吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

#7.Stylish

【Disc Review】“Exotica” (1993) Kip Hanrahan

“Exotica” (1993) Kip Hanrahan
Kip Hanrahan (Producer)
Don Pullen (piano, organ) Jack Bruce (bass, voice) Robby Ameen (drums)
Leo Nocentelli (guitar) Alfredo Triff (violin) 
Guest :
Andy Gonzalez, Anthony Carillo, David Sanchez, JT Lewis, Mario Riviera, Milton Cardona, Lucy Penabaz, Ralph Peterson Jr., Richie Flores

EXOTICA
KIP HANRAHAN
ewe
2010-07-21
キップ・ハンラハン

 Kip Hanrahanのファンクアルバム。
 本作のテーマがファンク、あるいはアップビートでシンプルにいこう、といった計画だったかどうかはわかりませんが、最初から最後まで、凄まじいグルーヴ、どカッコいいファンク、あるいは強烈で危ないダンスミュージック。
 前作“Tenderness” (1988-1990)の激しくカッコいい場面を抜き出して、ほんの少しだけマイルドにした感じでアルバム一枚作りました、ってな最高のバランス。
 冒頭からカッコいいビート。
 この曲ではパーカッションの参加は無く、オルガン、ベース、ドラム+ピアノのシンプルな編成での演奏ですが、とんでもないグルーヴ。
 ドスの効いたヘビーなエレキベースがブンブンうなりながら強烈な推進力。
 クレジットに詳細が無いのですが、このベースはJack Bruceなのでしょうか?
 縁のあるつわものたち、Bill Laswell, Jamaaladeen Tacuma, Steve Swallowも真っ青の凄まじいベースライン。
 さらに途中から加わるDon Pullenのとんでもないピアノ。
 こりゃスゲーや。
 オルガン含めて、最初から最後まで、これでもかこれでもかと弾き倒しまくり。
 生涯最高の名演・・・かどうかはさておき、前作“Tenderness” (1988-1990)と同様、情け容赦なし、ピアノが破壊されそうな凄まじい演奏。
 すっかりレギュラーに定着したRobby Ameenもドラムも、いいタイミングでスネアドラムが入り続けるKip Hanrahanのハードなサウンドに欠かせないカッコいいビート。
 基本的にはピアノトリオ+オルガン+パーカッションのシンプルな編成が中心なのだけども、そうとはとても思えないド迫力。
 さらに、いつものクラーヴェ、怒涛のパーカッションが鳴りはじめ、ホーンやバイオリンが乗ってくると、これはもう桃源郷・・・
 鳴り続けるパーカッションの連打、強烈な推進力とグルーヴ、シンプルなリフの繰り返しで引き起こされる陶酔感。
 クラクラしてくるような音の渦の裏で表で叩き回され、引っ搔き回されるピアノ・・・
 とても激しい音、強烈なグルーヴを背景にした囁くような激渋ボイスが何ともクール。
 もちろんメロディはいつものやるせない哀愁が漂うライン。
 いつものパターンではあるのですが、背景の激しさ、グルーヴが尋常ではないだけに、激渋ボイスがいつにも増してクールに妖しく響きます。
 激しくとも、どことなくオシャレ。
 やはりKip Hanrahanワールドです。
 この人の作品で、ここまでファンク、あるいはシンプルなアルバムはないと思いますが、これを最高傑作とするのは反則なのでしょうかね?
 Kip Hanrahanのファンクの大名作、いや、古今東西のジャズファンクの中での大名作。




 posted by H.A.

【Disc Review】“Statements” (2003, 2004) Batagraf

“Statements” (2003, 2004) Batagraf
Jon Balke (Keyboards, Percussion, Vocals)
Frode Nymo (Alto Saxophone) Kenneth Ekornes, Harald Skullerud, Helge Andreas Norbakken, Ingar Zach (Percussion) Arve Henriksen (Trumpet) Sidsel Endresen, Miki N'Doye (Recitation) Solveig Slettahjell, Jocelyn Sete Camara Silva, Jennifer Mykja Balke (Voice)



 ノルウェーのピアニストJon BalkeのバンドBatagrafの何とも不思議なアルバム。
 “Clouds In My Head” (1975) Arild AndersenなどからECMに参画している大ベテラン。
 ヨーロピアンらしいクラシックの香りと美しい音、さらに強烈な疾走感がカッコいいピアニスト。
 近年では同じく北欧の若手アーティストのサポート、“The Door” (2007)、“Midwest” (2014) Mathias Eickなどでもよく見かけます。
 バンドでの表現が好きなようで、以下のようないろんなバンドに参加、あるいは自ら作っています。
  Masqualero、“Bande a Part” (1986)  etc.
  Oslo 13、“Nonsentration” (1990)  etc.
  Magnetic North Orchestra、“Further” (1993), “Kyanos” (2001)  etc.  
 それらは十分にジャズな音だったのですが、本作はジャズからはみ出した不思議なバンド。
 詞の朗読なども絡めつつ、ナイジェリア?の「バタ」なる楽器?音楽?を中心とした音なのだと思います。
 メンバーはノルウェーの人が中心のようなのですが、音は完全に無国籍、ノンジャンル。
 アフリカ的なパーカションとフワフワしたエレクトリックピアノ、電子音、声、そしてジャジーながら狂気を秘めたサックスが交錯する不思議な世界。
 ムードとしてはフューチャージャズな感じもあるし、アコースティックなパーカッションがプリミティブな民族音楽的でもあるし。
 ジャズとか何とかのジャンル云々はもとより、一体ここはどこなのか、ヨーロッパなのかアフリカなのか、今なのか過去なのか未来なのか、さっぱりわからない空間。
 さらに、声とか口笛とかが醸し出す、現実なのか非現実なのかすら曖昧なムード。
 でも、あくまで静かで穏やか。
 そんな背景の中に、唐突にコラージュされる乾いた女性のボイス、泳ぐような乾いたサックスの響きがとてもクール。
 ときおり現れる電子音、穏やかで淡い感じは環境音楽的な感じなのだと思いますが、無機質な感じではなくて、あくまでアコースティックな響きが中心。
 ちょっと聞きではなんだこりゃ?
 が、マニアックなようで、エスニックなようで、慣れてしまえばわかりやすくて心地いい音。
 意味不明でも難解でもない、全編通じてとてもカッコいい静かなグルーヴ。
 サックスの動きがジャズっぽいのも、とても心地いいバランス。
 ボイスには、同胞Nils Petter Molværの作品に参加するSidsel Endresenがクレジットされているし、音量を上げ、ハードさ、深刻さを加えると、彼の音にも近い場面が多いのは、ノルウェーの空気感ゆえなのでしょうか?
 全編を漂う哀感、さらにちょっとしたところにオシャレな感じもあり、全く違う音なのですが、Kip Hanrahan を想起します、ってなのは飛躍しすぎなのでしょうかね?
 そちらはニューヨーク&キューバですが、こちらは北欧&アフリカ。 
 さながら静かでエスニックな環境音楽、現実と非現実が交錯するトリップミュージック。
 残念なのは、あの素晴らしいアコースティックピアノが聞けないこと。
 が、さすがに何をやってもタダモノではないクリエイティブなオヤジ。
 とてもカッコいい音、名作だと思います。



 
 posted by H.A.

【Disc Review】“Tribes, Vibes And Scribes” (1992) Incognito

“Tribes, Vibes And Scribes” (1992) Incognito
Bluey (Guitar, Keyboards) Randy Hope-Taylor (Bass) Andy Gangadeen (Drums) Richard Bull (Drums, Percussion, Keyboards, Guitar) Graham Harvey, Peter Hinds (Keyboards) Thomas Dyani-Akuru (Percussion) Patrick 'Bebop' Clahar (Saxophone) Fayyaz Virji (Trombone) Kevin Robinson (Trumpet, Flugelhorn) Maysa Leak (Vocals) and others



 懐かしのBritish Soul。
 ノリが良くてファンキー。
 でも、全体の空気はクールでオシャレ。
 とてもカッコいいギターのカッティング。
 シンプルながらものすごいベースライン。
 ブンブンうなりながらのグルーヴが最初から最後まで続きます。
 でも下品にはならない絶妙な音使い。
 さりげないタイミングで入ってくる、これまた絶妙なホーンアンサンブル。
 ベタつかない哀愁感の漂うメロディライン。
 軽さを押さえるちょっとコッテリ気味のボイス・・・・・・
 全編通じて、アメリカ系のソウル、フュージョンにはあまりない、軽快でスッキリした音作り。
 ノリノリなようで、穏やかにジワジワと、ヒタヒタと迫ってくるようなグルーヴ。
 それでいてしっとり感も十分。
 洗練の極みですねえ。
 聞き慣れたStevie Wonderナンバーまでもとても斬新に聞こえます。
 これは懐かしい・・・になってしまうのでしょうか?
 今の耳で聞いてもカッコいいなあ。
 最高のブリティッシュ・ファンク、ソウル、フュージョン、・・・だと思います。




.posted by H.A.

【Disc Review】“Live in NYC” (2013) Gretchen Parlato

“Live in NYC” (2013) Gretchen Parlato
Gretchen Parlato(Vocal)
Alan Hampton (Bass) Taylor Eigsti (Keyboards, Piano) Mark Guiliana (Drums) Kendrick Scott (Drums) Burniss Earl Travis II (Bass)

Live in NYC
Gretchen Parlato
ObliqSound
2013-10-08
グレッチェン パラート

 コンテンポラリー系ジャズボーカリストGretchen Parlatoの最新作、ライブ盤。
 ピアノトリオを従え、過去のアルバムのベスト選曲でのステージ。
 はかなげ&怪しげで漂うようなウイスパーっぽいVoiceはそのまま、アレンジもスタジオ盤に近く、Jazzなのだろうけどもなんとなく妙な感じ。
 でも難しいわけではなく、軽快で、上品で優しい質感の音楽。
 新しいタイプのJazz。
 この人、Herbie Hancock閥なのでしょうか、前々作ではアフリカ音楽系ギタリストLionel Louekeが大きくフィーチャーされたり、前作のプロデューサーがRobert Glasperだったり、HerbieのButterfly やWayne ShorterのJujuを演ったりしています。
 元々Bossaを歌っていたのかもしれませんが、全編それっぽいウイスパー?ボイス。
 軽く聞き流しても心地よく、じっくり聞けば引き込まれそうな緊張感あふれる深い声、音。
 アレンジ~全体の質感は、Robert Glasper的な近代的都会的ジャズの色合いも強いのですが、ブラジル、アフリカ、ヨーロッパ辺りが入り混じったワールド系なテイストが加わります。
 かといって過度にマニアックではなく、あくまで、しなやかなリズム、柔らかな音使い、ほどよいポップ感。カフェで流れていても全く違和感のなさそうな音。
 心地よくさらりと聞けます。
 昔ながらのJazzよりもむしろSadeやErykah Baduなど、近現代Soul系に通じるのでしょうか?
 でも、もう少し軽くて明るくてマイルドな感じかな?
 やはり新しいタイプのJazzですね。

(※この投稿は2014/02/15から移動しました。)



ha50posted by H.A.

【Disc Review】“In A Dream” (2008) Gretchen Parlato

“In A Dream” (2008) Gretchen Parlato
Gretchen Parlato (vocal, Percussion)
Derrick Hodge (Bass) Kendrick Scott (Drums, Percussion) Aaron Parks (Piano, Electric Piano, Organ, Glockenspiel) Lionel Loueke (Guitar, Vocals)

In a Dream
Gretchen Parlato
Obliqsound
グレッチェン パラート


 コンテンポラリー系ジャズのボーカリストGretchen Parlato、第二作。
 前作“Gretchen Parlato” (2004)のコアメンバーは残っていますので、近いテイストですが、現代的な音作りに変わってきています。
 過度に音を重ねた感じではなく、さりげなさを生かしながらも、キッチリ作り込まれた質感。
 ナチュラルながらスタイリッシュ。
 ボッサ色が薄くなったこともあり、Lionel Louekeの色合いに加えて、Aaron Parks、Kendrick Scott、ニューヨーク系コンテンポラリージャズ・浮遊感系の色合いが前面に出た作品。
 これがアレンジも手掛けるGretchen Parlatoの色合いなのでしょう。
 そもそも浮遊感が強い声質、歌い方なのでこれ以上はないベストマッチ。
 まだ素直だったかもしれない前作に比べて、アレンジもヒネリの効いた感じになってきています。
 複雑なビート感。
 何拍子なのかよくわからない曲も少なくないのですが、なぜか柔らかでしなやか。
 強い浮遊感、不思議感。 Stevie Wonder, Herbie Hancock, Wayne Shorter その他諸々の楽曲、原曲のイメージが見え辛いぐらいまでに、彼女の色に染めた感じ。
 不思議系ですが不自然さは感じません。
 前作踏襲のギター、ピアノとの絡みに加えて、パーカッションとのDuo、グルーヴィーなファンク、幻想的なエレピとの絡み、カリプソ・・・、等々、いろんなアレンジの曲がありますが、全て一貫性がある質感。
 本作では次作“The Lost And Found” (2010)、あるいはゲスト参加諸作のようなポップステイストは強くは感じません。
 が、普通のジャスからも遠い、あくまで彼女のビート感、彼女の音楽、現代的な新手のジャズ。 
 ポップなようでマニアック、マニアックなようで軽快で爽やかな現代の音。
 ボーカルのスタイルは、前作のサラリとした印象に対して、少しサブトーンというか吐息が強くなった感じですかね。
 柔らかで儚げなイメージはそのまま、妖しさが増幅。
 これは名アルバム。




posted by H.A.

【Disc Review】“La Dolce Vita” (1999) Tommaso/Rava Quartet

“La Dolce Vita” (1999) Tommaso/Rava Quartet
Enrico Rava (trumpet) Giovanni Tommaso (bass)
Roberto Gatto (drum) Stefano Bollani (piano)

La Dolce Vita
Giovanni Tommaso
Camjazz

ジョバンニ トマッソ エンリコ ラバ

 Enrico Rava 番外編。
 イタリアンバンドでイタリア映画音楽?集。
 こんなはまり役は他にはない。
 冒頭曲”Profumo di donna”。
 こんなにカッコいいバラードはMilesの”’Round about Midnight”以外知らない。
 まさにハードボイルド。

(※本当投稿は2016/02/10から移動しました。)



posted by H.A.

【Disc Review】“Turning Point” (1992) Kevin Eubanks

“Turning Point” (1992) Kevin Eubanks
Kevin Eubanks (Guitar)
Charnett Moffett, Dave Holland (Bass) Mark Mondesir, Marvin "Smitty" Smith (Drums) Kent Jordan (Flute)

Turning Point
Kevin Eubanks
Blue Note
ケビン ユーバンクス


 前掲“Spirit Talk” (1993) “Spirit Talk2” (1994)と三部作のような位置づけ、このアルバムが端緒なのでしょう。
 同様にカッコいいジャズ・フュージョン。
 この人のギターはカミソリのようにシャープ。
 ジャズとロックが混ざり合うフレージング、変幻自在の表現力と強烈な疾走感。
 それでいて繊細で上品。
 攻撃的なベース、ドラムが作る強烈なグルーヴ。
 メンバーの名前から想像される音そのままに激しいビート。
 でも、うるさくはなくて、ヒタヒタと迫ってくる系。
 複雑な構成の楽曲。
 その上で展開される攻撃的なインプロビゼーション。
 強烈な演奏ながらも、なぜか上品、爽やかな印象にまとめてしまう、アンサンブル、アルトフルート、アコースティックギター。
 激しく複雑なのになぜか爽やかで聞きやすい。
 徹底的に洗練された、キレイでとてもクールな音。
 クリエイティブだけど聞きやすい、カッコいいコンテンポラリージャズ。
 最近のコンテンポラリージャズの主流は不思議系でしょうかね?
 この種の攻撃ながらスッキリしていて分かり易い音楽、今はなかなかありません。
 流行らないのかなあ。
 二十年以上前の作品だけど、今の耳で聞いて大名アルバムだと思うのだけど。




posted by H.A.

【Disc Review】”Piano” (2004) Leszek Mozdzer

”Piano” (2004) Leszek Mozdzer
Leszek Mozdzer (Piano)

Piano
Leszek Mozdzer
Arms
2005-02-24
レシェック モジジェル

 ポーランドのピアニストLeszek Mozdzer、前掲のトリオ“The Time”(2005)より少し前のピアノソロ作品。
 やはり氷のように透明、クールで鋭利、凄まじい切れ味のピアノ。
 高音などは「パキパキ、ピキピキ」といった響き。
 こんなピアノは聞いたことがない。
 私が知る限りこの人だけ。
 スローでも時折現れる早いパッセージにドキッとするわ、フレーズの一つ一つに強烈な加速感があるわ、弾きだすとどこまで行くのかわからないような疾走感。
 近年のソロ作”Komeda”(2011)が同胞の作曲家の作品集であったことに対して、こちらはオリジナル曲、お気に入り?の曲、インプロビゼーション集。
 彼の自然な姿が一番出ているのでしょう。
 例によってジャズ的ではないし、個々のインプロビゼーションの起承転結感は薄いのだけども、ここまで凄いと何も申し上げることはございません。
 ぶっ飛んだジャケットのポートレートのように音もぶっ飛んでいます。
 これまたポートレートのように現代的でとんがっています。
 あの”So What”も取り上げていますが、もう骨だけ状態、”On Green Dolphin Street”はイルカの開き状態。
 かといって、過度に過激で難解ではなく、あくまで美しく、それもとてつもなく美しく、上品です。
 ピアノの音の美しさに加えて、クラシックの空気感が常に流れているからでしょうか。
 それでいて十分にグルーヴィー。
 などなど含めて、心地よいことこの上なし。
 ピアノの音を存分に浴びたいときには最高、最適なアルバム。
 Leszek Mozdzer、客演含めて素晴らしいアルバムがたくさんありますが、これがイチオシかもしれません。 




posted by H.A.

【Disc Review】“Glad To Be Unhappy” (1963-1964) Paul Desmond

“Glad To Be Unhappy” (1963-1964) Paul Desmond
Paul Desmond (alto saxophone)
Jim Hall (guitar) Gebe Wright, MiGene Cherico (bass) Connie Kay (drums)

グラッド・トゥ・ビー・アンハッピー
ポール デスモンド
SMJ
2014-02-26


 前掲“Bossa Antigua” (1963-1964)と同時期、同メンバー、こちらはジャズ。
 とても静かで素敵なジャズ。
 西海岸のジャズ、でもWest Coast Jazzと書いてしまうと違和感のある音。特別なPaul Desmondの音楽。
 穏やかで愁いを湛えたアルトサックス、楚々としたギター、淡々と刻まれるリズム。
 低い音圧、薄い音のバンドサウンド。
 誰一人として決して熱くはならない。
 でも、とても豊か。
 優しいPaul Desmondの音楽。




posted by H.A.

【Disc Review】”Time Together” (2011) Michael Franks

”Time Together” (2011) Michael Franks
Michael Franks (Vocals)
Greg Cohen, Jay Anderson, Mark Egan, Scott Petito, Tim LeFebvre, Will Lee (Bass)Billy Kilson, Jerry Marotta, Joe Bonadio, Shawn Pelton, Wolfgang Haffner, Rogerio Boccato (Drums, Percussion) David Spinozza, Romero Lubambo, Chuck Loeb (Guitar) Clifford Carter, Gil Goldstein (Piano, Keyboards) Eric Marienthal, David Mann (Saxophone) Alex Sipiagin, Till Brönner (Trumpet) Mike Mainieri (Vibraphone) Beth Nielsen Chapman, Carmen Cuesta, Lizzy Loeb, Veronica Nunn (Backing Vocals )

Time Together
Michael Franks
Shanachie
2011-06-14
マイケル フランクス




 お正月らしく?ちょっとリッチな作品。
 あのMichael Franksのちょっと前の作品。
 プロデュースは名ギタリストChuck Loeb。
 極めて上質なAOR。
 AORは死語なのでしょうから、まあ、ボサノバ混じりのジャジーなポップス。
 かつて大流行していた時と同じといえばそうだし、もっと洗練されたような気もするし、いい感じで明るくなったかな。
 ちょっと影がある感じが昔のイメージだったかもしれませんが、すっかり健全なイメージに。
 本人のボーカルの雰囲気は昔のまま。
 アンニュイ、ってな言葉がありましたね。
 けだるい感じはそのまま、ちょっと明るくスッキリ。
 でも作り込まれたフュージョンではなくて、あくまでナチュラルな質感。
 ゆるい感じではないのだけども、ボサノバを中心とした上品でゆったりとしたリズム。
 とても美しい Chuck Loebのギターをはじめとする豪華メンバー余裕の演奏。
 これはMichael Franksの最高傑作・・・と書くと怒られるのでしょうかね?
 平和で穏やか、決して過剰にゴージャスではないけど、リッチな感じ。
 バブルではなくて本当の意味の余裕を感じる空気感。
 ま、今時こんな感じの余裕、リッチな幸せ感を感じるような音は希少かもね。




posted by H.A.
Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ