吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Palle Mikkelborg を含む記事

【Disc Review】“Guamba” (1987) Gary Peacock

“Guamba” (1987) Gary Peacock

Gary Peacock (bass)
Peter Erskine (drums) Jan Garbarek (tenor, soprano sax) Palle Mikkelborg (trumpet, flugelhorn)

Guamba -Reissue/Digi-
Gary Peacock
Ecm
2019-05-17


 Gary Peacockの1987年作。
  先の“Voice from the Past – Paradigm” (1981)と同様の編成のピアノレス二管カルテットですが、Jan Garbarekを残してメンバーを変更。
 素直なドラムにスッキリ系のトランペット、全体のサウンドも焼けた金属片が混ざるようなオイル臭さが抜けた感じでしょうか。
 軽快なドラムにクールでスタイリッシュなトランペット、やはりドロドロなサックス。
 もちろん全体を支配するのは、あの男臭いベースの音の動きと哀し気なメロディ。
 交錯する疾走と浮遊、ときおり表出する狂気。
 やはり前作と同様、ハードボイルドでやるせないGary Peacockワールド。
 前作はジャケットも夜なイメージでしたが、本作は不穏な雲に覆われた昼のポートレート、そのままの音。
 闇をベースとした陰影の前作に対して、薄暗い日中のような陰影の本作。
 いずれも気難しいのですが、ECMのアートを感じるには、とてもいい感じのバランスの二作のようにも思います。

※別のアルバムから。


posted by H.A.


【Disc Review】“Returnings” (2018) Jakob Bro

“Returnings” (2018) Jakob Bro

Jakob Bro (guitar)
Thomas Morgan (double bass) Jon Christensen (drums)
Palle Mikkelborg (trmpet, flugel horn)

Returnings
Universal Music LLC
2018-03-23


 デンマークのギタリストJakob Bro、“Streams” (2015)に続くECM制作。
 ドラムが前々作“Gefion” (2013)のJon Christensenに戻り、ベースは不動のThomas Morgan。
 さらに同じくデンマークのベテラントランペッターPalle Mikkelborgが加わります。
  前二作と同じく、淡くて漂うようなマイルドな音、薄く乳濁色が掛かったような幻想的な空気感。
 トランペットが加わることで音の輪郭がシャープになり、哀し気なミュートの音が寂寥感を助長しますが、空気感は変わりません。
 全編ゆったりと漂うようなテンポ。
 ふわふわとしたギターに、静かにグルーヴするベース、フリーにアクセントをつけるドラム。
 その穏やかであいまいな時間に寄り添うようなトランペット。
  “Gefion” (2013)にも収められていた哀し気なバラード"Oktoberから始まる、淡くて不思議な時間の流れ。
 強いビートはなく、強い音もフリージャズ混じりのタイトル曲”Returnings”のみ。
 淀んだ時間、迷宮に迷い込んだような、どこかわからない世界にいるような時間が続きます。
 とても穏やかで温かですが、なぜか強い寂寥感。
 その最後に収められた前向きな短いバラード”Youth”。
 全体を通して聞けば、少し抽象的で哀しい映画のようなさり気ないドラマチックさ。
 そんな構成がこの人のアルバムのカッコよさ。
 こんな空気感がDanish Saudadeなのかもしれません。




posted by H.A.


【Disc Review】“Skywards” (1996) Terje Rypdal

“Skywards” (1996) Terje Rypdal
Terje Rypdal (electric guitar)
Christian Eggen (piano, keyboards) Paolo Vinaccia (drums, percussion) Jon Christensen (drums)
Palle Mikkelborg (trumpet) Terje Tønnesen (violin) David Darling (cello)

Skywards
Terje Rypdal
Ecm Import
2001-01-30


 ノルウェーのギタリストTerje Rypdalのコンテンポラリージャズ作品。
 強いディストーションが掛かったギターは、ジャズの耳からするとちょっと引いてしまうのですが、全体の雰囲気はコンテンポラリージャズの色合い。
 ギター自体はズルズルグチョグチョのハードロックなのですが、サポートのメンバーがジャズの人、20年も前の“Wave” (1977)に近い顔ぶれ。
 さらにいかにもECMな妖しい音を出すチェリストDavid Darlingが加わります。
 本作のメンバー三人が参加した“The Sea” (1994)、“The Sea II” (1996) Ketil Bjørnstadが近い時期で、その流れなのでしょうかね?
 全曲オリジナル曲、イメージ通りにドラマチックなプログレッシブロック調な曲もありますが、ポップな曲が印象に残ります。
 冒頭はクール&センチメンタルな印象のマイナーチューン。
 ギターはギュインギュイン鳴っていますが、トランペットがクールなMiles風。
 4ビートではありませんが、ロック、フュージョンというよりもコンテンポラリージャズ、少々ポップ寄り。
 年月は前後しますが、Manu Katché?とか思ってしまうようなムード。
 さらにはバイオリンやチェロが静かに鳴っていたり、いかにもECMなクラシックの香りが強いピアノが美しい背景を作っていたり。
 静謐・・・ってところまではいきませんが、まずまず落ち着いたヨーロッパ系コンテンポラリージャズな音が続きます。
 ハードロックなギターが苦手で積極的には聞いてこなかった人ではあるのですが、きっと知らないところに名作がたくさんあるのでしょう。
 本作もそんな一作。




posted by H.A.


【Disc Review】“Wave” (1977) Terje Rypdal

“Wave” (1977) Terje Rypdal
Terje Rypdal (electric guitar, synthesizer, RMI keyboard computer)
Palle Mikkelborg (trumpet, tack piano, RMI keyboard computer, ring modulator) Sveinung Hovensjø (6 & 4 string electric bass) Jon Christensen (drums, percussion)

Waves
Terje Rypdal
Ecm Records
2001-06-19


 ノルウェーのギタリストTerje Rypdal、フュージョン系コンテンポラリージャズ。
 プログレッシブロック色も強いドラマチックな“Odyssey” (1975)の次のコンボ作品、ダークで激しい名作ハードジャズ“Terje Rypdal/Miroslav Vitous/Jack DeJohnette” (1978)の前の作品。
 それらとは少々印象が異なります。
 ズルズルグチョグチョなロックなギター、スペーシーな感じはそのままですが、全体のサウンドが落ち着いているというか、ほどほど静かというか。
 ドラムがジャズの人、キーボードがWeather Report風、トランペットがMiles Davis風だったりすることも大きいのでしょう。
 ヒタヒタと迫ってくる系の抑えたドラム、スぺーシーなキーボードのサウンド、Eberhard Weber風のベースに、大活躍のPalle Mikkelborgのクールなトランペット。
 1970年代ECMのサウンドの典型のひとつなのかもしれませんが、かなり爽やか系です。
 ・・・っと思っていたら、またギターがギュインギュインと鳴り出したり・・・
 そんなギターとクール系、エレクトリック系のMilesの色合いが交錯するトランペットとの激しいバトルは、エレクトリックMiles諸作を想い起こしたりもします。
 ジャケットは、いかにもECM、あるいはいかにもノルウェーな感じの寂寥感の強いポートレート。
 が、サウンドは意外にも、まずまずスッキリとした、むしろ明るい系のコンテンポラリージャズ、ほんの少々の激しい系。
 この次が激烈、ドロドロの“Terje Rypdal/Miroslav Vitous/Jack DeJohnette” (1978)とは・・・?




posted by H.A.


【Disc Review】“Satu” (1974) Edward Vesala

“Satu” (1974) Edward Vesala
Edward Vesala (drums)
Terje Rypdal (guitar) Palle Danielsson (bass)
Tomasz Stańko (trumpet) Palle Mikkelborg (flugelhorn, trumpet)
Juhani Aaltonen (soprano, tenor sax, flute, alto flute) Tomasz Szukalski (soprano, tenor sax) Knut Riisnæs (flute, tenor sax) Torbjørn Sunde (trombone) Rolf Malm (bass clarinet) and strings

Satu
Edward Vesala
Ecm Import
2008-11-18


 フィンランドのドラマーEdward Vesalaの激しいジャズ。
 過激なギタートリオに、本作のリーダーも参加している超弩級に激烈な“Balladyna”(1975)Tomasz Stankoのポーリッシュの二管のメンバー、他のホーン陣。 
 予想通りに過激、上記のアルバム的激しさに、大きくフィーチャーされるTerje Rypdal的激しさが加わります。
 激烈プログレッシブロック・ジャズ“Odyssey” (1975) Terje Rypdalに近い時期でもあり、近い雰囲気かもしれません。
 LPレコードA面は長尺なバラード二曲。
 フリーなビートを出し続けるドラムと、不思議なメロディを奏で続けるホーンのアンサンブル。
 ま、ズルズルグチョグチョなギターがフロントを取りドカーンとくる場面もありますが・・・
 ビート感はジャズですが、不思議感たっぷりのアバンギャルドな音。
 二曲目のスタートはDuke Ellington?と思うようなホーンアンサンブルとテナーがうなるジャズバラード。
 ま、ギターがギュンギュンうなっているし、中盤はフリーになるのですが・・・
 フリーなドラムとジャズなPalle Danielssonのベースが繰り出すルバート風のビートと、激烈なサックス、ギター、トランペットがとてもカッコいいジャズな演奏。
 B面に移るとさらに不思議感がアップ。
 わかりやすいメロディはあるんだけども、妙に勇ましい系というか、変わっているというか・・・
 気がつけばホーン陣が叫ぶ激烈フリーへ・・・
 1970年代、冷戦真っただ中だったのでしょう。
 その時代、北欧、ポーランド、デンマーク、その他が交錯する妖しく激しいジャズ。
 凄い時代だったんだろうなあ・・・

※別のバンドですが、これまた凄い。


posted by H.A.


【Disc Review】“Aura” (1985) Miles Davis

“Aura” (1985) Miles Davis
Miles Davis (Trumpet)
Palle Mikkelborg (trumpet, flugelhorn):
Benny Rosenfeld, Idrees Sulieman, Jens Winther, Palle Bolvig, Perry Knudsen (Trumpets, flugelhorns)
Jens Engel, Ture Larsen, Vincent Nilsson (Trombones) Ole Kurt Jensen, Axel Windfeld (Bass trombones) Axel Windfeld (Tuba)
Jesper Thilo, Per Carsten, Uffe Karskov, Bent Jædig, Flemming Madsen (Reeds, flute)
Bent Jædig, Flemming Madsen, Jesper Thilo, Per Carsten, Uffe Karskov (Saxophones and woodwinds) Niels Eje (Oboe, English horn):
Kenneth Knudsen, Ole Kock Hansen, Thomas Clausen (Keyboards)
Bjarne Roupé, John McLaughlin (Guitars)
Niels-Henning Ørsted Pedersen (Bass)
Bo Stief (bass)
Lennart Gruvstedt (Drums) Vincent Wilburn Jr. (Drums, Electronic drums) Ethan Weisgaard, Marilyn Mazur (Percussion)
Lillian Thornquist (Harp) Eva Hess-Thaysen (Vocals)
 
Aura
Miles Davis
Sbme Special Mkts.
マイルス・デイビス


 Miles Davis、デンマークでの録音のビッグバンド、その他との共演作品。
 ディレクターは”Once Upon a Time - Far Away in the South” (1985) Dino Saluzzi などのECM作品に参加しているデンマークのトランぺッターPalle Mikkelborg。
 おそらく、Milesは実質的には客演になるのだと思います。
 もし、MilesがECMから作品を出していたら・・・とかいった面持ちはありません。
 ヨーロッパ的なクラシック色が混ざった優美な・・・といったムードでもありません。
 そもそもジャズ的でもビッグバンド的でもなく、シンセサイザー?と歪んだエレキギターの音が目立つ、不思議で近未来的な、プログレッシブロックともポップスともクラシックともつかない音。
 緊張感の高いアクセントを多用したこの期のMilesのファンクをイメージして作曲、アレンジした曲もいくつか。
 Milesバンド的なファンクチューンが、大人数で豪華になって別のムードが出ているのが面白いと言えば・・・どうだろ?
 それでも何だかニュアンスが異なります。
 John McLaughlinの参加も似合っているのかどうか、よくわかりません。
 そんな中でもMiles自身は相変わらずのマイペースな吹きっぷり。
 中盤のストリングスシンセサイザーを背景にしたNiels-Henning Ørsted Pedersen?のウッドベースとの幻想的なDuo、バラードがカッコいい。
 さらに終盤に収められたピアノトリオ+αの中心とした伸び縮みする高速4ビートもいい感じ。
 が、それにはなぜかトランペットが入っていない・・・
 そんな1960年代のような古臭い音楽はやりたくない、と御大はのたまわった・・・かどうかはわかりませんが・・・
 アルバム全体では斬新で不思議感満載ですが、Milesのリーダー作とは別物としてとらえるのが適当なのでしょうね。


 
 
posted by H.A.

【Disc Review】 “Visions”(Apl.1983)、“Song for Everyone” (Sep.1984) L. Shankar

“Visions” (Apl.1983) Shankar

Shankar (10-string double violin, drum machine)
Jan Garbarek (soprano, tenor saxophone) Palle Mikkelborg (trumpet, fluegelhorn)


“Song for Everyone” (Sep.1984) L. Shankar
Shankar (10-string double violin, drum machine)
Jan Garbarek (soprano, tenor saxophone) Zakir Hussain (tabla, congas) Trilok Gurtu (percussion)

Vision
Lakshminarayana Shankar
Ecm Import


song for everyone
shankar
ecm
シャンカール


 インドのバイオリニストShankar、ECM作品、Jan Garbarek参加の二作。 
 ShankarはECMで既に録音済。
 Manfred Eicher得意のエスニックな音とジャズの融合。

 “Visions” (Apl.1983)はヨーロピアンジャズの管楽器二名を迎えての幻想的な音楽。
 インド独特の不思議な音階、不思議なバイオリン、ピチカートの瑞々しい音。
 さらに低くdrum machineの音が鳴り響く空間。ヴィィィーンってやつです。
 それらの不思議な音を背景にして、ジャズの二人が穏やかなインプロビゼーション。
 幻想的な空間に穏やかな響く管の音。
 三人ともあくまで静かな音使い。
 これまたインド独特のリズム、穏やかなビート感。
 さらに進むとdrum machineとバイオリンが奏でる幻想的な音・・・
 全曲オリジナル、インプロ含めて時折Ornette Colemanっぽいメロディが出てくるのも面白いところ。
 西洋音楽とは違う音使い、非日常的な音。
 でも穏やか。
 いかにもインドな瞑想的な音楽。

 “Song for Everyone” (Sep.1984)はインドエスニックなコンテンポラリージャズ。
 Zakir Hussain 含めて、John McLaughlin のバンド“Shakti”の人たち。 
 冒頭は”Dresden” (2007) Jan Garbarekでカバーされていた、エキサイティングな”Paper Nut”。
 緊張感が漂うメロディがいかにもJan Garbarekにピッタリ。
 が、全体ではまずまず穏やか、優しい感じ。
 バイオリンとサックスのインタープレーは激しいのですが、キツくもなく緩くもなく、程よいバランス。
 全てShankarのオリジナル曲。
 明るく、わかりやすいメロディが中心。
 タブラとパーカッションが織りなすエスニックで複雑で不思議なビートとの組み合わせがこれまたいいバランス。
 Shankarのバイオリンは、常に前面に出るわけではありませんが、エフェクターも絡めながら、変幻自在、縦横無尽な音使い。
 強烈ですが、わかりやすくて明るい色合い。
 Jan Garbarekはいろんな色合いが交錯しますが、全体的には優しいモードなように思います。
 難解でも深刻でもない、むしろ明るいエスニック系コンテンポラリージャズの佳作。

 Jan Garbarek、優しい音になる過渡期、また、メロディラインも後のオリジナル作品に似ているような気もします。
 後にも穏やかな参加作“Making Music” (Dec.1986) Zakir Hussainがあり、 作曲含めて、Shankar、インド系の人たちの穏やかな音の影響を受け、吸収したのかも?
 とても激しい前のセッション”Wayfarer” (Mar.1983)と、次のセッション“It's OK To Listen To The Gray Voice” (Dec.1984)の優しい音の落差、後の穏やかで幻想的な音を考えるとなおさら・・・
 さて・・・? 





posted by H.A.

【Disc Review】”Once Upon a Time - Far Away in the South” (1985) Dino Saluzzi

”Once Upon a Time - Far Away in the South” (1985) Dino Saluzzi
Dino Saluzzi (bandoneon)
Palle Mikkelborg (trumpet, fluegelhorn) Charlie Haden (bass) Pierre Favre (percussion)

Once Upon A Time - Far Away In The South
Dino Saluzzi
Ecm Import
ディノ サルーシ






 Dino Saluzzi、ECMでのリーダー作二作目、コンボでは初作になるのでしょう。
 第一作“Kultrum”(1982)は彼独自のノンジャンル、ワールドミュージックな世界でしたが、こちらはジャズメンがサイドを固め、ジャズに近づいた作品。
 冒頭から十分を超えるルバートによるバラード。
 遠くから聞こえるようなバンドネオン、優雅なワルツのようなリズムがベースのルバート、現れては消えていくとても美しいメロディ、Charlie Hadenの沈み込むようなベースとMilesのようなミュートトランペット。
 Enrico Ravaとの名作 “Volver” (1986)に近い世界観。 
 LP片面、全部これがいいんじゃない、と思わせるような素晴らしい演奏。
 と思っていたら、LPではB面の冒頭にその続編があったりします。
 アルバム全編そんな幻想的な音、浮遊感の強い音。
 揺らぐ音。
 決して難解でも深刻系でもなくて、ほのかに温かなムード。
 タイトルからすると遠くの家族に捧げた演奏集なのでしょう。まさに全編そんな音。
 ブラジルやアルゼンチンの音楽に共通の穏やかな郷愁感、サウダーヂが強烈に感じられる演奏。
 ジャズでもタンゴでもボッサでもない、でも十分に普通の耳で馴染める、Dino Saluzzi唯一無二の世界。
 名作だと思います。




posted by H.A.

【Disc Review】”Theatre” (1983) George Gruntz

”Theatre” (1983) George Gruntz 
George Gruntz (keyboards)
Marcus Belgrave, Tom Harrell, Palle Mikkelborg, Bill Pusey (trumpet, fluegelhorn) Peter Gordon, Tom Varner (French horn) Julian Priester (trombone) Dave Bargeron (trombone, euphonium) David Taylor (bass trombone) Howard Johnson (tuba, bass clarinet, baritone sax) Charlie Mariano (alto, soprano sax, flute) Ernst-Ludwig Petrowski (alto, soprano sax, clarinet) Seppo "Baron" Paallunainen (tenor sax, flute) Dino Saluzzi (bandoneon) Mark Egan (bass) Bob Moses (drums) Sheila Jordan (vocal)

Theatre
George Gruntz
Ecm Import

ジョルジュ グルンツ

 スイスのピアニスト、George Gruntzのビッグバンド作品、ECMから。
 Phill WoodsのEuropiean Rhythm Machineのメンバーだった人。
 当時のECM所縁のメンバーを中心に集めたコンテンポラリーなビッグバンドですが、面白いのはバンドネオンのDino Saluzzi、ボーカルのSheila Jordanの参加。
 Dino Saluzziは前年にECMで初リーダー作“Kultrum” (1982)を吹き込んだばかり。
 プロデューサーManfred Eicherとしても、いろいろ組み合わせてみたかったのでしょうねえ。
 Sheila Jordanは“Home” (1979) Steve Swallow、“Playground” (1979)、”Last Year's Waltz”(1981) Steve Kuhnに参加、こちらもこれからプッシュしようとしていた矢先?
 Mark Eganのベースのフィーチャー度が高めなのも何かあるのかな?
 冒頭から妖しげなVoiceと、揺れるバンドネオンが炸裂。
 いかにもECM的な一筋縄ではいかないビッグバンド。
 フリーな場面はわずかですが、民族音楽的な色合いやら、エスニックなボイスやら。
 アナログB面移るとこれまた妖しげなSheila Jordanのボーカルをフィーチャー。
 とか何とか、ゲストのフロント陣が変わった色合いですが、背景のバンドは端正で現代的なビッグバンド。
 Mark EganのフレットレスベースとGeorge Gruntzのエレピ、ピアノ、上品なホーンアンサンブルが背景を作り、手練れたホーン陣がソロを取るオーソドックスな展開。
 以降、Dino SaluzziはECMに定着、Sheila Jordanはリーダー作に至らず。
 Pat Metheny Groupを抜けたMark EganもECMに残らず、当のGeorge GruntzはECMではこれ一作のみ。
 何がどうなったのやら・・・。
 いずれにしても変わり種の面白いビッグバンド作品。

※このバンドの映像、音源が無いので、代わりにPhill Woods、Sheila Jordan、George Gruntzのビッグバンドを。 


posted by H.A.

Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ