吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Cinema Paradiso

【Cinema Paradiso】『パリ、テキサス』(1984)

『パリ、テキサス』(1984)

パリ、テキサス デジタルニューマスター版 [DVD]
ハリー・ディーン・スタントン
東北新社
2006-08-25


 1984年、西ドイツ・フランス合作、監督ヴィム・ヴェンダース、出演ハリー・ディーン・スタントン、ディーン・ストックウェル、オーロール・クレマン、ナスターシャ・キンスキー、他。
 男女、家族の複雑な思いを描いた人間ドラマ。
 妻の失踪の失意で放浪を始めた主人公、数年の後に発見され、弟夫妻、そして彼らに育てられていた息子との生活を始めます。
 お互いの微妙な探り合いから始まり、次第に意気投合し、弟夫妻に無断で母を探す旅に出る主人公と息子。
 育ての親の叔父叔母に気を遣いながらも、行方不明の母に思いを馳せる息子。
 実の息子同然に暮らしてきた甥を奪われた弟夫妻の複雑な思い。
 失った過去と自分を取り戻そうとするかのように、妻、息子、そして思い出の地テキサス州パリに思いを馳せる主人公。
 そして妻との再会・・・
 それらの複雑に込み入った思いが、寡黙に、時に雄弁に、絶妙なニュアンスで表現されていきます。
 終始ゆったりしたペースで穏やかな映像。
 それいて先の読めないドキドキするような展開。
 親子、兄弟、夫婦、家族の複雑な思いやりの交錯、悲喜こもごも。
 善し悪しの判断がつかない複雑な展開と結末は、これが作り物ではない現実の人間模様かもねえ・・・と思ったり、思わなかったり・・・
 なお、背景に流れる音楽は名作“Paris, Texas” (1985) Ry Cooder。
 寂しげに聞こえていた音楽が、映画を見ると温かな音に聞こえてくるような気もするし、やはり寂しげで不条理にも聞こえるし・・・
 音楽と同様に、考える余白たっぷりの静かな名作。




posted by H.A.



【Cinema Paradiso】『アイズ ワイド シャット』(1999)

『アイズ ワイド シャット』(1999)


 1999年、監督スタンリー・キューブリック、出演トム・クルーズ、ニコール・キッドマン、他。
 スタンリー・キューブリックの遺作となったサスペンス。
 舞台はニューヨークのど真ん中。
 描かれたのはセレブで幸せそうな夫婦の、何気ない猜疑心から生まれた恐怖。
 妻の浮気を妄想し、ふとしたきっかけを頼りに冒険を始める医師の夫。
 強引に忍び込んだ会合は、特定の人間だけが参加できる極秘の儀式のような乱交の場。
 禁断の場に入ってしまったことで窮地に陥る主人公。
 そこから救い出してくれた人物の謎の死、そして自身と家族までに忍び寄る恐怖・・・
 オカルトでもサイコでもない、豊かで平和な生活のすぐ近くにある、悪夢のような世界。
 それを表現したのは、キューブリック独特の怖さが醸し出される美しい映像。
 さらにニコール・キッドマンのちょっと怖いまでの美しさと妖しさ。
 現実での元夫トム・クルーズの落ち着かない様子との対比が何とも面白いというか、こちらは妙に現実っぽくて、何と申しましょうか・・・
 夢の中を彷徨うようなアンドレイ・タルコフスキー、夢を現実のように描くデヴィッド・リンチに対して、現実を夢のように描くスタンリー・キューブリック、ってな感じ。
 何気ない日常のすぐ近くにある恐怖。
 おっと、背筋に寒いモノが・・・




posted by H.A.


【Cinema Paradiso】『ツイン・ピークス The Return』(2017)

『ツイン・ピークス The Return』(2017)

 『ツイン・ピークス』(1990-1991)、その前日譚『ツイン・ピークス/ローラ・パーマー最期の7日間:Fire Walk With Me』 (1992)から25年後に制作された続編のテレビシリーズ。
 新シリーズでは映画を含めた全体の謎の正体とともに、その背景が見えてきます。
 その上で展開されていくとてつもない世界。
 サスペンスはもとより、サイコ、パラレルワールド、タイムトラベルなどなど、てんこ盛り。
 現代ニューヨークのど真ん中の事件から始まり、ちょっとこれはなんなのよ、な8話を経て、後半に向けて徐々に盛り上がり、もはや終盤の16話、ようやくの主人公復活劇から、17話での感動的な一時的大団円、などなど。
 新たな謎とともに、いい感じのギャグも盛り込みつつ、少しずつ全体が繋がり謎が解けていくように話は進みます。
 が、・・・
 極めつけは最終話、最後の数分間。
 そこまで前シリーズ30話、映画2時間、新シリーズ18話、約50時間かけてやっとまとまりかけていたストーリーが、全くもって見事なまでに予想外の結末に。
 諸々考察しながらガッツリ観てきた人ほど、その裏切られた感というか、やられた感というか、さすがリンチさんというか・・・、そんな何とも言えない感慨は大きいのでしょう。
 流して観てしまうと、迷宮の入り口止まりになってしまいそうでもったいない。
 入り込むためには、気合を入れて時間を掛けて、『ツイン・ピークス』(1990-1991)、『ツイン・ピークス/ローラ・パーマー最期の7日間:Fire Walk With Me』 (1992)から本シリーズまで、じっくり観るしかありません。
 一歩踏み込んで全体像が見えてくると、ストーリー云々に留まらない諸々の意味で戦慄が走ります。
 いやはや何とも凄い作品。

 さて謎だらけの本シリーズ、つまるところ14話でモニカ・ベルッチがデヴィッド・リンチ扮する捜査官に語っていた以下の言葉が根本の謎であり、また、謎解きの最大のヒントでもあるように思います。
 “We are like the dreamer who dreams and then lives inside the dream.”
 “But, Who is the dreamer?”
 私的には『ロスト・ハイウェイ』(1997)、『マルホランド・ドライブ』(2001)、『インランド・エンパイア』(2006)を発展させ、多重化された”夢”と”現実”、さらに"リアルな現実社会"を加え、交錯させた構造、と捉えました。
 書いてみても何のことやら?なのですが・・・
 さておき、本筋の迷宮を見抜き脱出できた人はどのくらいいるのでしょうか?
 私はまだ迷宮、あるいは夢の中を彷徨っています。
 それが本筋なのか否かさえ、自信はありません。
 でも、それが凄く楽しかったりするのが、なんとも凄い作品だなあ、と思います。


 

posted by H.A.

【Cinema Paradiso】『ツイン・ピークス/ローラ・パーマー最期の7日間:Fire Walk With Me』 (1992)

『ツイン・ピークス/ローラ・パーマー最期の7日間:Fire Walk With Me』 (1992)

 1992年、フランス、アメリカ合作、監督・脚本デヴィッド・リンチ、出演シェリル・リー、レイ・ワイズ、カイル・マクラクラン、クリス・アイザック、デヴィッド・ボウイ、モイラ・ケリー、デヴィッド・リンチ、他。
 一世を風靡したテレビドラマ『ツイン・ピークス』(1990-1991)の前日譚。
 新シリーズ『ツイン・ピークスThe Return』(2017)まで観た結論からすれば、全編通じて凄いドラマ、本映画も凄まじい作品、妖しさ、激しさ120%。
 打ち切られたテレビシリーズの再起動を目指して制作したものの、不評だったいわくつき。
 メロドラマの色合いも強い前テレビシリーズに比べるとキツ過ぎたのでしょうねえ。
 とてもハードです。
 また、ハードボイルドな感じがとてもカッコいいFBI捜査官は序盤で行方不明になるし、同じくデヴィッド・ボウイも登場からわずかで数分で何が何だかわからないままに消えてしまう、謎、謎、謎。
 あるいは美しい死体だったローラ・パーマーは、不良でエロで、さらにとてつもなく可哀想。
 テレビシリーズで概要を知っていたとしても、その激しい映像を目のあたりにしてしまうと・・・
 が、それら含めて過激で不可思議なリンチさんワールド。
 彼女はなぜ、どのように殺されたのか、情け容赦のない怒涛のような悲劇。
 最初から最後まで続く緊張感、不安感。
 そして最後の数分間はちょっと怖すぎて・・・
 ホラーとまでは言わないまでも、怖さ、ダークさ、妖しさ、そして絶望感、最高。
 もし全体の筋が十分に見えなかったとしても、尋常ではない映画であることは十二分に感じられると思います。
 が、この映画の本当の凄さに気付いたのは25年後の新シリーズ『ツイン・ピークスThe Return』(2017)を観終わった後・・・といったことで、続きます。


 

posted by H.A.



【Cinema Paradiso】『2010年』(1984)

『2010年』(1984)

2010年 (字幕版)
ロイ・シャイダー
2013-11-26


 1984年、監督、脚本ピーター・ハイアムズ、原作アーサー・C・クラーク、出演ロイ・シャイダー、ジョン・リスゴー、ヘレン・ミレン、ボブ・バラバン、キア・デュリア、他。
 スタンリー・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』(1968)の続編。
 2001年から経つこと9年、遭難した宇宙船ディスカバリー号と謎の物体「モノリス」の探索のために木星に向かうソ連の宇宙船、それに乗り込んだアメリカ側の乗組員三名。
 諸々の新たな発見、ディスカバリー号への乗り換え、さらに人工知能HALの再起動にも成功。
 が、「モノリス」の正体は杳として不明。
 その探索での事故を経て、大きな変化が発生、木星圏からの脱出を画策する隊員たち。
 人工知能HALを含めたディスカバリー号の放棄の決定、それを知らされなかったHALの行動、さらに木星周辺の大きな変化の結末、そして「モノリス」とはいったい何だったのか・・・?
 ・・・
 美しい構図と映像。
 ブルーレイにリマスターされた際に補正されたにしても、美しい宇宙、木星、光と影。
 単調になりそうな宇宙船での人物の絵にはアップが多用され、どの場面も動く名画状態。
 時代を超えた美しさの『2001年宇宙の旅』(1968)と比べるのはアレなのかもしれませんが・・・
 さておき、前作の続編としてはいかがなのでしょうか?
 余り怖くないことを含めて雰囲気はかなり違うし、ストーリーはいたってシンプル。
 クールなSFではあるものの、ヒューマニズムもたっぷり。
 最終盤で主人公が振り返ってニッコリ微笑む何気ない場面に、思わずこちらも微笑んでしまう、ってなノリ。
 ま、原作者は一緒なんだし、前作の謎、壮大なストーリーにキッチリ決着がついています。
 その全体像に感心するとともに含みもたっぷり残されているし、いい映画だなあ、と思います。




posted by H.A.

【Cinema Paradiso】『ソラリス』(2002)

『ソラリス』(2002)

ソラリス<特別編> [DVD]
ジョージ・クルーニー
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2014-03-05


 2002年、米国、監督・脚本スティーブン・ソダーバーグ、製作ジェームズ・キャメロン他、出演ジョージ・クルーニー、ナターシャ・マケルホーン、ジェレミー・デイビス、ヴィオラ・デイヴィス、他。
 アンドレイ・タルコフスキー監督の『惑星ソラリス』(1972)に次ぐ映画化。
 こちらは21世紀のハリウッド製。
 ジェームス・キャメロン制作、監督、主役は『オーシャンズ11』(2001)の名コンビ。
 いい感じのキャスティングに、要点を的確に抑えつつのシンプルでスッキリとした演出。
 お茶目で小粋な『オーシャンズ11』(2001)に近い同時期の作品であることが信じられないシリアスな空気感。
 現代的なCG技術を使った息を飲むような美しい映像。
 ストーリーの面白さは言わずもがな。
 原作や『惑星ソラリス』(1972)とは違う仕掛けもあるし、ピリピリした感じのヒロインの人が怖くて怖くて・・・
 が、本作は不人気なのでしょうか?
 カリスマ的名作『惑星ソラリス』(1972)のハードルが高すぎたのか、あるいは現代の人はもっと過激なスペースホラーな感じを望んでいたのか、はたまたもっと精神的な部分で深いものを望んでいたのか・・・?
 もし『惑星ソラリス』(1972)を知らなかったらどうだったのでしょうかね?
 私はこちらもいい映画だと思います。


 

posted by H.A.



【Cinema Paradiso】『サクリファイス』 (1986)

『サクリファイス』 (1986) 

サクリファイス [DVD]
エルランド・ヨセフソン
キングレコード
2017-07-05


 1986年、スウェーデン、監督アンドレイ・タルコフスキー、出演アレクサンデル - エルランド・ヨセフソン、スーザン・フリートウッド、アラン・エドヴァル、グドルン・ギスラドッティル、他。
 アンドレイ・タルコフスキー、ソビエト連邦からの亡命後の作品にして、遺作。
 舞台はスウェーデンの島。
 華やかな役者から引退し、家族と静かに暮らす主人公。
 50歳の誕生日に起こった不思議な出来事。
 ストーリーと関連があるのか否か判断しかねる長尺な前振り、インタールードなどを含めて、漂うようにゆっくりと物語は動いていきます。
 何気ない家族、友人とのやり取りの中、核戦争の勃発のニュースにパニックになる家族。
 友人に示唆され、世界を救うために主人公の取った行動は・・・
 ・・・
 メインテーマは信仰なのだろうと思います。
 ここまでの作品と比べると、北欧の柔らかな陽光に包まれたような明度の高い映像、まずまず明解なストーリーなど、少しムードは異なります。
 が、いつもながらに至るところにある謎なシーンの数々、想像する余地はたくさん。
 さらに『』(1975)『ノスタルジア』 (1983)と同様、終始名画のような美しい構図、陰影、色彩。
 複雑に入り組んだ構成、あるいはさまざまな不可解な部分の考察を楽しむか、柔らかながら物悲しい空気感に浸りつつ、ただただ美しい映像を眺めるか、どう楽しむかは観る人次第。




posted by H.A.






【Cinema Paradiso】『ノスタルジア』 (1983)

『ノスタルジア』 (1983)

ノスタルジア(字幕版)
オレーグ・ヤンコフスキー
2017-02-13


 1983年、イタリア、ソビエト連邦合作。
 監督アンドレイ・タルコフスキー、出演オレーグ・ヤンコフスキー、エルランド・ヨセフソン、ドミツィアナ・ジョルダーノ、他
 アンドレイ・タルコフスキー、ソビエト連邦からの亡命直前の作品。
 例によって難解でさまざまな解釈ができる映画。
 取材のために助手ともにイタリアを訪れたロシア人作家。
 教会、ホテル、温泉、取材相手の廃屋のような住まい・・・、それらの中で展開される不思議なドラマ。
 そして、眠るたびに脳裏に蘇る故郷の丘と家族の映像、現実との交錯。
 終始静謐な空気感、ゆったりと進む時間の中、テーマは何なのか、明示されることはありません。
 奇妙な旅が進み、取材で出会った奇妙な人物と接することで動いていく気持ち。
 そして主人公と取材相手が最後に取る行動は・・・
 ・・・
 素直に観れば、信仰心と故郷への思いが絡みあったものがメインメッセージのように思われます。
 また、台詞や映像の端々からは、夢と現実、旅先と故郷、あるいは国境などの境界がなくなっていくことを願い、表しているようにも思えます。
 さらには、格調高くストイックで世界を救う東側体制から西側へのアンチテーゼにも思えるし、逆に暗く重い東側へのアンチテーゼにも思えます。
 その捉え方も観た者の感性に委ねられているのでしょう。
 さておき、最初から最後まで、すべてが絵画のような美しい構図。
 長回しとゆっくりとした絶妙なカメラワーク。
 『』(1975)と同様、動く名画。
 何も考えることなく、その美しい構図、陰影、色彩、そして動きを眺めるだけでも、気持ちがどこかに動いていきます。
 そんな時間。

※フランスのピアニストFrançois Couturier の一連の作品タイトルを冠した“Nostalghia - Song For Tarkovsky” (2005)もそんな音・・・



posted by H.A.


【Cinema Paradiso】『ストーカー』 (1979)

『ストーカー』 (1979)

ストーカー [DVD]
アレクサンドル・カイダノフスキー
キングレコード
2018-07-04


 1979年、ソビエト連邦、監督アンドレイ・タルコフスキー、出演アレクサンドル・カイダノフスキー、アリーサ・フレインドリフ、アナトリー・ソロニーツィン、ニコライ・グリニコ、ナターシャ・アブラモヴァ、他。
 何らかの事情で出来、隔離された、願いが叶うと噂される場所“ゾーン”、その案内人”ストーカー”。
 物理学者と作家を連れた道案内の奇妙な一旅の記録。
 謎を孕んださまざまな場所、行動、会話。
 軍らしき人々による警護~銃撃、巨大な碍子、迷路のように交錯する進路、廃屋、朽ちた車両、死体、旧い銃撃戦の跡、注射器、水溜まり、流れる水、トンネル、砂、井戸、発電所・・・
 ナットと布を使った奇妙な方向決め、物理学者との離別と不思議な再開、水辺での休息、唐突に現れる黒い犬、科学、芸術、信仰ついての議論、奇妙な電話、爆弾、格闘と鎮静、沈黙・・・
 そして度々発生するセピア、モノクロ、カラーの切り替え。
 奇妙な静けさの中、旅は進み、そして終わります。
 明確な起承転結や謎解きはありません。
 さまざまな会話や行動は、科学者や芸術家、深層心理や哲学、社会、さらには信仰についての嘆き、あるいはアイロニーのようにも映ります。
 そして帰宅後のストーカーの独白による直接的なメッセージ。
 では、それらを含めて考えると、”ゾーン”とはいったい何だったのか?
 あるいは、最後の数分間、妻のカメラ目線での告白、続くカラー映像での娘、動くグラス(形態、内容物が異なる三ヶ、一ヶはテーブルから落ちる)~”歓喜の歌”の意味は何なのか・・・?
 繋がったストーリーであるものの、真のメッセージは何なのか、謎が謎を呼ぶ感性と思考のゲームのような時間。




posted by H.A.


【Cinema Paradiso】『鏡』(1975)

『鏡』(1975)

鏡 Blu-ray
マルガリータ・テレホ
IVC,Ltd.(VC)(D)
2013-12-20


 1975年、ソビエト連邦、監督アンドレイ・タルコフスキー、出演マルガリータ・テレホワ、オレーグ・ヤンコフスキー、イグナート・ダニルツェフ、フィリップ・ヤンコフスキー、アナトーリー・ソロニーツィン、他。
 監督アンドレイ・タルコフスキーの自伝的映画ともいわれているようです。
 夢、あるいは曖昧な記憶が継ぎ合わされたような映像の流れ。
 過去と現在、少年時代と現在、若い母と老いた母、母と妻、父と母、モノクロとカラー・・・、さまざまな交錯。
 吃音の矯正、美しい若き日の母、洗髪と部屋中に溢れる水、宙に浮かぶ母、妹との戯れ、燃え上がる納屋、射撃訓練、戦争と疎開・・・
 それらが第二次世界大戦、中国の革命~ソ連との軋轢などの歴史映像とも絡みながらコラージュされていきます。
 個々のシーンの整合性やつながりが見えないことが多々。
 おそらくストーリーを追いかけていくべきではないのでしょう。
 それらの映像その流れの中から何を見出し、感じ取るかは観る側次第。
 そして他の作品でも多様される、窓枠、部屋の間仕切りの壁などを効果的に使った光と影、奥行きが強調された美しい構図。
 固定された構図の中での長回し、あるいは人の動きとの関係で最も美しい構図を維持するようにゆっくりと動き、距離を変えていくカメラ。
 静かで、謎めいていて、美しい映像。
 さながら動く名画。
 いつかその背景にあるものを含めて、その全体像を理解できる日が来るのでしょうか?




posted by H.A.


Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ