吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Adam_Baldych

【Disc Review】“Bridges” (2015) Adam Baldych

“Bridges” (2015) Adam Baldych

Adam Bałdych (Violin)
Helge Lien (Piano) Frode Berg (Bass) Per Oddvar Johansen (Drums)

 ポーランドのバイオリニストAdam Bałdych、カルテットでのコンテンポラリージャズ。
 サポートはノルウェーの名手のピアノトリオ。
 オーソドックスな編成ですが、普通のジャズ~コンテンポラリージャズとは少々質感が異なります。
 基調はジャズですが、クラシック、ヨーロピアントラディショナルの強い香りが漂う、繊細かつドラマチックな音。
 中心となるオリジナル曲は、エキゾチシズムを漂わせながらの憂いを含んだメロディ。
 後ろ髪を引かれるようにタメを効かせて置かれていく繊細なピアノと変幻自在に動き回るバイオリン。
 どこかに飛んで行ってしまいそうなバイオリンを現実に引き戻すかのようなピアノ。
 美しく繊細なピアノの音に導かれて静かに始まり、徐々にテンションを上げ、楽曲の終盤にはドカーンとくるドラマチックな構成の楽曲がたくさん。
 全編通じてハイテンションです。
 インプロビゼーションだけでなく、それらの抑揚感を含めて計算し尽くされたような完成度。
 全体を漂う非日常的なエキゾチシズムと哀しい音の流れは、どこか遠い時代の遠い所から聞こえてくるようにも感じるし、ドラムを中心とする乾いたビート感はいかにも現代の音のようにも聞こえます。
 哀しく、どこか懐かし気で、ドラマチックな東欧コンテンポラリージャズ。




posted by H.A.


【Disc Review】“The New Tradition” (2013) Adam Baldych

“The New Tradition” (2013) Adam Baldych

Adam Baldych (violin) Yaron Herman (piano)

The New Tradition
Adam Baldych & Yaron Her
Imports
2014-06-10


 ポーランドのバイオリニストAdam BaldychとイスラエルのピアニストYaron HermanのDuo作品、ドイツのACTレーベルから。
 静謐と激情が交錯する時間。
 クラシックの色合いが強いヨーロピアンなテイストのピアノに、こちらもクラシックがベースなのだろうけども、地中~中近東の香り、ヨーロピアントラディショナルな香りも強いバイオリン。
 強い哀愁が漂うメロディと少し沈んだ空気感、強い緊張感は、このレーベルの雄、Lars DanielssonLeszek Mozdzerの諸作を想い起こします。
 それらと同様に、美しく冷たく硬質なピアノを背景にした、太い音の激情バイオリン。
 あくまでメロディアスなフレーズを紡いでいき、徐々に高揚しつつピークに達するスタイル。
 たった二人の決して大きな音ではない演奏ながら、とてもドラマチック。
 終始哀し気で少々深刻系の空気感はポーランドジャズの人の色合い。
 とてもハイテンションで躍動感が強い音、それでいて静かで美しい、現代バイオリンジャズの一作。




posted by H.A.


【Disc Review】"Bridges" (2015) Adam Baldych / Helge Lien Trio

"Bridges" (2015) Adam Baldych / Helge Lien Trio
Adam Baldych (violin)
Helge Lien (piano) Frode Berg (double bass) Per Oddvar Johansen (drums)

ヘルゲ リエン
アダム バウディフ


 ポーランドのバイオリニストとノルウェーのピアノトリオの共演。
 明るくドラマチックなヨーロピアンジャズ。
 ほぼ全曲Adam Baldychの作曲。
 どんな系統の人なのか詳しい情報はありませんが、基本的には現代的なわかり易いメロディ。
 北欧の親分Lars Danielssonっぽかったり、複雑な作りでも妙に優雅に聞こえる曲があったり、多種多彩。
 ジャズっぽくテーマを提示してインプロ・・・ではなく、静かに始まり、バンド全体で徐々に盛り上がって~大団円、といったドラマチックな構成が中心。
 バイオリンは少なくともこのアルバムでは素直な音使い。
 奇をてらうわけでなく、過激な音や難解なフレーズを使うわけでもなく、コードとリズムに素直にフレーズを乗せるスタイル。
 Helge Lienは本作では美しく上品なピアノ、優しい顔のHelgeさん。
 過度の緊張感や過激な色は抑えて、美しいピアノで整ったサポート。
 といった感じで、全体的なイメージは明るいヨーロピアンジャズ。
 バイオリンとHelge Lienとの壮絶なインタープレイ・・・とか、静謐ながら妖しく鬼気迫る緊張感・・・といった場面は出てきませんが、リラックスして聞ける上質なバイオリンジャズ。
 朝とかに合うかな・・・それにはちと重いか・・・




posted by H.A.
Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ