吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

1990-1999

【Disc Review】“edição comemorativa: 10 anos de lançamento” (1998) André Mehmari, Celio Barros

“edição comemorativa: 10 anos de lançamento” (1998) André Mehmari, Celio Barros
André Mehmari (piano, flute, guitar, synthesizer, Rhodes, bandolim, percussion, etc.) Celio Barros (bass)
Sergio Reze (drums) Luca Raele (clarinete) Renato Martins (percussion)

Andre Mehmari & Celio Barros
Andre Mehmari アンドレメーマリ
Caravelas
2014-06-12


 ブラジルのスーパーピアニストAndré Mehmari、若き日の、同じくブラジル人ベーシストの双頭リーダー作。
 当時の作品、アルバムからのオムニバスなのだと思いますが、詳細は分かりません。
 トリオ、Duo、ソロ、ギターやアコーディオンを交えたアンサンブルなどなど、さまざまな編成でのさまざまな演奏。
 穏やかで優し気なメロディと瑞々しく美しい音。
 この人ならではの独特の浮遊感、遠くを見るような郷愁感。
 ”Forcas D'Alma” (1999) Tutty Moreno、“nem 1 ai” (2000) Monica Salmasoなどの参加作品を聞くと、初期はジャズっぽい演奏だったのかな?と想像していましたが、そればかりではないようです。
 本作、確かにピアノトリオ、あるいはベースとのDuoで現代的ながらオーソドックスなジャズな演奏も目立ちます。
 が、クラシック風あり、奇数拍子のフォルクローレ風あり、優しく穏やかなポップス風のインスツルメンタル曲あり、現代音楽的なアバンギャルド風味あり、バンドリンなどを交えたブラジリアンエスニックな演奏あり・・・
 ってな感じで、後のAndré Mehmariの音楽がこの時点で揃っています。
 ないのは歌のみ、でしょうか。
 ピアノはこの時点から圧倒的な演奏力。
 時折見せる、欧米の若手代表選手?Leszek_MozdzerTigran_Hamasyanに匹敵するような、指に加速装置が付いているとしか思えないような疾走感。
 欧米の彼らと比べるとトゲや毒気が薄く、身構えて聞かなくてもいいのがこの人の色合い。
 さらに要所でしっかりとタメが効いて、伸び縮みするようなビート。
 本作では一曲一曲が短いこともあってか、全編通じて凄まじい・・・といった感じではありません。
 また、全体で物語を綴るような構成は、まだありません。
 が、只モノではない感、十二分な演奏揃い。
 冒頭のDuo、ルバートでのバラード”Prologo”から、クラシックとジャズとミナスが入り混じるような瑞々しくも美しい音。
 アグレッシブにあちこちに跳びまわるソロピアノで演奏するGismontiナンバー"Loro"なんて最高。
 やはりEgberto Gismonti、あるいはKeith Jarrettからの影響は多大だったのかなあ、と思ったり、思わなかったり。
 ガシガシ弾き倒しているようでフワフワした浮遊感があるのものこの人ならではの色合い。
 ベースのCelio Barrosはおそらくジャズの人なのでしょう。
 しっかりしたグルーヴに硬軟織り交ぜカッコいい音使い。
 全部Duoで作ってしまえば、また違った凄い作品になりそうな予感。(あるのかな?)
 全編通じた浮遊感とセンチメンタルなメロディは、後の大傑作“Lachrimae” (2003)が生まれる予感、十分。
 やはりこの期からタダモノではありません。
 ・・・ってもこれも廃盤なのかな?

※別の時期のトリオから。


 posted by H.A.



【Disc Review】“The Real Quiet Storm” (1995) James Carter

“The Real Quiet Storm” (1995) James Carter
James Carter (tenor, alto, baritone, soprano saxophone, bass flute, bass clarinet)
Craig Taborn (piano) Dave Holland, Jaribu Shahid (bass) Leon Parker, Tani Tabbal (drums)
 
Real Quietstorm
James Carter
Atlantic / Wea
1995-03-08
ジェームス カーター

 James Carterのアメリカでのデビュー作(?)。
 “JC on the Set” (1993)があまりにもカッコよかったので、否が応でも大期待して聞いたアルバム。
 タイトル、から“Lovers” (1988) David Murrayを超えるバラード集か・・・?
 が、ちょっと想像とは違っていました。
 意外にもオーソドックス。
 タイトルなどから想像されるバラード集ではなくて、アップテンポ、ミディアムテンポが半数ぐらいなのはこちらの勘違いですが、“JC on the Set”、 “Jurassic Classics” (1994)のようなぶっ飛んだ演奏はありません。
 各曲ともにコンパクトにスッキリとまとめられたジャズ。
 上記二作では少々ながらあった激しいフリーの時間もありません。
 このくらい普通の方が一般受けするんでしょうね。
 冒頭の"'Round Midnight"のバリトンサックスとピアノとのDuo、最後のバリトンとベースとのDuoなんて、身震いするような迫力。
 張り詰めて破裂しそうな音とビブラートのドスの効いた音と何の迷いも感じられない堂々としたフレージングなど、他の人には出せない音。
 ちょっと音を出すだけで周囲を威圧できる人はなかなかいません。
 ぶっ飛ぶJames Carterを知ってしまうと寂しい感じもしますが、David Murrayとは違って、バラード系ではそれはしない主義なのかもしれません。
 いずれにしてもスッキリしたオーソドックスなバンドサウンドのジャズ、サックスはちょっとすごい現代的なモダンジャズの一作。
 
 


posted by H.A.


【Disc Review】“JC on the Set” (1993)、“Jurassic Classics” (1994) James Carter

“JC on the Set” (1993)、“Jurassic Classics” (1994) James Carter
James Carter (tenor, alto, baritone saxophone)
Craig Taborn (piano) Jaribu Shahid (bass) Tani Tabbal (drums)
 
Jc on the Set
James Carter
Sony
1994-08-23
ジェームス カーター




Jurassic Classics
James Carter
Sony
1995-03-28


 ゴリゴリサックスJames Carterのデビュー作。たぶん。
 ぶっ飛んだ現代的モダンジャズ。
 確かJoshua Redmanと同じ時期に出てきたのだと思うのですが、当時からArchie Shepp、David Murray大好きな当方としては、James Carterの方が好み。
 というか、彼らに続く人がやっといたか・・・と思った記憶。
 ゴリゴリベース、ビシバシゴラム、ガンガンゴンゴンピアノ。
 そんな音を背景にして突っ走るサックス。
 Archie Sheppに似た感じの少し歪んだような、それでいてなぜかとてもキレイな音。
 艶やかさではDavid Murrayの方が勝るかもしれないけども、Ben Websterのサブトーンを大幅に減らして軽くしたような、これこそジャズのサックスな素晴らしい音。
 フリーキーな音も使いながらも、ビートやコード、ジャズの枠組みからは大きくは逸脱しない安心感。
 音がいいし、リズムへのノリは抜群だし、表現力は変幻自在。
 ヤクザな感じで上品さには欠けるのかもしれないけども、その方がジャズっぽくてカッコいい、というか、ジャズのサックスはこうでなくっちゃね。
 バンドが一体となってどこまでも突っ走っていくような心地よさ。
 アグレッシブで激しいけども、どこを切ってもジャズが好きで仕方ないことが伝わってくる音。
 ファンキーでブルージーなオリジナル曲に加えて、Don ByasにElligton、さらにSun Raなんて選曲はちょっとなかなか・・・
 これ以上やり過ぎるとモダンジャズの枠組みからは外れてしまいそうなギリギリのサジ加減。
 本作、最高の現代的モダンジャズだと思います。
 本作から二十余年、他にもっといいのあったかなあ・・・?

 同じメンバーでの一年後のセッション、続編“Jurassic Classics”はジャズ曲のカバー中心。
 耳に馴染んだ楽曲からすればモダンジャズ度はさらに高いのですが、演奏はぶっ飛んでいます。
 “Take the "A" Train”なんてもうグチャグチャ・・・というか、暴走列車。
 これでもかこれでもかの最高の疾走ジャズ。
 これがECM静音ジャズのCraig Taborn・・・?
 ビートやコードを崩すわけではないので、基本的には整った演奏なのですが、その制約の中でどこまで暴れることが出来るか限界に挑戦するようなインプロビゼーション。
 スタジオ録音ってな感じよりもライブそのままな感じ。
 疾走感、ハチャメチャ感は“JC on the Set”よりもこちらの方が上でしょう。
 もうこのくらいで勘弁してください・・・ってな感じ。
 これはちょっとやり過ぎでしょう・・・と眉を顰めるか、もっとイケーっとワクワクするかは人それぞれでしょう。
 私はもちろん後者のクチです。
 あの時代の音として片づけてしまうにはあまりにも素晴らしい、ハイテンションなぶっ飛び現代的モダンジャズ。
 こりゃ気持ちいいや。
 
 


posted by H.A.

【Disc Review】“Craig Taborn Trio” (1994) Craig Taborn

“Craig Taborn Trio” (1994) Craig Taborn
Craig Taborn (piano)
Jaribu Shahid (bass) Tani Tabbal (drums)
 
Craig Taborn Trio
Craig Taborn
Diw Records
1998-08-18
クレイグ・タボーン

 今や静謐なECMアーティストのCraig Tabornの初期作品、日本制作アルバム。
 “Jurassic Classics” (1994) James Carterの次日、サポートのピアノトリオそのままのセッション。
 “Avenging Angel” (2011)などの一連のECM作品とは全く別人としか思えない、現代的ぶっ飛びモダンジャズ+少々フリージャズ。
 久々に引っ張り出してきましたが、20年以上経過した今の耳で聞いても凄い演奏。
 確かに今のコンテンポラリージャズと比べるとビートもシンプルだし、モダンジャズの香りも濃厚、クールな感じもありません。
 が、その分凄い熱量。
 ゴリゴリベースとビシバシドラムが繰り出す強烈な推進力。
 その上を突っ走り、飛び跳ねるピアノ。
 ド迫力のピアノトリオ。 
 Herbie Hancockっぽい背景に、Monk的、Ellington的、Cecil Taylor的のエッセンスを散りばめたような感じ。
 さらに何かもう一歩二歩進んだような、しかも整った音。
 これでもかこれでもかとたたみかけてくるような激しさ、爽快感。
 “WOW”大西順子が1993年のリリースですか。
 なるほど、そんな時代だったようです。




posted by H.A.


【Disc Review】“Libertango: The Music of Astor Piazzolla” (1999) Gary Burton

“Libertango: The Music of Astor Piazzolla” (1999) Gary Burton
Gary Burton (Vibraphone)
Marcelo Nisinman (bandoneon) Pablo Ziegler, Nicolas Ledesma (piano) Horacio Malvicino (guitar) Héctor Console (contrabass) Fernando Suarez-Paz (violin)
 
Libertango: Music of Astor Piazzolla
Gary Burton
Concord Records
2000-04-04
ゲイリー バートン

 Gary Burton、“Astor Piazzolla Reunion: A Tango Excursion” (1996)に続くAstor Piazzollaトリビュート。
 本作も名作“Tango: Zero Hour” (1986) Astor Piazzollaのメンバー+ビブラフォン。
 前作と同じ質感の軽めで華やかなタンゴ。
 Astor Piazzollaバンドと空気感は全く異なりますが、ジャズ、フュージョンっぽいわけでなく、あくまでタンゴ。
 もちろん、Gary Burton的な洗練され華やかな現代的な音。
 フュージョンはさておいても、もっとジャズっぽくアレンジしてもよさそうな感がありますが、それだとPiazzollaキンテートの面々の力量が生きないし、神様Piazzollaへの冒涜になるのでしょうかね?
 “Libertango”で幕を開け、”ブエノスアイレスの冬”に続き、”Escualo”、”Milonga del Angel”などを経て、”Adios Nonino”で締める構成。
 前作よりもこちらの方が人気曲のオンパレードでしょうか。
 あざとい、っちゃあそうだけど、著名な名曲を選んで、いい感じに並べようとすると、確かにこんな感じになりそうですよね。何も異論はございません。
 本作、加えて前作を聞けば、Astor Piazzollaの人気曲を概ね聞けてしまうといえばそうでしょう。
 Piazzolla特有のキツさ、深刻さもこのバンドではマイルド。
 私的にはAstor Piazzollaオリジナルの冷たく沈んでいく感じの方が好みですが、こちらの方が気に入る人がいても全く不思議ではありません。
 もちろんオリジナルとは質感は異なれど、一部の隙も無い演奏力、名曲、名演揃い。
 Piazzolla入門編としていける、たぶん。
 ジャケットも最高。
 



posted by H.A.


Profile
記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ