吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

1970-1979

【Disc Review】“Você” (1974) Claudette Soares

“Você” (1974) Claudette Soares

Claudette Soares (vocal) 
and others



 ブラジルのボーカリストClaudette Soaresの1970年代MPB。
 “Claudette Nº3” (1970)などほどノリノリではなく、落ち着いたサウンド。
 ソウルな感じの演奏も少々ありますが、ジャズサンバなバンドや、オーケストラとギターのみなど、少し前の時代を想い起こすようなジャジーなサウンドが中心。
 それでもIvan Lins, Milton Nascimentoといった新しい世代の楽曲も取り入れながら、1970年代MPBサウンドが色濃くなったClaudetteさん。
 何曲かのストリングス混じりのバラードでは、例の吐息ヴォイスが前面に出ますが、歌も心なしか軽やか。
 1960年代“É Dona Da Bossa” (1964)のようなパラダイス感、夜のボサノバ感は薄くなりましたが、その分ポップで現代的、爽やかな空気感。
 どれがいいかはお好み次第。




posted by H.A.



【Disc Review】“Claudette Nº3” (1970) Claudette Soares

“Claudette Nº3” (1970) Claudette Soares 

Claudette Soares (vocal) 
and others

CLAUDETTE Nº 3 ヌメロ・トレス
CLAUDETTE SOARES クラウデッチ・ソアレス
THINK! RECORDS
2014-03-05


 ブラジルのボーカリストClaudette Soaresの1970年作。
 エレキベースがうなるノリノリなサウンド、ファンク混じりの疾走曲からスタート。
 混ざり合う相手がしっとりしたジャズから、ロック、ファンクに移行した感じのブラジリアンポップス。
 バラードになっても躍動感は変わらず、ソウルっぽいホーンやらオルガンやらエレキギターのカッティングやら。
 すっかり模様替えしました・・・ってな感じではあるのですが、オーケストラがあの時代を引きずっている感もあって、それがまた何とも微妙でいい感じ。
 ヴォイスは変わらず、ビブラートたっぷり、吐息たっぷり。
 明るく前向き、ノリノリのポップス曲で聞こえる、吐息が何とも・・・
 アイドル然としたジャケットの明るい笑顔と、1970年代が明けました、ってな感じのおめでたいサウンドと、やはり夜な感じの艶っぽい歌。
 ミスマッチなのでしょうけども、その不思議な混ざり具合と過渡期なサウンドがお好みの人も少なくないのでしょうねえ。




posted by H.A.


【Disc Review】“Pure Desmond” (1974) Paul Desmond

“Pure Desmond” (1974) Paul Desmond

Paul Desmond (alto saxophone)
Ed Bickert (guitar) Ron Carter (bass) Connie Kay (drums)

Pure Desmond
Paul Desmond
Sony Jazz
2003-09-15


 Paul Desmond、久々のギタートリオとの共演集。
 ギターはJim Hallではなくて、彼よりも少し粘りのあるフレージングのEd Bickert。
 かつてと同様にクールに刻まれるビートに優し気なアルトサックス。
 次々と演奏されるジャズスタンダード。
 が、時代は1970年代、録音を含めて少し質感は異なります。
 ベースが弾みながらぐんぐんとハンドを引っ張り、少し太くなったギターの音。
 アルトも少しきらびやかになり、その上でリバーブが増えた感じでしょうか。
 シンプルな1950-60年代型のモダンジャズの音からゴージャズなオーケストラ入りフュージョンを経て、落ち着いた1970年代型ジャズな音。
 これはこれでまた別の味わい。
 それでもやはり、アルトの音は全身が弛緩していくような素敵な響き。
 Paul Desmondに外れなし。




posted by H.A.


【Disc Review】“Skylark” (1973) Paul Desmond

“Skylark” (1973) Paul Desmond

Paul Desmond (alto saxophone)
Bob James (piano, electric piano) Gábor Szabó, Gene Bertoncini (guitar) George Ricci (cello) Ron Carter (bass) Jack DeJohnette (drums) Ralph MacDonald (percussion)

Skylark
Paul Desmond
Epic Europe
2003-10-28


 Paul Desmond、ジャズフュージョン寄りのコンボ作品。
 エレピの音が浮遊感を加え、エレキっぽいウッドベースがグルーヴを作り、ハイテンションなジャズドラム、ちょっとソウル、サイケが混ざるエレキギター。
 全部合わせて1970年代の音。
 何も変わらないのがアルトサックス。
 ベースがぐんぐん前に進もうが、ドラムが煽り立てようが、あくまでクールで優しい音。
 あるいは静々とガットギターで”禁じられた遊び”が奏でられようが、アルトが鳴ればあの時代のジャズ。
 さらにバックが煽れば1960年代のモードを経た1970年代のジャズフュージョンのハイテンションな音。
 エレクトリックMilesの影響がここまでも・・・なんて野暮ことが頭をよぎる場面も・・・
 “She Was Too Good to Me” (1974) Chet Bakerとも同じ時代かあ・・・
 背景の音は変われど、Chet BakerさんもここでのPaul Desmondも何も変わらないクールネス。
 大御大Milesさんとはまた違ったハードボイルドネスがカッコいいなあ。




posted by H.A.


【Disc Review】“Agora” (1976) Dóris Monteiro

“Agora” (1976) Dóris Monteiro

Dóris Monteiro (Vocals) 
Ricardo Gilson (Keyboards) Geraldo Vespar, Helio Delmiro (Guitar) Luisao (bass) Wilson Das Neves (drums) Sivuca (Accordion) and others



 ブラジルの女性ボーカリストDóris Monteiro、1970年代MPB。
 ジャズな色合いは今は昔、ソウル、フォークの色合いが強くなったブラジリアンポップス。
 シャキシャキしたエレキギターのカッティング、フワフワしたエレピの心地よい音に、エレキベースが弾む柔らかなグルーヴ、さり気ないホーンのアンサンブル。
 もともと昼っぽい感じの人でしたが、夜の酒場とは無縁な感じの明るい空気感。
 ガットギターやオルガンではなく、エレキギターやエレピが前面に出るサウンドは、時代は変わりました感ありあり、ポップなサンバやボサノバ。
 ジャズならば“She Was Too Good to Me” (1974) Chet Bakerのブラジリアンポップス版といったところでしょうか。
 そんな音を背景に、サラサラと流れていくクールなヴォイスの淡々とした歌。
 今の耳で聞いてもとてもオシャレでカッコいい、いわゆるレアグルーヴたっぷり。
 少し前にプチブームがあったようですが、さもありなんな心地よさ。
 ジャケットは深刻系のフォークかプログレっぽいですが、中身はブラジリアンのしなやかなグルーヴが全体を包み込む、柔らかな陽だまりのような音。




posted by H.A.



【Disc Review】“Doris” (1971) Doris Monteiro

“Doris” (1971) Doris Monteiro

Dóris Monteiro (Vocals) and others

Doris Monteiro
Doris Monteiro
2004-11-30


 ブラジルの女性ボーカリストDóris Monteiroの1970年代のMPB。
 基調はサンバ~ボサノバですが、1940-60年代のジャズの香りが薄くなって、ソウルなホーンの彩りが印象に残るサウンド。
 ストリングス、オーケストラの出番もまだ残っているし、何曲かのコテコテのポップス曲も含めて、それら全て、いろんなテイストが入り混じる色合い。
 時代は1970年代初め、楽器が電化されていく過渡期、ジャズが後退し、ロック、ソウル、ポップスが定着した時期。
 そんな新しい色合いを取り込みつつのごった煮感。
 一貫しているのは、哀愁と陽気さが交錯するサウダージなブラジリアンメロディと、クールなような、しっとりしているような、すっとぼけているような・・・そんな何ともいえない蠱惑なヴォイス。
 後ろのサウンドはソウルな感じが強くなってきましたが、あくまでジャジーで優しいブラジリアンポップスな感じなのは、その素敵なヴォイスゆえでしょうかね。
 そんな1970年代入り口サウンドなDórisさんの一作。




posted by H.A.


【Disc Review】”Dóris, Miltinho E Charme” (1970) Dóris Monteiro, Miltinho

”Dóris, Miltinho E Charme” (1970) Dóris Monteiro, Miltinho

Dóris Monteiro, Miltinho (Vocals) and others

Doris Mitinho E Charme
Doris Monteiro/Miltinho ドリスモンテイロ/ミルティンホ
Emi
2002-10-12


 ブラジルの女性ボーカリストDóris Monteiro、男性ボーカリストMiltinhoとのDuoでのサンバでジャジーなブラジリアンポップス。
 背景を作るのはウッドベースにピアノ、ギター、パーカッション、菅楽器のオーソドックスなジャズサンバコンボ。
 ストリングスやオーケストラのサポートはありません。
 ”Doris Monteiro” (1964)などの諸作と比べると少々素朴な感じ。
 シンブルな編成、ボサノバをベースにあくまで静かで落ち着いたバンド。
 そんな音を背景にしたクールな女声と朗々としたサンバな男声。
 いくつかのメドレーで奏でられていく、サンバ、ボサノバの名曲たち。
 いろんな色合いの素敵なメロディがサラサラと流れていきます。
 緩やかで楽しげ、のほほんとしていて、何ともいい感じ。
 そんなのどかでアコースティック、ジャズサンバなDórisさんの一作。




posted by H.A.


【Disc Review】“Sticky Fingers” (1969,1970) The Rolling Stones

“Sticky Fingers” (1969,1970,1971) The Rolling Stones

Mick Jagger (vocal, guitars, percussion) Keith Richards (guitars, vocals)  Mick Taylor (guitars) Bill Wyman (bass, electric piano) Charlie Watts (drums)
Ry Cooder (guitar) Jim Dickinson, Nicky Hopkins, Jack Nitzsche, Jim Price, Ian Stewart (piano) Billy Preston (organ) Rocky Dijon, Jimmy Miller (percussion) Bobby Keys (tenor saxophone)

STICKY FINGERS-2009 RE
ROLLING STONES
Universal
2009-05-08


 泣く子も黙るRolling Stonesのエバーグリーン。
 ジャケットはAndy Warhol。
 1960年代を締めくくる、あるいは1970年代の始まりを告げるヒップな音。
 冒頭を飾る超超超超定番“Brown Sugar”から、これまたエバーグリーンが立ち並ぶ怒涛の楽曲群。
 ワイルドで粗っぽくて強烈なこの期のStones。
 どこを切り取ってもカッコよさ120%。
 たまにはこうゆうの、聞かないとね。




posted by H.A.


【Disc Review】“Love You Live” (1975,1976) The Rolling Stones

“Love You Live” (1975,1976) The Rolling Stones

Mick Jagger (vocals, guitar, harmonica) Keith Richards (guitars, vocals) Ronnie Wood (guitars, vocals, bass) Bill Wyman (bass guitar, synthesizer) Charlie Watts (drums)
Billy Preston (piano, organ, clavinet, vocals) Ian Stewart (piano, organ) Ollie Brown (percussion, vocals)

Love You Live (Reis)
Rolling Stones
Umvd Labels
2009-11-10


 泣く子も黙る、いや、踊り出す、Rolling Stones1970年代のライブ。
 ジャケットはAndy Warhol。
 中身についてはもはや説明無用、それは野暮。
 いなせな“Honky Tonk Women”から、カッコいいR&Bセッション、そして頭がクラクラしてくる“Symphaty For The Devil”まで、最高にカッコいいジャケットを眺めながら、大音量で聞くしかありませんねえ。




posted by H.A.


【Disc Review】“Day Break” (1979) Chet Baker

“Day Break” (1979) Chet Baker

Chet Baker (trumpet, vocals)
Doug Raney (guitar) Niels-Henning Ørsted Pedersen (bass)

デイブレイク Daybreak
チェット・ベイカー・トリオ Chet Baker Trio
THINK! REOCRDS
2017-09-20


 Chet Baker、ドラムレスのトリオでのライブ録音。
 1970年代の終わり、デンマーク。
 静かに淡々と進む音。
 音の張りがどうとか、音程がなんとか、などなど、いろんなご意見はあるのでしょう。
 が、テーマソングのごとき端正なハードパップ"For Minors Only"、CTI時代の代表的な哀愁曲"You Can't Go Home Again"の長尺な演奏が聞ければそれで充分。
 私的Chet Bakerの二曲。
 ヨーロッパに場を移しての再演も、これまたクールで、ハードボイルドで、センチメンタル。


 

posted by H.A.


Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ