吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

ECM records

【Disc Review】“A Long Time Ago” (1997,1998) Kenny Wheeler

“A Long Time Ago” (1997,1998) Kenny Wheeler

Kenny Wheeler (Flugelhorn)
John Parricelli (Guitar) John Taylor (Piano)
Derek Watkins, Henry Lowther, Ian Hamer, John Barclay (trumpet) Mark Nightingale, Pete Beachill, Richard Edwards (Trombone) Dave Stewart, Sarah Williams (Bass Trombone)

Long Time Ago
Kenny Wheeler
Ecm Import
1999-10-19


 Kenny Wheelerのラージアンサンブルでのコンテンポラリージャズ。
 たくさんの作品を制作していた時期のようで、ECMでは”Angel Song” (1996)に続く作品。
 盟友John Taylorにギターを加えたトリオに、大人数のブラスアンサンブル。
 ドラムとベースの参加はなく、いわゆるビッグバンドのジャズとは異なります。
 フロントに立つのはフリューゲルホーン、ピアノ、ギターのみ。
 そのトリオのみの静かな場面も多く、ブラスのアンサンブルが彩りを付けていく形。
 冒頭のタイトル曲は30分を超える組曲。
 いつものちょっと悲し気で勇壮なメロディに、柔らかい音のブラスのアンサンブルから、フリューゲルホーンとギターとピアノの静かなジャズへ。
 それらが交錯する構成。
 鋭く美しいピアノに、現代的ながらあくまでジャズなギター。
 低音楽器を中心とした重厚で格調高いブラスアンサンブル。
 ドラムとベースがいない分、不思議な質感で淡々と進む音。
 ギター、ピアノが後ろに下がった場面では、よりクラシック的に聞こえます。
 現世の日常とは違う、中世のヨーロッパ的な、静かだけども不思議な重厚感。
 Kenny Wheelerらしく勇壮で高貴、上品、大人、そして静かなジャズ。

※別のアルバムから。


posted by H.A.

【Disc Review】“Play Blue: Oslo Concert” (2008) Paul Bley

“Play Blue: Oslo Concert” (2008) Paul Bley

Paul Bley (piano)

Play Blue
Paul Bley
Ecm Records
2014-05-06


 Paul Bleyのソロピアノコンサート。
 これが遺作になるのでしょうか?
 ECMでは名作“Open, to Love” (1972)、“Solo in Mondsee” (2001)に続く三作目のソロピアノ。
 おそらくは全て即興演奏なのでしょう。
 跳ねるようなアップテンポの場面が多い印象ですが、スローバラード、その他を織り交ぜながら、短いスパンで次々と景色が変わっていくような音の流れ。
 グラデーションを付けながら変わっていくスタイルはKeith Jarrett的ではあるのですが、彼の演奏よりも変化が大きく、その予想も困難。
 冒頭、明るいアップテンポから今にも止まりそうなタメを効かせたスローバラード、さらにフリージャズへ。
 そして理不尽な不協和音と不自然なまでに長い残響音でのエンディング。
 激しいフリージャズの演奏から、次の瞬間は穏やかで美しいメロディ、あるいはその逆。
 そんな演奏が続きます。
 中盤に置かれた“Flame”は “In the Evenings Out There” (1991)に収められた名演”Afterthoughts”のバリエーションのようなスローバラード。
 フリーで抽象的な場面を経て、予想外の激しいエンディング。
 このステージの最後の曲も目まぐるしい展開と、まとまったようで何か唐突な印象もある終演・・・
 その唐突感と予想外の展開、そしてその間々に挟まれた超美メロディの数々がこの人の真骨頂。
 ベタつかないクールさ、ハードボイルドネス、そして美しさの源泉なのでしょう。
 終演後の長い長い拍手は “The Carnegie Hall Concert”(Sep.2005) Keith Jarrettを想い起こします。
 そしてアンコールはECM制作としては全く意外なSonny Rollinsナンバー、但し、フリージャズ仕様。
 1960年代から、モダン~フリーを体現したジャズアーティストの本分。
 キャリアの集大成ともいえそうなステージの記録。
 そして、稀代のスタイリストPaul Bley、2016年逝去。

※若き日の演奏から。


posted by H.A.

【Disc Review】“Solo in Mondsee” (2001) Paul Bley

“Solo in Mondsee” (2001) Paul Bley

Paul Bley (piano)

Solo in Mondsee (Ocrd)
Paul Bley
Ecm Records
2007-08-21


 Paul Bleyのソロピアノ、2001年、ECMでの制作。
 ECMでは“Open, to Love” (1972)以来、概ね30年振りのソロピアノアルバム。
 それを想い起こすような美しい音楽。
 Keith Jarrettのソロピアノには作り込まれたようなドラマチックさ、一ステージで起承転結を結ぼうとする意志を感じるのですが、この人の場合は断片的。
 予測不可能な音楽の流れの中に極めて美しいメロディ、展開が埋め込まれている、あるいは、逆に極めて美しいメロディが突然崩れ出すようなイメージ。
 本作もそんな色合い。
 Mondsee Variations と名付けられた10編の演奏は全て即興なのでしょう。
 が、どこかで聞いたような音の流れ、フレーズが散りばめられ、連ねられたような耳馴染みのある演奏。
 冒頭からこの人の真骨頂、たっぷりのタメを効かせながら、この世のものとは思えないような美しいメロディのスローバラード。
 そんな漂うような美しいバラード演奏が半数ほど、ビートを効いたジャズ~ブルースの香りがする演奏が半数ほど。
 いずれも徐々にイメージ変えながら、変幻自在に変わっていく音の流れ。
 徐々に、あるいは突然スケールアウトしてみたり、唐突に疾走を始めてみたり、今にも止まりそうなスローダウンがあったり、抽象的な流れ、フリージャズになってみたり・・・
 過激さは抑制され、ECM以外のレーベルでのソロピアノに近い雰囲気でしょう。
 メロディの芯が明確で抽象的な時間も短く、馴染みやすいと思います。
 耽美的で感傷的なようでクールな質感で、ECM的なコンテンポラリージャズなようで、フリージャズなようで、モダンジャズな瞬間もあったり・・・
 ECMでのこの人の作品としては、意外なほど淡々としているのかもしれません。
 穏やかで美しいPaul Bleyの一作。

※別作品から。


posted by H.A.

【Disc Review】“Not Two, Not One” (1998) Paul Bley, Gary Peacock, Paul Motian

“Not Two, Not One” (1998) Paul Bley, Gary Peacock, Paul Motian

Paul Bley (piano) Gary Peacock (bass) Paul Motian (drums)

Not Two Not One
Paul Bley
Ecm Import
1999-10-19


 Paul Bleyのピアノトリオ作品。
 メンバーはGary Peacock, Paul Motian。
  “Notes” (1987) Paul Bley, Paul Motian、“Partners” (1989), “Mindset” (1992) Paul Bley, Gary Peacockなどの個別のDuoでの作品はありますが、オーソドックスな編成のトリオでは”Paul Bley With Gary Peacock” (1964)以来でしょうか?
 おそらくタイトルも、トリオでの作品、の意味なのでしょう。
 冒頭は陰鬱モードのPual Bley節、激烈系。
 静かに始まるものの、ベースとドラムが加わるとまるで鬼神たち饗宴のような、激しく厳しい演奏。
 二曲目Gary Peacockのソロ、三曲目Paul Bleyのソロに移っても、そのハイテンションな表情は変わりません。
 続くトリオでやっと普通にジャズなムード、沈痛さも少しだけ薄らぎますが、その時間は短く、やはり深刻で沈痛な世界に・・・
 あのPaul Bleyの超美メロバラードがようやく出るのは、中盤のトリオ演奏 “Noosphere”。
 たっぷりのタメを効かせたピアノ、饒舌なベース、自由なドラム・・・
 多大な影響を与えたのであろう、またGary Peacock, Paul Motianともに縁の浅からぬKeith Jarrett Standards、あるいは“My Song" (Oct.-Nov.1977)あたりを想わせる色合い、もっとセンチメンタル。
 これは絶品。
 が、これまたその時間は長くなく・・・
 と思っていたら、終盤は美メロバラード、二連発“Dialogue Amour”, “Don't You Know”。
 が、締めは一分に満たない陰鬱なエピローグ・・・
 うーん?展開が目まぐるしすぎて・・・
 ECMさん、気難し過ぎませんかねえ・・・
 カッコいいけど。

※これは古い演奏・・・


posted by H.A.


【Disc Review】“In the Evenings Out There” (1991) Paul Bley, John Surman, Gary Peacock, Tony Oxley

“In the Evenings Out There” (1991) Paul Bley, John Surman, Gary Peacock, Tony Oxley

Paul Bley (piano) John Surman (soprano sax, bass clarinet) Gary Peacock (bass) Tony Oxley (drums)

In the Evenings Out There
Paul Bley
ECM
2000-03-07


 Paul Bleyを中心とした、さながらECMオールスターズの共演作品。
 各人のソロ、デュオその他の演奏を集めたアルバム。
 もちろんフリージャズ寄り。
 冒頭のソロピアノによる”Afterthoughts”は、これぞPaul Bley、な目の覚めるような美しいピアノとメロディのバラード。
 後ろ髪をひかれるようにしっかりとタメを効かせながら置かれていく美しい音。
 その形は徐々に崩れ、狂気を露出するような激しい表情。
 が、その時間は長くはなく、また冒頭の美しいメロディに戻る・・・
 Paul Bleyの決定版のような演奏。
 そんな演奏が何曲かあれば、アルバムのイメージも変わるのかもしれませんが、他の多くは抽象的、あるいは陰鬱で沈痛な表情のフリージャズ的、とても静かで思索的な音。
 何を表現しようとしたのか想像を膨らませるか、断片的な音の流れの中に隠された美しいメロディを探し当てようとするか、あるいは、ただただ静かで抽象的な時間に浸るか・・・、聞き方はお好み次第。
 静かなフリージャズのショーケース。

※別のアルバムから


posted by H.A.


【Disc Review】“The Paul Bley Quartet” (1987)

“The Paul Bley Quartet” (1987) Paul Bley

Paul Bley (piano)
Bill Frisell (guitar) Paul Motian (drums) John Surman (soprano sax, bass clarinet)

Paul Bley Quartet
Paul Bley
Ecm Import
2008-11-18





 Paul Bley、ベースレスのカルテットでのフリー度の高いコンテンポラリージャズ。
 “Fragments” (1986)と同じメンバー、タイトルから想像するとバンドの固定化を目論んでいたのかもしれませんが、おそらくこのメンバーではこれが最後なのでしょう。
 最高に妖しいスタイリストたちが集まった、最高に妖しいサウンド。
 冒頭から20分を超えるその名も”Interplay”。
 4ビートのジャズから始まり、ソプラノサックス、強烈な浮遊感のギターが加わり、徐々に増す妖しさ。
 甘いメロディはなく抽象的な音の流れ、中盤は漂うようなフワフワした時間、そして終盤はバンドが一体となった激しいフリーな演奏・・・
 予測不可能な展開に漂う凄み。
 静かながら気難しい演奏は典型的なECMのサウンドの一つ。
 以降、John Surmanのジャズな演奏からBill Frisellの激烈モードのギターの炸裂が続き、美しいソプラノサックスとピアノが纏わりつくようなPaul Motianの妖しいジャズ・・・
 そして最後はPaul Bleyのとても美しいバラード”Thirste"。
 三分に満たない短い演奏ながら、あの胸が詰まるような、美しくも切ない凄い演奏。
 ごっついフリージャズの最後に一番目立たない場所にこれを置くのが、世間に媚びないというか、アートというか。
 それにしても、なんでECMのPaul Bleyってこんなに気難しいんだろう?
 ま、ECMだからか。
 カッコいいけど・・・

※John Surmanの演奏から。


posted by H.A.


【Disc Review】“Fragments” (1986) Paul Bley

“Fragments” (1986) Paul Bley

Paul Bley (piano)
Bill Frisell (guitar) Paul Motian (drums) John Surman (soprano,baritone sax, bass clarinet)



 Paul Bleyのフリージャズ混じりの1986年作。
 “Open, to Love” (1972)以来、十数年ぶりのECMでの制作。
 ベースレスでの強い浮遊感。
 それを助長するBill Frisellのギターに、これまた浮遊感ビートの権化のようなPaul Motian、時にジャズ、時に妖しく、時にもどかし気なJohn Surman
 冒頭、陰鬱で妖しい空気感の中、美しいメロディの断片が見え隠れするような思索的な音の流れ、静かなフリージャズからスタート。
 バリトンサックスの妖しい響きと、断片的ながら美しいピアノの音。
 続くはBill Frisell作、彼のギターの強烈な浮遊感がリードするルバートでのスローバラード。
 穏やかだなあ・・・と思っていると、続くはディストーションギターとブルドーザーのようなバリトンサックスがうなる、激しく凶悪なエネルギー放出系ジャズ、あるいは陰鬱な激烈フリージャズ・・・
 さらに一転して、あの美しいピアノがリードするルバートでのスローバラード・・・
ってな感じで変幻自在、予測不可能なバンド。
 B面に移るとルバートでのスローバラードを中心とした、フワフワと漂うような演奏が中心、名作“Open, to Love” (1972)からの再演も何曲か。
 静かで穏やか、淡い色合い。
 幻想的な空間を作るBill Frisellと、鋭利で離散的なPaul Bleyのコンビは心地よさ最高。
 全体を眺めれば、1970年代ECMのキツさ、緊張感が少し和らぎ、強い浮遊感、静かで穏やかな表情も多くなった1980年代型ECMの一作。
 LPレコード時代のECMはA面がキツくてB面は聞きやすいので、B面から・・・の一作でもあるかな?

※別のバンドでの演奏から。


posted by H.A.


【Disc Review】“Open, to Love” (1972) Paul Bley

“Open, to Love” (1972) Paul Bley

Paul Bley (piano)

OPEN TO LOVE
PAUL BLEY
ECM
2008-09-19


 Paul Bleyのソロピアノ作品。
 そのイメージが濃縮されたような、美しく妖しいアルバム。
 縁のある女性Carla Bley, Annette Peacockの楽曲に自身のオリジナル曲を加えた構成。
 メロディアスながら不思議感たっぷり。
 多くの間を取りながら、タメにタメにタメながら置かれていく美しい音。
 メロディの芯をとらえているようで、少しずつスケールアウトし、予期できない方向に跳んでいく、あるいは時空が歪んでいくような演奏。
 ときおりの唐突で短い疾走~激情、そしてこれも唐突な鎮静・・・
 美しくまとまりそうで崩れていき、崩れていきそうでまとまっていく、危ういバランス。
 よく言われるように、耽美的であり、離散的であり、断片的であり、それら含めて芸術的、クールでスタイリッシュ。
 全編そんな音。
 ECMでの制作らしく、ジャズ的なビートの場面は少なく、音は意外な方向に動き、景色は大胆に変わっていきます。
 美しくわかりやすく始まりつつも、ハッピーエンドになりそうで、そうでもなさそうで、やはり突き放したような音の動きで不条理におしまい・・・
 それがこれまたカッコいい。
 多大な影響を与えたのであろうKeith Jarrettよりも音の線が細めで鋭利。
 彼の作品の多くのようにわかりやすいメロディが続く展開、作り込まれたようなドラマチックな構成が少ない分、気難しく聞こえるのかもしれません。
 それら含めてとてもオシャレ。
 生の人間の不条理というか、大衆に迎合しないニヒリズムというか、断片の美学というか、未完な感じの余韻の美しさというか、なんというか・・・
 古今東西、クールでアートなピアノミュージックの決定版がこれ、・・・かな?

※近い時期の演奏から。


posted by H.A.

【Disc Review】“Paul Bley with Gary Peacock” (1963, 1968) Paul Bley

“Paul Bley with Gary Peacock” (1963, 1968) Paul Bley

Paul Bley (Piano) Gary Peacock (Bass) 
Paul Motian, Billy Elgart (Drums)

Paul Bley With Gary Peacock
Paul Bley
Ecm Import
2000-08-15


 Paul MotianGary Peacockを中心とした、あの時代の少し変わったジャズ。
 ECMの制作ですが、録音は別の時代なのだと思います。
 Paul Motian 参加のピアノトリオの聖典“Waltz for Debby” (1961)、そしてGary Peacockも参加した”Trio '64” (1964) Bill Evansから遠くない時期の録音。
 ベースはScott LaFaroを想わせるような激しい動き。
 普通のジャズのようで、モダンジャズとは何か異質な美しさを散りばめながら、さらに微妙にズレていくようなピアノ。
 二人の動きを意識していないようにも聞こえる、淡々と静かにビートを刻むクールなドラム。
 アコースティック4ビートのモダンジャズですが、なんだか変わっています。
 美しいようでザラついていて、変なようでやはり美しい不思議なバランスは、後のKeith Jarrettのバンドにつながっていくような音。
 Ornette Coleman二曲にPaul Bley二曲、因縁のAnnette Peacock二曲にその他何曲か。
 フリーな場面は多くはありませんが、何か三者が微妙にズレていくような、不思議なバランス。
 普通なようで何か違う、稀代のスタイリストお三方のクリエイティビティとクールネス。
 1960年代と1970年代、モダンジャズとフリージャズ、さらに後のジャズを繋ぐような一作。

※近い時期の演奏から。


posted by H.A.

【Disc Review】“Contra La Indecision” (2017) Bobo Stenson

“Contra La Indecision” (2017) Bobo Stenson

Bobo Stenson (piano)
Anders Jormin (bass) Jon Falt (drum)

Contra La Indecision
Bobo -Trio- Stenson
Ecm Records
2018-01-19


 スウェーデンの大御所ピアニストのトリオ作品。
 “Indicum” (2011)から久々のアルバム。
 メンバーは変更なく、音のイメージも同様のバラード集。
 静かだった前作よりもさらに静かで淡々としたイメージかもしれません。
 本作のアルバムタイトルはこれまでの作品でもよく取り上げていたキューバの楽曲。
 Bobo Stensonのオリジナル曲は一曲、盟友Anders Jorminが5曲、Bela BartokにErik Satieなどのクラシック曲、とても切ないスペイン曲。
 深く沈み込みながら静かなグルーヴを作るベースに、自由に動くドラム、漂うような美しいビアノ。
 しばしば現れるルバートでのスローバラード、ときおりの疾走・・・
 このバンドのいつものコンビネーション。
 Anders Jorminのいつになく饒舌なベースに、終始穏やかなピアノ。
 いまや“Underwear” (1971)の頃のKeith Jarrettを凌駕するような、あるいは血の出るようなハイテンションな演奏はありません。
 穏やかで漂うような近年のBobo Stensonの、あるいは近年のECMの色合い。
 静かに舞い落ちてくる雪のようなピアノ。
 とても淡くて穏やか。
 全編を覆うそこはかとない寂寥感。
 そんな静かなジャズ。

※近年の演奏から。



 Bobo Stenson参加作品、私が知る限り。

(1969)  “One Long String” Red Mitchell 
(1971)  “Listen to the Silence” George Russell 
(1971) “
Underwear” 
(1971)  “Terje Rypdal” Terje Rypdal 
(1971)  “Sart” Jan Garbarek 
(1973) “Witchi-Tai-To” with Jan Garbarek 
(1975) “Dansere” with Jan Garbarek 
(1983)  “The Sounds Around the House” 
(1984)  “Nordic Lights” Anders Jormin 
(1986) “Very Early” 
(1986)  “New Hands” Lars Danielsson 
(1989)  “Fish Out of Water” Charles Lloyd 
(1991)  “Notes from Big Sur” Charles Lloyd 
(1991)  “Poems” Lars Danielsson 
(1993)  “Dona Nostra” Don Cherry 
(1993)  “The Call” Charles Lloyd 
(1993)  “Bosonossa and Other Ballads” Tomasz Stanko 
(1993) “Reflections” 
(1994)  “Matka Joanna” Tomasz Stanko 
(1994)  “Far North” Lars Danielsson 
(1994)  “All My Relations” Charles Lloyd 
(1996)  “Leosia” Tomasz Stanko 
(1996)  “Canto” Charles Lloyd 
(1997)  “Litania:Music of Krzysztof Komeda” Tomasz Stanko 
(1997)  “Live At Visiones” Lars Danielsson 
(1997) “War Orphans” 
(1999) “Serenity” 
(2001)  “Rica” Parish
(2003) “Bobo Stenson/Lennart Aberg”
(2004)  “Parish” Thomas Stronen
(2005) “Goodbye” 
(2007) “Cantando” 
(2011) “Indicum
(2017) “Contra La Indecision

posted by H.A.
Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ