吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Contemporary Jazz

【Disc Review】“edição comemorativa: 10 anos de lançamento” (1998) André Mehmari, Celio Barros

“edição comemorativa: 10 anos de lançamento” (1998) André Mehmari, Celio Barros
André Mehmari (piano, flute, guitar, synthesizer, Rhodes, bandolim, percussion, etc.) Celio Barros (bass)
Sergio Reze (drums) Luca Raele (clarinete) Renato Martins (percussion)

Andre Mehmari & Celio Barros
Andre Mehmari アンドレメーマリ
Caravelas
2014-06-12


 ブラジルのスーパーピアニストAndré Mehmari、若き日の、同じくブラジル人ベーシストの双頭リーダー作。
 当時の作品、アルバムからのオムニバスなのだと思いますが、詳細は分かりません。
 トリオ、Duo、ソロ、ギターやアコーディオンを交えたアンサンブルなどなど、さまざまな編成でのさまざまな演奏。
 穏やかで優し気なメロディと瑞々しく美しい音。
 この人ならではの独特の浮遊感、遠くを見るような郷愁感。
 ”Forcas D'Alma” (1999) Tutty Moreno、“nem 1 ai” (2000) Monica Salmasoなどの参加作品を聞くと、初期はジャズっぽい演奏だったのかな?と想像していましたが、そればかりではないようです。
 本作、確かにピアノトリオ、あるいはベースとのDuoで現代的ながらオーソドックスなジャズな演奏も目立ちます。
 が、クラシック風あり、奇数拍子のフォルクローレ風あり、優しく穏やかなポップス風のインスツルメンタル曲あり、現代音楽的なアバンギャルド風味あり、バンドリンなどを交えたブラジリアンエスニックな演奏あり・・・
 ってな感じで、後のAndré Mehmariの音楽がこの時点で揃っています。
 ないのは歌のみ、でしょうか。
 ピアノはこの時点から圧倒的な演奏力。
 時折見せる、欧米の若手代表選手?Leszek_MozdzerTigran_Hamasyanに匹敵するような、指に加速装置が付いているとしか思えないような疾走感。
 欧米の彼らと比べるとトゲや毒気が薄く、身構えて聞かなくてもいいのがこの人の色合い。
 さらに要所でしっかりとタメが効いて、伸び縮みするようなビート。
 本作では一曲一曲が短いこともあってか、全編通じて凄まじい・・・といった感じではありません。
 また、全体で物語を綴るような構成は、まだありません。
 が、只モノではない感、十二分な演奏揃い。
 冒頭のDuo、ルバートでのバラード”Prologo”から、クラシックとジャズとミナスが入り混じるような瑞々しくも美しい音。
 アグレッシブにあちこちに跳びまわるソロピアノで演奏するGismontiナンバー"Loro"なんて最高。
 やはりEgberto Gismonti、あるいはKeith Jarrettからの影響は多大だったのかなあ、と思ったり、思わなかったり。
 ガシガシ弾き倒しているようでフワフワした浮遊感があるのものこの人ならではの色合い。
 ベースのCelio Barrosはおそらくジャズの人なのでしょう。
 しっかりしたグルーヴに硬軟織り交ぜカッコいい音使い。
 全部Duoで作ってしまえば、また違った凄い作品になりそうな予感。(あるのかな?)
 全編通じた浮遊感とセンチメンタルなメロディは、後の大傑作“Lachrimae” (2003)が生まれる予感、十分。
 やはりこの期からタダモノではありません。
 ・・・ってもこれも廃盤なのかな?

※別の時期のトリオから。


 posted by H.A.



【Disc Review】“An Ancient Observer”(2017)Tigran Hamasyan

“An Ancient Observer”(2017)Tigran Hamasyan
Tigran Hamasyan (piano, voice, Synthesizer, Fender Rhodes, Effects)
 
An Ancient Observer
Tigran Hamasyan
Wea
2017-03-31
ティグラン ハマシヤン

 アルメニア出身のスーパーピアニストTigran Hamasyanのソロ作品。
 ECMでの制作“Atmospheres” (Jun.2014)、”Luys i Luso” (Oct.2014)を経て、本作は前のレーベルNonesuch から。
 ECMとの契約は終わったのか、Nonesuchとの残契約の消化なのか、そのあたりの事情はわかりません。
 どのタイミングの録音なのかも現時点では不明です。
 いずれにしても上掲のECM作品とは全く質感は異なります。
 Nonesuch での前作、プログレッシブロックなジャズ“Mockroot” (2014)とも違うし、同じくソロ作品の“A Fable” (2010)に近いといえばそうですが、さらにジャズっぽさは薄く、それにクラシック色、 ECM二作の教会音楽?色が強く混ざったような不思議な色合い。
 メロディアスな要素が薄まって、自在にインプロビゼーションを展開しているようにも聞こえるし、事前にキッチリ組み立てているようにも思えるし。
 ピアノのソロ演奏に加えて、要所でいつもの幻想的なボイスが加わり、パーカッションその他が彩をつけていく構成。
 “A Fable” (2010)に比べると、妖しい感はそのままに現代的なビート感が薄まり、さらに不思議感が強くなっています。
 冒頭はクラシックか民族音楽のような空気感の静かな演奏。
 続く強いビートの演奏は、何拍子かわからないブレークと切り返しが意外なところに入る、いかにもTigranな変拍子ロックと幻想的なボイスの絡み合い。
 それらが交錯するような構成。
 ジャズ的なビートはあまり出てきません。
 “Liberetto” (2012) Lars Danielssonなどのジャズ諸作のように、わかりやすいコードの流れ、強烈なグルーヴに乗って弾き倒して欲しいと思うのは、古いジャズファンの古い志向なのでしょう。
 そんな世俗な気持ちを突き放したような独自の世界観。
 ジャズなんて中途半端に古くて俗な世界ではなく、もっと古(いにしえ)の空気感。
 アメリカや西欧の馴染みやすい場所ではなくて、おそらく東欧~中東であろう、よくはわからない場所の香り。
 この人の音は、ハードで大音量にしても、静かな音にしても、どこか遠い所に連れて行ってくれるようなトリップミュージック。
 タイトルにピッタリくる音といえばその通り。
 ヨーロッパ、中近東、アジアの狭間、アルメニアの空気感、ジャズ、ロック、クラシックを超越したノンジャンルなアート、Tigran Hamasyanの世界・・・ですかね。


 

 posted by H.A.

【Disc Review】“Jazz at Berlin Philharmonic III” (2015) Leszek Możdżer & Friends

“Jazz at Berlin Philharmonic III” (2015) Leszek Możdżer & Friends
Leszek Możdżer (piano)
Lars Danielsson (bass & cello) Zohar Fresco (percussion)
Atom String Quartet :
Dawid Lubowicz (violin) Mateusz Smoczyński (violin) Michał Zaborski (viola) Krzysztof Lenczowski (cello)
 
レシェック モジジェル

 ヨーロッパのスーパーピアノトリオ、ストリングスをゲストに迎えたライブアルバム。
 “The Time”(2005)、“Between Us & The Light”(2006)、“Polska” (2013)といった一連のトリオ作品の延長線、楽曲もその他の作品からチョイスが中心。
 が、ライブという事もあるのでしょう、それらの淡い色合いと比べると、強烈なインプロビゼーションが前面に出る場面が多いと思います。
 やっと弾いてくれたか、と思う一方、Zohar Frescoのボイスが出る場面はなく、彼が主導していたと思われるエスニックで幻想的な空気感は抑え気味。 
 Leszek Możdżerの楽曲、クラシック色の強い演奏が多く、クレジット通り、トリオというよりも彼の色合いが最も強い作品。
 クラッシック~現代音楽?ベースのとんがった激しいピアノソロから始まり、Lars Danielssonの哀愁曲、ストリングスを交えた優し気で妖し気な演奏、などなど、Leszek MożdżerLars Danielssonのショーケースのような演奏が並びます。
 とてつもなく透明度が高く美しいピアノのピキピキパキパキした音と、間々に挟まれるLars Danielssonの郷愁感、哀愁感の塊のようなメロディ。
 コンサートのメインはストリングスを交えた優雅ながらテンションが高い演奏なのかもしれませんが、ついついそちらに耳が行ってしまいます。
 Lars Danielsson曲で取り上げられているのは、何処かのアルバムに入っていたいずれも大名曲の”Praying”、”Africa”、”Eden”。
 美しいメロディとコードを背景にして突っ走り飛び回るピアノ。
 氷のように鋭く冷たく、この世のものとは思えないような美しい音、指に加速装置がついているとしか思えないような疾走感を含めて、人間業とは思えない演奏。 
 そのぶっ飛んだピアノと、ベタベタなメロディ、上品なグルーヴの対比がこのバンド、数多くの作品を制作しているこのコンビのカッコよさなのでしょう。
 美しくて上品、かつ、とんがった妖しい音、さらにセンチメンタル。
 “Liberetto” (2012)などのTigran HamasyanLars Danielssonのコンピネーションも素晴らしいのですが、Leszek Możdżerとの組み合わせの方が繊細な感じがする分、私的には好み。
 Leszek Możdżer、あるいはこのトリオ、このアルバムあたりを集大成として、そろそろ次に行こうとしているのかもしれませんが・・・




posted by H.A.

【Disc Review】“Old and New Dreams” (Oct.1976) Old and New Dreams

“Old and New Dreams” (Oct.1976) Old and New Dreams
Don Cherry (pocket trumpet) Dewey Redman (tenor sax, musette) Charlie Haden (bass) Ed Blackwell (drums)
 
Old & New Dreams
Cherry
Black Saint
2017-01-20


 Ornette Colemanが加わるとそのまま彼のバンドになってしまいそうなメンバーが揃ったバンドOld and New Dreamsのデビュー作。
 後にECMで制作しますが、本作はイタリアのレーベルから。
 Dewey Redman, Charlie HadenKeith Jarrettのバンドでの作品“Eyes of the Heart” (May.1976)、“Byablue”, “Bop-Be” (Oct.1976)と同年のセッション。
 そちらの活動が終了した時期だったのでしょう。
 ECM作品のイメージが強かったこともあり、全体の音を締めているのはCharlie Hadenのような感じがしていたのですが、音の作り、楽曲提供からすると、誰がリーダーといったわけではなく対等なバンドだったのでしょうね。
 冒頭のOrnette ColemanチューンからいかにもなOrnette色全開。
 マシンガンベースにこれまたマシンガンドラム、Don CherryDewey Redmanのグルグルと徘徊するようなインプロビゼーション。
 当の親分は”Dancing In Your Head” (1977) Ornette Colemanでファンク~ロックに移っていった時期なのでしょうかね?
 弟子たちはなんだかんだでアコースティックなジャズ。
 不思議なことにこの人脈、Keith Jarrettを除けば、Miles DavisJohn Coltraneの直接的な色合いがほとんど感じられないのは気のせいでしょうか?
 やはり親分がOrnetteだから?あるいは、端緒がアメリカ西海岸だから?
 サイドに入ると暴れん坊なDewey Redmanも、自分の曲ではなんだかオーソドックスなジャズ。
 Don CherryCharlie Hadenは彼らなりのマイペースですが、こちらもなんだかんだで不思議感たっぷりのアコースティックジャズ。
 さらに甘いメロディが無い分、男臭いハードボイルドなムード。
 それを1960年代終盤のノスタルジーと感じるか、普遍的なカッコよさと感じかは人それぞれなのでしょう。
 バンドの名前にもなるタイトル曲“Old and New Dreams”はDewey Redmanの曲でしたか。
 作者は意外ですが、こちらはジャズっぽくなく、ミュゼットが鳴り響くエスニックで妖しい、いかにもこのバンドな演奏。
 なんだかんだで親分と同様、一筋縄ではいかないつわものたちの音、ですかね。

 


posted by H.A.


【Disc Review】”Rendezvous Suite” (2009) David Murray, Jamaaladeen Tacuma

”Rendezvous Suite” (2009) David Murray, Jamaaladeen Tacuma
David Murray (Tenor Saxophone, Bass Clarinet) Jamaaladeen Tacuma (Bass Guitar)
Ranzell Merrit (Drums) Mingus Murray (Guitar) Paul Urbanek (Keyboards)
 
Rendezvous Suite
Jamaaladeen Tacuma
C Major
2013-01-29
デヴィッド・マレイ
ジャマアラディーン・タクマ


 真っ黒けな音の過激なサックスDavid MurrayとヘビーなファンクのJamaaladeen Tacumaの共演作。
 名前だけで鬼も逃げ出しそうな恐ろしいコンビですが、その通りのいかつい音。
 似たタイプの共演で名作“Layin' in the Cut” (2000) James Carterがあり、近いムードですが、本作の方が少しだけジャズに寄っているかもしれません。
 楽曲はJamaaladeen Tacuma作のファンク。
 例によってヘビーなベース。
 ちょっと前の時代のような、ベンベンってな感じの音が強烈な存在感。
 決して音数が多いわけでもフレージングが派手なわけでもないのにさすがの凄み。
 黒光りしているようなベースですが、さらに黒光りするようなテナーサックス。
 “Layin' in the Cut” (2000) James Carterも十二分に怖いですが、さらに親分登場・・・ってな感じ。
 あちらが激走超大型タンクローリーのような音だとすれば、こちらは黒塗りの大型セダン。
 ゆったりと前に進むようなグルーヴに、決して激しく叫ぶわけではないドスの効いた真っ黒けのサックス。
 なんだか余裕があって「相対的には」上品に聞こえたりもします。
 不良な大人の音。
 一番やんちゃなのは何曲かで大きくフィーチャーされるギター。
 Jimi Hendrixを離散型にした感じのズルズルグチョグチョな音。
 全編?8ビート、ミディアムテンポのファンク。
 ベースはもちろん、シンセサイザー的な音も所々に入って、表面上は全くジャズっぽくありません。
 それでもどことなくジャズな香りがします。
 なんだかんだでDavid Murrayのサックスがジャズっぽいからでしょうかね?
 ファンク、ラテン、アフリカなんでもこいの人ですが、やっぱりジャズの人。
 そんな微妙なバランスがなんとも不思議なジャズファンク、あるいはファンクジャズ。
 真っ黒けの過激な音。

※こちらはJamaaladeen Tacuma在籍中のOrnette Colemanのバンドから。
 近いかな?違うなあ・・・?


posted by H.A.
Profile
記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ