吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

1970-1979

【Disc Review】“Milano Strut” (1978) Don Pullen, Don Moye

“Milano Strut” (1978) Don Pullen, Don Moye
Don Pullen (Piano, Organ) Famoudou Don Moye (Drums, Percussion, Congas, Bells)

 Don Pullen、イタリアのBlack Saintレーベルからのフリージャズ。
 この時期のDon Pullenの作品は、“Capricorn Rising” (1975) Don Pullen, Sam Riversなど、激烈系フリージャズ。
 本作はドラムとのDuo。
 もー好きにしてください・・・と言わざるを得ない、暴力的なまでのど激しい系。
 “Interstellar Space” (Feb.22.1967) John Coltraneもビックリの、黒い情念のほとばしりな音。
 もう勘弁してください・・・と思うこと、十数分。
 突然現れる美しいメロディ、ルバートでの漂うようなスローバラード。
 激情と混乱、安らぎが錯綜する音。
 これまたあの後期John Coltraneのバラードの世界。
 さらに、LPレコードB面、オルガンで演奏される“Milano Strut”の哀愁漂うクールな音。
 これはあのKip Hanrahanの世界。
 クールでやるせなくて、しかもオシャレ。
 こちらが先なので、彼の音のイメージの一部はDon Pullenだったのかもね?、と想わせる一曲。
 このままいって欲しい・・・の願いも虚しく、かき回されるピアノ。
 うーん・・・
 ・・・にしても素晴らしいジャケットだなあ・・・




posted by H.A.


【Disc Review】“Capricorn Rising” (1975) Don Pullen, Sam Rivers

“Capricorn Rising” (1975) Don Pullen, Sam Rivers
Don Pullen (Piano) Sam Rivers (Tenor Saxophone, Soprano Saxophone, Flute)
Alex Blake (Bass) Bobby Battle (Drums, Tambourine)

Capricorn Rising
Don Pullen
Black Saint
2017-01-20


 Sam Rivers、Don Pullenとの共同リーダー作品。
 ど激しい系のフリージャズ。
 時代感はわからないのだけども、“Agharta”、“Pangaea”(Feb.1.1975) Miles Davisに近い時期。
 激しい系のフリージャズの時代は終っていた時期のようにも想像するのだけども、これでもかこれでもかの激しい系。
 これは熱い。
 あるいは暑苦しい。
 Sam Rivers、Don Pullenともに、あっけらかんと演奏するようなイメージもあるのだけども、この音は重くて熱い。
 血と汗が噴き出るような凄まじい音の洪水。
 全4曲、B面の二曲は明るいラテンな感じですが、それも激しい。
 全編疾走し続け。
 疲労度も120%。
 それでも、聞き終わるとなぜかスカッと爽やか・・・かな・・・?
 とにもかくにも体育会系な音。
 とても激しくて、男臭くてカッコいい音楽。
 夏には聞きたくないけどね・・・




posted by H.A.


【Disc Review】“Wave” (1977) Terje Rypdal

“Wave” (1977) Terje Rypdal
Terje Rypdal (electric guitar, synthesizer, RMI keyboard computer)
Palle Mikkelborg (trumpet, tack piano, RMI keyboard computer, ring modulator) Sveinung Hovensjø (6 & 4 string electric bass) Jon Christensen (drums, percussion)

Waves
Terje Rypdal
Ecm Records
2001-06-19


 ノルウェーのギタリストTerje Rypdal、フュージョン系コンテンポラリージャズ。
 プログレッシブロック色も強いドラマチックな“Odyssey” (1975)の次のコンボ作品、ダークで激しい名作ハードジャズ“Terje Rypdal/Miroslav Vitous/Jack DeJohnette” (1978)の前の作品。
 それらとは少々印象が異なります。
 ズルズルグチョグチョなロックなギター、スペーシーな感じはそのままですが、全体のサウンドが落ち着いているというか、ほどほど静かというか。
 ドラムがジャズの人、キーボードがWeather Report風、トランペットがMiles Davis風だったりすることも大きいのでしょう。
 ヒタヒタと迫ってくる系の抑えたドラム、スぺーシーなキーボードのサウンド、Eberhard Weber風のベースに、大活躍のPalle Mikkelborgのクールなトランペット。
 1970年代ECMのサウンドの典型のひとつなのかもしれませんが、かなり爽やか系です。
 ・・・っと思っていたら、またギターがギュインギュインと鳴り出したり・・・
 そんなギターとクール系、エレクトリック系のMilesの色合いが交錯するトランペットとの激しいバトルは、エレクトリックMiles諸作を想い起こしたりもします。
 ジャケットは、いかにもECM、あるいはいかにもノルウェーな感じの寂寥感の強いポートレート。
 が、サウンドは意外にも、まずまずスッキリとした、むしろ明るい系のコンテンポラリージャズ、ほんの少々の激しい系。
 この次が激烈、ドロドロの“Terje Rypdal/Miroslav Vitous/Jack DeJohnette” (1978)とは・・・?




posted by H.A.


【Disc Review】“Satu” (1974) Edward Vesala

“Satu” (1974) Edward Vesala
Edward Vesala (drums)
Terje Rypdal (guitar) Palle Danielsson (bass)
Tomasz Stańko (trumpet) Palle Mikkelborg (flugelhorn, trumpet)
Juhani Aaltonen (soprano, tenor sax, flute, alto flute) Tomasz Szukalski (soprano, tenor sax) Knut Riisnæs (flute, tenor sax) Torbjørn Sunde (trombone) Rolf Malm (bass clarinet) and strings

Satu
Edward Vesala
Ecm Import
2008-11-18


 フィンランドのドラマーEdward Vesalaの激しいジャズ。
 過激なギタートリオに、本作のリーダーも参加している超弩級に激烈な“Balladyna”(1975)Tomasz Stankoのポーリッシュの二管のメンバー、他のホーン陣。 
 予想通りに過激、上記のアルバム的激しさに、大きくフィーチャーされるTerje Rypdal的激しさが加わります。
 激烈プログレッシブロック・ジャズ“Odyssey” (1975) Terje Rypdalに近い時期でもあり、近い雰囲気かもしれません。
 LPレコードA面は長尺なバラード二曲。
 フリーなビートを出し続けるドラムと、不思議なメロディを奏で続けるホーンのアンサンブル。
 ま、ズルズルグチョグチョなギターがフロントを取りドカーンとくる場面もありますが・・・
 ビート感はジャズですが、不思議感たっぷりのアバンギャルドな音。
 二曲目のスタートはDuke Ellington?と思うようなホーンアンサンブルとテナーがうなるジャズバラード。
 ま、ギターがギュンギュンうなっているし、中盤はフリーになるのですが・・・
 フリーなドラムとジャズなPalle Danielssonのベースが繰り出すルバート風のビートと、激烈なサックス、ギター、トランペットがとてもカッコいいジャズな演奏。
 B面に移るとさらに不思議感がアップ。
 わかりやすいメロディはあるんだけども、妙に勇ましい系というか、変わっているというか・・・
 気がつけばホーン陣が叫ぶ激烈フリーへ・・・
 1970年代、冷戦真っただ中だったのでしょう。
 その時代、北欧、ポーランド、デンマーク、その他が交錯する妖しく激しいジャズ。
 凄い時代だったんだろうなあ・・・

※別のバンドですが、これまた凄い。


posted by H.A.


【Disc Review】“Poema da Gota Serena” (1977,1980,1982,1996,2000,2004) Ze Eduardo Nazario

“Poema da Gota Serena” (1977,1980,1982,1996,2000,2004) Ze Eduardo Nazario
Zé Eduardo Nazario (Drums, Kalimba, Khene, Tabla, Glockenspiel, Mridangam, Percussion, Flute, Whistle, Voice)
Lelo Nazario (Electric Piano, Percussion, Synth, Piano, Xylophone, Bells) Fernando Nélio Porto (Keyboards, Piano) Pereira (Guitar)
Zeca Assumpção (Contrabass, Bass) Luciano Vieira (Bass)
Cacau (Tenor Sax, Flute) Roberto Sion (Flute) Roberto Sion, Teco Cardoso (Soprano Sax) Roardo Bernardo (Tenor Sax) Rommel Fernandes (Violin)
Guilherme Franco, Dinho Gonçalves (Percussion)



 ブラジルのドラマーZe Eduardo Nazarioのコンテンポラリージャズ。
 2015年?再発アルバム。
 1970年代から2000年まで長い期間、1980年代にリリースされたアルバム”Poema Da Gota Serena” (1982)を中心として、2000年のライブなども含めたオムニバス作品
 コンテンポラリージャズというよりも、John Coltraneのフリージャズ、あるいはエレクトリックMilesの流れを汲むアバンギャルドジャズといった面持ち。
 ボサノバ以降、この期のブラジリアンジャズの事情には疎いのですが、エレクトリックMiles系の激しいジャズファンク、あるいはフリージャズ、プログレッシブロックを吸収しつつ、ブラジルエスニックな音が強く混ざった、アバンギャルドなジャズフュージョン。
 ボサノバ的な洗練とは全く別世界な音。
 1970年代のEgberto Gismonti諸作あたりに通じるのかもしれませんが、もっとドロドロとしたコアな色合いでしょう。
 1970-1980年代の演奏はまさにそんな音。
 LPレコード片面一曲の重厚で激しい組曲構成。
 ドンドコドンドコ、ビヒャー、ドカーン、ビユユーン、ケチャケチャ・・・ってな感じ。
 冒頭からド激しいドラムとテナーサックスのDuo、続くこと約8分。
 “Interstellar Space” (Feb.22.1967) John Coltraneな時間。
 ドラムがアフロっぽいというか、サンバっぽいというか。
 さらにドロムソロ~妖し気な笛の音・・・
 さらには、引っ掻き回されるエレピ系の電子楽器と、カリンバ、マリンバ系、パーカッション、Nana Vasconcelos的ボイスの饗宴、いや狂演。
 南米密林フリージャズ、あるいは南米密林フリーファンク。
 激しいビートと妖し気な音の流れに誘われる陶酔感、その世界にトランスさせてくれる音。
 その種の音楽が流行らなくなったであろう1990-2000年代になると、洗練された感じ、Weather Reportっぽくなったり、キメキメフュージョンっぽくなっていますが・・・
 とても素晴らしいオリジナル”Poema Da Gota Serena” (1982)のジャケットを含めて、包装は爽やか系ですが、中身はドロドログチャグチャ。
 John Coltraneのアバンギャルドジャズ、エレクトリックMilesWeather Report、そしてブラジル大好きな人にとってはたまらない作品でしょう。
 色合いの違う音源が集まっていることはさておき、凄いアルバムです。



posted by H.A.




Profile
記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ