吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Alexandre_Andres

【Disc Review】“Ra” (2018) André Mehmari, Bernardo Maranhão, Alexandre Andrés

“Ra” (2018) André Mehmari, Bernardo Maranhão, Alexandre Andrés

André Mehmari (piano, voice, etc.) Alexandre Andrés (flute, guitar, voice, percussion, etc.) Bernardo Maranhão (voice)
Neymar Dias (viola caipira) Artur Andres (marimba, vidro) Guastavo Amaral (bass) Adriano Goyata (drums) Daniel Guedes (percussion) Maria Joao (voice)



 ブラジルのピアニストAndré Mehmariと盟友のマルチ楽器奏者Alexandre Andrés、さらに詩人?Bernardo Maranhãoを冠した、ブラジリアンポップス、ジャズ~クラシック寄りなアルバム。
 André Mehmari、Alexandre Andrésの二人でベースのサウンドを作り、楽曲ごとにゲストが彩りを加える構成。
 ジャズでもクラシックでもない不思議感たっぷりのポップス。
 ヴォーカルを中心とした構成、コミカルにも聞こえる質感、凝りまくったポップなサウンドは、“Macaxeira Fields” (2012) Alexandre Andresの続編なイメージが強いかもしれません。
 フワフワした質感はそのままに、よりハイテンションにしたようなサウンド。
 あの凄まじいまでの疾走感、ぶっ飛んだピアノがたっぷりフィーチャーされ、ギターとヴォイスに管が加わり、シンセサイザーが飛び交う・・・ってな感じの摩訶不思議サウンド。
 二人で分け合った楽曲は、明るいけどもどこかひねくっているというか、なんだか変わっています。
 アレンジも強烈なピアノが動いている割には妙にポップで、シンプルなようで分厚く複雑。
 ともあれ主役はお二人の柔らかな歌声。
 ハードさと浮遊感が入り混じるサウンドに優し気な歌。
 あのMaria Joaoの魔女なヴォイスなどなど混ざりつつ、不思議な感じというか、珍味というか、何と申しましょうか・・・
 それら含めて、とてもポップな演奏が並びます。
 攻めた感じの新感覚MPB。




posted by H.A.


【Disc Review】“Macaxeira Fields” (2012) Alexandre Andres

“Macaxeira Fields” (2012) Alexandre Andres

Alexandre Andres (flute, piccolo, guitar, viola, voice)
André Mehmari (piano, Rhose, accordion, electronics, percussion, voice) Rafael Martini, Regina Amaral (piano) Pedro Santana (bass) Gustavo Amaral (bass, voice) Adriano Goyatá (drums, marimba) Antonio Loureiro (drums) Paulo Santos, Decio Ramos (percussion) Tarcisio Braga (vibraphone)
Artur Andrés (flute, percussion) Joana Queiroz (clarinet, clarone) Jonas Vitor (sax) Anor Luciano (trumpet) Alaecio Martins (Trombone)
Ayran Nicodemo, Ravel Lanza (violin) Gerry Varona (viola) Felipe Jose (cello, triangle)
Ilessi, Rafael Martini, Gustavo Amaral, Tatiana Parra, Rafael Martini, Monica Salmaso, Leonora Weissmann, Juan Quintero, Bernardo Maranhao (voice)

マカシェイラ・フィールズ
アレシャンドリ・アンドレス
SPACE SHOWER MUSIC
2013-05-29


 ブラジル、ミナスのシンガーソングライター~フルーティスト~マルチインスツルメンタリストのMPB。
 名作ブラジリアンジャズフュージョン“Macieiras” (2017)に先立つ作品ですが、インスツルメンタル主体のそちらに対して、こちらは全曲にボーカルが入り、ミナス的、あるいはフォルクローレの色が濃いポップス。
 但し、徹底的に凝りまくったポップス。
 André Mehmariがディレクションを務め、彼を筆頭に豪華なゲスト陣を迎えて、凝りに凝ったアンサンブル。
 ストリングス、木管楽器、ホーン陣などが入れ代わり立ち代わりにフィーチャーされながら、要所で前面に出るフルートのアンサンブルとAndré Mehmariのピアノ。
 クラシカルな室内楽風だったり、Beatles風なオーケストラを絡めたり、フォルクローレ風だったり、その他諸々いろんなテイスト、てんこもり。
 そんな動きまくり、変わりまくるサウンドを背景にしつつ、中心となるのはリーダーを中心としたボーカル。
 少々細めの若々しい声はEgberto Gismontiっぽくて趣があるのですが、これまた豪華なゲスト陣が入れ代わり立ち代わり。
 Tatiana Parra, Monica Salmaso, Leonora Weissmann, Juan Quinteroといったスタイリストたちが、キッチリ一曲ずつ前面に立つ構成。
 いろんな演奏、いろんな声が入り混じり、次々と周囲の風景が変わっていくような音ながらも一貫性があるのは、リーダーが作った複雑ながら優しい表情のブラジリアンメロディと、アレンジ~プロデュースの妙ゆえでしょうか。
 ミナスサウンドのMPBと片づけてしてしまうには、あまりにも多彩で豪華で高尚な一作。




posted by H.A.


【Disc Review】“Macieiras” (2017) Alexandre Andrés

“Macieiras” (2017) Alexandre Andrés
Alexandre Andrés (flute, guitar, voice)
Rafael Martini (piano, accordion, voice) Pedro Trigo Santana (Acoustic Bass, Voice) Adriano Goyatá (Drums, Marimba de vidro, Voice) Rafael Dutra (Voice) Gabriel Bruce (Drums), Natália Mitre (Vibraphone)
André Mehmari (piano) Antonio Loureiro (Vibraphone) Joana Queiros (Clarinet, Clarone) Ricardo Herz (violin)

Macieiras
Alexandre Andres
Fazenda Das Macieira
2017-09-14


 ブラジル、ミナスのシンガーソングライター~フルーティスト~マルチインスツルメンタリストのフォルクローレなジャズフュージョン。
 ミナス系のボーカリストLeonora Weissmannの“Adentro Floresta Afora” (2015) や、André Mehmari人脈、Antonio Loureiroの"" (2012) その他で名前をよく見かける人。
 本作はボイスはスキャットのみ、フルートを中心としたブラジリアンジャズフュージョン。
 この種の音楽のもはや大御所André Mehmari本人もゲストで一曲に参加しています。
 ブラジリアンならではのしなやかなグルーヴのピアノトリオを背景にして、アコーディオンにビブラフォンにバイオリン・・・、そしてリーダーを含めた管楽器の丸い音。
 この種の音楽の定番のヒタヒタと迫ってくるようなビートに、上品なアンサンブルはもちろん、少々激しめ、エキサイティング系の演奏も含めて、ジャズ的なインプロビゼーションのスペースがたっぷり。
 ほぼ全曲のオリジナル曲は、少し陰のある哀愁を含みつつも前向きな、あのブラジリアンなメロディ。
 さらには遠くから聞こえてくるようなコーラス・・・
 全編に漂う、懐かしげなような哀しげなような、いわゆるサウダージ、郷愁感。
 徐々に周囲の景色が変わっていくような音の流れに、ドラマチックなアレンジ。
 あの期のPat Metheny Group、“Lachrimae” (2003) Andre Mehmari, “Naissance” (2012) François Morin,“Dos ríos” (2008) Andrés Beeuwsaertなどの南米系ジャズフュージョンの名作群を想い起こします。
 全編通じて、とてもしなやかなブラジル・ミナス的なフォルクローレ色の混ざり合うジャズ。
 素晴らしい楽曲、演奏揃い。
 名作です。




posted by H.A.


Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ