吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

2000-2009

【Disc Review】”Rendezvous Suite” (2009) David Murray, Jamaaladeen Tacuma

”Rendezvous Suite” (2009) David Murray, Jamaaladeen Tacuma
David Murray (Tenor Saxophone, Bass Clarinet) Jamaaladeen Tacuma (Bass Guitar)
Ranzell Merrit (Drums) Mingus Murray (Guitar) Paul Urbanek (Keyboards)
 
Rendezvous Suite
Jamaaladeen Tacuma
C Major
2013-01-29
デヴィッド・マレイ
ジャマアラディーン・タクマ


 真っ黒けな音の過激なサックスDavid MurrayとヘビーなファンクのJamaaladeen Tacumaの共演作。
 名前だけで鬼も逃げ出しそうな恐ろしいコンビですが、その通りのいかつい音。
 似たタイプの共演で名作“Layin' in the Cut” (2000) James Carterがあり、近いムードですが、本作の方が少しだけジャズに寄っているかもしれません。
 楽曲はJamaaladeen Tacuma作のファンク。
 例によってヘビーなベース。
 ちょっと前の時代のような、ベンベンってな感じの音が強烈な存在感。
 決して音数が多いわけでもフレージングが派手なわけでもないのにさすがの凄み。
 黒光りしているようなベースですが、さらに黒光りするようなテナーサックス。
 “Layin' in the Cut” (2000) James Carterも十二分に怖いですが、さらに親分登場・・・ってな感じ。
 あちらが激走超大型タンクローリーのような音だとすれば、こちらは黒塗りの大型セダン。
 ゆったりと前に進むようなグルーヴに、決して激しく叫ぶわけではないドスの効いた真っ黒けのサックス。
 なんだか余裕があって「相対的には」上品に聞こえたりもします。
 不良な大人の音。
 一番やんちゃなのは何曲かで大きくフィーチャーされるギター。
 Jimi Hendrixを離散型にした感じのズルズルグチョグチョな音。
 全編?8ビート、ミディアムテンポのファンク。
 ベースはもちろん、シンセサイザー的な音も所々に入って、表面上は全くジャズっぽくありません。
 それでもどことなくジャズな香りがします。
 なんだかんだでDavid Murrayのサックスがジャズっぽいからでしょうかね?
 ファンク、ラテン、アフリカなんでもこいの人ですが、やっぱりジャズの人。
 そんな微妙なバランスがなんとも不思議なジャズファンク、あるいはファンクジャズ。
 真っ黒けの過激な音。

※こちらはJamaaladeen Tacuma在籍中のOrnette Colemanのバンドから。
 近いかな?違うなあ・・・?


posted by H.A.

【Disc Review】“Layin' in the Cut” (2000) James Carter

“Layin' in the Cut” (2000) James Carter
James Carter (saxophones)
Jef Lee Johnson, Marc Ribot (electric guitar) Jamaaladeen Tacuma (electric bass) G. Calvin Weston (drums)
 
Layin in the Cut
James Carter
Atlantic / Wea
2000-06-05
ジェームス カーター



 James Carter、この前作“Chasin' the Gypsy” (2000)から一転して真っ黒けなファンクの一作。
 Jamaaladeen Tacumaの繰り出すどヘビーなファンクビートをバックにしたドスの効いたファンクジャズ。
 このバンドのメンツがその世界でどのくらい凄い人なのかは情報を持っていないのですが、まあ、ただ事ではないド迫力の音。
 ドスの効いたJames Carterのサックスに輪をかけたようなドスの効いたファンク。
 ヘビーなビートを叩き出すベースとドラムに、ロックでもジャズでもないカッコいいカッティングに歪んだサウンドのズルズルグチョグチョインプロビゼーションのギター。
 さすがにこうなると、激しくてもどことなくノスタルジックでエレガントなJames Carterではありません。
 ちょっと怖いというか、地下から響いてきそうな音、あるいは激走超大型タンクローリー、ってな感じ。
 フリーキーな音、最初から最後まで超過激に吹き倒しまくるサックスは、とてもヤクザな感じのバンドサウンドにピッタリ。
 アコースティック4ビートでここまで吹くとちょっとやり過ぎ感もあるのだけども、このバンドサウンドにサックスを乗せるとすればこれしかないでしょう。
 多くのJames Carterのオリジナル曲に、一部がギタリストJef Lee Johnsonの曲。
 これまたド迫力のファンク曲が揃っています。いかにも不良な音。
 聞いている方の体温が上がってしまいそうな凄まじさ。
 素直なアコースティック4ビートジャズではないし、ファンクでもなし。
 この手の音楽ってジャズファンからもファンクファンからも敬遠されるのでしょうかね?
 私的には“JC on the Set” (1993)と並ぶお気に入りのJames Carter。
 ジャズとしても聞いても、おそらくファンクとして聞いても凄いアルバム。
 名作だと思うけどなあ。

 


posted by H.A.


【Disc Review】“Parish” (2004) Thomas Stronen

“Parish” (2004) Thomas Stronen
Thomas Stronen (Percussion) 
Bobo stenson (Piano) Fredrik ljungkvisk (sax, clarinette) Mats Eilertsen (bass)

Parish (Slip)
Thomas Stronen
Ecm Records
2006-03-14





 ノルウェーのドラマーThomas Stronenのリーダー作。
 “Rica” (2001) Parishと同じメンバー、北欧コンテンポラリージャズカルテットですが、そちらのOrnette Coleman色、Bobo Stenson色、あるいはMats Eilertsen色に対して、本作はかなり印象が異なります。
 集団でのインプロビゼーションを中心とした静音フリージャズな作品。
 素直なカルテット、あるいはトリオでの演奏はなく、パーカッションを中心として、メンバーが入れ替わり立ち替わりしながら展開していくスタイル。
 “Rica” (2001)の淡い色合い、静かな音の流れはそのままに、定常なビート、聞き慣れたメロディ的な要素がなくなり、抽象度が高く、先の読めない展開が中心。
 ECM移籍第一作は往々にしてフリーインプロビゼーション中心になるケースが見受けられますが、変幻自在のパーカッショニストThomas Stronen のそれとして見るのであれば、いかにもな色合いなのでしょう。
 いきなり応用編からぶつけられる感じで、聞く側からすればなかなか取っつきにくいことも否めないのですが、そのアーティストの色合いを洗い出すにはいい方法なのかもしれません。
 結果としては、ECMならではの静かで硬質でひんやりとした音、先の展開予測不可能、変幻自在の北欧ジャズ。
 全体をリードするなかなか定常なビートを出さないパーカッションに美しいピアノ、静かながらクダを巻く系のサックスが絡み合いつつ流れていく時間。
 多くが不思議系、出口の見えない迷宮系。
 が、キツイ感じのフリージャズではありません。
 Bobo Stensonのピアノが相変わらず美しい。
 さらに、中盤以降に納められた何曲かのリーダーのオリジナル曲は、哀愁が漂うハードボイルドなメロディ。
 強烈な浮遊感が心地よいルバート的なスローバラードもあります。
 それらをCD前半にもってくるともっと人気作になるんじゃないかなあ・・・とか思ったりもしますが・・・
 そんなアクセントを含めて、淡い感じが心地よいととらえるか、あるいは先の読めないスリリングさがカッコいいととらえるか、はたまた抽象的にすぎてよくわからんととらえるか・・・
 ま、人それぞれかと。
 私的にはさすがにECMの音、静かで美しい音の流れが心地いいし、さらにその中から突然に現れる、ECMのお約束?の全編ルバートでのスローバラードなんてカッコいいなあ、と思います。
 静かな非日常感が心地よい一作、但し、応用編かな?
 この先、サックスとのDuoバンド"Food"の作品が何作か、リーダー作はしばらく先の“Time Is A Blind Guide” (2015) 。
 そちらはメンバーがガラッと変わって、音も変わって、わかりやすい感じです。
 やはりECMへの移籍後は、第二作ぐらいから落ち着いてくるのかな・・・?




 posted by H.A.


【Disc Review】“Rica” (2001) Parish

“Rica” (2001) Parish
Thomas Stronen (Percussion) Mats Eilertsen (bass) Bobo stenson (Piano) Fredrik ljungkvisk (sax, clarinette) 

Rica
Parish
Imports
2008-05-06


  ノルウェーのドラマー、ベーシスト、スウェーデンのピアニスト、サックスの北欧混成バンド、ライブ録音。
 Bobo Stensonはもとより、今やECM御用達の面々、同じ編成でECM作品“Parish” (2004) Thomas Stronenがありますが、本作はそれよりも少々前、オランダのレーベルから、少々普通のジャズ寄りの演奏。
 編成こそオーソドックスなサックスカルテット、インプロビゼーションのスペースはたっぷりありますが、サックスが前面に出るわけでなく、アンサンブルが中心。
 いかにもな北欧的コンテンポラリージャズの音かもしれません。
 誰がリーダーといったわけではないのでしょうが、さすがに歳の功、静かな空間に響くとても美しいBobo Stensonのピアノが映える音作り。
 抽象的でフリーな演奏も少々混ざりつつもその場面は多くはありません。
 Charlie Haden風のベースソロから始まり、タイトル”Mon Cherry”からすればDon CherryかOrnette Colemanトリビュート、”Lonely Woman”な感じからスタート。
 Bobo Stenson絡みの“Dona Nostra” (1993) Don Cherryなんて名作を想像してしまいますが、もう少しジャズ寄りでしょう。
 さらにはSam Riversなんて通好みの人の楽曲。
 これまたちょっとひねくれていながらもジャジーな演奏。
 その他含めて全編淡い色合い、静かで思索的な展開が続きます。
 後のECM作品“Parish” (2004) Thomas Stronenほど抽象度は高くなく、"Rubicon" (2015) Mats Eilertsenのように郷愁感が前面に出るわけではありません。
 やはり大御所Bobo Stensonのとんがったジャズの色合いが強いのでしょうかね?
 Bobo Stensonとしては“Live At Visiones” (1997) Lars DanielssonでLars Danielsson、Dave Liebmanとのコラボが終了し、ECMで“Serenity” (1999)などのトリオ諸作を作っている時期。
 何かしら新しい音を探している時期だったのかもしれません。
 が、最後はBill Evansの“Very Early”、17分を超えるフワフワと漂うような美しいジャズ演奏。
 やはりBobo Stensonかあ・・・?

※後の“Parish” (2004) Thomas Stronenから、唯一ジャズっぽい演奏。


 posted by H.A.


【Disc Review】“Desperate Dance” (2015) Pablo Ziegler, Quique Sinesi

“Desperate Dance” (2015) Pablo Ziegler, Quique Sinesi 
Pablo Ziegler (Piano) Quique Sinesi (Guitar) 
Walter Castro (Bandoneon)
 
Desperate Dance
Pablo Ziegler
Yellowbird
2015-09-04
パブロ ジーグラー
キケ シネシ


 Astor PiazzollaバンドのピアニストPablo Ziegler のトリオ作品。
 前作?“Bajo Cero” (2003)と同じメンバー、10数年ぶりのアルバムのようです。
 そちらと変わらない穏やかなタンゴ的ジャズ、ジャズ的タンゴ。
 明るくて軽やか、Piazzollaの音楽の緊張感、深刻さ、激しさを薄めた感じはそのままですが、前作よりも少しタンゴ色が強いかもしれません。
 Pablo Ziegler のオリジナル曲を中心に、Piazzolla二曲、Quique Sinesiが二曲。
 Quique Sinesiの曲までタンゴっぽくて、そちらに振ろうとしたというか、むしろ前作の方がカラフルで変わった色合いなのかもしれません。
 なぜか”Mahavishnu Tango”なんてJohn McLaughlinの曲までありますが・・・
 タンゴの色合いが強くなると薄味のPiazzollaってなイメージも強くなっていますかね。
 Piazzolla的タンゴを演奏しても、Gary Burton諸作にしろ、Pablo Ziegler諸作にしろ、 Astor Piazzollaがいないと、重厚さ、緊迫感が薄らぎ、全く違う音になってしまいます。
 ま、それがいいのかもしれません。
 共通するのは哀愁が漂うセンチメンタルなメロディ。
 ビート感、音の流れはタンゴ的なのですが、インプロビゼーションが始まるとPablo Ziegler、Quique Sinesiともにジャズなムード。
 軽くて穏やかな色合いのバンドネオンも合わせて、とても軽快で快適。
 前作と同様、とてもオシャレです。
 ジャケットの素晴らしいポートレートは、少々夜なタンゴっぽい感じですが、音は明るくてさわやか。
 今の季節、昼下がりあたりにピッタリの音。




posted by H.A.
Profile
記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ