吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

1970-1979

【Disc Review】“Poema da Gota Serena” (1977,1980,1982,1996,2000,2004) Ze Eduardo Nazario

“Poema da Gota Serena” (1977,1980,1982,1996,2000,2004) Ze Eduardo Nazario
Zé Eduardo Nazario (Drums, Kalimba, Khene, Tabla, Glockenspiel, Mridangam, Percussion, Flute, Whistle, Voice)
Lelo Nazario (Electric Piano, Percussion, Synth, Piano, Xylophone, Bells) Fernando Nélio Porto (Keyboards, Piano) Pereira (Guitar)
Zeca Assumpção (Contrabass, Bass) Luciano Vieira (Bass)
Cacau (Tenor Sax, Flute) Roberto Sion (Flute) Roberto Sion, Teco Cardoso (Soprano Sax) Roardo Bernardo (Tenor Sax) Rommel Fernandes (Violin)
Guilherme Franco, Dinho Gonçalves (Percussion)



 ブラジルのドラマーZe Eduardo Nazarioのコンテンポラリージャズ。
 2015年?再発アルバム。
 1970年代から2000年まで長い期間、1980年代にリリースされたアルバム”Poema Da Gota Serena” (1982)を中心として、2000年のライブなども含めたオムニバス作品
 コンテンポラリージャズというよりも、John Coltraneのフリージャズ、あるいはエレクトリックMilesの流れを汲むアバンギャルドジャズといった面持ち。
 ボサノバ以降、この期のブラジリアンジャズの事情には疎いのですが、エレクトリックMiles系の激しいジャズファンク、あるいはフリージャズ、プログレッシブロックを吸収しつつ、ブラジルエスニックな音が強く混ざった、アバンギャルドなジャズフュージョン。
 ボサノバ的な洗練とは全く別世界な音。
 1970年代のEgberto Gismonti諸作あたりに通じるのかもしれませんが、もっとドロドロとしたコアな色合いでしょう。
 1970-1980年代の演奏はまさにそんな音。
 LPレコード片面一曲の重厚で激しい組曲構成。
 ドンドコドンドコ、ビヒャー、ドカーン、ビユユーン、ケチャケチャ・・・ってな感じ。
 冒頭からド激しいドラムとテナーサックスのDuo、続くこと約8分。
 “Interstellar Space” (Feb.22.1967) John Coltraneな時間。
 ドラムがアフロっぽいというか、サンバっぽいというか。
 さらにドロムソロ~妖し気な笛の音・・・
 さらには、引っ掻き回されるエレピ系の電子楽器と、カリンバ、マリンバ系、パーカッション、Nana Vasconcelos的ボイスの饗宴、いや狂演。
 南米密林フリージャズ、あるいは南米密林フリーファンク。
 激しいビートと妖し気な音の流れに誘われる陶酔感、その世界にトランスさせてくれる音。
 その種の音楽が流行らなくなったであろう1990-2000年代になると、洗練された感じ、Weather Reportっぽくなったり、キメキメフュージョンっぽくなっていますが・・・
 とても素晴らしいオリジナル”Poema Da Gota Serena” (1982)のジャケットを含めて、包装は爽やか系ですが、中身はドロドログチャグチャ。
 John Coltraneのアバンギャルドジャズ、エレクトリックMilesWeather Report、そしてブラジル大好きな人にとってはたまらない作品でしょう。
 色合いの違う音源が集まっていることはさておき、凄いアルバムです。



posted by H.A.




【Disc Review】“No Caipira” (1978) Egberto Gismonti

“No Caipira” (1978) Egberto Gismonti
Egberto Gismonti (Piano, Acoustic Guitar, 12-String Guitar, percussion, Berimbau, Musical Box, Kalimba, Cathedral, Accordion, Guitar, Comb, Voice)
Zeca Assumpção (Bass) Zé Eduardo Nazário (Drums, Percussion, Voice) Roberto Silva (Pandeiro, Wood Block, Talking Drum, Shekere)
Mauro Senise (Soprano Sax) Mauro Senise (Soprano, Alto Sax, Piccolo, Flutes) Zezé Motta (Voice)
And Orchestra

No Caipira
Egberto Gismonti
Ecm Import
2008-11-18


 ブラジルのレーベルOden/EMIのEgberto Gismonti。
 ECMでの制作を開始した時期、“Dança Das Cabeças” (1977)の後の作品。
 先の“Carmo” (1977)までの作品とは違って電子楽器は使用されておらず、アコースティックに戻り、“Academia de Danças” (1974)、“Corações Futuristas” (1976)のような強烈な激しさはありません。
 ロックなビートもあまり使われず、時期的にもECMのEgberto Gismontiの色合いに通じる音がいくつも。
 もちろん十二分にハイテンション。
 おもちゃ箱をひっくり返したようなOdeon/EMIのGismontiミュージック。
 ギターの弾き語りでのボサノバから始まり、超高速に突っ走る曲あり、南米山奥エスニックなフリーミュージックあり、オーケストラが複雑に絡むドラマチックな展開あり、フリージャズ風あり、ハイテンションジャズあり、やはりロックな演奏もあり。
 “Maracatú”, “Frevo”など、後に何度も再演される定番曲も収められています。
 猥雑なのか上品なのか、優しいのか激しいのか、何が何だかよくわかりません。
 いろんな要素、いろんな質感てんこ盛り、ここまでの作品、さらにはこの後の作品のGismontiミュージックをギュッと詰め込んだ坩堝のようなアルバム。
 Manfred Eicherさんからのご指導が少なくないであろう、なんだかんだで上品なECMでの作品よりも、こっちの方が生のEgberto Gismontiさんなのかもしれませんね。




posted by H.A.


【Disc Review】“Carmo” (1977) Egberto Gismonti

“Carmo” (1977) Egberto Gismonti
Egberto Gismonti (Piano, Electric Piano, Viola, Guitar, Synthesizer, Kalimba)
Luiz Alves (Acoustic Bass) Sandrino (Bass) Valdecir (Electric Bass)
Robertinho (Drums, Percussion) Ubiratan (Percussion)
Biju (Clarinet) Celso, Jaime, Meirelles, Copinha, Jorginho, José Carlos (Flute) Mauro Senise (Soprano Sax, Flute) and Strings

カルモ(BOM24191)
エグベルト・ジスモンチ
ボンバ・レコード
2012-01-28


 Egberto Gismonti、ファンクフュージョンなアルバム、ブラジルのEMIから。
 ECMでの制作を開始した時期、“Dança Das Cabeças” (1976)と同時期の作品。
 先のブラジルのOden/EMIでの作品“Academia de Danças” (1974)、“Corações Futuristas” (1976)のような強烈な激しさはありません。
 Oden/EMIのGismontiを象徴するような妖しくハイテンションなストリングスはそのままに、ボーカルが前面に出る構成ですが、全体的に洗練されてきた感じでしょうか。
 もちろん十二分にハイテンション、前作“Corações Futuristas” (1976)でも演奏されていた名曲”Cafe”のセルフカバーもキメの多いフュージョンテイスト。多くの曲で凄まじいファンクベースが跳ねまくり、少々ポップ方向に振れている感じの演奏も何曲か。
 超弩級に激烈な“Academia de Danças” (1974)、“Corações Futuristas” (1976)にくらべると随分丸くなり、トゲが取れ、スッキリしたといえばそうかもしれません。
 “Agua e Vinho” (1972)ぐらいまではMPBっぽかったもんね。
 妖しい感、普通じゃない感はたっぷり。
 ぶっ飛んだピアノとサックスのDuoでのジャジーなスローバラード演奏は素晴らしいし、南米山奥エスニックな空気感もたっぷり。
 などなど、いろんな要素が混ざりつつの1970年代フュージョンの香りがたっぷりのブラジリアンファンクフュージョン。
 激しさ、ハチャメチャさが少しおさまり、スッキリとしたOden/EMIのGismontiミュージック。




posted by H.A.


【Disc Review】“Corações Futuristas” (1976) Egberto Gismonti

“Corações Futuristas” (1976) Egberto Gismonti
Egberto Gismonti (Synthesizer, Piano, Electric Piano, Guitar, Voice)
Luiz Alves, Renato Sbragia (Double Bass) Robertinho Silva (Drums, Percussion) Nivaldo Ornelas (Sax, Flute)
Danilo, Mauro, Paulo (Flute) Ed Maciel (Trombone) Darcy Da Cruz, Marcio Montarroyos (Trumpet) Aninha, Marya, Joyce, Lizzie, Mauricio, Novelli, Dulce (Voice) and Strings

コラソンエス・フトゥリスタス(BOM24190)
エグベルト・ジスモンチ
ボンバ・レコード
2012-01-28


 Egberto Gismonti、ブラジアリアン・プログレッシブロック、ブラジリアン・ハードジャズ、ブラジリアン・ハードフュージョンな一作。
 凄まじい“Academia de Danças” (1974)に続く、超弩級にハードな、諸々の要素てんこ盛りフュージョン。
 冒頭、後々まで演奏される定番曲“Dança Das Cabeças”から、例のハイテンションなガットギターのストローク。
 それだけならECM作品にもたくさんあるのですが、それにエフェクターが掛かっているし、シンセサイザーがぎゅんぎゅん唸り、キメキメのブレイクに、ブチ切れサックス。
 切れ目なく続くのはあのしっとりとした名曲のはずの”Cafe”。
 ECMファンからすれば、“Somewhere Called Home” (1986) Norma Winstoneの静謐なバラードを想像するのですが、オリジナル?は激しいビートにKing Crimson風のリフに、魂の叫び系の激しいスキャット。
 三曲目でやっと落ち着き、ギターのアルペジオと低音のアルコ、スキャットが絡み合う幻想的なバラード”Carmo”+南米山奥エスニックでひと休み。
 LPレコードB面に移るとメインの楽器がピアノに変わります。
 静かに美しく、幻想的に始まりますが、こちらも徐々にテンションを上げ、気がつけば音の洪水。
 超弩級の全力疾走ミュージック。
 シンセサイザーが絡みつきながら突っ走る、超高速、怒涛のようなピアノジャズ。
 この人にしては珍しい4ビートなんて、他のジャズピアニストを全く寄せ付けないようなとてつもないピアニストEgberto Gismontiの演奏。
 Keith Jarrett的フォークロック~ゴスペルチックな演奏をインタールード的に挟みつつ、最後はド派手な高速サンバの大合唱~ラテンジャズな怒涛の鍵盤叩きまくりで幕。
 Chick CoreaHerbie Hancockも真っ青のハードなピアノジャズ。
 いやはやなんとも・・・
 最初から最後まで突っ走りまくるジェットコースターミュージック。
 激烈ながらビートがしなやかでうるさくないのがさすがにというか、一時期のWether Report的というか。
 ジャケットのGismontiさんは、据わった眼でこちらをギラっとにらんでいますが、その通りの怖い作品。
 鬼も逃げ出す音の洪水。
 “Bitches Brew” (Aug19-21,1969) Miles Davisや上記のアーティストの名作群と並ぶ大傑作だと思います。




posted by H.A.


【Disc Review】“Academia de Danças” (1974) Egberto Gismonti

“Academia de Danças” (1974) Egberto Gismonti
Egberto Gismonti (Piano, Electric Piano, Guitar, Flute, Synthesizer, Organ, Whistle, Vocals)
Luís Alves (Bass) Roberto Silva (Drums)
Nivaldo Ornelas, Danilo Caymmi, Mauro Senise, Paulo Guimarães (Flute) Marcio Montarroyos (Flugelhorn) Ed Maciel (Trombone) Darcy Da Cruz (Trumpet) Dulce Bressane (Vocals) and Orchestra

Academia De Dancas
Egberto Gismonti
Ecm Import
2008-11-18


 Egberto Gismonti、ブラジルのレーベルOdeonでの凄まじいアルバム。
 怒濤のような音楽。
 シンセサイザーやエフェクターを導入し、ブラジアリアン・プログレッシブロックというか、ブラジリアン・ハードジャズというか、ブラジリアン・ハードフュージョンというか。
 この期の作品はそんな音楽が多いのですが、これと次作“Corações Futuristas” (1976)がその極めつけ。
 重いビートにやたらブレイクの多い複雑な展開のプログレッシブロック風やら、シンセサイザーがうなるWather Report風のフュージョンやら。
 合間合間に挟まれるオーケストラの音も、なんだか激しさを助長しています。
 さらにまた合間合間に出てくる優し気な歌声。
 どう聞いてもプログレッシブロックな重い展開から、唐突に優し気、かつ幻想的なスキャットが映える穏やかなブラジリアンミュージックになってみたり、センチメンタルなピアノの弾き語りやら・・・
 それに安堵するのもつかの間、また電子音と激しいストリングスが絡み合ったり、King Crimson風のどヘビーなリフと抜けた感じのスキャットが・・・
 とか何とか、まさに変幻自在。
 ・・・締めはエレピと管楽器?が絡み合う混沌の中で幕。
 もー、グチャグチャ。
 ECMの作品とは全くイメージは異なりますが、とにもかくにもすさまじいアルバム。
 天才の本領発揮か、狂気の発出か。
 こりゃ、スゲーや。ホントに。
 あまり凄すぎて気楽に聞き流せないのが困ったものですが・・・
 なお、近年のCDには次作“Corações Futuristas” (1976)の一部がコンパイルされているようです。
 これまたとんでもない演奏・・・次へと続きます。




posted by H.A.


Profile
記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ