吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

1970-1979

【Disc Review】“Exit” (1976) Pat Martino

“Exit” (1976) Pat Martino

Pat Martino (guitar)
Gil Goldstein (piano) Richard Davis (bass) Jabali Billy Hart (drums)

イグジット
パット・マルティーノ
ポニーキャニオン
2001-08-10


 Pat Martino、1976年、カルテットでのアルバム、人気作、代表作なのでしょう。
 冒頭のタイトル曲“Exit”。
 伸び縮みするような漂うような複雑なビート繰り広げるベースとドラム。
 少しよじれたような不思議なメロディ、さらに複雑な構成。
 ギターは相変わらずジャズなフレーズを発しながら突っ走っていますが、ベース、ドラムとのインタープレーがそこかしこにちりばめられ、変幻自在。
 さらに遅ればせながら登場するピアノの激しいソロ。
 一時期のMiles DavisにOrnette Colemanをブレンドして、もっと現代的にしたような感じでしょうか。
 全部含めてジェットコースターのような演奏。
 攻めまくっています。
 一転、スタンダードのバラード”Come Sunday”。
 オーソドックスかと思いきや、崩れそうで崩れない複雑なビート感、これまた攻めた演奏。
 以降、Wes的なオリジナル曲に、スタンダード“Days of Wine and Roses”, ”Blue Bossa”, “I Remember Clifford”三連発。
 ほどほどオーソドックスにまとまっていますが、グングン前に進みつつときおり意外な方向に動くベース、攻めまくるドラム、ただ事ではないムードがちらほら。
 他で見たことがあるようなないような、Richard Davis, Billy Hartコンビがカッコいいなあ。
 新しい事が始まりそうな予感たっぷりながら、この後、重病で長期療養。
 好事魔多し。




posted by H.A.


【Disc Review】“We'll Be Together Again” (1976) Pat Martino

“We'll Be Together Again” (1976) Pat Martino

Pat Martino (guitar)
Gil Goldstein (electric piano)



 Pat Martino、エレピとのDuo。
 冒頭は15分を超える組曲風のオリジナル曲。
 悲し気な淡い色合いのメロディをモチーフに、浮遊と疾走が交錯する構成。
 インタープレー云々が中心ではなく、あらかじめ決められたのであろう構成、片方が背景を作り、あるいは独奏も挿みながら、さまざまな表情に変わっていきます。
 人数が少ない分、音量は絞られていますが、相変わらず音数はたくさん、疾走するギター。
 その複雑な音の流れは、何か新しいモノを求めて試行していたのでしょう。
 それが近作の“Exit” (1976)だったのか、あるいは、まさか大ヒットの“Concierto” (1975) Jim Hallだったのか、他の何かだったのか、わかりません。
 以降はジャズスタンダードが並びます。
 こちらは抑制された演奏。
 オルガンのように音を伸ばしつつ静かに背景を作るエレピの音に、いつものように疾走しながらも一定の空間を取った演奏。
 オーソドックなようで、エレピのフワフワした音が醸し出す妖しいムード、これまた不思議感たっぷり。
 静かなPat Martino。




posted by H.A.


【Disc Review】“Pat Martino/Live!” (1972) Pat Martino

“Pat Martino/Live!” (1972) Pat Martino

Pat Martino (guitar)
Ron Thomas (electric piano) Tyrone Brown (electric bass) Sherman Ferguson (drums)

ライブ!
パット・マルティーノ
ポニーキャニオン
2001-06-20


 Pat Martino、エレピのトリオを迎えたライブ録音。
 各曲10分を超える演奏、全三曲。
 LPレコードA面を締める”Special Door”、テーマを提示した後に方向を探るような妖しい動き。
 フリーな方向に行きそうな音の流れがちらほらしつつも、ビートが定まれば、うりゃーってな感じの怒涛のジャズ、弾きまくり。
 一段落つけば、妖しく混沌とした溜まりを経て、再び怒涛の4ビートジャズ。
 そんな混沌と超絶4ビートジャズが交錯する構成。
 二曲目は後のフュージョンを想わせるようなメカニカルなテーマ。
 が、その提示が終わると端正な4ビートジャズ。
 締めはジャズスタンダード。
 これまたたくさんの音符がこれでもかこれでもかと並べられていきます。
 怒涛のような演奏が続きますが、エレピの響きがクールな分、極端に熱くはなりません。
 そして弾むエレキベースが主導するグルーヴ。
 “Bitches Brew”(1969) Miles Davisを経て、“Return to Forever” (Feb.1972) Chick Coreaに近い時期。
 それらの空気感に近い場面もちらほらしますが、本作はやはりジャズ。
 それら含めて、普通の1970年代ジャズとはまた違った新感覚なジャズ。




posted by H.A.


【Disc Review】“Conference of the Birds” (1972) Dave Holland

“Conference of the Birds” (1972) Dave Holland

Dave Holland (bass)
Barry Altschul (percussion, marimba)
Sam Rivers, Anthony Braxton (reeds, flute)

Conference of the Birds
Barry Altschul
Ecm Records
2000-04-11


 Dave Holland、1970年代序盤、フリー混じりのコンテンポラリージャズ、ECMレコードから。
 “Bitches Brew”(Aug.19-21,1969)を始め、エレクトリックMilesの初期を支えた人。
 上記はもちろん、“1969Miles” (1969), “Balladyna” (1975) Tomasz Stankoなどでも凄まじい演奏が記録されています。
 リーダー作ではあくまでウッドベースでアコースティック4ビート中心、フリー混じりのジャズ。
 ファンク路線へ突き進むMilesバンドに長居しなかったのも納得の「ジャズ」。
 ピアノレス、複数ホーンは以降の作品とも共通する編成。
 本作の二人は凄まじいブチ切れサックス。
 テーマを決めたら怒涛の疾走。
 グルグルととぐろを巻くテナーに、激情を発しながら飛翔するアルト、ソプラノ。
 激しい演奏ながらビートを崩すことなくグングン前に進むベース、自由にアクセントを加えるドラム。
 1970年代エネルギー放出型ジャズのようで、どこか醒めた感じのクールネス。
 フリーなコレクティブインプロビゼーションなども交えつつ、これでもかこれでもかとそんな演奏がてんこ盛り。
 これは凄い。
 甘さゼロ、ダークで辛口、ハードボイルドなジャズ。




posted by H.A.


【Disc Review】“Not Far From Here” (2019) Julia Hülsmann

“Not Far From Here” (2019) Julia Hülsmann

Julia Hülsmann (Piano)
Marc Muellbauer (Double Bass), Heinrich Köbberling (Drums)
Uli Kempendorff (Tenor Saxophone)

Not Far from Here
Hulsmann, Julia -Quartet-
Ecm
2019-11-01


 ドイツのピアニストJulia Hülsmann、2019年作。
 レギュラーなのであろうトリオにサックスを迎えたカルテット編成。
 本作もこの人らしい質感の落ち着いたコンテンポラリージャズ。
 いかにも現代のヨーロピアンジャズ、明るい系。
 オーソドックスにスッキリと聞こえながらも凝りまくったアレンジ、展開。
 ときおり混沌に突っ込むか・・・、あるいは漂い続けるか・・・、沈痛系か・・・、と思わせながらも、そうはなりません。
 サックスも同じような動き、神経質な音の流れ、あるいは激情系か、と思わせながら、あくまで上品にまとまっていきます。
 いかにも近年のECMレコードのサックスらしい、艶やかで美しい音。
 いつもながらに美しいピアノの音との絡みがこれまた美しい。
 天井が高い空間で鳴っているような極上のリバーブが効いた美しい録音。
 楽曲、演奏を含めてダークさはなし、明度高め。
 いかにも女性らしい、あるいはかつてのECMらしくない優しい音ですが、繊細というよりは骨太な感じでしょうか。
 いろんな新たな仕掛けや奇をてらった作品も多い中(そうゆうのを好んで探しているのではありますが・・・)、スッキリとしたヨーロピアンジャズらしいジャズ。
 とても安心して聞ける一作、ってな感じがよろしいのでは。




posted by H.A.


【Disc Review】“Psalm” (1982) Paul Motian

“Psalm” (1982) Paul Motian

Paul Motian (drums)
Bill Frisell (electric guitar) Ed Schuller (bass)
Joe Lovano (tenor sax) Billy Drewes (tenor, alto sax)

Psalm
ECM Records
2000-11-16


 Paul Motian、1982年作。
 前作“Le Voyage” (1979)からまたまた全メンバーを交代し、本作は二管サックスクインテット。
 ここでBill FrisellJoe Lovanoが参加し、後々まで続くトリオのメンバーが揃います。
 例のスペーシーなギターの音が聞こえると、とても幻想的、あのトリオな音。
 ドロドロとしたジャズな感じに未来感も加わりつつの尖端サウンド。
 物悲しさはそのまま、全編ルバートのスローバラードの時間もたっぷり。
 ロックなビートもディストーションなギターもたっぷり。
 かといって、1980年代流行りのスッキリ系ゴージャズ系のフュージョンになる由もなく、妖しくダーク、過激で複雑怪奇なジャズ。
 強烈な緊張感、沈痛さも強まって、少々ヘビー。
 怖いかも・・・と思っていると、例の能天気なカントリーっぽいギターが聞こえてきたり、もう何が何だか・・・
 桃源郷か、はたまた地獄の一丁目か、この世ではないどこかを彷徨っている感たっぷりのトリップミュージック。
 この後、本作のメンバーを絞り定番トリオ、ECMでは“It Should've Happened a Long Time Ago” (Jul.1984)、へと続いていきます。

※後の演奏から
 

posted by H.A.


【Disc Review】“Dance” (1977) Paul Motian

“Dance” (1977) Paul Motian

Paul Motian (drums, percussion)
David Izenzon (bass)
Charles Brackeen (soprano, tenor sax)

Dance
Motian, Paul
Ecm Import
2008-11-18


 Paul Motian、”Conception Vessel” (1973)、“Tribute” (1974)に続くECMレコードでの第三作。
 前作から全メンバーが交代したピアノレスサックストリオ編成。
 Ornette Coleman所縁のドラマーに、知る人ぞ知るフリー系サックス。
 ダークなトーンと物悲しい空気感はそのまま。
 ベースの重心が上がって、サックスがソプラノ中心になった分、少し軽くなった感じですが、妖しさはそのまま、フリー度高め。
 音量も下がった分、クールさも助長された感じもします。
 常時前面に出てクダを巻きつつ、ときおり狂気と激情を発するサックス、例の漂うビート、明後日の方に向かって進んでいるようにも聞こえるリズム隊。
 陰鬱、沈痛とまではいかずとも、ただ事ではない空気感たっぷり。
 そんな強い緊張感の中、ちょっとすっよぼけたような演奏もありますが、これまた後々まで続くこの人の色合い。
 全部あわせて、フリー度高めのクールなジャズ。
 これまたハードボイルド。

※次のバンドの演奏から。
 

posted by H.A.


【Disc Review】“Tribute” (1974) Paul Motian

“Tribute” (1974) Paul Motian

Paul Motian (drums, percussion)
Sam Brown (acoustic, electric guitars) Paul Metzke (electric guitar) Charlie Haden (bass)
Carlos Ward (alto sax)

Tribute
ECM Records
1993-11-01


 Paul Motian、”Conception Vessel” (1973)に続くリーダーでの第二作、ECMレコードでの制作。
 Charlie Hadenと二人のギターに、楽曲によってサックスが加わる編成。
 ECM、あるいは後のPaul Motian Trioのお約束、とても静かで妖しい、全編ルバートでのスローバラードがてんこもり。
 物悲しい音を奏でるギターに沈み込むベース、その中を漂う刃物のように鋭いサックス。
 そして、ときにパコーン、ポコーン、チーン・・・、ときにバシャバシャ・・・、ビートを出しているのか出していないのか、何なのかよくわからないドラム。
 それがカッコいい。
 あの“Death and the Flower” (1974) と同時期、音楽の色合いは違いますが、当のKeith Jarrettが加わればあのバンドになりそうなメンバーになんだから、カッコよくて当たり前。
 それと雰囲気が違うのは、終始前面に出るギターとクールな質感、後のTrioと違った感じがするのは、サイケと寂寥の間を行き来するギターと下の方で激しく蠢くベースゆえでしょうか。
 “Liberation Music Orchestra” (1969) Charlie Hadenに近い感じがしないでもないですが、もっとクール。
 全編を通じたダークなトーンもあわせて、とてもハードボイルドな妖しいジャズ。
 あまり話題にならないアルバムなのかもしれませんが、紛うことなき名演、名作。

※近い時期、近いメンバーでの演奏から。雰囲気は違いますが・・・


posted by H.A.


【Disc Review】“Complete Science Fiction Sessions (Science Fiction / Broken Shadows+3)” (1971,1972) Ornette Coleman

“Complete Science Fiction Sessions (Science Fiction / Broken Shadows+3)” (1971,1972) Ornette Coleman

Ornette Coleman (alto saxophone, trumpet, violin)
Charlie Haden (bass) Billy Higgins, Ed Blackwell (drums)
Don Cherry (pocket trumpet) Bobby Bradford, Carmine Fornarotto, Gerard Schwarz (trumpet) Dewey Redman (tenor sax, musette) David Henderson (recitation) Asha Puthli (vocals)
Jim Hall (guitar) Cedar Walton (piano) Webster Armstrong (vocals) & woodwinds

Complete Science Fiction Sessions
Ornette Coleman
Sony
2000-05-02


 Ornette Coleman、1971、1972年のセッション。
 “Science Fiction” (1971)と後にリリースされる”Broken Shadows” (1971,1972)の二作のカップリング。
 あの“The Shape of Jazz to Come” (1959)のカルテット、あるいはさらに二管が加わった編成をベースとして、楽曲ごとに様々なメンバーが加わります。
 ハイテンションでシリアスな表情のジャズを中心に、激烈なフリー、さらにはソウル~ゴスペル的な要素もフュージョンされる構成。
 マシンガンのようなベースが緊張感を煽り、いつになく大きいサックス、トランペットの音量、熱量。
 静かな緊張感の“The Shape of Jazz to Come” (1959)に対して、激しい系コレクティブインプロビゼーション、しばしばおとずれる混沌な場面も含めて、グリグリゴリゴリ、ビヒャーっと来る激烈系が中心。
 無秩序でも激情系ばかりでもありませんが、凄まじい音量と熱量の凄まじい演奏。
 まだ4ビート中心ですが、その合間々に挿まれる凄まじいスピードの演奏、フリーなスローバラード、静かなボーカル、よじれたようなソウルチューン・・・
 触ると切れてしまいそうな緊張感と激しさの連続。
 1960年代までの諸作はおおらかなジャズの印象も強いのですが、本作は違います。
 近い時期の“Miles Davis At Fillmore” (Jun.1970)もビックリの妖しさ激しさ120%。
 ”Broken Shadows” (1971,1972)収録分はしばらくお蔵に入っていたようですが、全部含めて凄い演奏集。
 ファンクで激しい“Dancingin Your Head” (1973-1975)まではもう少し。
 モダンジャズはもちろん、ジャズから一歩踏み出した1970年代のOrnette Coleman。
 これは凄い。




posted by H.A.



【Disc Review】“Nice Guys” (1978) The Art Ensemble of Chicago

“Nice Guys” (1978) The Art Ensemble of Chicago

Lester Bowie (trumpet, celeste, bass drum)
Malachi Favors Maghostut (bass, percussion, melodica) Joseph Jarman (saxophones, clarinets, percussion, vocal) Roscoe Mitchell (saxophones, clarinets, flute, percussion) Don Moye (drums, percussion, vocal)

Nice Guys
Art Ensemble of Chicago
Ecm Records
1994-06-14


 The Art Ensemble of Chicago、ECMでの第一作。
 フリー、トラディショナル、ブルース、ゴスペル、スピリチュアル、アフリカン、演劇?、その他諸々が混ざり合い、交錯するジャズ。
 Lester BowieとしてもECMへの参画を始めた時期、“Divine Love” (1978) Leo Wadada Smith、“New Directions” (1978) Jack DeJohnetteに近い時期の制作のようですが、それらとは全く違うテイスト。
 複雑で摩訶不思議なThe Art Ensemble of Chicagoの世界。
 冒頭はゆったりとしたフリービート、沈痛なジャズがスピリチュアルでユーモラスな歌モノに突然変異し交錯する、不思議感たっぷりな演奏。
 続いてプリミティブな笛系とパーカッション、Voiceが絡み合う、静かでアフリカンなコレクティブインプロビゼーション風からお祭りビートへの11分超。
 さらに疾走する4ビートのフリージャズ、摩訶不思議なフリージャズ、締めはミュートからオープン、クールなトランペットが鳴り続けるミディアム4ビートから、ハイテンションな高速ジャズの怒涛のエンディング。
 全く色合いの違う演奏が並びますが、個々の楽曲にそれぞれ意味があって、さらに全体が構成されているのだろうと思います。
 ブラックミュージックを俯瞰して云々、なのだろうと思いますが、何ともいえない複雑で屈折した感じがします。
 その得体の知れない不思議なムードに浸るか、メッセージを解きほぐしにかかるか、怒涛のインプロビゼーションを楽しむか。
 いずれにしても、過激で凄い演奏が揃った不思議なジャズ。
 さらにECMの透明度が高く冷たい色合いが混ざり合って、スッキリとした感じのフリー系ジャズ、そんな感じがよろしいのでは。




posted by H.A.


Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ