吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

1980-1989

【Disc Review】“Fairytales” (1982, 1979) Radka Toneff

“Fairytales” (1982, 1979) Radka Toneff
Radka Toneff (voice) Steve Dobrogosz (piano)

フェアリーテイルズ (BOM13001)
ラドカ・トネフ
ボンバ・レコード
2015-11-21


 ノルウェーの女性ジャズボーカリストRadka Toneff、ピアノとのDuo作品。
 とてつもなく美しく、悲しいアルバム。
 アメリカ~スウェーデンのピアニストSteve Dobrogoszは、クラシックのムードも纏った美しく上品な音。
 決して派手ではありませんが、時折のタメ、零れ落ちるような、浮遊するような音使いを含めて、ECMでリーダー作があってもおかしくない、いかにもヨーロッパジャズなピアノ。
 その上を漂うような、透明度の高い可憐なボイス。
 線が細めに聞こえること、上の方で微妙に裏返る事も含めて、とても繊細で儚い歌。
 ポップスからの選曲、“My Funny Valentine”、”Nature Boy”といったスタンダード。
 大きなフェイクもなく、奇をてらったアレンジもありません。
 際立って美しい声とピアノ、全編スローで徹底的に静謐な事を除けば、この時代の作品にはたくさんありそうな構成。
 ECMの名作“Somewhere Called Home” (1986) Norma Winstoneあたりに近い感じではあるのですが、もっとポップで、もっと普通にジャジー。
 静かで淡々とした色合いは、あの時代の北欧ジャズの静かで美しい佳作、確かに妖精だなあ・・・とサラリと聞き流してしまうかもしれません。
 が、なぜか微かに漂う凄み。
 その根源はよくわかりません。
 事実としては、Radka Toneffは本セッションの数ヶ月後に自殺したとのこと・・・
 ・・・
 似た感じだからといって他のアルバムと並べるのはちょっと畏れ多い。
 大名作です。




posted by H.A.

【Disc Review】“Paris, Texas” (1985) Ry Cooder

“Paris, Texas” (1985) Ry Cooder
Ry Cooder, David Lindley, Jim Dickinson (Performer)



 Ry Cooderの映画音楽。
 もちろん全編で例のスライドギターが鳴っているのですが、いつもの諸作とはイメージが異なります。
 とても静かでゆったりとした音の流れ。
 寂し気で悲し気な音。
 スぺクタルでも、深刻な悲劇でもなさそうな、極めて日常的な何気ないやるせなさ。
 そんな空気感を醸し出す、遠くで響いているような、ギター+αの余白の多い、薄い音、少ない音数の空間。
 ソロ、少人数での演奏が中心ゆえの、定まるような定まらないような、漂うような音の流れ。
 いつもよりシンプルな構成の楽曲、コードの繰り返しゆえの穏やかな高揚感と陶酔感。
 ルーズでレイドバックして聞こえるはずのスライドギターが、寂し気に幻想的に弾きます。
 極めて何気ないのだけども、なぜか別世界へのトリップミュージック。
 とても素敵な音楽です。

 このアルバムがECM的だ、と強弁するつもりはありませんが、とても静かな“Silent Light” (2016) Dominic Millerを聞いてこのアルバム、その他Ry Cooder諸作をなぜか思い出してしまいました。
 きっとどこか繋がっているんでしょうね・・・?




posted by H.A.




【Disc Review】“Lookout for Hope” (Mar.1987) Bill Frisell

“Lookout for Hope” (Mar.1987) Bill Frisell
Bill Frisell (electric, acoustic guitars, banjo)
Kermit Driscoll (bass) Joey Baron (drums)
Hank Roberts (cello and voice)

Lookout for Hope: Touchstones Series (Dig)
Bill Band Frisell
Ecm Records
2008-08-26


 カリスマ大御所ギタリストBill Frisellの人気?作。
 近年のクリエイティブ系のギタリストの多くの人が、この人から影響を受けているように感じますが、そのサウンドのショーケースのようなアルバム。
 私的にはさかのぼって聞いた人で、“On Broadway Volume 1” (1988) Paul Motianで初めて聞いた時は幻想的な音を出す人。
 本作と同時期の録音の“Second Sight” (Mar.1987) Marc Johnsonなどのカントリーテイストであれれ?
 “Molde Concert” (1981) Arild Andersenのギンギンのロックテイストであれっれれ?ってな感じ。
 それらの多様な色合いがギュッと詰まっているのがこの作品。
 基本的にはギタートリオ+チェロのシンプルな編成なのですが、とてもそんな風には聞こえない複雑な音。
 冒頭曲はヘビーなハードロック風。
 ディストーションを掛けたズルズルギターと、これまた超クリエイティブ系のチェリストHank Robertsとのハードな絡み合いがなんとも不思議でクリエイティブ。
 と思っていたら、いきなりレゲエのビートと、スラックキー風ののどかな空気感。
 曲者Hank Robertsもそれにつられてか平和に弾いているのが何とも微笑ましい。
 さらにはKing Crimson風のリフ、アメリカンあるいはメキシカンなフォーク風、Monk ナンバーもカントリー風、変拍子ファンクフュージョン、フリージャズ・・・その他諸々、なんでもありの凄いサウンドの連続。
 とてもクリエイティブで新しい音ばかりで、現代に至るまでのカリスマなのもよくわかります。
 が、決して難解意味不明な部分はなく、全編通じた明るい空気感はアメリカンゆえでしょうか?
 ECMっぽくもありません。
 Manfred Eicherさんも手を焼いたんじゃないのかな?
 ECMでのリーダー作はしばらく途絶えます。
 が、本年“Small Town” (2016) Bill Frisell, Thomas MorganをECMで制作。
 まだまだお元気です。




posted by H.A.


【Disc Review】“All Roads Are Made of the Flesh” (1985–94) Kip Hanrahan

“All Roads Are Made of the Flesh” (1985–94) Kip Hanrahan
Kip Hanrahan (Producer)
Allen Toussaint (Piano) Don Pullen (Piano, Organ)
Elysee Pyronneau, Leo Nocentelli (Guitar)
Andy Gonzalez, Renaud Garcia-Fons, Steve Swallow (Bass) Jack Bruce (Voice, Bass) 
Ignacio Berroa, J.T. Lewis, Robbie Ameen, Willie Green (Drums)
Jerry Gonzalez, Milton Cardona, Richie Flores (Congas) Anthony Carrillo (Congas, Bongos)
Charles Neville, Chico Freeman, George Adams (Tenor Sax)
Chocolate Armenteros, Giovanni Hidalgo (Trumpet) Wolfgang Puschnig (Alto Sax) Dino Saluzzi (Bandoneon) Michael Riessler (Bass Clarinet) Alfredo Triff (Violin) Carmen Lundy (Voice)

All Roads Are Made Of Flesh
Kip Hanrahan キップハンラハン
American Clave
1995-07-24


 Kip Hanrahan、ライブ音源を含めて、デビューから10年間ぐらいの録音を集めたアルバム。
 半数がかつてのライブ録音、半数が1994年のスタジオでの新録音。
 ライブアルバムを作ろうとしたのか、録り貯めたライブ音源を使って、キャリアを振り返る、あるいはキャリアをまとめようとした企画なのか、意図は分かりません。
 この先、“A Thousand Nights And A Night: Red Nights” (1996) に始まる千夜一夜シリーズ、“This Night Becomes a Rumba” (1998) のDeep Rumbaプロジェクトが始まり、ここまでとは違う活動。
 おりしも“Tenderness” (1988-1990)あたりで最高のバンドサウンドが出来たようにも思える時期。
 キャリアを総括して、中締めしておこう、といった感じが自然なとらえ方でしょうか。
 さて本作、時期もメンバーもバラバラですが、不思議な統一感、とてもカッコいい演奏が揃っています。
 冒頭はAllen Toussaintのピアノをフィーチャーした気怠いニューオリンズファンク。
 こちらは“Conjure: Music for the Texts of Ishmael Reed” (1983) Conjureの色合い。
 二曲目はロックなギターとJack Bruceのシャウトと、Don Pullenの跳びはねるピアノ、コンガが絡み合う、ロック~ファンクなナンバー。
 さらに続くは、いかにもKip Hanrahanのやるせないメロディ。
 Carmen Lundyの妖しいアカペラボイスとDino Salussiのバンドネオン、さらにWolfgang Puschnigのサックスが交錯する、穏やかながら凄い演奏。
 Don Pullen、Dino Salussi、Wolfgang Puschnigが共演するってのも、もう無茶苦茶な組み合わせ。
 とてもカッコいい。
 さらにスタジオ録音では、コンガとDon Pullenの跳びはねるピアノとJack Bruceのクールな激渋ボイス、妖し気なギターが絡み合う、いつものKip Hanrahanワールド。
 とてもクール。
 最後はパーカッションが鳴り響く時間と無音の時間が交錯する中での、George Adamsの咆哮。
 ・・・ってな感じで、いろんな時期のいろんな人の演奏が詰め込まれつつも、いつものKip Hanrahanワールド。
 ニューオリンズファンク~ブルース色、ロック色、しっとりさが強調されたジャズっぽい色合い、その他諸々、全部並べてみても全く違和感なし。
 それを繋ぐのは、鳴り響くアフロキューバンなパーカッションなのか、やるせない哀愁が漂うメロディなのか・・・?
 いずれにしても、さすがKip Hanrahan、一本、筋が通っていらっしゃいます。
 単なるベスト盤でもオムニバスでもライブ音源集でなく、オリジナルアルバムとしてしっかりまとまっています。
 これも名作です。
 次は“A Thousand Nights And A Night: Red Nights” (1996)。
 まだまだ快進撃が続きます。




 posted by H.A.


【Disc Review】“Tenderness” (1988-1990) Kip Hanrahan

“Tenderness” (1988-1990) Kip Hanrahan
Kip Hanrahan (Voice, Percussion)
Don Pullen (Piano) Leo Nocentelli (Electric, Acoustic Guitars) 
Sting, Fernando Saunders (Voice, Electric Bass) Andy González (Acoustic Bass) 
Ignacio Berroa, Robbie Ameen, Andrew Cyrille, Marvin Smith (Drums) 
Milton Cardona (Percussion, Congas) Giovanni Hidalgo (Percussion, Congas, Quinto) Cecilia Engelhardt (Percussion) Richie Flores (Percussion, Congas)
Chico Freeman (Tenor Sax) Alfredo "Chocolate" Armenteros (Trumpet) Alfredo Triff (Violin) 
Lucy Penebaz, Diahnne Abbott, Carmen Lundy (Voice)

Tenderness
Kip Hanrahan
Enja
2011-03-08
キップ・ハンラハン

 アフロキューバンなジャズ~ポップスKip Hanrahan、本作あたりが一番の人気作なのでしょうか?
 それとも“A Thousand Nights And A Night: Red Nights”(1996)なのかな?
 この期のKip Hanrahanサウンドに強烈な色を付けるピアノのDon Pullenが定着。
 サックスのDavid Murrayは抜けてしまいましたが、代わりにChico Freemanの復帰という何ともマニアックな人選。
 Jack Bruceはクレジットされておらず、誰かはわからないものの、囁く激渋ボイスの男声はフィーチャーされています。
 妖しいボイスのCarmen Lundyが継続参加し、超大物Stingも参加しています。
 さらにAstor Piazzollaバンドを意識してか否か、前作辺りから大きくフィーチャーされる揺らぐようなバイオリンが妖し気なムードと緊張感を助長しています。
 CDのフォーマットでは穏やかなソウル~ポップス調のソフトなバラード、LPではブルージーなバラード(?)から始まりますが、助走はそこまで。
 以降は激しい演奏がてんこ盛り。
 延々と続くシンプルなリフと怒涛のように押し寄せるラテンパーカション、別の次元から聞こえてくるような妖し気なバイオリンの音が誘う陶酔感。
 さらに、そんな陶酔感の中、Don Pullenのとてつもなく激しいピアノが意識をグチャグチャにかき回します。
 ぶっ飛んでいます。
 特に2~4曲目、“When I Lose Myself in the Darkness and the Pain of Love, No, This Love”、 “She Turned So the Maybe a Third of Her Face Was in This Fuckin' ...”、“At the Same Time, as the Subway Train Was Pulling Out of the Station”(タイトル長すぎ!)あたりは、エレクトリックMilesハンドもビックリの激しさ。
 ラテンなビートとコード進行が類似しているRolling Stonesの”Sympathy for the Devil”を何倍も激しく妖しく混沌にした感じの、呪術的ですらある音の流れ。
 そんな超弩級に激しい音を背景にした、男声、女声が交錯する囁きボイス・・・
 これは超、妖しく危険。
 このサウンドが、ハードなアフロキューバンジャズのKip Hanrahanの完成形でしょうか。
 次作“Exotica” (1993)、千夜一夜シリーズ“A Thousand Nights And A Night: Red Nights” (1996) に繋がっていると思います。
 トリップミュージックと呼ぶには輪郭が明確に過ぎ、煽情的に過ぎる感じではありますが、どこか遠い非日常に連れて行ってくれるような素敵な音。
 行き着く先はキューバなのか、ニューヨークの薄暗い地下室なのか・・・
 どこが”Tenderness”やねん?ってな感じではあるのですが、もちろんいつもながらに、さり気なくオシャレ。
 しかもクールでハードボイルド。
 いつもながらにカッコいいKip Hanrahanワールド。
 これが代表作に異論なし。




 posted by H.A.

Profile
記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ