吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

1970-1979

【Disc Review】“Who Is This Bitch, Anyway?” (1975) Marlena Shaw

“Who Is This Bitch, Anyway?” (1975) Marlena Shaw

Marlena Shaw (vocals)
Benard Ighner (piano, flugelhorn) Mike Lang, Bill Mays (piano) Larry Nash (electric piano, synthesizer) Dennis Budimir, Larry Carlton, David T. Walker (guitar) Chuck Rainey (electric bass) Chuck Domanico (bass) Harvey Mason (drums, wind chimes) Jim Gordon (drums) King Errison (conga) and strings, horns, woodwinds

フー・イズ・ジス・ビッチ・エニウェイ
ジム・ゴードン
EMI MUSIC JAPAN(TO)(M)
2009-03-25


 Marlena Shaw、1970年代ソウルの名作。
 冒頭のストリートトークが終わるのを我慢強く待つこと三分強、極楽のようなファンク開始。
 加減速を繰り返すリズム、ウネウネと動きまくり跳ねまくり突っ走るベースに、余裕たっぷり、堂々、朗々としたVoice。
 続いて胸キュン(死語!)なギターが彩りをつける甘いバラード二連発”You Taught Me How to Speak in Love”, “Davy” ときて、あのエバーグリーン“Feel Like Makin' Love”。
 このエレピとギターが聞こえると周囲は秋のセントラルパークに・・・って制作はロスでしたかね?
 B面に移っても、うなるベースにフワフワしたエレピ、くすぐるような、ヴォイスに絡みつくような胸キュン(死語!)ギター。
 終盤、これまた名曲“Loving You Was Like a Party”でドカーンときて、2ビートをストリングスで彩った少しノスタルジックなエンディング。
 汗が飛び散る1960年代ジャズ、ソウルから、世は洗練されたポップス色が強くなってきて、“Songs in the Key of Life” (1976) Stevie Wonderの直前期。
 4ビートのカッコいい場面があるのはさすがBlue Noteさんなのですが、モダンジャズはこのあたりでギブアップ・・・かどうかはわかりませんが、とにもかくにも都会的に洗練された1970年代ソウルのカッコよさ全開。
 全編その塊。



posted by H.A.



【Disc Review】“Live” (1971) Donny Hathaway

“Live” (1971) Donny Hathaway

Donny Hathaway (vocals, electric piano, piano, organ)
Phil Upchurch, Cornell Dupree, Mike Howard (guitar, vocals) Willie Weeks (bass, vocals) Fred White (drums, vocals) Earl DeRouen (conga drums, vocals)

Live [12 inch Analog]
Donny Hathaway
Music on Vinyl
2012-12-04


 定番中の定番、Donny Hathawayのライブ。
 汗が飛び散らない、血管切れそうにならない、1970年代型の洗練されたソウル。
 エレピと柔らかなグルーヴが醸し出す浮遊感と優しい声がカッコいい。
  “What's Goin' On”で始まって、”You've Got A Friend”、”Jealous Guy”・・・、あざといまでの選曲がカッコいい。
 エレピ、オルガン、弾むベースはもちろん、Cornellさんのペラペラしたヤクザなギター、Phil Upchurch?のジャズなギターがカッコいい。
 柔らかで優しい歌が終わって間奏になるとなぜかボリュームが上がり、イケイケノリノリ、歌に戻ってクールダウン、ってな展開がカッコいい。
 歌物はもちろん、コテコテグルーヴの”The Ghetto”、締めの”Voices Inside”もカッコいいなあ。
 私的イチオシは、さりげない哀愁と洗練、静かな高揚感がカッコいい“Little Ghetto Boy”だなあ・・・
 さて本編、何回“カッコいい”が出てきたのでしょう。
 カッコいいんだから、仕方ない。




posted by H.A.


【Disc Review】“What's Going On” (1971) Marvin Gaye

“What's Going On” (1971) Marvin Gaye

Marvin Gaye (Vocals, Piano)
Joe Messina, Robert White (Guitar) Bob Babbit, James Jamerson (Bass) Chet Forest (Drums) Earl DeRouen, Eddie Brown (Bongos, Congas) Jack Ashford (Percussion) Larry Nozero (Soprano Sax) Angelo Carlisi, Eli Fountain (Alto Sax) William "Wild Bill" Moore, George Benson (Tenor Sax) Tate Houston (Baritone Sax) Carl Raetz (Trombone) John Trudell, Maurice Davis (Trumpet) Dayna Hartwick, William Perich (Flute) Jack Brokensha (Vibraphone) Johnny Griffith (Celeste) Carole Crosby (Harp) Elgie Stover, Lem Barney, Mel Farr, Bobby Rodgers, The Andantes (Backing Vocals)  and Strings

What's Going on
Marvin Gaye
Motown
2003-01-14


 Marvin Gaye、言わずもがなのアルバム。
 テレビやラジオ、街で流れていた“What's Going On”や“Mercy Mercy Me”を知っていても、ベストアルバムやコンピレーションを持っていても、このアルバムはこのアルバムとして聞くべきなのでしょう。
 LPレコードでのA面、“What's Going On”から“Mercy Mercy Me”まで全六曲、あるいは裏面含めて全曲、“What's Going On”組曲とも言えそうな穏やかなドラマ。
 その全てが名曲、名演。
 穏やかながらやるせないメロディ。
 とてつもないグルーヴを発し、激しく上下しながらも、なぜか厳かに聞こえるベース、抑制されたストリングス、控え目に鳴るホーン、コーラス。
 そして柔らかな歌声。
 天国から流れてくる音。




posted by H.A.


【Disc Review】"Attica Blues" (1972) Archie Shepp

"Attica Blues" (1972) Archie Shepp

Archie Shepp (tenor, soprano saxophone)
Walter Davis, Jr. (electric piano, piano) Dave Burrell (electric piano) Cornell Dupree (guitar) Roland Wilson, Gerald Jemmott (electric bass) Jimmy Garrison (bass) Beaver Harris, Billy Higgins (drums) Ollie Anderson, Nene DeFense, Juma Sultan (percussion)
Clifford Thornton (cornet) Roy Burrows, Charles McGhee, Michael Ridley (trumpet)
Cal Massey (fluegelhorn) Hakim Jami (euphonium) Charles Greenlee, Charles Stephens, Kiane Zawadi (trombone) Clarence White (alto sax) Roland Alexander, Billy Robinson (tenor sax) James Ware (baritone sax) Marion Brown (alto sax, flute, percussion) John Blake, Leroy Jenkins, Lakshinarayana Shankar (violin) Ronald Lipscomb, Calo Scott (cello)
Henry Hull, Joe Lee Wilson, Waheeda Massey, Joshie Armstead, Albertine Robertson (vocals) William Kunstler, Bartholomew Gray (narrator)

Attica Blues
Archie Shepp
Verve
2018-03-09


 Archie Shepp、1970年代ソウルフュージョン、あるいは激しい系ファンク。
 楽曲は5分前後にコンパクトにまとめられ、メロディ、コード展開も明解、ソウルに近づいたサウンド。
 が、すさまじい音。
 弾みまくるベース、チャカポコしたギターのカッティングに、分厚いホーンのアンサンブル、神秘的というか、妖しいことこの上ないストリングス。
 そんな音を背景に、真っ黒けの男声女声のシャウトが交錯し、さらにナレーションが絡み合う、妖しく激しいファンク。
 時代は “What's Going On” (1971) Marvin Gayeなどのソフトなソウルが隆盛し始めた時期?、確かにそんな演奏、いわゆるレアグルーヴっぽい楽曲もあるのですが、よじれまくるサウンド。
 全体のイメージはやはりおどろおどろしく激しい系。
 魂の叫び、大音量の血沸き肉躍るハードなサウンドに、ハードなメッセージが込められた強烈な緊張感。
 “The Magic of Ju-Ju” (1967)よりもこちらの方がよほど怖い。
 それでいてビートは柔らか、グチャグチャな絶叫大会のようで、今にも崩れてしまいそうで、そうはなりません。
 背後に洗練を感じるのは、キャッチ―なメロディゆえか、実は考え抜かれたアンサンブルゆえか?
 いずれにしても、こりゃスゲーや。
 血管切れそう。




posted by H.A.


【Disc Review】“Things Have Got to Change” (1971) Archie Shepp

“Things Have Got to Change” (1971) Archie Shepp 

Archie Shepp (tenor, soprano sax)
Dave Burrell (electric piano) Billy Butler, David Spinozza (guitar) Roland Wilson (electric bass) Beaver Harris (drums) Ollie Anderson, Hetty "Bunchy" Fox, Calo Scott, Juma Sultan (percussion)
James Spaulding (alto sax, piccolo) Roy Burrows, Ted Daniel (trumpet) Charles Greenlee, Grachan Moncur III (trombone) Howard Johnson (baritone sax)
Joe Lee Wilson, Anita Branham, Claudette Brown, Barbara Parsons, Ernestina Parsons, Jody Shayne, Anita Shepp, Johnny Shepp, Sharon Shepp (vocals)

変転の時
アーチー・シェップ
ユニバーサル ミュージック クラシック
2001-12-21


 Archie Shepp、1970年代初頭のぶっ飛んだファンクジャズ、というよりもアバンギャルドソウル、あるいはこの種もスピリチュアルジャズになるのでしょうか。
 さておき、冒頭のアカペラコーラスからおどろおどろしい感十分、ビートは徐々に強くなり、気がつけば分厚いホーンのアンサンブルとヴォイスの饗宴。
 LPレコード片面全一曲18分強、ひたすら一つのリフ。
 端正な4ビートなんてのは今は昔、重く激しいビートに魂の叫び系のヴォイス。
 強いメッセージが込められた、ただ事ではない緊張感。
 裏返して、短く優しいエレピの音とサックスのDuo、オアシス的なインタールドは束の間、さらにド激しい長尺ファンク。
 リフ一発、怒涛のパーカッションの中、狂気を纏ったバイオリン、ピッコロ、そしてコーラスがたっぷりフィーチャーされるアフロなファンク。
 陶酔感ってな言葉は生易しい、クラクラしてくる音の洪水。
 もちろんあの強烈なサックスがたっぷりフィーチャーされているのですが、周りの激しさに呑み込まれ、何処に行ったんでしょう・・・?ってな具合の激しさが最後まで続きます。
 怖いまでに押し寄せてくる音の洪水は、聞いてるだけでヘロヘロ、汗ダラダラ・・・
 このムードを引きずりつつ、洗練されたド激しいソウル"Attica Blues" (1972)へと続きます。




posted by H.A.


【Disc Review】“December Poems” (1977) Gary Peacock

“December Poems” (1977) Gary Peacock

Gary Peacock (bass)
Jan Garbarek (saxphones)



 Gary Peacock、ベースソロを中心としたアルバム。
 ベースをオーバーダビングし、二曲ほどでサックスが加わる構成。
 古今東西ピアノトリオ名作中の名作“Tales Of Another” (1977)と同年の録音。
 ピアノもギターも鳴らないゆえに、武骨で不愛想な印象ですが、上掲と同じ空気感が流れています。
 やるせないメロディ、ダークなムードと強烈な緊張感。
 疾走と浮遊、激しい音の動きの中に突然顔を出す美しいメロディ。
 と書いてしまうと、Keith Jarrettの音楽と似た感じの形容になってしまうのですが、だから長く共演が続いているのでしょう。
 彼の音楽との違いはロマンチシズムや甘さが前面に出る場面があるか否かでしょうか。
 こちらは武骨で不愛想、そしてやるせない哀愁。
 男臭いハードボイルドネスの塊のようなアルバム。
 だから上掲含めてあのトリオの音楽がカッコいいのかも。




posted by H.A.


【Disc Review】“Rubisa Patrol” (1976) Art Lande

“Rubisa Patrol” (1976) Art Lande

Art Lande (piano)
Bill Douglass (bass, flute, bamboo flute) Glenn Cronkhite (drums, percussion)
Mark Isham (trumpet, flugelhorn, soprano saxophone)

Rubisa Patrol
Art Lande
Ecm Import
2008-11-18


 アメリカ人ピアニストArt Lande、“Red Lanta” (1973)に続くECMでの第二作。
 ピアノトリオ+トランペットのカルテット編成。
 前作と同じく優しくてフォーキーですが、ビート感が強まり、シャープなトランペットが鳴る分、あるいはインプロビゼーションの時間が長い分だけ、クラシックよりもジャズ寄り、クールさ妖しさが増。
 要所々にちりばめられた疾走、ときおりのフリーな場面を交えつつも、あくまで穏やかでリリカル。
 静かにグルーヴし、スムースに疾走するピアノトリオ、端正なトランペット。
 淡いメロディ、漂うようなアンサンブル、インプロビゼーションが、穏やかな空気に包まれながら流れていきます。
 1970年代ECM作品では少数派であろう、キツくない優しい音。
 40年以上前の音ながら、全く古さなし。
 穏やかな今の時代感に合っているのかもしれません。
 前作が爽やかな朝なら、本作は穏やかな昼下がり。
 心地よい時間。




posted by H.A.


【Disc Review】“Red Lanta” (1973) Art Lande

“Red Lanta” (1973) Art Lande

Art Lande (piano) Jan Garbarek (soprano, bass sax, flutes)

Red Lanta -Reissue/Digi-
Art Lande
Ecm
2019-05-17


 アメリカ人ピアニストArt Landeのデビュー作、Jan GarbarekとのDuo。
 Jan Garbarek 視点では“Witchi-Tai-To” (Nov.1973) Jan Garbarek, Bobo Stensonと同時期、”Belonging” (1974)、”Arbour Zena” (Oct.1975) Keith Jarrettの間の録音。
 ECMでは、上記に加えて”ECSTASY” (1974) Steve Kuhn、”Underwear” (1971) Bobo Stenson、”Hubris” (1977) Richard Beirach、”Piano Improvisations Vol.1,2” (Apl.1971) Chick Coreaなどなど、強烈なピアニスト作品が並ぶ時期。
 ハイテンションなそれらに対して、本作は緩やかでクラシカル、さらにアメリカンでフォーキーなムード。
 ゆったりとしたビートと、淡い色合いの優しく穏やかなメロディ。
 要所でタメを効かせながら丁寧に置かれていく端正なピアノと、張りのある管の音の漂うような絡み合い。
 この期のJan Garbarekさんは血が噴き出すような激しいの音のはずなのに、なぜか穏やかに聞こえてきます。
 フルートなどは鳥のさえずりのように聞こえてしまうのは、優しいメロディとピアノゆえでしょうか。
 1970年代ECM、上掲のような狂気が漂うようなハイテンションな名作群がスゴイのですが、ノーブルでリラックスして聞ける本作、今聞くとかえって新鮮だったりして。
 さわやかな朝にピッタリな音。




posted by H.A.


【Disc Review】“The Gabby Pahinui Hawaiian Band Volume 1” (1975) The Gabby Pahinui Hawaiian Band

“The Gabby Pahinui Hawaiian Band Volume 1” (1975) The Gabby Pahinui Hawaiian Band

Gabby Pahinui (Steel Guitar, 12string Guitar, Bass)
Leland "Atta" Isaacs, Bla Pahinui, Sonny Chillingworth (Guitar, Vocals) Ry Cooder (Mandolin, Tiple) Cyril Pahinui, Randy Lorenzo (Bass, Guitar, Vocals) Manuel "Joe Gang" Kapahu (Bass) Milt Holland (Drums) Gabby Pahinui (Percussion) Nick DeCaro (Accordion) Keli‘i Tau‘a (Chanter)

Gabby Pahinui Hawaiian Band Vol.1
Gabby Pahinui ギャビーハピヌイ
Panini
1996-10-27


 ハワイのスチールギターを中心としたアーティストGabby Pahinui、ハワイアン・アコースティック・フォークなんて言葉が似合いそうな音。
 あのRy Cooderの名作 “Chicken Skin Music” (1976)に参加していた人。
 それに漂うハワイなムードはもちろんこの人の色合い。
 ギター中心とした弦楽器の絡み合い、さらにいかにもハワイな余裕たっぷり、裏声たっぷりなテノールヴォイスがフューチャーされます。
 ホテルのラウンジで流れていそうな洗練されたイージーリスニング系ではなく、ネイティブな感じもたっぷり。
 もちろん全編楽園ムード。
 のほほんとしたメロディに、ゆるーくてワイワイとした賑わい。
 そんな音の流れの中にテローンと響くスチールギターが心地よいこと、この上なし。
 Ryさんも数曲に参加、“Chicken Skin Music” (1976)っぽい感じもそこかしこ、というか、ここからの流れだったのでしょうね。
 あるいは後の“Buena Vista Social Club” (1996) のハワイ版ってな感じもしますかね。
 とてもエレガント。




posted by H.A.


【Disc Review】“Divine Love” (1978) Leo Wadada Smith

“Divine Love” (1978) Leo Wadada Smith

Leo Wadada Smith (Trumpet, Flugelhorn, Percussion)
Bobby Naughton (Vibraphone, Marimba, Bells) Lester Bowie, Kenny Wheeler (Trumpet) Dwight Andrews (Alto Flute, Bass Clarinet, Tenor Sax, Percussion) Charlie Haden (Double Bass)

Divine Love
Leo Smith
ECM
2019-01-18


 フリージャズ系のトランペッターLeo Wadada Smithの1970年代型スピリチュアルジャズ、ECM制作。
 “Lebroba” (2017) Andrew Cyrilleで齢70歳を超えてもキリッとした音の人の若き日、約40年前のアルバム。
 ドラムレス、ビブラフォンとホーンを中心とした変則な編成。
 各曲長尺な全三曲。
 フリージャズ、スピリチュアルジャズ、その他が入り混じる、妖しく、静かな音。
 LPレコードでのA面は、ビブラフォン、パーカッションが背景を作り、漂うようなフルート、トランペットが穏やかに絡み合う瞑想サウンド。
 ときおりの不穏なフレージングから怖い方向に流れて行きそうでそうはならない、フワフワとした時間がひたすら続きます。
 LPレコードでのB面に入るとECM御用達の大物トランペッターが加わり、不思議なホーンアンサンブルが展開されますが、これまた静かです。
 激しく高速なフレーズの絡み合いも、たっぷりのエコーに包まれ、幻想的な音の流れ。
 もちろんフリー度たっぷりですが、激情にも凶悪にもならない、穏やかな非日常感。
 どこを切り取っても強烈な浮遊感、静かで妖しい瞑想~トリップミュージック。
 とても心地よいのですが、さて、行き着く先はどこでしょう?




posted by H.A.


Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ