吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Jorge Dalto を含む記事

【Disc Review】“Breezin'” (1976) George Benson

“Breezin'” (1976) George Benson

George Benson (guitar, vocals)
Jorge Dalto (acoustic piano, clavinet) Ronnie Foster (electric piano, Minimoog synthesizer) Phil Upchurch (guitar, bass) Stanley Banks (bass) Harvey Mason (drums) Ralph MacDonald (percussion)
Claus Ogerman (arranger, conductor)

Breezin'
George Benson
Warner Bros / Wea
1994-08-22


 George Benson、言わずと知れたソフトでソウルテイストなジャズフュージョンの定番。
 同時期の”Stuff” (1975-1976)には少しマニアックな感じもありますが、こちらはさらに洗練され、サラサラと流れていくような音。
 “Bad Benson” (1974)、前作“Good King Bad” (1975)よりももっと柔らかでソフトな音。
 冒頭のストリングスが聞こえただけで、あの楽園な世界。
 ちょっとタメて始まるイントロからメロウさ爆発。
 キメキメフュージョンとは一線を画したしなやかなビート。
 フュージョンってよりも、クロスオーバー、あるいはソフトソウルインスツルメンタルってな言葉の方がしっくりきますかね。
 ここまでタイトルと音が一致する演奏もなかなかない感じの爽やかさ。
 後のAORな感じやらディスコな感じやらと比べれば、とてもソフトでジャズテイスト。
 あの“This Masquerade”でも、ジャズなギター、ピアノのインプロビゼーションのスペースもたっぷり。
 ギターとスキャットのユニゾンはこれあたりが元祖なのでしょうかね?
 ピアノが南米系のJorge Daltoってなことも、きっと柔らかさの隠し味になっているのでしょう。
 定番的ジャズフュージョン、哀愁のラテン、スムースなソウルっぽい楽曲を含めてギターが弾きまくられていますが、上品なストリングスに彩られ、その全てがソフトな楽園サウンド。
 ソフト&メロウの横綱アルバム、ってことでよろしいのでは。



posted by H.A.

【Disc Review】“Samba de Flora” (1989) Airto Moreira

“Samba de Flora” (1989) Airto Moreira
Airto Moreira (Congas, Drums, Flute, Percussion, Vocals)
Jorge Dalto (Keyboards, Piano) Bruce Bigenho, Dominic Camardella (Keyboards) Kei Akagi (Synthesizer) Roland Bautista, Larry Nass (Guitar)
Alphonso Johnson, Keith Jones, Michael Shapiro, Randy Tico (Bass) Tony Moreno (Drums)
Giovanni Hidalgo (Bongos, Percussion) Angel "Cachete" Maldonado (Congas, Percussion) Frank Colon (Berimbau, Percussion) Don Alias, Laudir DeOliveira, Luis Muñoz (Percussion)
Flora Purim, Rafael Jose, Jill Avery (Vocals)
Jeff Elliott (Flugelhorn, Horn, Trumpet) Rolando Gingras (Trumpet) Raul de Souza (Trombone) David Tolegian (Flute, Saxophone) Joe Farrell (Piccolo)
 
Samba De Flora
Airto Moreira
Montuno Records
アイアート・モレイラ


 Airto Moreira、アルゼンチン出身、フュージョン系ピアニストJorge Daltoを迎えた作品。
 ボーカルを前面に出したブラジリアンフュージョン~MPB。
 Joe Farrell、Jorge Daltoが1986-1987に亡くなっているようですので、録音は1980年代前半なのでしょう。
 洗練されたラテンフュージョンのイメージのJorge Dalto諸作よりも少々ラフでざっくりした感じでしょうか?
 冒頭からビリンボウが響くのどかな感じのボーカル曲。
 二曲目の激しいサンバフュージョンの“Samba de Flora”。
 哀愁のメロディと怒涛のビート。
 いかにもAirtoっぽいなあ、と思っていたら、Jorge Daltoの曲。
 やはりお国は違っても、南米の人は共通点があるんだろうなあ。
 この曲、この演奏が白眉。
 本作はブラジルブラジルしてるなあ・・・と思っていたら、あれれ?のピアノのみをバックにしたAOR風ボーカルのバラード。
 さらにはFlora Purimが歌う洗練されたラテンフュージョンやら、カッチリとしたラテンフュージョンやら、ふわふわとしたスキャット入りラテンフュージョンやら。
 ちょっとキッチリ作り込まれている感じのフュージョンの部分はこの人の作品っぽく無いけども、やはり、いろんな色合いに振れて、いろんな色が入り混じるのがこの人の作品の特徴のようです。
 なんだかんだで全体を流れているのはブラジリアンな柔らかなビート感なんだけど・・・
 いずれにしても楽し気なラテンフュージョン、アメリカンでブラジリアンなポップスの一作。



【Disc Review】“Latino / Aqui Se Puede” (1984) Airto Moreira

“Latino / Aqui Se Puede” (1984) Airto Moreira

Airto Moreira (Vocals, Percussion, Drums, Other)
Jorge Dalto (Electric Piano) Kei Akagi (Synthesizer, Keyboards) Oscar Castro Neves (Electric Piano, Guitar) Larry Nass (Guitar) Alphonso Johnson, Keith Jones (Bass) Tony Moreno (Drums)
Cachete Maldonado, Donald Alias, Frank Colon, Giovanni, Laudir De Oliveira (Percussion)
Joe Farrell (Flute) Raul De Souza (Trombone) Jeff Elliot (Trumpet, Flugelhorn)
Geni Da Silva (Lead Vocals) Rafael José, Tite Curet Alonzo (Backing Vocals) Flora Purim (Vocals)
 
Aqui Se Puede-Latino
Airto Moreira
Montuno
アイアート・モレイラ


 Airto Moreira、サイケなMPB全盛期、フュージョン全盛期を経て、落ち着いたラテンミュージックな一作。
 エレピ、歪んだギターの音はありますが、1970年代の熱は落ち、強烈なファンクも、サイケも、デジタルっぽさもなくなり、落ち着いた大人のムード。
 ブラジリアンビートにアメリカンテイスト混じり、洗練された色合いですが、AORってな感じでもなく、アコースティックな質感、ナチュラルなMPB~フュージョン。
 終始、肩に力が入らないゆったりとした音。
 ブラジルネイティブな音、ポップな音、穏やかなフュージョン、例によって幅のあるテイスト、いろんな音楽が交錯する構成。
 などなど、それぞれいい演奏が揃っているのですが、やはりブラジルナショナルサッカーチームの応援歌“Tombo”の再演に耳が行ってしまいます。
 “Fingers” (Apl.1973)でサイケなギター、エレピ、ワイルドな歌、少々ロックなバージョン、“I'm Fine. How Are You?” (1977)では洗練されたフュージョンなバージョンもありましたが、本作ではあくまでナチュラルなブラジリアンテイスト。
 パーカッション、アコースティック楽器中心に素直なサンバテイスト。
 クィーカーの音とともにゆったりとしたテンポ、いきなりサビのメロディからスタート。
 そのメロディもそこそこに、いきなりこれこそサンバな怒涛のパーカッションと奇声の饗宴開始。
 続くこと数分間。
 クラクラしてきたところで、最後に例の陶酔感を誘うサビのリフレイン。
 やはりブラジル音楽はこんな感じでないとね。
 ・・・などなど含めて、洗練とナチュラルさ、熱狂とクールネス、諸々の要素が混ざり合い、いい感じのバランス。
 これ、素晴らしいアルバムです。
 
 


posted by H.A.  

Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ