吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

BosaNova/Samba/Minas/MPB

【Disc Review】“Mundo Melhor” (1976) Beth Carvalho

“Mundo Melhor” (1976) Beth Carvalho

Beth Carvalho (vocal) and others

すばらしき世界(期間生産限定盤)
ベッチ・カルヴァーリョ
SMJ
2016-07-06


 Beth Carvalhoの1976年作。
 “Canto Por Um Novo” (1973) , “Pandeiro E Viola” (1975), “Prá Seu Govêrno” (1975)に続くアコースティックサンバ。
 このあたりのアルバム、区別がつきません。
 が、マンネリなんて言葉は微塵も思い浮かばない、どれもがキャッチ―な楽曲とカッコいい演奏が揃った完璧なアルバム。
 歓喜と哀愁、光と影、希望と失望が微妙に交錯するような、そしてそれら全てを包み込んでしまうようなメロディ、演奏、歌。
 カバキーニョとクィーカーが鳴り響き、大人数での合唱で盛り上がる、それでいて全くうるさくない洗練された音。
 とても前向きになっていけるような、そんな空気感。
 とてもカッコいい堂々たるジャケットのお写真、そのイメージ通りの音。




posted by H.A.


【Disc Review】“Prá Seu Govêrno” (1975) Beth Carvalho

“Prá Seu Govêrno” (1975) Beth Carvalho

Beth Carvalho (vocal) and others

プラ・セウ・ゴヴェルノ(期間限定価格盤)
ベッチ・カルヴァーリョ
SOLID/TAPECAR
2018-06-06


 Beth Carvalhoの1975年作。
 同年の“Pandeiro E Viola” (1975)、“Canto Por Um Novo” (1973)、さらには“Mundo Melhor” (1976)と同様の伝統的サンバ。
 どこを切り取っても金太郎飴なカッコいいサンバ。
 こうなると曲の好みで選んでいくしかないのでしょうが、うーん?
 ま、どの作品を選んでも哀愁と前向きさが交錯するいい曲ばかりなので・・・
 パーカッションとギター、カバキーニョの素朴な響きと、大人数のコーラス。
 大人数でサビの合唱を繰り返すことで陶酔感を誘うあの音の流れ。
 さらに管楽器やマリンバなども交えつつのカラフルな音。
 電気な音が入らない中での洗練。
 とてもエレガント。




posted by H.A.


【Disc Review】“Pandeiro E Viola” (1975) Beth Carvalho

“Pandeiro E Viola” (1975) Beth Carvalho

Beth Carvalho (vocal) and others

パンデイロ・エ・ヴィオラ(期間限定価格盤)
ベッチ・カルヴァーリョ
SOLID/TAPECAR
2018-06-06


 Beth Carvalhoの1975年作。
 本作も“Canto Por Um Novo” (1973)と同様の伝統的サンバ。
 同時期のElis Reginaさんは、ジャズやソウルやロック、ポップス、さらにはクラシック的な色合いも混ざって、新しいサウンドを作ろうとしている感じが強かったり、アルバムごとに色合いが違ったりするのですが、この期おBethさんはお構いなしの王道サンバ。
 初リーダー作?“Andança” (1969)では時代の音が取り込まれていますが、“Canto Por Um Novo” (1973)以降はとにかくひたすらサンバが続きます。
 一部でエレキベースやストリングスが入り、モダンな雰囲気も醸し出しつつも、弦楽器とパーカッションが鳴り響くアコースティックなサンバ。
 低音でベースラインを出すギターに、チャキチャキと高音でカッティングされるカバキーニョ(バンドリン?)のアンサンブル、ウキキキキュキュキュってなクイーカの音の心地よさ。
 山奥な感じもするし、やはりリオ辺りの海岸な感じもするし。
 哀感たっぷりのメロディと、笑顔が見えてくるような堂々とした歌のいいパランス。
 これも最高です。




posted by H.A.


【Disc Review】“Canto Por Um Novo” (1973) Beth Carvalho

“Canto Por Um Novo” (1973) Beth Carvalho

Beth Carvalho (vocal) and others

カント・ポル・ウン・ノヴォ・ヂア(期間限定価格盤)
ベッチ・カルヴァーリョ
SOLID/TAPECAR
2018-06-06


 Beth Carvalhoの1973年作。
 伝統的なアコースティックサンバ。
 ギターとパーカッションの柔らかなビートを中心として、カバキーニョなどの弦楽器と柔らかな管楽器のアンサンブル、そしてコーラス、ときおりのストリングス。
 ジャズ度、ロック度、欧米ポップス度はありません。
 ピアノの出番さえも限られた、シンプルでナチュラル、うるさくない音。
 それがなぜかリッチな質感。
 ハスキーでな堂々たるヴォイスの力なのか、サンバ自体の持つ力なのか。
 哀愁たっぷりながらもなぜか前向きな感じがする、いかにもサンバなSaudadeたっぷりなメロディ。
 みんなでワイワイしながら合唱して、嫌な事や深刻な事は忘れてしまいましょう・・・ってなノリ。
 伝統的なサンバの演奏スタイルを踏襲しているのだと思いますが、今の耳で聞いても決して古くありません。
 このあたりの音が現在に至るまでの現代サンバの原型になっているのでしょうねえ。
 これまた心地よさ、最高。




posted by H.A.

【Disc Review】“Andança” (1969) Beth Carvalho

“Andança” (1969) Beth Carvalho

Beth Carvalho (vocal) 
Som Três: César Camargo Mariano (piano) Sabá (bass) Antonio Pinheiro (drums) Golden Boys, Milton Nascimento (voice) and others

Andanca
Beth Carvalho
EMI Brazil
2009-02-01


 サンバの女王Beth Carvalhoの1969年、堂々たるデビュー作。
 César Camargo Mariano 率いるピアノトリオSom Trêsを中心として、エレキギター、あるいはオーケストラ、コーラスを取り込んだモダンな音。
 洗練されたアレンジ、太くハスキーな声でゆったりと歌われる、新旧織り交ぜたブラジル曲たち。
 大排気量の車がゆっくりと走っているような余裕。
 元気いっぱいから沈痛まで多彩なイメージのElis Reginaさんとはまた違ったカッコよさ、余裕しゃくしゃく、どっしり構えた感じのBethさん。
 しっとりと湿っているようにも、やはりサラリとしているようにも感じるし、優しさ温かさとクールネスが同居しているようにも感じます。
 新しい時代のブラジリアンポップスのようにも聞こえるし、やはりサンバそのもののようにも聞こえます。
 そんな絶妙なバランスのカッコよさ。
 堂々としたブラジリアンポップス、心地よさ最高。
 本作はもちろん、この人のアルバムはどれも名作なのでしょう。




posted by H.A.


【Disc Review】”Muito Na Onda” (1967) Conjunto 3D

”Muito Na Onda” (1967) Conjunto 3D

Antonio Adolfo (Keyboards) Hélio Delmiro (Guitar) Gusmão (bass) Nelsinho (drums)
Rubens Bassini, Jorginho Arena (Percussion)
Eduardo Conde, Beth Carvalho (Vocal) and others

ムイント・ナ・オンダ
コンジュント3D
EMIミュージック・ジャパン
2002-08-28





 ブラジルのグループConjunto 3Dの唯一のアルバム、Sergio Mendes的ブラジリアンポップス。
 Elis Reginaバンドの名ピアニストAntonio Adolfoを中心としたピアノトリオにギター、パーカッションのジャズサンバなオーソドックな編成。
 半数ほどで前面に出るヴォーカルの中心は、後のサンバの女王Beth Carvalhoのハスキーヴォイス。
 メンツからして気合いを入れてシリアスな・・・ってな感じではなくて、のほほんとしたポップなサウンド。
 “When The Saints Go Marching In”から始まり, “Watermellon Man”, “男と女”, ”I've Got You Under My Skin~Night And Day”といった欧米のヒット曲をブラジル曲の間に織り込みつつ、ソフトな男女コーラスを配していく、この期の定番の構成。
 柔らかで温かな音がゆるゆると流れていきます。
 ピアノがコロコロと心地よく転がっていきますが、後のElis Reginaバンドのように叩きまくられる場面はありません。
 またBeth Carvalhoさんの作品からすれば、後の伝統的サンバな“Canto Por Um Novo” (1973)はもとより、モダンな“Andança” (1969)とも全く違った質感のポップス。 
 あの”Herb Alpert Presents Sergio Mendes & Brasil '66”の引力がそれほどまでも大きかったのか?・・・そのあたりは詳しい方にお任せするとして、ジャケットのポートレートのまんまの、緩やかで楽し気な音に浸るとしましょう。




posted by H.A.


【Disc Review】“Amanhã vai ser verão” (2018) Rosa Passos

“Amanhã vai ser verão” (2018) Rosa Passos

Rosa Passos (voice, guitar)
Lula Galvao (guitar) Fabio Torres, Helio Alves (piano) Paulo Paulelli, Jorge Helder (bass) Calso de Almeida (drums) Livia Mattos (accordion) Ivan Sacerdote (clarinette) Ze Luiz Mazziotti (voice)



 現代最高の女性ボサノバボーカリストRosa Passos、久々のアルバム。
 ピアノトリオと長年の相方のエレキギターを中心に、少々の彩りが加わる編成。
 シンプルでジャジーなサウンドは前作に当たるライブ録音“ao vivo” (2014)と同様。
 要所で聞こえるアコーディオンがフォルクローレな感じを醸し出すのが、ここまでの諸作とは少し違った感じでしょうか。
 全編通じてゆったりまったり。
 ジャジーなエレキギターの綺麗なクリーントーンがたっぷりフィーチャーされるジャズコンボを中心に、弾き語りを含めて、ほんの少し遅れ気味に刻まれる、Rosaさん自らのとてもカッコいいガットギターも終盤に数曲。
 もちろん主役は、今にも泣きだしそうにも微笑んでいるようにも聞こえる、何とも言えない絶妙なニュアンスの力の抜けたヴォイス。
 本作ではカバー曲はなく、全編オリジナル。
 これまた、泣きだしそうにも微笑んでいるようにも聞こえる、何とも言えない絶妙なニュアンス、おまけにいずれもキャッチーなメロディ。
 オリジナル曲中心のアルバムは“Morada do Samba”(1999)以来でしょうか?
 名曲のカバーもいいのですが、やはりこれが一番。
 優しくて穏やかで、どこか懐かしくて、ほんの少し悲し気な、Nothing but Saudadeな空気の流れ。
 ゆったりまったり、これまたパラダイス。




(1979) “Recriação” 
(1988) “Amorosa” 
(1991) “Curare” 
(1993) “Festa” 
(1996) “Pano Pra Manga” 
(1997) “Letra & Música - Ary Barroso” with Lula Galvao 
(1998) “Canta Antonio Carlos Jobim” 
(1999) “Morada do Samba” 
(2000) “Rosa Passos Canta Caymmi” 
(2001) “Me and My Heart”  
(2002) “Azul” 
(2003) “Entre Amigos” 
(2004) “Amorosa” 
(2006) “Rosa” 
(2008) “Romance” 
(2011) “É Luxo Só” 
(2013) “Samba dobrado” 
(2014) “ao vivo
(2018) “Amanhã vai ser verão

posted by H.A.

【Disc Review】“Elis (Vento de Maio)” (1980) Elis Regina

“Elis (Vento de Maio)” (1980) Elis Regina

Elis Regina (vocal)
Lô Borges, Adoniran Barbosa, Milton Nascimento, Os Borges (vocal, etc.) and others

エリス(1980)
エリス・レジーナ
ユニバーサル ミュージック
2014-06-11



 Elis Regina、1980年、遺作。
 今流通しているのは、曲が追加された“Vento de Maio” (1980)がメインなのかもしれません。
 “Elis, Essa Mulher” (1979)で完成をみたと思われるサウンド、洗練されたブラジリアンポップス。
ゲストを交えつつの多彩な余裕のサウンド。
 鳴り響くパーカッションに弾むバンド、激しいブレークとキメのファンクな音、そんなかつてな感じのサウンドも含めつつの落ち着いた音。
 もうかつてのような目立ったシャウトはありません。
 かといって落ち着いてばかりいるわけではなく、ときおりの強い熱を発散しながらも、自然にサラサラと流れていくような音。
 自然に体が揺れるグルーヴに多彩な表情の声。
 ネイティブなサンバな色合いも含めたボーナストラックも素晴らしいのだけども、オリジナルアルバムの曲をピックアップし並び変えると、これまた別の表情。
 キャッチーな楽曲が揃い、カッコいいギターのカッティングから始まるA面に、ファンクなベースで始まるB面、各面共に起承転結をつけながら後半に向けて盛り上がっていく構成。
 完成度の高いブラジリアンポップスアルバム。
 稀代のカリスマ、最後までたくさんのエバーグリーンを残しつつ、1982年、逝去。




posted by H.A.

【Disc Review】“Saudade Do Brasil” (1980) Elis Regina

“Saudade Do Brasil” (1980) Elis Regina

Elis Regina (vocal)
César Camargo Mariano, Sergio Henriques (Keyboards) Natan Marques (Guitar, Acoustic Guitar) Kzam (Bass, Acoustic Guitar) Sagica (Drums) Chacal (Percussion)
Chiquinho Brandão (Flute) Paulo Garfunkel (Flute, Clarinet, Saxophone) Lino Simão (Tenor Sax) Octavio Bangla (Tenor Sax, Clarinet) Bocato (Trombone) Claudio Faria, Nonô Carvalho (Trumpet)

Saudades Do Brasil
Elis Regina
Wea Brazil
2007-08-21


 Elis Regina、1980年、”Saudade do Brasil”と題されたショーのライブ録音。
 ソウル&サンバなバンドに分厚いホーン陣、大人数のダンサーも加わった一大エンターテインメント。
 音楽だけ聞くと、イントロ、インタールードなどの過剰に大仰な部分もあるのですが、ダンスを含めた演出絡みなのでしょう。
 演奏自体はハイテンションながらスッキリとした音。
 主役のElisさんは、とにもかくにもハイテンション。
 唸り、叫び、踊り、跳びはねるElisさん。
 エネルギー全開120%。
 映像をみると、これはちょっと危ない・・・というか怖いぐらいに気合の入った表情。
 テンポが落ちてバンドの音量が下がっても、何かに憑かれたように歌のテンションは下がりません。
 スタジオ録音でもこんな感じだったんだろうなあ、と思うと、聞く側の血管が切れそうになる気がしたのも納得。
 いまさらながらに、凄いアーティスト、稀代のカリスマだなあと思います。
 さておき、映像を見るとダンサー陣が何だか面白くて・・・
 いずれにしても皆さま、お疲れさまでした。


 

posted by H.A.

【Disc Review】“Elis, Essa Mulher” (1979) Elis Regina

“Elis, Essa Mulher” (1979) Elis Regina

Elis Regina (vocal)
Cesar Mariano (Keyboards) Hélio Delmiro (Guitar) Joyce (Acoustic Guitar) Luizão Maia (Bass) Paulinho Braga (Drums, Percussion) Chico Batera (Crotales) Cidinho (Percussion)
Zé Bodega (Saxophone) Edmundo Maciel (Trombone) Marcio Montarroyos (Trumpet)

Essa Mulher
Elis Regina
Wea International
2007-08-21


 Elis Regina、1979年作。
 とても洗練されたブラジリアンポップス。
 いまや“Elis Regina in London” (1969) の熱は落ち、“Elis” (1974)あたりで出てきたスッキリしたジャズ・ファンク・サウンドが磨かれ、完全に仕上がったような完成度。
 AORな時代のそんな音にも、ヴォーカル入りフュージョンにも聞こえますが、派手なブレークまでがナチュラルで柔らかなブラジリアンポップス。
 必殺の高速ブラジリアンファンクにアレンジされたBaden Powellから始まり、João Bosco, Joyce, Cartola, Guingaなど、粒揃いのキャッチーなブラジル曲たち。
 緩急織り交ぜた余裕たっぷりの歌は、あの超絶なスピードと変幻自在な表現に加えて、エレピが印象的なスッキリとしたサウンドと相まってとても優雅。
 現代の女王、娘Maria Ritaさんの音と同じくらい現代的な洗練。
 特殊な熱にうなされたような“Elis Regina in London” (1969)に対して、スッキリまとまった本作。
 こちらをイチオシにする人も多いのでしょう。
 納得の完成度の傑作。




posted by H.A.


Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ