吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

2010-

【Disc Review】“Here Be Dragons” (2019) Oded Tzur

“Here Be Dragons” (2019) Oded Tzur

Oded Tzur (tenor sax)
Nitai Hershkovits (piano) Petros Klampanis (double bass) Johnathan Blake (drums)

Here Be Dragons
Oded Tzur
ECM
2020-02-14


 イスラエルのサックス奏者Oded Tzur、ECMレコードでの第一作。
 ピアノトリオにサポートされたシンプルなカルテット編成。
 全編静かなジャズ。
 “Fish Out of Water” (1989) Charles Lloyd、近年では“Three Crowns” (2019) Maciej Obaraあたりに通じるECMなジャズサックス作品、もっと穏やかで淡い音。
 ECMレコードでのお約束、全編ルバートでのスローバラード、とまではいかずとも、そんな感じのゆったりとしたテンポが中心。
 淡い色合いの空気感の中、静かに零れ落ちるピアノ、力が抜けた漂うようなテナーサックス。
 どこか懐かしいメロディは欧米とは違う流れ、日本の童謡的、あるいは子守唄的な感じ。
 イスラエルの人のジャズにしばしば感じる穏やかなエキゾチシズム。
 日本人アーティストのECMレコード作品“For 2 Akis” (2017) Shinya Fukumoriに近い空気を感じるのは気のせいでしょうか。
 多少テンポが上がっても、抽象度が上がっても、尖がらずベタつかない、さらりとした音。
 静かで穏やかなムードは変わりません。
 全編そんな音の流れの中、締めはなぜかElvis Presleyのバラード。
 全体の空気感にフィットしているといえばそうなのですが、これがECMで演奏されるとは・・・
 さておき、近年のECMレコード、棘がない甘くもない淡く穏やかな音、あるいはこのレーベルにしてはジャズに寄った音が少なくないのですが、本作はその真ん中、前者寄り。
 さらに加わるほのかなエキゾチシズム。
 Saudadeなジャズ。


 

posted by H.A.


【Disc Review】“Swallow Tales” (2019) John Scofield

“Swallow Tales” (2019) John Scofield

John Scofield (Guitar)
Steve Swallow (Bass) Bill Stewart (Drums)

Swallow Tales
John Scofield
ECM
2020-06-05


 大御所John Scofield、トリオでの最新作、ECMレコードから。
 ECMでは“Bass Desires” (1985) などのMarc Johnson諸作、“Saudades" (2004) Trio Beyond; Jack DeJohnetteなどで縁のある人との共演がありますが、初リーダー作。
 色合いがレーベルカラーに似合っているのかどうか?でありますが、例のブルージーでアメリカンな感じのコンテンポラリージャズ。
 楽曲は例のすっとぼけた感じのSteve Swallowの作品集。
 諸作とちょっと違うのが、ディストーション成分が少ないクリーントーンのギター。
 音が細く繊細な感じに聞こえるのはECMマジックでしょうか。
 ウネウネグニョグニョと動き、転げまわりつつあちこちに飛んでいくいつものフレージングながらも、温度感は低くクールな質感。
 淡々と4ビートを刻み続けるドラムに、これまたすっとぼけた感じのベース。
 ひたすらひたすら動き続けるギターとジャズなビート。
 それでもなんだかんだで近年のECMレコードのギタートリオっぽく仕上がっているのはレーベルの求心力なのか、名人のなせる技なのか。
 うーん、やっぱりジャズっぽいか・・・な。
 とても平和です。


 

posted by H.A.


【Disc Review】“Arctic Riff” (2019) Marcin Wasilewski Trio with Joe Lovano

“Arctic Riff” (2019) Marcin Wasilewski Trio with Joe Lovano

Marcin Wasilewski (Piano)
Slawomir Kurkiewicz (Double Bass) Michal Miskiewicz (Drums)
Joe Lovano (Tenor Saxophone)

Arctic Riff
Marcin Wasilewski Trio with Joe Lovano
ECM
2020-05-29


 ポーランドのピアニストMarcin Wasilewski、サックス入りカルテット。
 “Live” (2016)で区切りを付けてきっと変わるのだろう、と思いきや、同じく長年のSimple Acoustic Trioに、近年ECMレコードでの作品が続いている大御所Joe Lovanoのサックス。
 Marcin Wasilewskiの柔らかく穏やかな色合いに、ジャズ色たっぷりのテナーサックス。
 冒頭はECMレコードのお約束、ルバートでのスローバラード。
 柔らかなピアノの音の中を漂うサックス、リズムを縛らないベース、ドラム。
 強烈な浮遊感。
 そんな演奏が三曲ほど続いた後にようやくビートが定まりますが、浮遊感は消えません。
 フワフワとした時間の中をときおり軽快に疾走する美しいピアノのシングルトーン。
 丸みを帯びたこの人ならではの音。
 さらにほどよいサブトーンが効いたハードボイルドなテナーサックス。
 中盤を過ぎると静かなフリーやら、オーソドックスなコンテンポラリージャズな疾走チューンやら。
 音数が増えても高速に展開しても決して大きな音にはならず、たっぷりの余白。
 柔らかさ軽快さはそのまま。
 深刻には陥らない、明るいムードの音の流れ。
 オシャレって言ってしまうと違和感があるのかもしれませんが、ほどよい軽さの洗練。
 とても心地よい時間。
 名前のまま、奇を衒ったところのない、強い刺激もない、さりげない演奏です。
 が、名演、名作。


 

posted by H.A.


【Disc Review】“Promontoire” (2019) Benjamin Moussay

“Promontoire” (2019) Benjamin Moussay

Benjamin Moussay (Piano)

Promontoire
Benjamin Moussay
ECM
2020-05-29


 フランスのピアニストBenjamin Moussayのソロピアノ作品、ECMレコードから。
 ECMではLouis Sclavis系の作品に参加している人。
 クラシックに寄った静かなソロピアノ。
 メロディアスで淡く静かな音、近年のECM作品に多いスタイル。
 但し、トゲはなし。
 Keith JarrettChick Corea諸作のように煌びやかではなく、Jon Balkeあたりのように妖しくもありません。
 同じくフランスだからかどうか、François Couturierあたりの不思議感の強い空気が流れていて、それをわかりやすくした感じでしょうか。
 終始ゆったりした音の流れ。
 内省的、耽美的、とても穏やか。
 遠くから聞こえてくるようなクラシカルな美しいピアノの音。
 明るいムードで始まり、徐々に不安げな様相に展開していく音の流れ。
 甘くはなく、かといって辛くもなく、難解でもありません。
 静かに淡々と流れていく美しい音。
 ときおりの美しいメロディに覚醒しつつも、その時間は長くはなく、また淡い時間が流れていきます。
 内面から響いてくる静かで穏やかな音に浸りましょ、ってな感じでしょうか。
 落ち着いた美しいピアノ作品。


 

posted by H.A.

【Disc Review】“Discourses” (2019) Jon Balke

“Discourses” (2019) Jon Balke

Jon Balke (Piano, Sound Processing)

Discourses
Jon Balke
ECM
2020-05-15


 ノルウェーのピアニストJon Balkeのソロ作品。
 先端系、フリー系も多い近年のノルウェージャズの親分のひとりなのでしょう。
 本作は、未来的先端系ファンクジャズでも、コンボ~ビッグバンドでの疾走するジャズでも、中近東~地中海エスニックでもない、“Book of Velocities” (2007) あたりと同じ雰囲気、クラシカルな色合いを纏ったピアノの独奏。
 フリーなインプロビゼーション集なのかあらかじめ準備された楽曲なのかはわかりませんが、短く刻まれる演奏集、全16編。
 少し沈んだムード。
 緩急、内省的な感じと外に向かう感じが交錯しつつ、あくまで静かに流れていく音。
 Keith Jarrettほど激しくはなく、Paul Bleyほど甘美でも感傷的でも尖った感じでもない、クールな質感。
 抽象的なフレーズが多いわけではないのだけど、揺れ動くビートもあわせて、どこに向かうのか判然といない不思議な音の流れ。
 そんな音の動きの中から見え隠れする美しいメロディの断片。
 ときおり控えめな電子音なども交えつつ、何かが見てきそうで、やはり抽象的で、いつの間にか終わる音。
 そんな演奏が続きます。
 甘くはならず、かといって不可解でもなく、戯れのような軽さはなく、かといって深層を覗き込むような怖さもなし。
 そんな微妙なバランスが結構聞き易かったりします。
 ベタつかない美しさがクールな一作。




posted by H.A.


【Disc Review】“Sagn” (1990) Arild Andersen

“Sagn” (1990) Arild Andersen

Arild Andersen (Bass)
Frode Alnæs (Guitar) Bugge Wesseltoft (Keyboards) Nana Vasconcelos (Percussion, Vocals) Bendik Hofseth (Tenor, Soprano Sax) Kirsten Bråten Berg (Vocals)

Sagn
Andersen, Arild
Ecm Import
2000-07-25


 ノルウェーのスーパーベーシストArild Andersen、1990年、ECMレコードでの制作。
 1970年代ECM作品“Green Shading Into Blue” (1978)のようなコンテンポラリージャズフュージョンでもなく、例の激烈ハイテンションコンテンポラリージャズでもありません。
 北欧民族音楽も強い、ほどほど幻想的、ほどほど優しく、ほどほど激しい無国籍コンテンポラリージャズ。
 メンバーはノルウェーの先端系の人達、さらには近くの“If You Look Far Enough” (1988,1991,1992) と同じくNana Vasconcelosも加わった多国籍、多ジャンルの面々。
 聞き慣れない音階の旋律、聞き慣れない言語の響き、朗々とした女声、静かで妖しいパーカッションに奇声、薄く流れる電子音にシンセサイザー、沈痛な色合いのハイテンションサックス、アコースティックからハードロックまで変幻自在なギター。
 基本的にはアコースティックな質感、北欧エスニックで勇壮なメロディ、敬虔な歌・・・、と思っているとシンセサイザーとシャープなビートのジャズフュージョン風・・・、その合間々にNanaさんのケッケッケッケッケー・・・・
 ってな感じで、いろんな要素、てんこ盛り。
 さすがECMな混ざり具合。
 全部合わせてとてもドラマチック。
 とても妖しく、重々しい場面もあるのですが、あまり気難しさ、沈痛さは感じません。
 マニアックですが優しい音。
 どこか流れている懐かしい感じがそう感じさせるのかもしれません。




posted by H.A.


【Disc Review】“Franz Schubert: Die Nacht” (2018) Anja Lechner, Pablo Márquez

“Franz Schubert: Die Nacht” (2018) Anja Lechner, Pablo Márquez

Anja Lechner (cello) Pablo Márquez (guitar)

DIE NACHT
ANJA LECHNER/ PABLO MARQU
ECM
2018-11-01


 ドイツのチェリストAnja Lechnerとアルゼンチンルーツ?のギタリスト Pablo MárquezのDuo、ECM New Seriesから。
 もちろんクラシック。
 あまりこの域には近寄らないのですが、ECMでお馴染みのAnja Lechnerとアルゼンチン系のギターとなれば、おそらく好みから遠くないと想像し。
 違わぬとても優しく揺らぐ音。
 シューベルトとブルクミュラーの楽曲集のようですが、期待通りに現代フォルクローレな空気感もそこそこ・・・気のせいなのかもしれませんが・・・
 とにもかくにも穏やかでノーブルな音。
 流れるようなギターと揺れるチェロ。
 おそらくは何らかの意味のある楽曲の選択、構成なのでしょう。
 そちらは詳しい方にお任せするとして、明るい色合いから始まり、悲喜こもごもな空気感の移り変わり。
 いずれも穏やか。
 上品な揺らぎがとても心地よい時間。
 夜ではなくて、朝ともちょっと違って、昼下がりな感じ。
 ビート感が強くないなあ、キチンとし過ぎているなあ、刺激がないなあ・・・ってなのはジャズやロックに慣れてしまった耳ゆえの哀しさ。
 心穏やかに優雅な空気に浸るのが吉。
 とても平和。


 

posted by H.A.


【Disc Review】“Prism” (2013) Dave Holland

“Prism” (2013) Dave Holland

Dave Holland (bass)
Kevin Eubanks (guitar) Craig Taborn (piano, Fender Rhodes) Eric Harland (drums)

PRISM
HOLLAND, DAVE
OKEH
2013-09-20


 Dave Hollandのロックなジャズ。
 ピアノトリオとギター、ファールトコールなジャズメンたち。
 ギターがKevin Eubanksとくれば、カミソリのように鋭いハイテンションジャズ“Extensions” (1989)、あるいは“Turning Point” (1992)、“Spirit Talk” (1993) あたりの音を期待してしまうのですが、意外にも強いロックテイスト。
 ディストーションを掛けてチョーキングしまくりのギターにエレピ、ちょっと重めながら現代的な複雑感のあるビート。
 エレクトリックMilesの時代の音を整えてもっとロックに寄せた感じがしないでもないですが、むしろプログレッシブロックそのものな感じ。
 それはアクセントかな?と思いつつ聞き進めると、全編そんな感じ。
 なんだかんだでアコースティックジャズの人と思っていただけに、これは意外な展開。
 さておき、もちろん演奏は超一線級。
 ドラムがビシバシして、変態的なグニョグニョエレピ、そしてKevin Eubanksのロックなギターが全編で唸りまくり。
 ファンクあり、混沌あり、激しいビートのロック色全開のジャズ。
 この手の音楽、この時期に流行っていたかなあ・・・?
 さておき、気持ちを切り替えてしまえば、これはこれで心地よかったりして。




posted by H.A.


【Disc Review】“The Razor's Edge” (1987) Dave Holland

“The Razor's Edge” (1987) Dave Holland

Dave Holland (bass)
Marvin Smitty Smith (drums) 
Kenny Wheeler (flugelhorn, trumpet, cornet) Robin Eubanks (trombone) Steve Coleman (alto saxophone)

Razor's Edge
Holland, Dave
Ecm Records
2000-06-06


 Dave Holland、1987年作。
 “Jumpin' In” (1983), “Seeds of Time” (1984)に続く三管、ピアノレスでのクインテット。
トロンボーンが交代し、Kenny Wheeler以外は変拍子ファンクジャズ集団M-Base閥で固められました。
 が、この期はまだまだ普通にジャズ。
 冒頭からこれECMでやるの?な明るく平和な感じの“ど”ジャズ。
 強烈な推進力のリズム隊に、Kenny Wheelerさておき、黒々としたホーン陣。
 とてもモダンジャズ。
 が、二曲目はフリービート、全編ルバートっぽいバラード、いかにもECM。
 Kenny Wheelerの音が聞こえるとヨーロピアンハイテンションジャズに聞こえてきたり、やっぱり平和でブルージーなジャズだったり、危機感煽り系の演奏はSteve Colemanの曲だったり・・・
 そんな色合いが交錯します。
 ピアノレスゆえのたっぷりの空間を埋め尽くすのはボコボコと鳴り響くベース。
 華やかな音でないだけにクールでハードボイルド。
 そんな中で響くホーンの残響音が孤高な感じで、これまたハードボイルド。
 ここから先は編成をさまざまに変えつつ、クールでハードボイルドなジャズが続きます。

※別のバンド、アルバムから。


posted by H.A.


【Disc Review】“A Night in Brazil” (2008) Joao Gilberto

“A Night in Brazil” (2008) Joao Gilberto

Joao Gilberto (Guitar, Voice)

A Night In Brazil
Joao Gilberto
Hi Hat
2020-05-31


 Joao Gilberto、未発表ライブ音源、2020年発表。
 “In Tokyo” (2003)の5年後。
 幽玄で異様なまでの静けさと緊張感に覆われたそちらに対して、地元ブラジルゆえか、曲間の観客の熱狂の印象ゆえか、楽し気な印象。
 キリッとした印象もある"Live at Umbria Jazz" (2002)よりも、同じくブラジルでのステージ“Eu Sei que Vou Te Amar" (1994)をもっとリラックスした感じにして、柔らかく力が抜けたイメージでしょうか。
 定番のボサノバスタンダードがズラリと並ぶ、たっぷり29曲。
 MCなども含めて、ステージを丸まま収めた?のであろう一時間半。
 雑音やら何やらが乗っていますが、まあよしとしましょう。
 柔らかなギターと、紗が入った感じもする声。
 会場の空気感ゆえか、録音の具合なのか、心なしかマイクと口の距離がいつもよりも遠いような感じがして、朗々と・・・なんて聞こえる場面もちらほら。
 それら含めて、静謐な空間の中をひたすら静かな音が流れていく“In Tokyo” (2003)、あるいは最も近いスタジオ録音“João Voz e Violão” (2000)とはまた違った印象。
 そして最後に納められた、意外にも録音が少ない”Girl From Ipanema”。
 “Getz / Gilberto” (1963)は半世紀以上も昔、古今東西あまたのカバーあれど、この声で流れていくメロディが正調かつベスト。
 “Wave”, ”Corcovado”, ” Desafinado”, ” Estate”・・・その他諸々、また然り・・・と書いてしまうと神様Jobimさんから怒られるのでしょうかね。
 そんな感じのもう一人の神様の記録。

※別のステージから。




Chega de Saudade” (1959)
O amor, o sorriso e a flor” (1960)
Joao Gilberto” (1961)
(“The Warm World of João Gilberto” (1958-1961))
  “Getz/Gilberto” (18,19,Mar.1963)
  “Getz/Gilberto Vol. 2” (Oct.1964) 
  "Herbie Mann & João Gilberto with Antônio Carlos Jobim" (1965)
João Gilberto” (1972-1973)
  “The Best of Two Worlds”(May.1975) 
  “Getz/Gilberto'76” (May.1976)
Amoroso” (1976)
 "João Gilberto Prado Pereira de Oliveira" (1980) 
Brasil” (1981)
 “Live in Montreux” (1985)
João” (1991)
 "Eu Sei que Vou Te Amar" (1994)
João Voz e Violão” (2000)
 "Live at Umbria Jazz" (2002)
 “In Tokyo” (2003)
 “A Night in Brazil” (2008)

posted by H.A.


Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ