吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

BosaNova/Samba/Minas/MPB

【Disc Review】“Baião De Domingo” (2009) Alexandre Gismonti Trio

“Baião De Domingo” (2009) Alexandre Gismonti Trio
Alexandre Gismonti (Guitar)
Mayo Pamplona (Double Bass) Felipe Cotta (Percussion)

Baiao De Domingo
Alexandre Trio Gismonti
Microservice Brazil
2005-10-31


 Egberto Gismontiのご子息Alexandre Gismontiのおそらく初リーダー作。 
 善きにつけ悪しきにつけ御父上のイメージをもって聞いてしまうのですが、本作はまずまずオーソドックスなボサノバ混じりのブラジリアンジャズ。
 オリジナル曲、高速なフレージングのギターに父Gismontiの影は感じますが、その毒というか、妖しさというか、ちょっと普通ではない感じはなく、穏やかです。
 オーソドックスなギタートリオ編成でのオーソドックスな音。
 父Gismonti とのDuoによる“Saudações” (2006,2007)よりも優しい表情かもしれません。
 オリジナル曲にいくつかのブラジルの巨匠たちの楽曲群。
 “Saudações” (2006,2007)を聞く限り、スパニッシュ色が強くなるのかな?と勝手に想像していましたが、むしろ父上よりもブラジルブラジルしている感じでしょうかね。
 アグレッシブではなく、むしろノスタルジック。
 少々センチメンタルな音の流れ。
 ベタつかないクールな質感は現代の若者の音の特徴なのでしょう。
 さて、ここから姉Biancaさんのように、現代的でポップな感じで行くのか、父Egbertoさんのようにアグレッシブで求道的な線でいくのか、それはこれからのお楽しみ。
 まずは普通に心地よいブラジリアンギタートリオを、気楽に聞くのが吉。
 ・・・っても、父上と同様に新作がなかなか来ないなあ・・・


 

posted by H.A.


【Disc Review】“Agua e Vinho” (1972) Egberto Gismonti

“Agua e Vinho” (1972) Egberto Gismonti
Egberto Gismonti (Piano, Organ, Guitar, Bass, Harmonica, Voice, Percussion)
Novelli (Bass, Percussion) João Palma, Robertinho (Drums, Percussion)
Piri (Acoustic Guitar) Peter Dauelsberg (Cello) Paulo Moura (Saxophone, Clarinet) Dulce (Voice) Associação Brasiliera De Violoncelo

水とワイン(BOM24188)
エグベルト・ジスモンチ
ボンバ・レコード
2011-12-17


 Egberto Gismonti、1970年代、ブラジルのレーベルOdeonから。
 このレーベルのEgberto Gismonti作品は過激で激しいモノが少なくないのですが、このアルバムまでは、初期の“Egberto Gismonti” (1969)の流れを引くマイルドな色合い。
 ストリングスをたっぷりとフィーチャーした歌物中心。
 この人の音楽のイメージとは対照的な線が細い自身のボーカルを中心とした、優し気、あるいは悲しげな表情。
 コンテンポラリージャズというよりもMPB。
 ド派手な電気サウンドは導入前ですが、少々妖し気なムードに少々サイケなムード。
 ガットギターでの弾き語りボサノバもあるのですが、少々強めのロックなビートもたくさん。
 どことなくBeatlesのアバンギャルド系な感じもあるのは、この期のMPBの色合い、ブラジルの空気感でもあるのでしょう。
 次作“Egberto Gismonti (Arvore)” (1973)からは凄まじい怒涛のようなGismontiミュージックが始まります。
 嵐の前の静けさか、その予告編か・・・




posted by H.A.


【Disc Review】“Sunni-E” (2012) Renato Motha, Patricia Lobato

“Sunni-E” (2012) Renato Motha, Patricia Lobato
Renato Motha (guitars, instrumentos vocalizados, assovio, kalimba, kântele, marimba de vidro, tigela tibetana, tabla, gongô, orquestra, baixo sintetizados) Patricia Lobato (vocal, ganzás, tablas)
Ronaldo Gino (elctronics) Jyoji Sawada (contrabass) Yoshida Daikiti (sitar) André Mehmari (piano) Chico Amaral (soprano sax) Edson Fernando (percussion) Felipe José (cello) Mauro Rodrigues (flute) Paulo Thomas (violin) Pedro Jácome (ukulele) Rafael Martini (escaleta) Victor Mazarelo (harmonium, taclados)
Leonora Weissmann, Rafael Martini, Leopoldina, Sergio Pererê, Ana Denise, Ana Trivellato, Alzira Maria Lima, Jorge Lima, Beatriz Orsini, Claudia Mol, Cristina Saliba, Gurujeet Kaur, Mahan Atma Kaur, Maria Angela Lobato, Paula Cury, Prem Lella, Rosana Monteiro, Rosângela Mota, Rukmini (voice)

スニエ
ヘナート・モタ&パトリシア・ロバート
SPACE SHOWER MUSIC
2012-06-27


 ブラジルMinasの男女Duo、”Shahds” (2007)、“In Mantra” (2009)に続く、マントラ(≒真言、讃歌、祭詞、呪文、祈祷の言葉?)にメロディを付けて演奏した、とてもとても穏やかな音楽。
 ボッサなビートの登場場面はほとんどなく、Minasなのか、インドなのか、はたまた南の島なのか、国籍不明な楽園~瞑想ミュージック。
 たっぷりなボリュームの二枚組。
 とても穏やかな”Bhakti”、躍動感の強い”Shakti”の二部構成。
 たくさんのメンバーが参加していますが、もちろん中心はギター+二人のボイスの静かな音。
 各種打楽器、管楽器、コーラス、などなど要所で加わりながら進む音。
 CD一枚目”Bhakti”はゆったりとした漂うようにゆらぐビート。
 ゆったりとしたビートと、短いフレーズの繰り返しが陶酔を誘う、穏やかな瞑想ミュージックが続きます。
 静かに爪弾かれるギターの音、Patricia Lobatoの美しい漂うような声は、“Antigas Cantigas” (1999)と同様、南の島~ハワイな感じまで漂う楽園ムード。
 CD二枚目”Shakti”に移っても空気感は変わりません。
 少しテンポが上がり、爪弾かれていたギターがストローク中心になった感じ、よりフォーキーさが強くなった感じでしょうか?
 いずれにしても、これまた短いフレーズを繰り返す瞑想ミュージック。
 もちろん静かさ、穏やかさは変わりません。
 続けて聞いていると、感覚が麻痺してくるというか、どこか遠い所に連れて行ってくれるというか・・・
 心が解放され、気持ちが穏やかになる・・・かな?




posted by H.A.

【Disc Review】“In Mantra” (2009) Renato Motha, Patricia Lobato

“In Mantra” (2009) Renato Motha, Patricia Lobato
Renato Motha (vocal, guitar) Patricia Lobato (vocal, tabla, ganzá)
Jyoji Sawada (contrabass) Yoshida Daikiti (sitar)

イン・マントラ
ヘナート・モタ&パトリシア・ロバート
SPACE SHOWER MUSIC
2010-09-08


 ブラジルMinasの男女Duo、そのままのタイトルから想像されるような瞑想ミュージック、日本でのライブ録音。
 スタジオ録音作”Shahds”(2007)のライブバージョンといったところ。
 基本的な空気感はそれと同じ。
 ライブとは思えない完璧な演奏に、一切ぶれのない完璧な歌、コーラス。
 低く響くアルコを中心としたベースが加わることで音の厚みが増した感じですが、かえって繊細な音作りになった感じもします。
 あるいは、一部でシタールやタブラが絡みつつ、無国籍感がさらに強くなった感じでしょうか。
 インドなのかブラジルなのか、国籍不明な音。
 とても穏やかなこのDuo本来の音に加わる、聞き慣れない、あるいはどこか遠いところから聞こえてくるような民族楽器の響きと、ときおり現れる聞き慣れない音階が不思議なスパイス。
 ここまでの集大成的に、ボッサ~ブラジリアンな曲があってもよさそうなのですが、マントラを歌詞にした瞑想ミュージックのみ。
 Jobimとかやっても場には似合わないのかな?
 この二人の音だとそんなことはないと思うのだけども・・・
 もちろん、これまたどこか穏やかな世界に連れて行ってくれる、心地よいトリップミュージック。




posted by H.A.


【Disc Review】“Planos” (2005) Renato Motha, Patricia Lobato

“Planos” (2005) Renato Motha, Patricia Lobato
Renato Motha (vocal, guitar, piano, trompete vocalizado, percussion) Patricia Lobato (vocal, percussion)
Esdra Ferreira (drums) 

プラーノス
ヘナート・モタ&パトリシア・ロバート
SPACE SHOWER MUSIC
2005-10-19


 ブラジルMinasの夫婦Duo。
 後に”Shahds” (2007)、“In Mantra” (2009)などの瞑想的な音楽の制作を始めますが、本作は“Dois Em Pessoa” (2003)などと同様に、素直なボッサ~ブラジリアンサウンド。
 Minasのアーティストということですが、本作では全編オーソドックスなボサノバ。
 それもJobim、Joao Gilbertoへの120%のリスペクトが感じられる音作り。
 全曲オリジナル曲はJobimの洗練された音の流れ。
 何曲かで弾かれるつつましやかなピアノは、Jobimそのままな音。
 ボイスは、Joao Gilberto的な力の抜けた優しい歌。
 オーソドックスな音の流れは、たくさんありそうな・・・と思ってしまいますが、何とも微妙ないいい声をしていらっしゃいます。
 Patricia Lobatoはウイスパー系ではありませんが、透明度の高い声の可憐系。
 それもその美しさが図抜けています。
 私が知る限り、近年のブラジルの透明度の高いキレイ系の女性ボーカリストは、Roberta SaGiseli de Santiがツートップだと思っていますが、彼女らに並ぶような美しい声。
 上に上がると自然に裏返る、しっとり系の落ち着いた声、歌。
 静かに爪弾かれるギターと穏やかなグルーヴに、美しい女声と優しい男声。
 ヒーリング度最高。
 だから後の瞑想ミュージックに行ったのかどうかわわかりませんが、どこか安らかなところから聞こえてくる・・・そんな音。
 ”Shahds” (2007)、“In Mantra” (2009)などのマントラ系は変わった感じなのでちょっと・・・とお感じの向きには、この時期あたりの諸作をどうぞ。
 とても静かで心地よい、最上のボサノバ、ブラジリアンサウンド。
 さらにもっとまったりとして楽園度最高なのが“Antigas Cantigas” (1999)。
 どれもとても穏やかなトリップミュージック。 




posted by H.A.


Profile
記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ