吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

2010-2019

【Disc Review】"Arco Iris" (2010) Amina Alaoui

"Arco Iris" (2010) Amina Alaoui
Amina Alaoui (Vocals, Percussion)
José Luis Montón (Guitar) Eduardo Miranda (Mandolin) Sofiane Negra (Oud) Idriss Agnel (Percussion) Saïfallah Ben Abderrazak (Violin)

Arco Iris
Amina Alaoui
Ecm Records
2011-06-28


 モロッコの女性ボーカリストAmina Alaouiの北アフリカ~南スペイン~アラブなエスニックミュージック。
 ノルウェーの名ピアニストJon Balkeと“Siwan” (2009)を制作した人。
 少し低音に振れた、朗々としながらも、ミステリアスなボイス。
 おそらくは伝統曲なのであろう、聞き慣れないアラブな音階、物悲しいメロディ。
 北アフリカなのか、スペインなのか、ポルトガルなのか、あるいは中近東なのか、どこなのかはわかりません。
 冒頭のアカペラからどこか遠い場所、遠い時代にトリップするような非日常的な空気感。
 “Siwan” (2009)と同様に弦の中心の背景なのですが、大きな違いはスパニッシュJosé Luis Montónのギターが大きなスペースを占めること。
 ECM独特のリバーブと透明感。
 断言はできないけども、私が知る限り、ECMのアコースティックギター系では本作が一番美しい音かもしれません。
 さらにマンドリン、ウード、バイオリンが絡み合う天上のようなサウンド。
 少ない音数の弦が絡み合う空間の中に漂うミステリアスなボイス。
 ドキッとするような美しさと緊張感。
 ジャケットの素晴らしいポートレートは、モロッコの海? 
 対岸はスペインの地中海、あるいはポルトガル、はたまた遠くキューバ~アメリカ大陸を望む大西洋なのかもしれません。
 が、そのイメージの陽光はなく、少し曇った哀し気な海。
 そんな音。
 ECMのエスニック・トリップ・ミュージック、北アフリカ版。


 

posted by H.A.


【Disc Review】“Nahnou Houm” (2017) Jon Balke, Siwan

“Nahnou Houm” (2017) Jon Balke, Siwan
Jon Balke (piano, keyboards, percussion)
Mona Boutchebak (vocals, oud)
Derya Turkan (kamanche) Pedram Khavar Zamin (tombak) Helga Norbakken (percussion)
Bjarte Eike, Alison Luthmers, Øivind Nussle (violin) Milos Valent, Per Buhre, Torbjørn Köhl (viola) Judith Maria Blomsterberg, Mime Brinkmann (cello) Johannes Lundberg (bass)

Nahnou Houm
Jon Balke
Ecm Records
2017-11-17


 ノルウェーのピアニストJon Balkeの北アフリカ~スペイン・アンダルシア~中近東~アラブ~その他のエスニックミュージックプロジェクト、ECMでの第二作。
 前作“Siwan” (2007,2008)からフロントの女性ボーカルがモロッコのAmina AlaouiからアルジェリアのMona Boutchebakに交代。
 古楽のバンド-Barokksolistene-はそのままなのだと思いますが、そのメンバーは入れ替わっているようです。
 ボーカルが少し線が細い感じ、ビート、展開を含めてオーソドックスになった感じもしますが、不思議感たっぷりのアラビアンなメロディ、アンアンブル、アフリカンなパーカッション、歪んだ時空から聞こえてくるような弦の響きは変わりません。
 前作では前面に出る場面が少なくなかったトランペットが抜け、あくまで弦のアンサンブルとボイスが中心。
 ピアノの登場場面も前作と同様にほとんどありません。
 結果的にはジャズ度がさらに薄くなり、エスニック度、時代不明度が濃くなっています。
 不思議感、妖しさ、緊張感120%のメロディですが、メロディラインが明確であるがゆえに、迷宮感はほんの少し薄らぎ、その地域、その時代のポップミュージックのようにも聞こえます。
 どの場所なのか、どの時代なのかは不明なのですが・・・
 ところどころに見え隠れするサンバなメロディラインの断片、Kip Hanrahan的バイオリンなどからは、地中海~北アフリカ~カリブ~南米との繋がりを意識してしまうのは、考えすぎでしょうか?
 Jon Balkeの一連の作品、北欧~中近東~アフリカ~南米までが混ざり合う無国籍なエスニック感、過去と現在、未来のフュージョン、静謐で悲し気な音、強い浮遊感、ちょっとした気難しさと高尚さ、狂気と正気の交錯、・・・その他含めて、1990年代以降のECMの象徴の一人のようにも思います。
 いずれにしても本作も妖しさ120%、非日常に浸れる音。




posted by H.A.


【Disc Review】“Outstairs” ‎(2013) Christian Wallumrød Ensemble

“Outstairs” ‎(2013) Christian Wallumrød Ensemble
Christian Wallumrød (piano, harmonium, toy piano)
Per Oddvar Johansen (drums, vibraphone) Gjermund Larsen (violin, hardanger fiddle, viola) Tove Törngren (cello) 
Eivind Lønning (trumpet) Espen Reinertsen (tenor saxophone)

Outstairs
Christian Ensemble Wallumrod
Ecm Records
2013-08-06


 ノルウェーのピアニストChristian Wallumrødの変則編成のコンボ作品。
 Christian Wallumrød Ensemble でのECM初作“Sofienberg Variations” (2001)、“The Zoo Is Far” (2006)なとと同様、とても静かで魔訶不思議なコンテンポラリージャズ。
 が、それらから時間が経過し、雰囲気は異なります。
 静かで限られた音数、ゆったりとしたテンポはそのままですが、ルバートでの美しいスローバラードは影を潜め、不穏な中断を繰り返す定常なビート。
 さらにメロディというよりも、スケールの断片?のように不思議な楽曲。
 また、集団で同じメロディを奏でているようで少しずつズレていくような不思議で不安な音の流れ・・・
 ミニマルミュージック的・・・とは違うのでしょうが、不思議で実験的な音。
 変わらないのはレクイエム集のようなムード。
 本作ではそれをさらに抽象的にさらに陰鬱にした感じの、アヴァンギャルドで哀しい音が最初から最後まで続きます。
 哀しげな表情、定まった8ビート的なリズムになると、同胞、同世代のECMのピアニストTord Gustavsenに近い空気感はあるのですが、その甘美さはなく、異次元から聞こえてくるような不思議で哀しい音。
 やはりレクイエム・・・なのでしょうかねえ・・・?
 とても静かで、とても哀しい迷宮ミュージック。


※別メンバーでのライブ映像から。


posted by H.A.


【Disc Review】“Ao Vivo No Auditório Ibirapuera” (2012) André Mehmari, Mário Laginha

“Ao Vivo No Auditório Ibirapuera” (2012) André Mehmari, Mário Laginha
André Mehmari, Mário Laginha (piano)

Ao Vivo No Auditório Ibirapuera
Estúdio Monteverdi [dist. Tratore]
2013-08-02


 ブラジル、ポルトガルのスーパーピアニストのDuo、ライブ録音。
 Mário LaginhaはスーパーボーカリストMario Joaoの夫君。
 彼女、あるいは共同名義の作品で、しなやかで柔らかな質感ながら強烈な疾走感のピアノを弾いている人。
 ポルトガル語圏のブラジルはもとより、アルゼンチン現代フォルクローレ系の“Andrés Beeuwsaert” (2015)でも楽曲が取り上げられていたり、どこか南米系と繋がっているのでしょう。
  André Mehmariよりも一回り以上年上のはず、柔らかな音の使い方も共通していて、南米のピアニストに影響が大きい人なのかもしれません。
 ピアノが二台の作品、音がぶつかってうるさくなるケースが無きにしも非ずなのですが、本作は違います。
 私的には“An Evening With Herbie Hancock & Chick Corea In Concert” (1978) Herbie Hancock & Chick Coreaに並ぶ心地よいコンサート。
 いずれも絶妙なバランス。
 短いイントロダクションを経て、フォルクローレ的な優しさに溢れたAndré Mehmariの名曲”Lagoa Da Conceição”からスタート。
 各人のオリジナル曲を中心に、とても優雅な音の流れ。
 クラシックの色はそこそこ、ジャズ~フォルクローレ~MPB的な色合いが強い感じ、ゆったりとしたセンチメンタルなメロディが中心。
 奇数拍子のフワフワとしたイメージが印象に残ります。
 抑え目ながら、要所では跳びはね、短く高速フレーズを散りばめているのがAndré Mehmari、オーソドックスにまとめているのがMário Laginhaなのでしょう。たぶん。
 いずれ劣らぬ名人芸。
 バトルではなく、上品なアンサンブルと、ピリッと効いたオブリガード、強烈なインプロビゼーション、ときおりの疾走と高揚、その他もろもろの交錯、あるいは融合。
 本作はもちろん、この二人が参加する作品はどれも名作です。




posted by H.A.

【Disc Review】“Em Casa Com Luiz Eça” (2017) Igor Eça

“Em Casa Com Luiz Eça” (2017) Igor Eça
Igor Eça (bass, guitar, voice)
Toninho Horta (guitar, voice) Itamar Assiere (piano) Jurim Moreira, Ricardo Cota (drums)
Dori Caymmi, Edu Lobo, Zé Renato (voice) Mauro Senise (flute, sax) 

Em Casa Com Luiz Eca
Igor Eca
Imports
2017-04-21


 ブラジル、ジャズサンバトリオTamba TrioのピアニストLuiz Eçaへのトリビュートアルバム。
 リーダーは明記されていませんが、息子さんのIgor Eçaが仕切ったのでしょうかね?
 楽曲はLuiz Eçaの作品を中心とした、オーソドックスなジャズサンバ。
 バンドはピアノトリオ+ギター+木管を中心とした、これまた由緒正しいオーソドックスなブラジリアン・ジャズフュージョン編成、一部ボーカル入り。
 そのギターがToninho Horta
 ガットギターはもちろん、丸い音のエレキギターもたっぷり。
 さらにボーカルはそのToninho Hortaに加えて、Dori Caymmi, Edu Loboの豪華ゲスト陣。
 ま、想像通りの平和で楽し気な音。
 普通・・・といえばその通りなのですが、Toninho Hortaのギターがたっぷり聞ければ文句なし。
 やはりこのあたりのサウンドは、気楽に安心して聞けるなあ・・・


※別のバンドから。


posted by H.A.
Profile
記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ