吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

ACT_Music

【Disc Review】“Jazz at Berlin Philharmonic III” (2015) Leszek Możdżer & Friends

“Jazz at Berlin Philharmonic III” (2015) Leszek Możdżer & Friends
Leszek Możdżer (piano)
Lars Danielsson (bass & cello) Zohar Fresco (percussion)
Atom String Quartet :
Dawid Lubowicz (violin) Mateusz Smoczyński (violin) Michał Zaborski (viola) Krzysztof Lenczowski (cello)
 
レシェック モジジェル

 ヨーロッパのスーパーピアノトリオ、ストリングスをゲストに迎えたライブアルバム。
 “The Time”(2005)、“Between Us & The Light”(2006)、“Polska” (2013)といった一連のトリオ作品の延長線、楽曲もその他の作品からチョイスが中心。
 が、ライブという事もあるのでしょう、それらの淡い色合いと比べると、強烈なインプロビゼーションが前面に出る場面が多いと思います。
 やっと弾いてくれたか、と思う一方、Zohar Frescoのボイスが出る場面はなく、彼が主導していたと思われるエスニックで幻想的な空気感は抑え気味。 
 Leszek Możdżerの楽曲、クラシック色の強い演奏が多く、クレジット通り、トリオというよりも彼の色合いが最も強い作品。
 クラッシック~現代音楽?ベースのとんがった激しいピアノソロから始まり、Lars Danielssonの哀愁曲、ストリングスを交えた優し気で妖し気な演奏、などなど、Leszek MożdżerLars Danielssonのショーケースのような演奏が並びます。
 とてつもなく透明度が高く美しいピアノのピキピキパキパキした音と、間々に挟まれるLars Danielssonの郷愁感、哀愁感の塊のようなメロディ。
 コンサートのメインはストリングスを交えた優雅ながらテンションが高い演奏なのかもしれませんが、ついついそちらに耳が行ってしまいます。
 Lars Danielsson曲で取り上げられているのは、何処かのアルバムに入っていたいずれも大名曲の”Praying”、”Africa”、”Eden”。
 美しいメロディとコードを背景にして突っ走り飛び回るピアノ。
 氷のように鋭く冷たく、この世のものとは思えないような美しい音、指に加速装置がついているとしか思えないような疾走感を含めて、人間業とは思えない演奏。 
 そのぶっ飛んだピアノと、ベタベタなメロディ、上品なグルーヴの対比がこのバンド、数多くの作品を制作しているこのコンビのカッコよさなのでしょう。
 美しくて上品、かつ、とんがった妖しい音、さらにセンチメンタル。
 “Liberetto” (2012)などのTigran HamasyanLars Danielssonのコンピネーションも素晴らしいのですが、Leszek Możdżerとの組み合わせの方がより繊細な感じがする分、私的には好み。
 Leszek Możdżer、あるいはこのトリオ、このアルバムあたりを集大成として、そろそろ次に行こうとしているのかもしれませんが・・・




posted by H.A.

【Disc Review】“Polska” (2013) Możdżer, Danielsson, Fresco

“Polska” (2013) Możdżer, Danielsson, Fresco
Leszek Możdżer (piano, celesta, vibraphone, synth) Lars Danielsson (cello, bass) Zohar Fresco (percussion, vocal) and Orchestra

Polska
Leszek Mozdzer
ACT
2013-12-25
レシェック モジジェル
 
 ヨーロッパのスーパーピアノトリオ、“The Time”(2005)、“Between Us & The Light” (2006)に続く第三作。
 間にライブ作品“Live” (2005,2006)もありますが、かなり間を空けての作品のようです(?)。
 前の作品まではポーランドのレーベルからでしたが、本作はドイツのACT。
 ACTでこのトリオでは初めてですが、“Tarantella”(2009) Lars Danielsson、“Komeda”(2011)Leszek Mozdzer、"The Last Set" (2012) Walter Norris & Leszek Mozdzerなど、さまざまな作品をACTで制作しています。
 レーベルは変わりましたが、トリオの色合いは変わりません。
 穏やかで美しい、でもちょっと不思議系のヨーロピアンジャズ。
 Leszek Mozdzerの作品よりも穏やかなことはもちろん、Lars Danielsson諸作よりも穏やかでしょう。
 録音の感じは、少し丸くなったイメージでエコーもたっぷり。
 あのカミソリのようなピアノが少々マイルド、とても心地よい音。 
 相変わらずLeszek Mozdzerのクラシックの香りとアグレッシブさ、Zohar Frescoのエキゾチシズムと寂寥感、郷愁感、Lars Danielssonのセンチメンタリズムが交錯する音。
 本作は冒頭から敬虔なムードが漂う音。
 この色合いはLeszek Mozdzer、Lars Danielsson諸作にはあまり無かったかな?
 近年ECMあたりではGeorges I. GurdjieffやJalaluddin Rumiあたりの宗教系、教会系、精神性系がプチブーム?な感もありますが、そんな空気が漂います。
 澄み切ったとてつもなく美しいピアノが静かに流れ、Zohar Frescoのボイスが乗ってくるとさらに幻想的なムード。
 どこか遠い所に連れて行ってくれそうな音。
 そんな色合いは冒頭のみのようで、中盤までいつものLeszek Mozdzer、Zohar Frescoの淡い色合い、寂し気で不思議なムードぼ演奏が続きます。
 が、中盤、Lars Danielssonの曲になると一気にメロディアスで浮世に戻った感。
 本作でも二曲のみですが、さすが北欧哀愁小説的音楽の巨匠。
 いつもセンチメンタルでロマンチック、少々沈痛。
 ジャズにはこだわりがなさそうでシレっとどこかに飛んで行ってしまいそうな若手の二人を現実に引き戻す役回り・・・かどうかはわかりませんが、そんなとても素敵なバランス。
 冷たいピアノと暖かいパーカッションとメロディアスなベーシスト。
 これまた素敵なバランス。
 Leszek Mozdzer、普通にヨーロピアンジャズが聞きたければLars Danielssonの作品、ぶっ飛んだピアノが聞きたければリーダー作、ちょっと淡くて妖しげなのを聞きたければ本トリオ。
 ジャズジャズしていないところ、エキゾチシズムと淡々とした独特のクールネスが新しい感じなのだと思うし、普通のジャズピアノトリオには食傷気味の耳にはとても心地よいバランス。
 最後は一曲のみオーケストラ入りの“Are you Experienced?”。
 もちろんJimi Hendrix。
 妖しさ全開、かつクラシカルで高尚な演奏。
 なんだか凄い人たち。




posted by H.A.


【Disc Review】“Scattering Poems” (2001,2002) Julia Hülsmann Trio/Rebekka Bakken

“Scattering Poems” (2001,2002) Julia Hülsmann Trio/Rebekka Bakken
Julia Hülsmann (Piano)
Marc Muellbauer (Bass) Heinrich Köbberling, Rainer Winch (Drums)
Rebekka Bakken (Vocals)
 
SCATTERING POEMS
Julia H lsmann
Act Music + Vision

レベッカ・バッケン ジュリア・ハルスマン

 ドイツのピアニストJulia Hülsmann、ノルウェーのボーカリストを迎えたコンテンポラリージャズ作品。
 Julia Hülsmann、今はECM所属ですが本作は同じくドイツのACTから。
 後のECMでの諸作“The End Of A Summer” (Mar.2008)などでは抑制された穏やかなピアノ、ひねったコード展開の楽曲が特徴的なように思うのですが、ここでは躍動感が勝る演奏。
 上品で流麗な感じはこのからの色合いですが、ジャンピーなナンバー、エキサイティング系のソロまでカッコよく決めています。
 クラシックの香りと時折これまた上品にスケールアウトするヨーロピアンコンテンポラリージャズの教科書のようなピアノ。
 強烈な癖が無い分、スムース、さらにはしなやかなグルーヴ感と疾走感。
 考えてみれば完璧なピアニスト、欠点は癖や妖しさが無いことぐらい。
 ボーカルのRebekka Bakkenはジャズっぽくありませんが、極めて透明度の高い声と、上品でサラリしているようで、強いビブラートのインパクトの強い歌。
 さらに上品なグルーヴを出すドラム、ベースと相まって、とても洗練された明るいヨーロピアンジャズ。
 楽曲はJulia Hülsmannのオリジナル曲が中心、後のひねった感じはあまりなく、キャッチーでポップささえも感じるメロディ、音作り。
 基本的にはアコースティックなジャズですが、オーバーダビングされたコーラスの場面などとてもポップでいい感じ。
 さわやかだし、グルーヴはあるし、明るいし、上品だし、とてもいい感じのヨーロピアンコンテンポラリージャズ、ボーカル作品。
 この人、こっちのレーベルの方が合っていたんじゃないのかなあ・・・?
 ・・・と、思ったり、思わなかったり。




posted by H.A.  

【Disc Review】"The Last Set" (2012) Walter Norris & Leszek Mozdzer

"The Last Set" (2012) Walter Norris & Leszek Mozdzer 
Walter Norris, Leszek Możdżer (Piano)

Last Set: Live at the a-Trane
Walter Norris & Leszek Mozdzer
Act Music + Vision
2013-02-12
ウォルター ノリス 
レシェック モジジェル


 発表当初、Leszek Możdżer目当てで即座に購入。
 Walter Norris?知らないなあ・・・と思いながら・・・ 
 PIANOのデュオ。
 しかも桁違いにハイレベル。
 なに?この二人は。
 いつも通っていたJAZZバーで話をした時、Walter NorrisのLPが沢山出て来た事を覚えています。
 どうやら有名な方、調べてみるとポーランドで人気がある方のようです。
 新譜ばかり聴く自分としては、「これからWalter Norrisの新譜も聴いてみよう」と思ってCDの見直すと、 タイトルが”The Last Set”。
 最後かあ・・遅かったなあ・・・
 2曲目のFrom Another Star。
 弾むように2つのリズム合わさり、中程で来るオルゴールのようなキラキラな演奏。
 なかなか心に響きます。
 疾走感までは行かないが、テンポを細かく変えながら走るリズムの演奏。
 ちなみに、すごくいいスピーカーを使い、モノアンプで再生すると、あたかも目の前に2台ピアノがあるかと思うような音。
 音が見えた、そんな感じです。
 電子ピアノを家で使っていると、左低音、右高音と音が出るようステレオ上作られているのですが、実際、本物のピアノはそんな構造じゃない。
 反射板で拡散しているし、弦の張り方で出る箇所も異なります。
 それに慣れきっている自分にとって、この再生は目から鱗が落ちました。
 なお、どっちがWalterでLeszekか、いまだにわからないんですけどね。




posted by N.A.

【Disc Review】“Mare Nostrum II” (2014) Richard Galliano, Paolo Fresu, Jan Lundgren

“Mare Nostrum II” (2014) Richard Galliano, Paolo Fresu, Jan Lundgren
Paolo Fresu (trumpet, fluegelhorn) Richard Galliano (accordion, bandoneon, accordina) Jan Lundgren (piano)

Mare Nostrum Ii
Fresu/galliano/lundg
Act
2016-02-26
リシャール ガリアーノ 
ヤン ラングレン 
パオロ フレス


 ヨーロピアンによるトリオ、“Mare Nostrum” (2007)の続編。
 静かで穏やかなバラード集。
 各メンバーのオリジナル曲が等分+α。
 三者三様の楽曲、演奏なのですが、全曲、全員穏やかで優しい音。
 Paolo Fresuがちょっとクール、Jan Lundgrenがちょっとセンチメンタル、Richard Gallianoがちょっと華やか、ってな感じでしょうか。
 いずれも端正で淡い色合い。
 前作からさらにマイルド、優しくなった印象。
 スタイリッシュさはそのままに、少しテンションを落とした感じ。
 メロディも淡いイメージのものが多いかな。
 ちょっと懐かしい感じもする、ブラジル系とはちょっと違う郷愁感。
 最近のPaolo Fresuが作る音楽はそんな感じの音が多いでしょうかね。 同時期の録音のECM作“In maggiore” (2014)にも近い感じ。
 そちらはモノクローム、夜。
 本作はパステル、昼下がり。
 暖かさは同様。
 ちらほらと、ゆったりと、花が舞い落ちるような浮遊感。
 うららかな春、あるいは昼下がりの音。
 といった感じで、これからの季節にピッタリのアルバム。




posted by H.A.
Profile
記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ