いわゆるサウダージ、郷愁感・・・
 そんな感じで普通の現代サンバ作品と思いきや、普通でないのは、ピアノの動きゆえ。
 この編成であれば、本来は器楽を背景にしてボーカルが踊るはずなのですが、踊り、跳ねまわり、突っ走るのはピアノ。
 スタートはクラシカルな上品なムード、ビートが乗ってくるとジャズなグルーヴが加わり、突っ走り、転げまわるような凄まじい動き。
 バラードでは一転、たっぷりとタメが効いた伸び縮みするビート。
 歌の後ろのオブリガードだけでも普通ではない感たっぷりなのですが、さらにインプロビゼーションのスペースもたっぷり。
 遠いところに飛んで行ってしまいそうになるピアノを大地に引き留めようとしているようなスルド。
 ボーカルさえもそんな役回りを演じているように聞こえます。
 初期~“Veredas” (2005-2008オムニバス)あたりまでのピアノには丸みを感じましたが、この頃は鋭さが際立ちます。
 そんなアグレッシブなピアノを暖かく見守るようなスルドとボイス。
 これしかないようなバランスなのかもしれません
 全体を眺めれば静かで穏やかで優しい音。
 優しく、かつプログレッシブな、とても素敵な現代サンバ。




posted by H.A.

【Disc Review】“edição comemorativa: 10 anos de lançamento” (1998) André Mehmari, Celio Barros

“edição comemorativa: 10 anos de lançamento” (1998) André Mehmari, Celio Barros
André Mehmari (piano, flute, guitar, synthesizer, Rhodes, bandolim, percussion, etc.) Celio Barros (bass)
Sergio Reze (drums) Luca Raele (clarinete) Renato Martins (percussion)

Andre Mehmari & Celio Barros
Andre Mehmari アンドレメーマリ
Caravelas
2014-06-12


 ブラジルのスーパーピアニストAndré Mehmari、若き日の、同じくブラジル人ベーシストの双頭リーダー作。
 当時の作品、アルバムからのオムニバスなのだと思いますが、詳細は分かりません。
 トリオ、Duo、ソロ、ギターやアコーディオンを交えたアンサンブルなどなど、さまざまな編成でのさまざまな演奏。
 穏やかで優し気なメロディと瑞々しく美しい音。
 この人ならではの独特の浮遊感、遠くを見るような郷愁感。
 ”Forcas D'Alma” (1999) Tutty Moreno、“nem 1 ai” (2000) Monica Salmasoなどの参加作品を聞くと、初期はジャズっぽい演奏なのですが、そればかりではないようです。
 本作、確かにピアノトリオ、あるいはベースとのDuoで現代的ながらオーソドックスなジャズな演奏も目立ちます。
 それらはBill Evansの香りが漂う最高のジャズピアノ。
 が、クラシック風あり、奇数拍子のフォルクローレ風あり、優しく穏やかなポップス風のインスツルメンタル曲あり、現代音楽的なアバンギャルド風味あり、バンドリンなどを交えたブラジリアンエスニックな演奏あり・・・
 ってな感じで、後のAndré Mehmariの音楽がこの時点で揃っています。
 ないのは歌のみ、でしょうか。
 ピアノはこの時点から圧倒的な演奏力。
 時折見せる、欧米の若手代表選手?Leszek_MozdzerTigran_Hamasyanに匹敵するような、指に加速装置が付いているとしか思えないような疾走感。
 欧米の彼らと比べるとトゲや毒気が薄く、身構えて聞かなくてもいいのがこの人の色合い。
 さらに要所でしっかりとタメが効いて、伸び縮みするようなビート。
 本作では一曲一曲が短いこともあってか、全編通じて凄まじい・・・といった感じではありません。
 また、全体で物語を綴るような構成は、まだありません。
 が、只モノではない感が漂う演奏揃い。
 冒頭のDuo、ルバートでのバラード”Prologo”から、クラシックとジャズとミナスが入り混じるような瑞々しくも美しい音。
 アグレッシブにあちこちに跳びまわるソロピアノで演奏するGismontiナンバー"Loro"なんて最高。
 やはりBill Evansもさることながら、Egberto Gismonti、あるいはKeith Jarrettからの影響は多大だったのかなあ、と思ったり、思わなかったり。
 ガシガシ弾き倒しているようでフワフワした浮遊感があるのものこの人ならではの色合い。
 ベースのCelio Barrosはおそらくジャズの人なのでしょう。
 しっかりしたグルーヴに硬軟織り交ぜカッコいい音使い。
 全部Duoで作ってしまえば、また違った凄い作品になりそうな予感。(あるのかな?)
 全編通じた浮遊感とセンチメンタルなメロディは、後の傑作“Lachrimae” (2003)が生まれる予感、十分。
 やはりこの期からタダモノではありません。
 ・・・ってもこれも廃盤なのかな?

※別の時期のトリオから。


 posted by H.A.



【Disc Review】"MehmariLoureiro duo" (2016) André Mehmari, Antonio Loureiro

"MehmariLoureiro duo" (2016) André Mehmari, Antonio Loureiro
André Mehmari (Piano, synth, electric piano, bass flute, guitar, charango, bandolim, accordion, voice) Antonio Loureiro (Drums, vibraphone, voice)
 
アンドレ・メーマリ

 ブラジルのスーパーピアニストAndré Mehmariの最新作は、同胞のビブラフォンを中心としたマルチ楽器奏者とのDuo。
 二人ですが、例によってオーバーダビングも含めてコンボ作品に近い音作り。
 近作ではクラシックの色合いが強い作品が続いている印象がありましたが、本作もその色合いながら、ビート感も効いた曲が多く、ジャズ、ポピュラーミュージックの色合いが戻ってきた感じでしょうか。
 Antonio LoureiroはAndré Mehmariよりも一回り若い若手。
 ミナス出身のようで、なるほど、オリジナル曲の展開やそれに乗ってくるvoiceが”Still Life (Talking)” (1987) Pat Metheny的です。(Pat Methenyが影響を受けた側でしょうから、そんな形容は妙なのですが・・・)
 ふわふわとしたビブラフォンもそんな感じの浮遊感の強い音使い。
 楽曲は二人のオリジナル、共同名義のインプロビゼーション?が概ね三分の一ずつ。
 どれも淡い色合いのセンチメンタルなメロディ揃い。

 冒頭から哀愁が漂うメロディを土台に、柔らかく空から舞い落ちてくるようなピアノの音と、その周囲を漂うようなビブラフォン。
 さらには、さりげないハミングに、これまたさりげないクリーントーンのエレキギター。
 続くはミナス的な幻想感とドラマチックな交錯する漂うような楽曲。
 これはたまりませんねえ。
 以降クラシック的な演奏も入り混じりながら、美しい演奏が続きます。
 同時期?に発表された似たテイストのアルゼンチン人アーティストAndrés Beeuwsaertの “Andrés Beeuwsaert” (2015)と比べると、瑞々しさは同様ながら、そちらがせせらぎのような穏やかで緩やかな音だとすれば、こちらは流れの緩急の変化が強い渓流のような音。
 穏やかなようで性急なようで、突っ走ったり緩んだり。
 これ見よがしな派手な展開はありませんが、とても繊細で上品な音。
 ジャズでもクラシックでもポップスでもフォルクローレでもブラジル伝統音楽でもない、それらが混ざり合ったAndré Mehmariならではの音。
 終盤に集められたピアノとドラムによるインプロビゼーション集?はさまざまな表情。
 メロディアスなバラード風から、少々強面なフリージャズ風の演奏まで。
 二、三分の長くはない演奏を繋ぎつつ、何らかのドラマを描いているのでしょう。
 あの圧倒的なジャズピアノが出てこないかあ・・・と想わせながら、ピアノの強打で幕を閉じます・・・
 わかりやすさ、取っつきやすさなら“Lachrimae” (2003) André Mehmari、あるいは似た色合いの別アーティストの近作ではAndrés Beeuwsaert の“Andrés Beeuwsaert” (2015)もそう。
 が、格調高さなら本作。
 どの作品もとても優雅です。




posted by H.A.

【Disc Review】“Piano e Voz” (2004) Ná Ozzetti, Andre Mehmari

“Piano e Voz” (2004) Ná Ozzetti, Andre Mehmari
Ná Ozzetti (voice) Andre Mehmari (piano)

Piano e Voz
MCD
アンドレ・メーマリ
ナ・オゼッティ

 ブラジルのスーパーピアニストAndre Mehmari 、ボーカリストNá OzzettiとのDuo作品。
 とても上品で優しい音楽。
 オムニバス“Veredas” (2005-2008)にいいところは収められていますが、やはりオリジナルアルバムが素晴らしい。
 クラシックの香りが濃厚な音。
 Ná Ozzettiもクラシック畑の人かと思っていましたが、諸作からするとポップス系の人なのでしょうかね。
 いずれにしてもとても優し気な声、完璧な歌、とても優雅。
 ピアノはいつもながらに圧倒的な演奏力、表現力。
 伸び縮みするようなビートに、音が天から舞い降りてくるような繊細な音使い。
 本作は全編クラシックのテイストですが、ゴムまりが弾むようなしなやかさ。
 バラード中心、伴奏中心ですので、突っ走る場面こそ多くはありませんが、スローテンポでの絶妙なタメ、アップテンポでのグルーヴ、さりげないけど強烈なオブリガードのカッコよさは他では聞けないこの人ならではの凄み。
 ブラジルの巨匠たちの名曲に加えて、後半に突然現れるスタンダード”Cry me a River”。
 上品な演奏の中のベタベタな恨み節。
 だから何なの・・・ですが、ジャズの耳としては意外でもあり、懐かしくもあり、もちろん素晴らしい歌、演奏です。
 全編通じた強烈な浮遊感。
 ノスタルジックなような現代的なような、不思議な郷愁感。
 遠いところを眺めているような、穏やかで落ち着いた音。
 上質かつ上品な心地よい時間、空間。
 これままた大名作。





posted by H.A.

【Disc Review】“Gimontipascoal” (2009,10) Hamilton de Holanda & André Mehmari

“Gimontipascoal” (2009,10) Hamilton de Holanda & André Mehmari
Hamilton de Holanda (10-string mandlin) André Mehmari (Piano)
Egberto Gismonti (guitar) Hermeto Pascoal (Fender Rhodes, percussion)

Gismontipascoal a Musica De Egberto & Hermeto
Hamilton De Holanda
Microservice Brazil
アミルトン ヂ オランダ 
アンドレ メーマリ


 ブラジルのマンドリン奏者、ピアニストのDuo。
 “Continuous Friendship (Continua Amizade)” (2007)次ぐ作品、本作はブラジルの大御所Egberto Gismonti, Hermeto Pascoalへのオマージュ。
 両者の楽曲中心の構成に加えて、本人達が一曲ずつに参加。
 もちろん名曲、代表曲のオンパレード。
 これだけの条件が揃えばブラジルの人たちにとってはもはや聖典なのでしょう(?)。
 Hamilton de Holanda、André MehmariのDuoならではの伸び縮みするビート。
 伸び縮みしながらもピタリと寄り添い、ズレないコンビネーション。
 スローテンポでは漂い、アップテンポでは強烈な疾走感。
 一曲の中でもテンポが上がったり下がったり、ビートが伸びたり縮んだり、変幻自在。 それでも決してズレない阿吽の呼吸。
 クラシックの香りを漂わせながらの疾走曲、哀愁が漂うメロディアスなバラード、止まりそうで止まらないスローテンポ・・・・
 いずれも揺れながら漂いながら、自然に落ち着くところに落ち着いてしまう不思議なビート感。
 Egberto Gismonti参加曲はスローテンポでの漂うようなバラード。
 とても穏やかで優しい表情。
 Hermeto Pascoal参加曲は15分に届く長尺な演奏。
 ユーモラスなようなアバンギャルドような、過激なような優しいような、目まぐるしく景色が変わっていく不思議な組曲風の演奏。
 全体通じて、単なる偉人へのオマージュ、懐古趣味チックな色合いは皆無。
 たった二人ながら、たった二人だからできる、とても豊かな音。
 とてもクリエイティブ、でもわかりやすい名作、名演。




posted by H.A.
Profile
記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ