吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Contemporary Jazz

【Disc Review】“Basics” (2000) Paul Bley

“Basics” (2000) Paul Bley

Paul Bley (piano) 

Basics
Paul Bley
Justin Time Records
2001-01-30


 Paul Bleyのソロピアノ。
 地元カナダのJust in Timeから。
 カナダの空気感、あるいは正統なジャズが多いレーベルゆえか、それとも時代の変化か、“Sweet Time” (1993)と同様にわかりやすくスッキリした演奏集。
 オリジナル曲に、Monkを一曲。
 とても美しい、いかにもPaul Bley なバラード“Love Lost”で始まり、フリー的な演奏、ブルースも挟みつつ、“Lucky”、締めの“Startled”といったバラード群。
 タメにタメてタメまくって音を置いていくあのスタイル。
 さらに唐突なスケールアウトに、唐突な疾走に、何事もなかったような唐突な鎮静も、かつての通り。
 それでもかつての離散、飛躍の具合が穏やかになり、スッキリまとまった感じ。
 締めも“Open, to Love” (1972)のように不思議感を残しつつではなく、スッキリとした美しい完結。
 落ち着いたというか、大人になったというか、普通に近づいたというか・・・
 Keith Jarrettのソロピアノ、20世紀は純文学の長編的、21世紀は短編になりましたが、Paul Bleyは元々短編派。
 構成はそのままですが、ぶっ飛び具合が少々収まり、スッキリしたのが21世紀型、あるいはポストECM型・・・かな?




posted by H.A.


【Disc Review】“Hands On” (1997) Paul Bley

“Hands On” (1997) Paul Bley

Paul Bley (piano)

Hands on
Paul Bley
Evidence
1997-03-18


 Paul Bleyのソロピアノ。
 日本のキングレコード、Transheartレーベルから。
 Paul Bley作品、レーベルによって色合いが異なるのですが、本作は静かで上品、キッチリしていて格調高げなソロピアノ。
 破天荒さを抑えつつのスッキリとまとまった演奏。
 ほのかに明るい“Remembering”で穏やかに始まり、淡々と進む音楽。
 他の作品と同様に周囲の景色は次々と変わっていきますが、その変化は緩やかで穏やか。
 あっちに行ったりこっちに行ったりもいつも通りですが、狂気、激情は抑制されています。
 この人にしては珍しい十分を超える長尺な演奏、ワルツ~ブルース~Paul Bley節のバラード~その他諸々の楽曲の断片が交錯する”Three Fifth”も終始穏やか。
 フリージャズな場面もなぜか落ち着いています。
 例の強烈な美メロ、胸が詰まるような場面も少々抑えめでお上品。
 終盤にさり気なく置かれた“If”ぐらいが、いつものあの強烈なまでに美しいPaul Bleyバラード・・・
 などなど含めて、淡い色合い、上品なPaul Bleyの一作。

※別のアルバムから。


posted by H.A.


【Disc Review】“Sweet Time” (1993) Paul Bley

“Sweet Time” (1993) Paul Bley

Paul Bley (piano)

Sweet Time
Paul Bley
Justin Time Records
1995-06-20


 Paul Bley、カナダのレーベルJust in Timeからのソロピアノ。
 気難しいECM諸作とは全く違うムード、デンマークSteeple Chase諸作に近いのかもしれませんが、そこまでモダンジャズでない、そんなバランス。
 さらに、スッキリした感じはイタリアSoul Note、フランスOwlよりも日本のTransheartに近い感じでしょうか?
 本作も名バラード演奏がてんこ盛り。
 冒頭の“Never Again”から始まり、“Turnham Bay”、“Lost Love”、“Started”、“As Beautiful As the Moon”・・・
 いつもの浮遊する音。
 崩れそうで崩れなくて、やはり崩れて、唐突に疾走する、あの美しいPaul Bleyバラード。
 それらの合間に、激しいフリージャズ、思索的で抽象的な静かなフリーインプロビゼーション、ブルース・・・が交錯する、あのPaul Bleyの世界。
 レーベルの色合いに合わせているようにも聞こえるし、あくまでマイペースなようにも聞こえます。
 あまり強い毒気や熱はなく終始スッキリしたソロ演奏は、1990年型のPaul Bleyなのかもしれませんが、要所々での理不尽な展開、スケールアウト、漂う不思議感は同じ。
 なんだかんだで“Open, to Love” (1972)の頃から変わっていなのかもしれません。
 それにしても“Lost Love”、“Started”は絶品バラ―ド。
 そんなバラード演奏だけ集めるとすごいアルバムになるんだろうなあ・・・ってな考えは野暮なのでしょうねえ・・・?
 1970年代から後の“Play Blue: Oslo Concert” (2008)まで変わらないPaul Bleyのソロピアノ、その1990年代バージョンは、とてもスッキリした音。

※こちらはデンマークSteeple Chaseの作品から。


posted by H.A.


【Disc Review】“Double Time” (1993) Paul Bley / Jane Bunnett

“Double Time” (1993) Paul Bley / Jane Bunnett

Paul Bley (piano) Jane Bunnett (Soprano Sax, Flute)

Double Time
Bley
Justin Time Records
1994-09-25


 Paul Bley、同じくカナダの女性サックス、フルート奏者Jane BunnettとのDuo作品。
 Paul BleyがJane Bunnettの才能を見込んだか、カナダのレーベルJust in TimeがJane Bunnettをプロモートしようとしたのか、そのあたりの事情はわかりません。
 とにもかくにも二人の天才、スタイリストの共演作。
 Jane Bunnettの楽曲、共作が多いのですが、得意の激烈Cuba色はなく、フリージャズも交えつつのPaul Bley的な色合いが強い演奏。
 Duoゆえの伸び縮みするビート、強い浮遊感。
 何曲かの美しいバラードでは、あのタメにタメながら音を置いていくあのPaul Bleyスタイル。
 その直後に疾走する場面を含めて、Jane Bunnettもしっかりついていっています。
 加速しながら突っ走る心地よさ最高のサックス、フルートはこの頃から。
 走りだすと過激になるPaul Bleyに対して、しっかりまとまったJane Bunnett。
 ECM系の人とだとぶっ飛んでどこかに行ってしまいそうですが、突っ走っていても落ち着いた感じがするのは彼女ゆえでしょうか。
 この後、Jane Bunnettは怒涛のAfro Cuban Jazz作品を連発、Paul BleyはもちろんマイペースなPaul Bleyワールド。
 一期一会?のカナディアンDuo作品。
 それにしても、Paul Bleyのバラード演奏、本作ではアルバム中盤以降に収められた”Foolishly”, Please Don't Ever Leave Me”はいつもながらにカッコいいなあ・・・

※Afro CubanなJane Bunnettから。


posted by H.A.


【Disc Review】“Life of a Trio: Sunday” (1989) Paul Bley, Jimmy Giuffre, Steve Swallow

“Life of a Trio: Sunday” (1989) Paul Bley, Jimmy Giuffre, Steve Swallow

Paul Bley (piano) Steve Swallow (electric bass) Jimmy Giuffre (soprano sax, clarinet)

The Life of a Trio: Saturday
Paul Bley
Owl
2001-09-24





 Paul Bley、変則トリオ、フランスOwlレーベルから。
 フリージャズ色も強いコンテンポラリージャズ。
 トリオの演奏中心ではなく、この人の作品に多いDuo、Soloでの演奏が入り混じる作品。
 タイトルは楽し気なのですが、中身の沈痛度高め、欝サイドのPaul Bley作品。
 フリーインプロビゼーションではなく、概ね楽曲が準備されていた感じ、Steve Swallowが入っている曲は、ピートがキッチリキープされ、例のすっとぼけたような愛嬌のある演奏もあります。
 また、Jimmy Giuffreもわかりやすいフレーズを朗々と吹ています。
 が、楽曲、メロディが陰鬱系中心。
 それでもどうしても聞きたくなってしまうのは、間々にちりばめられたソロピアノによる美曲。
 本作では” Monique”、” Mephisto”あたり。
 本作のそれら、この人のソロピアノでよく登場するこの世のものとは思えないような美曲・・・ではないにせよ、あのPaul Bley節。
 はまってしまうとついつい聞きたくなってしまう不思議な魅力。
 慣れてしまうと他の演奏も静かでいいか・・・ってな感じ。
 ま、応用編なのかもしれませんが、その不思議感、微妙なモノ足りなさのようなモノも、この人の作品の魅力といえばそうなのかも・・・




posted by H.A.





【Disc Review】“Partners” (1989) Paul Bley, Gary Peacock

“Partners” (1989) Paul Bley, Gary Peacock

Paul Bley (piano) Gary Peacock (bass) 


Partner
Paul Bley
Sunny Side
2003-07-29


 Paul Bley, Gary PeacockのDuo作品。
 イタリアSoul Note、あるいはドイツECMからではなく、フランスのOwlレーベルから。
 同じくDuo、Soul Noteの“Mindset” (1992)と同様に、Duo、各々のソロを概ね三分の一ずつ。
 構成は似ているものの、そちらと比べると激しく動く音。
 Gary Peacockはどちらも激しい演奏ですが、こちらはPaul Bleyも激しい演奏。
 この人にしては珍しくしっかりと空間が埋まったRichie BeirachSteve Kuhnのようなピアノ。
 二人あわせてKeith Jarrett Standardsな場面もしばしば。
 いつものたっぷりのタメを効かせた美しいバラード演奏も何曲かあります。
 理不尽なまでのスケールアウトもいつも通りなのだと思いますが、音数が多い分、それが目立ちません。
 録音もなんだかきらびやか。
 太い音で音量も大きいベースと、たっぷりのエコーが効いた高音が強い派手な音のピアノ。
 ECMの音に慣れてしまった耳には新鮮に聞こえます。
 が、こちらの方が普通なのかな?
 クールでアーティスチックなPaul Bleyではなく、Gary Peacockの名人芸と、その熱に合わせるような何でも弾けるジャズピアニストPaul Bley。
 ま、普通のジャズピアノではないのですが・・・
 やはり名人は何をやってもカッコいい。




posted by H.A.


【Disc Review】“Notes” (1987) Paul Bley, Paul Motian

“Notes” (1987) Paul Bley, Paul Motian

Paul Bley (piano) Paul Motian (drums)

Notes
Paul Bley
Soul Note Records
2007-10-30


 Paul Bley、Paul MotianのDuo作品。
 ECMではなく、イタリアのSoul Noteレーベルから。
 同レーベルでジャケットも似ている“Mindset”(1992) Gary Peacock, Paul Bleyと類似する企画。
 本作のご両人、どちらもモダンジャズの名手ながら、耽美的、離散的な演奏を得意とする稀代のスタイリスト。
 その通りの静かで穏やか、ほんの少し抽象的な演奏。
 二人ともECMではないレーベルの場合、普通にジャズの演奏も多いのですが、本作は極めてECM的な静謐で妖しいサウンド。
 多くが今にも止まりそうなスローバラード。
 たっぷりのタメを効かせて置かれていくピアノの音。
 突然のスケールアウト、突然の疾走、突然の鎮静、突然のスウィング、ブルース・・・いつものPaul Bleyワールド。
 それに呼応するように、時に無視するように刻まれる静かなビート。
 静かだけども落ち着かない、絶妙のアンバランスの妖しく危ない音楽。
 繊細で美しいバラードの連続に、ときおりのOrnette Coleman風フリージャズ。
 最後に収められた唯一のジャズスタンダード、“Diane” (1985) Chet Baker & Paul Bley のタイトル曲は、絶品の美しさ。
 Paul Bley、Paul Motianの演奏するバラードはいつもそう。
 さすが、稀代のスタイリストの創る音。
 名作だと思います。

※“Diane” (1985) Chet Baker & Paul Bleyから。


posted by H.A.


【Disc Review】“Tango Palace” (1983) Paul Bley

“Tango Palace” (1983) Paul Bley

Paul Bley (piano) 

Tango Palace
Paul Bley
Soul Note Records
2010-03-16


 Paul Bleyのソロピアノ。
 イタリアのSoul Noteから。
 後の同レーベルでの作品“Mindset” (1992)、“Partners” (1989)と同様に、静かだけども陰鬱ではない、美しくスッキリとした演奏。
 ま、並行してSteepleChaseで純ジャズも演奏しているぐらいなので、これまた並行して制作しているECM作品の方が特別で、こちらの方が通常なのかもしれません。
 全曲オリジナル曲。
 冒頭のタイトル曲“Tango Palace”からPaul Bley節が炸裂。
 タイトル通りにタンゴな情熱感混じりの素晴らしいバラード。
 その他、お約束のフリージャズも交えつつも、“But Beautiful(の変奏曲?)”、”Return Love”, ”Please”などなど、いかにもPaul Bleyな素敵なバラードが何曲も。
 最後の“Explain”は、美しい展開から、いろんな楽曲のメロディの断片が散りばめられながら、美しく前向きな展開が今にも出そうで出なくて、不可解、不条理なエンディング・・・
 いかにもPaul Bley。
 これも名作。

※別の作品から。


posted by H.A.

【Disc Review】“Jaco” (1974) Paul Bley, Jaco Pastorius, Pat Metheny, Bruce Ditmas

“Jaco” (1974) Paul Bley, Jaco Pastorius, Pat Metheny, Bruce Ditmas

Paul Bley (Electric Piano) Jaco Pastorius (Bass) Pat Metheny (Guitars) Bruce Ditmas (Drums)

Pastorius/Metheny/Ditmas/Bley
Jaco Pastorius
Greyscale Jazz
2018-04-20


 "Jaco"と題された凄いメンバーでのセッション、あるいはリハーサルの音源。
 Paul Bleyが親分なのでしょう。
 楽曲も彼の作品がほとんど。
 “Bright Size Life” (1975) Pat Methenyの制作前、Jaco Pastorius, Pat Methenyともにデビュー前。
 Paul Bley は全曲でエレピを弾き、フリージャズではなく、“Weather Report” (Feb-Mar.1971)的、あるいはエレクトリックMiles的な妖しいジャズフュージョン。
 Jaco Pastoriusはこの時期にすでにスタイルを確立していて、ゴムまりのように弾むファンクから、超絶な疾走、あのどカッコいい4ビート、ぶっ飛ぶソロ、その他諸々、“Black Market” (1976) Weather Reportから聞かれるJacoそのもの。
 一方、Pat Methenyは本人とはなかなかわからない演奏。
 ジャズ的なインプロビゼーションに凄みはあるものの、終始ワウ?をかけてチョーキングを多用したサイケな音。
 ここから短期で“Bright Size Life” (1975)に化けるとはなかなか想像できないのですが・・・
 それに加えて、ヒタヒタと迫りつつバシャーンドシャーンとくる、あの時代のジャズロック系の激しいドラム。
 Paul Bleyは様子を見つつ軽く流している感じでしょうか?
 彼の音楽のイメージではないのですが、彼一流の世間からズレたような妖しさ、スタイリッシュさは漂っています。
 あの時代のクリエイティブな先端ジャズの一コマ。




posted by H.A.

【Disc Review】“Crescent moon Waning” (2015,2016) Kip Hanrahan

“Crescent moon Waning” (2015,2016) Kip Hanrahan

Kip Hanrahan (direction, percussion)
Michael Chambers (guitar, vocal) Brandon Ross (vocal, guitar, banjo) Steve Swallow, Yunior Terry, Andy Gonzalez, Giacomo Merega (bass) Fernando Aunders (bass, vocal, cello, guitar)
Robby Ameen (drums, percussion) Luisito Quintero (percussion) Milton Cardona, Anthony Carrillo, Richie Flores, Ignacio Berroa, Giovanni Hidalgo, Steve Berrios (conga)
Jack Bruce (vocal, bass) Lucia Ameen, Roberto Poveda, Lucy Penabaz, Grayson Hugh, Senti Toy, Xiomara Laugart (vocal)
Charles Neville, J.D. Allen, Craig Handy, Chico Freeman (tenor sax) Mario Rivera, Josh Sinton (baritone sax) Alfredo Triff (violin) David Rodriguez (sound effects)

クレッセント・ムーン
キップ・ハンラハン
MUZAK/american clavé
2018-03-16

 Kip Hanrahan、“At Home in Anger” (2007-2011)以来、久々のアルバム。
 鳴り続けるコンガに囁き声、やるせないメロディにジャズなサックス。
 あのメンバーでの、あのKip Hanrahanのサウンド。
 かつての諸作のいろんな要素が混ざり合う質感は、近作“Beautiful Scars” (2004-2007)、“At Home in Anger” (2007-2011)と同様。
 ダルなムード、コンガと囁くボイスで始まり、妖し気なサックス、ギターとの絡み合い。
 あの都会の裏側の地下室の危ない空気感。
 ピアノレスを中心のクールな質感は初期の“Coup De Tête” (1979-1981)などのソリッドでロックな感じでもあるし、合間に挿入される語り、あるいは狂気を秘めたバイオリンは”A Thousand Nights And A Night: Red Nights” (1996)を想い起こし、コンガが鳴れば強烈なキューバングルーヴ、キューバンポップス、さらには唐突に現れる静かだけども突き刺さってくるようなアカペラボイス・・・
 多くの一分前後のインタールード的な演奏を挟みつつ進む全19曲+ライブ音源一曲。
 それらの短い演奏も含めて、キッチリ計算されているのであろうKip Hanrahanワールドがてんこ盛り。
 ピークは中ほど、強烈なグルーヴで疾走する11曲目”She and He Describe the Exact Same Intimate Moment”でしょうか。
 “Tenderness” (1988-1990)あたりのブチ切れたハイテンションさを想い起こす演奏ですが、埃っぽさと脂分が落ちてスッキリした感じ。
 全体的にもそんな感じ。
 最後は静かなロック調のバラード、ギターと囁き声とサックスの絡み合いで締め、さらに追加でライブ音源、“Desire Develops an Edge” (1983)収録の”Working Class Boy”、故Jack Bruceのボイスと強烈なコンガ、ブチ切れたサックスの饗宴で幕。
 猥雑で妖しくて危なくてダーク、そしてオシャレなKip Hanrahanはまだまだ健在です。

※ライブ映像から。



Coup De Tête” (1979-1981)
Vertical's Currency” (1984)

Tenderness” (1988-1990)
Exotica” (1993)

This Night Becomes a Rumba” (1998) Deep Rumba
A Calm in the Fire of Dances” (2000) Deep Rumba
“Bad Mouth” (2006) Conjure
Beautiful Scars” (2004-2007)
At Home in Anger” (2007-2011)
Crescent moon Waning” (2015,2016) 

 posted by H.A.
Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ