吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Anders_Jormin

【Disc Review】“Contra La Indecision” (2017) Bobo Stenson

“Contra La Indecision” (2017) Bobo Stenson

Bobo Stenson (piano)
Anders Jormin (bass) Jon Falt (drum)

Contra La Indecision
Bobo -Trio- Stenson
Ecm Records
2018-01-19


 スウェーデンの大御所ピアニストのトリオ作品。
 “Indicum” (2011)から久々のアルバム。
 メンバーは変更なく、音のイメージも同様のバラード集。
 静かだった前作よりもさらに静かで淡々としたイメージかもしれません。
 本作のアルバムタイトルはこれまでの作品でもよく取り上げていたキューバの楽曲。
 Bobo Stensonのオリジナル曲は一曲、盟友Anders Jorminが5曲、Bela BartokにErik Satieなどのクラシック曲、とても切ないスペイン曲。
 深く沈み込みながら静かなグルーヴを作るベースに、自由に動くドラム、漂うような美しいビアノ。
 しばしば現れるルバートでのスローバラード、ときおりの疾走・・・
 このバンドのいつものコンビネーション。
 Anders Jorminのいつになく饒舌なベースに、終始穏やかなピアノ。
 いまや“Underwear” (1971)の頃のKeith Jarrettを凌駕するような、あるいは血の出るようなハイテンションな演奏はありません。
 穏やかで漂うような近年のBobo Stensonの、あるいは近年のECMの色合い。
 静かに舞い落ちてくる雪のようなピアノ。
 とても淡くて穏やか。
 全編を覆うそこはかとない寂寥感。
 そんな静かなジャズ。

※近年の演奏から。



 Bobo Stenson参加作品、私が知る限り。

(1969)  “One Long String” Red Mitchell 
(1971)  “Listen to the Silence” George Russell 
(1971) “
Underwear” 
(1971)  “Terje Rypdal” Terje Rypdal 
(1971)  “Sart” Jan Garbarek 
(1973) “Witchi-Tai-To” with Jan Garbarek 
(1975) “Dansere” with Jan Garbarek 
(1983)  “The Sounds Around the House” 
(1984)  “Nordic Lights” Anders Jormin 
(1986) “Very Early” 
(1986)  “New Hands” Lars Danielsson 
(1989)  “Fish Out of Water” Charles Lloyd 
(1991)  “Notes from Big Sur” Charles Lloyd 
(1991)  “Poems” Lars Danielsson 
(1993)  “Dona Nostra” Don Cherry 
(1993)  “The Call” Charles Lloyd 
(1993)  “Bosonossa and Other Ballads” Tomasz Stanko 
(1993) “Reflections” 
(1994)  “Matka Joanna” Tomasz Stanko 
(1994)  “Far North” Lars Danielsson 
(1994)  “All My Relations” Charles Lloyd 
(1996)  “Leosia” Tomasz Stanko 
(1996)  “Canto” Charles Lloyd 
(1997)  “Litania:Music of Krzysztof Komeda” Tomasz Stanko 
(1997)  “Live At Visiones” Lars Danielsson 
(1997) “War Orphans” 
(1999) “Serenity” 
(2001)  “Rica” Parish
(2003) “Bobo Stenson/Lennart Aberg”
(2004)  “Parish” Thomas Stronen
(2005) “Goodbye” 
(2007) “Cantando” 
(2011) “Indicum
(2017) “Contra La Indecision

posted by H.A.

【Disc Review】“Titok” (2015) Ferenc Snetberger

“Titok” (2015) Ferenc Snetberger
Ferenc Snetberger (guitar) 
Anders Jormin (bass) Joey Baron (drums)

TITOK
SNETBERGER/JORMIN/BA
ECM
2017-06-02


 ハンガリーのギタリストFerenc SnetbergerのECMでの第二作、トリオ作品。
 ECMでの前作はソロギターでの“In Concert” (2013)、その前には同じくドイツのレーベルEnjaから本作と同じくトリオでの“NOMAD” (2005)などがあります。
 “NOMAD”ではこちらもECMと縁の深いArild Andersenがベースを弾いていましたが、本作ではベテラン大御所ベーシスト、静かなグルーヴの代表選手Anders Jormin
 予想に違わない静謐な音。
 数曲がフリーインプロビゼーションとも思しき抽象的な演奏、他はほのかなエキゾチシズムが漂う寂寥感の強いメロディ。
 明確な楽曲でバンド全体が疾走する場面も多かった“NOMAD”に対して、淡い色合いの空気感、静かに音が進む、いかにもECMな音の流れ。
 冒頭から二曲はフリーインプロビゼーション的な演奏。
 予想外の方向にあちこちに飛び回るギター。
 ベースの動きが方向性を示しているようで、その通りには流れていかない音、あるいはギターの動きにバンドが同調すると見せて、突然終わる音楽・・・
 変幻自在、予測不可能。
 が、三曲目以降は哀愁のメロディの連続、静かな音と相まって強い寂寥感を帯びた音の流れ。
 この種の音楽が最も得意であろうAnders Jorminが本領発揮。
 フリーテンポであれ、スローテンポであれ、抽象的な音の流れであれ、何であれ、静かに穏やかに続くグルーヴ。
 ソロではタメと疾走、高音と重低音が交錯する、沈むような浮遊するような不思議な感覚のメロディと躍動感のあるビート。
 シンバルの残響音だけが残る静謐な空間に重低音だけが響く場面がしばしば。
 音数が決して多いタイプではないだけに、かえって凄みを感じます。
 バッキングにしろソロにしろ、空間をしっかり開けてくるから、後続の高速フレーズがカッコいいし、スローテンポでもグルーヴが出るんでしょうかね?
 決して派手ではありませんが、全編凄い演奏です。
 リーダーのギターは勢いで弾き切るのではなく、一音一音模索するような丁寧な演奏。
 ジプシー系の音楽がベースなのだろうと思いますが、悲しげで儚げな音使い。
 ECMのお約束、全編ルバートでのスローバラードっぽい演奏も中盤に収められています。
 “NOMAD”ではド派手なArild Andersenのベースが全体をけん引し、ギターがそのうえで自在に動く印象でしたが、本作は三者が一体になって、静かでなんとも言えない深い含蓄のある音場を作っている感じ。
 わかりやすいのはそちらかもしれませんが、幻想的な色合いが強く、深みを感じるのははこちら。
 どちらがいいかはお好み次第。
 私はこちらに一票。
 どちらも名作だと思います。




posted by H.A.

【Disc Review】“Indicum” (2011) Bobo Stenson

“Indicum” (2011) Bobo Stenson
Bobo Stenson (piano)
Anders Jormin (bass) Jon Fält (drums)

Indicum
Bobo Trio Stenson
Ecm Records
2012-11-06
ボボ ステンソン

 スウェーデンのベテラン、ECMレーベルの看板ピアニストBobo Stensonの2011年盤。
 この人のアルバム、たくさんありますが、どれも美しく深い、いい作品で、どれを選んでも失敗ありません。
 一方、ピアノトリオばかりなので、どれも同じような感じであることも否めません。
 ECMレーベル、同じリーダーでもアルバム1-2枚でメンバーや編成を変えて変化をつけ、それが結構成功していると思うのですが、この人の場合は常にトリオ。たまにドラマーが変わるだけ。
 ベースのAnders Jorminは20年近く不動。
 結果的に音楽の質感はよくも悪くも大きくは変わりません。
 とはいえ、かつてと聞き比べてみると多少の変化。
 少し前にドラマーが若手に代わっているので元気になるかと思いきや、逆に落ち着きが増してきているように思います。
 楽曲は相変わらず美しいのですが、かつてはよく聞かれた長尺のアグレッシブなインプロビゼーションが影をひそめ、淡々とした雰囲気が全編に。
 得意の高速なフレーズは随所に聞かれますが、録音も手伝ってか少々軽い質感。
 得意のアップテンポでの凄まじいまでのアグレッシブな演奏と、止まりそうになりながらタメを十二分に効かせるスローバラードとの明確な対比もあまり聞かれません。
 でもこれが一つの成熟の形なのでしょうね。
 落ち着いた質感。肩の力が抜けた、余裕を感じる穏やかな演奏。
 美しく優しい楽曲。
 美しくも妖しいピアノ、深いベース。
 緩やかなグルーブ感と饒舌過ぎないインプロビゼーション。
 なんだかんだ言っても素晴らしいアルバム。

(※この投稿は2014/05/30から移動しました。)



 リーダー作は少なく、それもトリオのみ。 サポート参加はたくさん。
 曲者のサポートが多いのですが、私が知る限り、多くがいい作品。他にもたくさんあるのでしょう。 
 1970年代前半、Keith Jarrettと並んで?ECM期待の若手だったころ、1980年代のスウェーデン時代、ECM直後まではハイテンション系、“War Orphans” (1997)あたりから、透明感と美しさはそのまま、淡い色合いに変わってきているように思います。
 人脈も素晴らしいので、もっといろんな色合いのオリジナルアルバムを作ってほしかったところ。 
 作曲をあまりしない人ですが、初期の“Underwear” (1971)が素晴らしい出来だっただけに残念なような・・・

(1969)  “One Long String” Red Mitchell 
(1971)  “Listen to the Silence” George Russell 
(1971) “
Underwear” 
(1971)  “Terje Rypdal” Terje Rypdal 
(1971)  “Sart” Jan Garbarek 
(1973) “Witchi-Tai-To” with Jan Garbarek 
(1975) “Dansere” with Jan Garbarek 
(1983)  “The Sounds Around the House” 
(1984)  “Nordic Lights” Anders Jormin 
(1986) “Very Early” 
(1986)  “New Hands” Lars Danielsson 
(1989)  “Fish Out of Water” Charles Lloyd 
(1991)  “Notes from Big Sur” Charles Lloyd 
(1991)  “Poems” Lars Danielsson 
(1993)  “Dona Nostra” Don Cherry 
(1993)  “The Call” Charles Lloyd 
(1993)  “Bosonossa and Other Ballads” Tomasz Stanko 
(1993) “Reflections” 
(1994)  “Matka Joanna” Tomasz Stanko 
(1994)  “Far North” Lars Danielsson 
(1994)  “All My Relations” Charles Lloyd 
(1996)  “Leosia” Tomasz Stanko 
(1996)  “Canto” Charles Lloyd 
(1997)  “Litania:Music of Krzysztof Komeda” Tomasz Stanko 
(1997)  “Live At Visiones” Lars Danielsson 
(1997) “War Orphans” 
(1999) “Serenity” 
(2001)  “Rica” Parish
(2003) “Bobo Stenson/Lennart Aberg”
(2004)  “Parish” Thomas Stronen
(2005) “Goodbye” 
(2007) “Cantando” 
(2011) “Indicum
(2017) “Contra La Indecision


posted by H.A.

【Disc Review】 “Reflections” (1993) Bobo Stenson

“Reflections” (1993) Bobo Stenson
Bobo Stenson (piano)
Anders Jormin (bass) Jon Christensen (drums)
 
Reflections
Bobo Stenson
Ecm Import

ボボ ステンソン

 スウェーデンのベテランピアニストBobo Stensonのピアノトリオ。
 たくさんのピアノトリオの音源がありますが、その中でもカッコよくも聞き易いアルバム。
 Bobo Stensonピアノ、クラシックの香りが強く、音やフレーズがキレイ等々、ヨーロッパ系の人たちの特徴が凝縮されているのですが、その中ではオーソドックスな部類でしょうか。
 Keith Jarrettのあたりの影響も強そうですが、あまり過激なことはしないタイプで分りやすい。
 スローバラードで顕著になる何とも言えないタメなど、影のようなものが特徴的。
 メンツはさながら北欧オールスターズ。
 ベースのAnders Jormin、この人が入ると音楽が締まり、深みを増すように思います。
 派手ではないけども、しっかりしたグールブ感が流れる中で効果的なオブリガードやソロを入れてきます。
 過激さを感じるギリギリのところで留めており、上品。このアルバムでも極めて存在感大。
 ドラムのJon Christensenは元Keith Jarrettバンドの人。
 ジキルとハイド、控えめかと思いきや、アップテンポ曲での過激な暴れ方が特徴的。
 一曲目はECMレーベルでは珍しく明るくリラックスした表情の曲。
 さながら北欧の青い空、といった感じでしょうか。
 穏やかな表情から曲が進むにつれてヒートアップ、中盤以降は激しさを増し、三者ともエキサイティング演奏を繰り広げていきます。これでもか、と続くピアノソロが凄まじい。
 その後、独特のタメの効いたピアノ、漂うような質感のスローバラードなどを交えながら、最後、10分を超えるドラマチックな演奏で締めくくり。途中、フリージャズっぽい演奏もありますが、過激さ難解さはほどほど。
 あくまで上品、明るくて前向き、適度にアグレッシブ。
 ちょうどいいバランスのヨーロッパジャズ。

(※この投稿は2014/04/07から移動しました。)



posted by H.A.

【Disc Review】“Dona Nostra” (1993) Don Cherry, Lennart Åberg, Bobo Stenson

“Dona Nostra” (1993) Don Cherry, Lennart Åberg, Bobo Stenson
Don Cherry (trumpet) Lennart Åberg (soprano saxophone, tenor saxophone, alto flute) Bobo Stenson (piano)
Anders Jormin (bass) Anders Kjellberg (drums) Okay Temiz (percussion)

ドン チェリー 
ボボ ステンソン


 大御所Don Cherry+スウェーデン勢2名の共同名義?の作品。
 多様な楽曲、インプロビゼーションの要素も強い演奏。
 メンバー全員のクレジット曲にOrnette Colemanナンバー+α。
 Don Cherryも元気ですが、全体的にはバンドのメンバーの色合い、ヨーロピアンジャズの雰囲気が強い作品。
 白眉は冒頭曲、Lennart Åbergのバラード。
 シンプルで悲しいメロディ。
 揺れながら、漂いながら、止まりそうで止まらない、超スローバラード。
 こんなに胸を締め付けられるような演奏は滅多にありません。
 Lennart Åbergの強烈なサックス、艶やかで張り裂けそうな音、強烈な抑揚、表現力、Bobo Stensonの透明度の高い音、切れ味、スピード感。
 両者とも生涯最高かもしれないインプロビゼーション。
 この曲だけでも凡百の作品の何百倍もの価値あり。

※冒頭曲” In Memoriam”ではありません・・・ 


posted by H.A.

【Disc Review】”Trees of Light” (2015) Anders Jormin

”Trees of Light” (2015) Anders Jormin
Anders Jormin (bass)
Lena Willemark(voice, fiddle, viola) Karin Nakagawa(koto)

Trees Of Light
Universal Music LLC
2015-03-06
アンダーシュ ヨルミン

 スウェーデンの名ベーシストAnders Jormin、最近作。
 普通の音楽を普通にやってカッコいいベース、一音だけでも何か普通の人と違う凄い人。自身のアルバムでは毎回編成を変えてのクリエイティブな音楽。
 本作はベースとフィドルと琴。
 フィドルとボーカルのLena Willemarkは北欧民族音楽系?の人。
 なるほど、琴が鳴ると日本的。音色もさることながら、旋律、そしてリズム。
 が、そこにベースが加わるといつものバタ臭い(要するに西洋風です)グルーヴ、さらにLena Willemarkのvoiceが聞こえると北欧エスニックなムード。
 その三者の出す空気感が入れ替わり立ち代わり、交錯しながら進む音。
 東洋と西洋の融合による化学反応・・・とか書いてしまえばわかりやすい結びになるのだけども、そう簡単ではなさそう。
 和に収斂させようとしているようなアプローチもあるんだけども、完全に溶け合う感じでもなく、かといってぶつかる感じでもない不思議な間合い、空気感。
 結果、不思議で静謐、緊張感のある音空間。
 琴の存在感が強いだけに、西洋の人からするとものすごくエキゾチックな音なんでしょね。
 微妙な、絶妙なズレが何かを生み出そうな、想像力を掻き立てる、そんな音。




posted by H.A.

【Disc Review】“Ad Lucem” (2012) Anders Jormin

“Ad Lucem” (2012) Anders Jormin
Anders Jormin (bass)
Mariam Wallentin Erika Angell (voice) Fredrik Ljungkvist (clarinet, saxophone) Jon Fält (drums)

Ad Lucem
Universal Music LLC
2012-03-16
アンダーシュ ヨルミン

 大晦日に合う音?ホントに合ってるかどうかはわかりませんが・・・
 ベースの名手Anders Jormin、厳かな作品。
 何やら宗教チックな空気も漂うこの作品。メロディラインが少々変わっているし、ラテン語?の響きが聞きなれない妖しげな雰囲気。
 ところがベースがピチカートを始めるといきなり強烈ながら上品なグルーブ。
 何やってもJorminさんのベースは変わりませんねえ。さりげないけども、凄みのある音。
 自由に展開するドラマーと、安定感、推進力ともに抜群のベースの組み合わせは極上。いかにもジャズっぽいホーンもカッコいい絡み方。
 さて、このアルバムの空気感を決めているのは、リーダーのベースに加えてボーカルの女性お二人。
 美しい声と完璧なハーモニー、ボイスコントロール、そしてグルーブ。
 聞き慣れない言葉とメロディラインも、ベース、バンドの静かで上品なグルーブに気持ちを委ねると、かえって心地よく響きます。
 これは深い音楽だなあ。 想像力のネタの宝庫。
 何を歌っているのかわからないのは問題ですが・・・




posted by H.A.

【Disc Review】”It Takes Two!” (2005) Kenny Wheeler

”It Takes Two!” (2005) Kenny Wheeler
Kenny Wheeler (flugelhorn)
John Abercrombie (guitar) John Parricelli (guitar) Anders Jormin (bass)
 
It Takes Two
Kenny Wheeler
Sunny Side
2006-06-27
ケニー ホイーラー

 Kenny Wheelerがギター2本とベースを従えた静的なジャズ。
 フリーな曲も少しだけありますが、基本的にはメロディアスでキレイなバラード曲を静かに演奏するスタイル。
 ドラムレスなのはわかるとして、ギター2名にした理由は何だろう?ピアノだときらびやかになり過ぎるからかな?であれば、淡々とした味わいが出ていて大成功。寂寥感溢れる有名曲Love Theme from "Spartacus"がピッタリの音使い。他にもそんな感じのセンチメンタルな美曲がいくつか。
 基本、静かでしっとりとしている音楽ですが、それにピッタリのAnders Jorminのベース。この人が入ると静かな音楽にも何故か上品なグルーブが出ます。深いというか、揺れるというか、前に進むというか。音の置き方、強弱のつけ方に何か秘訣があるんだろうなあ。
 さらに抑え目の二人のギター。いずれも名手なのですがそれほど派手に前には出てきません。アコースティックギター中心で爽やかながら寂寥感が漂う味付け。アバクロさんの変態的な節回しも少なめ。拍子抜けと言えばそうかもしれないけども、さりげなく妖しさ、緊張感を加えるといった感じで悪くはありません。
 さて最後にリーダーのフリューゲルホーン。
 時折りの強烈なビヒャヒャーはいつも通りですが、このアルバムでは全体的に抑え気味。ちょっとふらつき気味だったり、枯れてきた感もあるのかもしれませんが、それはそれでいい味わい。
 といったことで、静かで淡々とした地味な室内楽的ジャズですが、極めて上質。
 秋の夜長、静かな時間帯にビッタリの落ち着いた音。
 深いなあ・・・




posted by H.A.

【Disc Review】 “Leosia”(1996)Tomasz Stanko

“Leosia”(1996)Tomasz Stanko
Tomasz Stanko(trumpet)
Bobo Stenson (piano)、Anders Jormin (bass)、Tony Oxley (drums)
 
Leosia
Tomasz Stanko
Ecm Import
2000-05-23
トーマス スタンコ

 1996年作。
 “Bosonossa and other ballads”(1993)と同メンバーなのですが大転換。
 かつての闘魂一直線から、静謐なハードボイルドネス。
 ECMレーベルでの近作ではバラード集がほとんどですが、これもその一枚。
 但し、決して甘口のバラードではなく、あくまで硬派。
 かつての激しい演奏を血と硝煙の香りのする音楽と形容しましたが、このアルバムは、さながら引退した兵士の哀感。よく映画に出てくるあの感じ。
 もの静かで優しげなのだけども背後に漂う凄味とクールネス。
 冒頭曲から漂うようなバラード。止まりそうな緩やかなリズムの流れの上で、ハードボイルドなトラペットと美しいメロディ。少ししゃがれた音、ゆったりとしたタメの効いたフレージング、時折発する叫びのような音。
 文字にしてしまうとハードな音楽をやっていた時代のままなのですが、かつてのトゲが丸くなり、雰囲気は優しくなっているように感じます。
 サポートする美しいピアノ、Bobo Stensonも内に秘めた狂気を感じるミュージシャンで、Stankoさんとの相性はピッタリ。
 さらにAnders Jorminのベース。一見控えめですが、上品なグルーブ感、深い質感の音、フレージング。
 曲の多くは漂うような浮遊感のあるバラード。
 あくまで辛口、ロマンチックさには欠けるのかもしれませんが、凄味のある美しさ、妖しさはこの人、このバンドならでは。



posted by H.A.

【Disc Review】“Bosonossa and other ballads”(1993)Tomasz Stanko

“Bosonossa and other ballads”(1993)Tomasz Stanko
Tomasz Stanko(trumpet)
Bobo Stenson (piano)、Anders Jormin (bass)、Tony Oxley (drums)

Bosonossa And Other Ballads
Tomasz Stanko
Gowi Records
1993
トーマス スタンコ

 1993年作。
 前掲の“Balladyna”(1975)から20年も経ってるし、タイトル、メンバーからして落ち着いた音楽かな、と思ったこのアルバム。
 ところがどっこい、やはり血と硝煙の香りが漂う戦闘ジャズもありました。
 冒頭曲、バラードっぽく始まりゆったりとすること数分、だんだんと過激になっていきます。
そして行き着くところは・・・
 “Balladyna”(1975)と比べれば、まだマイルドかもしれませんが、それはBobo Stenson、Anders Jorminの色なのかな?
Stankoさん自体は血管ブチ切れのアグレッシブさ。
 激しいトランペットと、キレイなピアノ、深みのあるベースのバランスが絶妙。
 みんなどこかに行ってしまっているような超激しい演奏に加えて、近年の落ち着きに通じる演奏も。
 過渡期ですかね。
 あるいはこの後、ECMレーベルに移ってからは毒気を抜かれたか?
 なんだかんだで、ちょっと過激だけど、全編に溢れる緊張感がカッコいい、男臭い音楽です。



posted by H.A.
Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ