吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Canadian

【Disc Review】“Partners” (1989) Paul Bley, Gary Peacock

“Partners” (1989) Paul Bley, Gary Peacock

Paul Bley (piano) Gary Peacock (bass) 


Partner
Paul Bley
Sunny Side
2003-07-29


 Paul Bley, Gary PeacockのDuo作品。
 イタリアSoul Note、あるいはドイツECMからではなく、フランスのOwlレーベルから。
 同じくDuo、Soul Noteの“Mindset” (1992)と同様に、Duo、各々のソロを概ね三分の一ずつ。
 構成は似ているものの、そちらと比べると激しく動く音。
 Gary Peacockはどちらも激しい演奏ですが、こちらはPaul Bleyも激しい演奏。
 この人にしては珍しくしっかりと空間が埋まったRichie BeirachSteve Kuhnのようなピアノ。
 二人あわせてKeith Jarrett Standardsな場面もしばしば。
 いつものたっぷりのタメを効かせた美しいバラード演奏も何曲かあります。
 理不尽なまでのスケールアウトもいつも通りなのだと思いますが、音数が多い分、それが目立ちません。
 録音もなんだかきらびやか。
 太い音で音量も大きいベースと、たっぷりのエコーが効いた高音が強い派手な音のピアノ。
 ECMの音に慣れてしまった耳には新鮮に聞こえます。
 が、こちらの方が普通なのかな?
 クールでアーティスチックなPaul Bleyではなく、Gary Peacockの名人芸と、その熱に合わせるような何でも弾けるジャズピアニストPaul Bley。
 ま、普通のジャズピアノではないのですが・・・
 やはり名人は何をやってもカッコいい。




posted by H.A.


【Disc Review】“Live at Sweet Basil” (1988) Paul Bley

“Live at Sweet Basil” (1988) Paul Bley

Paul Bley (piano)
John Abercrombie (guitar) Red Mitchell (bass) Barry Altschul (drums)

Live at Sweet Basil
Paul Bley
Soul Note Records
1993-09-11


 Paul Bley のハイテンションなモダンジャズ、ライブ録音。
 イタリアのSoul Noteから。
 Paul Bley、いろんな色合いの作品がありますが、静謐系耽美系ではなく、凶悪フリージャズでも、Steeplechaseの上品なモダンジャズでもない、エキサイティング系のモダンジャズ。
 ま、フュージョンではない当時のジャズに一番多い色合いなのかもしれませんが、それらいろんな違う質感の作品が並行して制作されているのが面白いところ。
 本作の目玉はJohn Abercrombieとの共演。
 ECMで共演していていてもおかしくないのですが、共演はこれだけでしょうか?
 ぶっ飛び系コンテンポラリージャズを期待したいところなのですが、演奏されるのはジャズスタンダード中心。
 John Scofieldとの共演“Hot” (1985)よりもさらにオーソドックス寄り。
 Barry Altschulも、録音の具合も手伝ってそちらよりもおとなしく叩いている感じのバランス。
 ま、ベースがRed Mitchell だし、アバクロさんも“John Abercrombie/Marc Johnson/Peter Erskine” (1988)時期なので、そんな時代だったのでしょう。
 ともあれ、ハイテンションで上質なジャズ。
 ファットな音でウネウネとどこまでも続いていきそうなフレーズを紡ぐギター。
 普通ではないはずなのにジャズを弾くと普通に聞こえてしまうPaul Bleyのピアノもこれまた不思議。
 っても”Lover Man”の前奏がオリジナル曲に聞こえたり、Paul Bley的なクールなカッコよさがそこかしこに。
 本作も“Hot” (1985)と同様にギタリストの色合いに合うようにジャズを演奏しました、ってな感じに聞こえてしまうのは私だけ?
 それにしてもJohn Abercrombieのスタンダード演奏はカッコいいなあ・・・




 posted by H.A.

【Disc Review】“The Paul Bley Quartet” (1987)

“The Paul Bley Quartet” (1987) Paul Bley

Paul Bley (piano)
Bill Frisell (guitar) Paul Motian (drums) John Surman (soprano sax, bass clarinet)

Paul Bley Quartet
Paul Bley
Ecm Import
2008-11-18





 Paul Bley、ベースレスのカルテットでのフリー度の高いコンテンポラリージャズ。
 “Fragments” (1986)と同じメンバー、タイトルから想像するとバンドの固定化を目論んでいたのかもしれませんが、おそらくこのメンバーではこれが最後なのでしょう。
 最高に妖しいスタイリストたちが集まった、最高に妖しいサウンド。
 冒頭から20分を超えるその名も”Interplay”。
 4ビートのジャズから始まり、ソプラノサックス、強烈な浮遊感のギターが加わり、徐々に増す妖しさ。
 甘いメロディはなく抽象的な音の流れ、中盤は漂うようなフワフワした時間、そして終盤はバンドが一体となった激しいフリーな演奏・・・
 予測不可能な展開に漂う凄み。
 静かながら気難しい演奏は典型的なECMのサウンドの一つ。
 以降、John Surmanのジャズな演奏からBill Frisellの激烈モードのギターの炸裂が続き、美しいソプラノサックスとピアノが纏わりつくようなPaul Motianの妖しいジャズ・・・
 そして最後はPaul Bleyのとても美しいバラード”Thirste"。
 三分に満たない短い演奏ながら、あの胸が詰まるような、美しくも切ない凄い演奏。
 ごっついフリージャズの最後に一番目立たない場所にこれを置くのが、世間に媚びないというか、アートというか。
 それにしても、なんでECMのPaul Bleyってこんなに気難しいんだろう?
 ま、ECMだからか。
 カッコいいけど・・・

※John Surmanの演奏から。


posted by H.A.


【Disc Review】“Notes” (1987) Paul Bley, Paul Motian

“Notes” (1987) Paul Bley, Paul Motian

Paul Bley (piano) Paul Motian (drums)

Notes
Paul Bley
Soul Note Records
2007-10-30


 Paul Bley、Paul MotianのDuo作品。
 ECMではなく、イタリアのSoul Noteレーベルから。
 同レーベルでジャケットも似ている“Mindset”(1992) Gary Peacock, Paul Bleyと類似する企画。
 本作のご両人、どちらもモダンジャズの名手ながら、耽美的、離散的な演奏を得意とする稀代のスタイリスト。
 その通りの静かで穏やか、ほんの少し抽象的な演奏。
 二人ともECMではないレーベルの場合、普通にジャズの演奏も多いのですが、本作は極めてECM的な静謐で妖しいサウンド。
 多くが今にも止まりそうなスローバラード。
 たっぷりのタメを効かせて置かれていくピアノの音。
 突然のスケールアウト、突然の疾走、突然の鎮静、突然のスウィング、ブルース・・・いつものPaul Bleyワールド。
 それに呼応するように、時に無視するように刻まれる静かなビート。
 静かだけども落ち着かない、絶妙のアンバランスの妖しく危ない音楽。
 繊細で美しいバラードの連続に、ときおりのOrnette Coleman風フリージャズ。
 最後に収められた唯一のジャズスタンダード、“Diane” (1985) Chet Baker & Paul Bley のタイトル曲は、絶品の美しさ。
 Paul Bley、Paul Motianの演奏するバラードはいつもそう。
 さすが、稀代のスタイリストの創る音。
 名作だと思います。

※“Diane” (1985) Chet Baker & Paul Bleyから。


posted by H.A.


【Disc Review】“Fragments” (1986) Paul Bley

“Fragments” (1986) Paul Bley

Paul Bley (piano)
Bill Frisell (guitar) Paul Motian (drums) John Surman (soprano,baritone sax, bass clarinet)



 Paul Bleyのフリージャズ混じりの1986年作。
 “Open, to Love” (1972)以来、十数年ぶりのECMでの制作。
 ベースレスでの強い浮遊感。
 それを助長するBill Frisellのギターに、これまた浮遊感ビートの権化のようなPaul Motian、時にジャズ、時に妖しく、時にもどかし気なJohn Surman
 冒頭、陰鬱で妖しい空気感の中、美しいメロディの断片が見え隠れするような思索的な音の流れ、静かなフリージャズからスタート。
 バリトンサックスの妖しい響きと、断片的ながら美しいピアノの音。
 続くはBill Frisell作、彼のギターの強烈な浮遊感がリードするルバートでのスローバラード。
 穏やかだなあ・・・と思っていると、続くはディストーションギターとブルドーザーのようなバリトンサックスがうなる、激しく凶悪なエネルギー放出系ジャズ、あるいは陰鬱な激烈フリージャズ・・・
 さらに一転して、あの美しいピアノがリードするルバートでのスローバラード・・・
ってな感じで変幻自在、予測不可能なバンド。
 B面に移るとルバートでのスローバラードを中心とした、フワフワと漂うような演奏が中心、名作“Open, to Love” (1972)からの再演も何曲か。
 静かで穏やか、淡い色合い。
 幻想的な空間を作るBill Frisellと、鋭利で離散的なPaul Bleyのコンビは心地よさ最高。
 全体を眺めれば、1970年代ECMのキツさ、緊張感が少し和らぎ、強い浮遊感、静かで穏やかな表情も多くなった1980年代型ECMの一作。
 LPレコード時代のECMはA面がキツくてB面は聞きやすいので、B面から・・・の一作でもあるかな?

※別のバンドでの演奏から。


posted by H.A.


【Disc Review】“Hot” (1985) Paul Bley

“Hot” (1985) Paul Bley

Paul Bley (piano)
John Scofield (guitar) Steve Swallow (electric bass) Barry Altschul (drums)

ホット
ザ・ポール・ブレイ・グループ
SOLID/SOUL NOTE
2016-09-21


 Paul Bley のハイテンションな激しい系コンテンポラリージャズ。
 イタリアのSoul Noteから。
 同レーベルの“Tango Palace” (1983)、直前のSteeplechase 制作“Diane” (1985) Chet Baker & Paul Bleyの静謐なムードからは全く遠い、激しい系。
 奥様を含めてお友達のSteve Swallowに、叩きまくりのフリー系Barry Altschulまではいいとしても、どうもイメージの合わないブルージーなJohn Scofieldのギター。
 鋭利でクールなPaul Bleyを含めて、四人のイメージそのままが、ごった煮になったような演奏。
 Ornette Colemanのブルースから始まり、Carla Bleyナンバーにオリジナル。
 ブンブンうなるエレキベースにキッチリとリズムをキープしつつもいろんなところにアクセントが入る手数が多いドラム。
 時折のフリーな場面がアクセントとしつつも、アコースティック4ビートで進むバンド。
 が、ギターが鳴り出すと雰囲気は一変。
 グニャグニャウネウネとしたロック混ざり、ブルージー成分の強いへんてこりんなジャズギター。
 少し沈んだ感じながら攻撃的な音にはある種の凄みを感じます。
 それがカッコいいんだろうなあ。
 現代にいたるまでのカリスマなのがよくわかります。
 Paul Bleyを含めたつわものたちも何となく、ギターに合わせてオーソドックスだけども一風変わったジャズを演奏しよう・・・なんてこともないのかな?
 1980年代のオーソドックスなようで不思議感たっぷりの硬派なジャズ。




posted by H.A.

【Disc Review】“Tango Palace” (1983) Paul Bley

“Tango Palace” (1983) Paul Bley

Paul Bley (piano) 

Tango Palace
Paul Bley
Soul Note Records
2010-03-16


 Paul Bleyのソロピアノ。
 イタリアのSoul Noteから。
 後の同レーベルでの作品“Mindset” (1992)、“Partners” (1989)と同様に、静かだけども陰鬱ではない、美しくスッキリとした演奏。
 ま、並行してSteepleChaseで純ジャズも演奏しているぐらいなので、これまた並行して制作しているECM作品の方が特別で、こちらの方が通常なのかもしれません。
 全曲オリジナル曲。
 冒頭のタイトル曲“Tango Palace”からPaul Bley節が炸裂。
 タイトル通りにタンゴな情熱感混じりの素晴らしいバラード。
 その他、お約束のフリージャズも交えつつも、“But Beautiful(の変奏曲?)”、”Return Love”, ”Please”などなど、いかにもPaul Bleyな素敵なバラードが何曲も。
 最後の“Explain”は、美しい展開から、いろんな楽曲のメロディの断片が散りばめられながら、美しく前向きな展開が今にも出そうで出なくて、不可解、不条理なエンディング・・・
 いかにもPaul Bley。
 これも名作。

※別の作品から。


posted by H.A.

【Disc Review】“Jaco” (1974) Paul Bley, Jaco Pastorius, Pat Metheny, Bruce Ditmas

“Jaco” (1974) Paul Bley, Jaco Pastorius, Pat Metheny, Bruce Ditmas

Paul Bley (Electric Piano) Jaco Pastorius (Bass) Pat Metheny (Guitars) Bruce Ditmas (Drums)

Pastorius/Metheny/Ditmas/Bley
Jaco Pastorius
Greyscale Jazz
2018-04-20


 "Jaco"と題された凄いメンバーでのセッション、あるいはリハーサルの音源。
 Paul Bleyが親分なのでしょう。
 楽曲も彼の作品がほとんど。
 “Bright Size Life” (1975) Pat Methenyの制作前、Jaco Pastorius, Pat Methenyともにデビュー前。
 Paul Bley は全曲でエレピを弾き、フリージャズではなく、“Weather Report” (Feb-Mar.1971)的、あるいはエレクトリックMiles的な妖しいジャズフュージョン。
 Jaco Pastoriusはこの時期にすでにスタイルを確立していて、ゴムまりのように弾むファンクから、超絶な疾走、あのどカッコいい4ビート、ぶっ飛ぶソロ、その他諸々、“Black Market” (1976) Weather Reportから聞かれるJacoそのもの。
 一方、Pat Methenyは本人とはなかなかわからない演奏。
 ジャズ的なインプロビゼーションに凄みはあるものの、終始ワウ?をかけてチョーキングを多用したサイケな音。
 ここから短期で“Bright Size Life” (1975)に化けるとはなかなか想像できないのですが・・・
 それに加えて、ヒタヒタと迫りつつバシャーンドシャーンとくる、あの時代のジャズロック系の激しいドラム。
 Paul Bleyは様子を見つつ軽く流している感じでしょうか?
 彼の音楽のイメージではないのですが、彼一流の世間からズレたような妖しさ、スタイリッシュさは漂っています。
 あの時代のクリエイティブな先端ジャズの一コマ。




posted by H.A.

【Disc Review】“Open, to Love” (1972) Paul Bley

“Open, to Love” (1972) Paul Bley

Paul Bley (piano)

OPEN TO LOVE
PAUL BLEY
ECM
2008-09-19


 Paul Bleyのソロピアノ作品。
 そのイメージが濃縮されたような、美しく妖しいアルバム。
 縁のある女性Carla Bley, Annette Peacockの楽曲に自身のオリジナル曲を加えた構成。
 メロディアスながら不思議感たっぷり。
 多くの間を取りながら、タメにタメにタメながら置かれていく美しい音。
 メロディの芯をとらえているようで、少しずつスケールアウトし、予期できない方向に跳んでいく、あるいは時空が歪んでいくような演奏。
 ときおりの唐突で短い疾走~激情、そしてこれも唐突な鎮静・・・
 美しくまとまりそうで崩れていき、崩れていきそうでまとまっていく、危ういバランス。
 よく言われるように、耽美的であり、離散的であり、断片的であり、それら含めて芸術的、クールでスタイリッシュ。
 全編そんな音。
 ECMでの制作らしく、ジャズ的なビートの場面は少なく、音は意外な方向に動き、景色は大胆に変わっていきます。
 美しくわかりやすく始まりつつも、ハッピーエンドになりそうで、そうでもなさそうで、やはり突き放したような音の動きで不条理におしまい・・・
 それがこれまたカッコいい。
 多大な影響を与えたのであろうKeith Jarrettよりも音の線が細めで鋭利。
 彼の作品の多くのようにわかりやすいメロディが続く展開、作り込まれたようなドラマチックな構成が少ない分、気難しく聞こえるのかもしれません。
 それら含めてとてもオシャレ。
 生の人間の不条理というか、大衆に迎合しないニヒリズムというか、断片の美学というか、未完な感じの余韻の美しさというか、なんというか・・・
 古今東西、クールでアートなピアノミュージックの決定版がこれ、・・・かな?

※近い時期の演奏から。


posted by H.A.

【Disc Review】“Paul Bley with Gary Peacock” (1963, 1968) Paul Bley

“Paul Bley with Gary Peacock” (1963, 1968) Paul Bley

Paul Bley (Piano) Gary Peacock (Bass) 
Paul Motian, Billy Elgart (Drums)

Paul Bley With Gary Peacock
Paul Bley
Ecm Import
2000-08-15


 Paul MotianGary Peacockを中心とした、あの時代の少し変わったジャズ。
 ECMの制作ですが、録音は別の時代なのだと思います。
 Paul Motian 参加のピアノトリオの聖典“Waltz for Debby” (1961)、そしてGary Peacockも参加した”Trio '64” (1964) Bill Evansから遠くない時期の録音。
 ベースはScott LaFaroを想わせるような激しい動き。
 普通のジャズのようで、モダンジャズとは何か異質な美しさを散りばめながら、さらに微妙にズレていくようなピアノ。
 二人の動きを意識していないようにも聞こえる、淡々と静かにビートを刻むクールなドラム。
 アコースティック4ビートのモダンジャズですが、なんだか変わっています。
 美しいようでザラついていて、変なようでやはり美しい不思議なバランスは、後のKeith Jarrettのバンドにつながっていくような音。
 Ornette Coleman二曲にPaul Bley二曲、因縁のAnnette Peacock二曲にその他何曲か。
 フリーな場面は多くはありませんが、何か三者が微妙にズレていくような、不思議なバランス。
 普通なようで何か違う、稀代のスタイリストお三方のクリエイティビティとクールネス。
 1960年代と1970年代、モダンジャズとフリージャズ、さらに後のジャズを繋ぐような一作。

※近い時期の演奏から。


posted by H.A.
Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ