吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

ECM records

【Disc Review】“Rubisa Patrol” (1976) Art Lande

“Rubisa Patrol” (1976) Art Lande

Art Lande (piano)
Bill Douglass (bass, flute, bamboo flute) Glenn Cronkhite (drums, percussion)
Mark Isham (trumpet, flugelhorn, soprano saxophone)

Rubisa Patrol
Art Lande
Ecm Import
2008-11-18


 アメリカ人ピアニストArt Lande、“Red Lanta” (1973)に続くECMでの第二作。
 ピアノトリオ+トランペットのカルテット編成。
 前作と同じく優しくてフォーキーですが、ビート感が強まり、シャープなトランペットが鳴る分、あるいはインプロビゼーションの時間が長い分だけ、クラシックよりもジャズ寄り、クールさ妖しさが増。
 要所々にちりばめられた疾走、ときおりのフリーな場面を交えつつも、あくまで穏やかでリリカル。
 静かにグルーヴし、スムースに疾走するピアノトリオ、端正なトランペット。
 淡いメロディ、漂うようなアンサンブル、インプロビゼーションが、穏やかな空気に包まれながら流れていきます。
 1970年代ECM作品では少数派であろう、キツくない優しい音。
 40年以上前の音ながら、全く古さなし。
 穏やかな今の時代感に合っているのかもしれません。
 前作が爽やかな朝なら、本作は穏やかな昼下がり。
 心地よい時間。




posted by H.A.


【Disc Review】“Red Lanta” (1973) Art Lande

“Red Lanta” (1973) Art Lande

Art Lande (piano) Jan Garbarek (soprano, bass sax, flutes)

Red Lanta -Reissue/Digi-
Art Lande
Ecm
2019-05-17


 アメリカ人ピアニストArt Landeのデビュー作、Jan GarbarekとのDuo。
 Jan Garbarek 視点では“Witchi-Tai-To” (Nov.1973) Jan Garbarek, Bobo Stensonと同時期、”Belonging” (1974)、”Arbour Zena” (Oct.1975) Keith Jarrettの間の録音。
 ECMでは、上記に加えて”ECSTASY” (1974) Steve Kuhn、”Underwear” (1971) Bobo Stenson、”Hubris” (1977) Richard Beirach、”Piano Improvisations Vol.1,2” (Apl.1971) Chick Coreaなどなど、強烈なピアニスト作品が並ぶ時期。
 ハイテンションなそれらに対して、本作は緩やかでクラシカル、さらにアメリカンでフォーキーなムード。
 ゆったりとしたビートと、淡い色合いの優しく穏やかなメロディ。
 要所でタメを効かせながら丁寧に置かれていく端正なピアノと、張りのある管の音の漂うような絡み合い。
 この期のJan Garbarekさんは血が噴き出すような激しいの音のはずなのに、なぜか穏やかに聞こえてきます。
 フルートなどは鳥のさえずりのように聞こえてしまうのは、優しいメロディとピアノゆえでしょうか。
 1970年代ECM、上掲のような狂気が漂うようなハイテンションな名作群がスゴイのですが、ノーブルでリラックスして聞ける本作、今聞くとかえって新鮮だったりして。
 さわやかな朝にピッタリな音。




posted by H.A.


【Disc Review】“Lost River” (2018) Michele Rabbia

“Lost River” (2018) Michele Rabbia

Michele Rabbia (drums, electronics)
Eivind Aarset (guitar, electronics) Gianluca Petrella (trombone, sounds)

Lost River
Michele Rabbia
Ecm
2019-05-31


 イタリア人パーカッショニストMichele RabbiaのECM作品。
 おそらくフリー系、ECMでは“Re: Pasolini” (2005) Stefano Battagliaなどへ参加していた人。
 Enrico Ravaとの共演が多いイタリアントロンボーン奏者と、ノルウェーのアンビエント~先端系ギターの変則トリオ。
 静かでスタイリッシュなアンビエント系ミュージック。
 どこまでが電子音で、どこからが人が出しているのか曖昧なビート。
 抑制された電子音が奏でる哀し気なコードの移り変わり、あるいはシンプルなリフの繰り返しの中を、静かに舞うシンバル、乾いた革の擦過音、鐘の音、ギターのシングルトーン、コード、遠くから響いてくるような、あるいはときおり前面に出てジャズを奏でるトロンボーン。
 電子音と生楽器、各々の楽器の音の境界が曖昧になり、浮遊、疾走、混沌、静謐、覚醒・・・グラデーションを描きながら次々と変わっていく景色。
 予想できない展開ながら、難解、意味不明ではなく、メロディアスでセンチメンタルな音の動き。
 終始流れているのは、どこか遠くを眺めるような柔らかな哀感。
 ビートと旋律、夢と現実、過去と未来、人間と機械・・・、それらの境界が曖昧になった、それでいて調整が取れた摩訶不思議な時間。
 とてもクールでセンチメンタル。




posted by H.A.


【Disc Review】“Bloom” (2016) Areni Agbabian

“Bloom” (2016) Areni Agbabian
Areni Agbabian (Voice, Piano) Nicolas Stocker (Drums, Percussion)

Bloom
Areni Agbabian / Nicolas Stocker
Ecm
2019-04-26


 アルメニアルーツのアメリカンAreni Agbabian、DuoでのECM作品。
 静謐な無国籍ミュージック。
 Tigran Hamasyanバンドにボーカルとして参加していた人。
 サポートはNik Bartsch’s Mobileの人。
 少し重めのピアノと繊細なパーカッションの漂うような音を背景にした、ウィスパーな声。
 全編に哀しさを湛えた、ヨーロッパでも中近東でもない、それらが入り混じるエキゾチックなメロディ、そして敬虔なムード。
 全編スローテンポ、抑えられた音数、場面によっては残響音のみの時間の方が長く感じられるような、余白たっぷりの音の流れ。
 そんな時間の中を漂うとてつもなく美しい声。
 シルキーなようなハスキーなような微妙なバランスの声と、ジャズでもロックでもない、おそらくはクラシックがベースなのであろう歌。
 メロディアスな楽曲と断片的なインプロビゼーション、短い楽曲が錯綜しながら進む時間。
 美しい声とときおりのカリンバの音、朗読に覚醒を促されつつも、まどろむような、あるいは迷宮のような時間が続きます。
 現代アメリカンが感じるアルメニアンSaudadeはこんな空気感なのでしょうか。
 とても哀し気で敬虔、そして幻想的。
 いつなのか、どこなのかわからない、静かで清廉な場所へのトリップミュージック。




posted by H.A.


【Disc Review】“Metamodal” (2018) Sokratis Sinopoulos Quartet

“Metamodal” (2018) Sokratis Sinopoulos Quartet

Sokratis Sinopoulos (Lyra)
Yann Keerim (Piano) Dimitris Tsekouras (Double Bass) Dimitris Emmanouil (Drums)

Metamodal
Sokratis -Qua Sinopoulos
Ecm
2019-03-15


 ギリシャのlyra奏者Sokratis Sinopoulos、ECM制作。
 前作“Eight Winds” (2015)と同じメンバーのピアノトリオがサポートした、古楽あるいは地中海トラディショナル・ジャズフュージョン。
 本作も幽玄な弦の音たっぷり、敬虔で物悲しい空気感ながら、現代的なそしてジャズ的な音。
 とても美しく儚げなピアノの音。
 ハラハラと零れ落ちてくるようなその音が、Lyraの古風な響き、エスニックな音の動きを現代ヨーロッパに引き戻してくる、そんなバランス。
 中近東やインド系と共通する、常時哀しみが流れているようなメロディ、そして悠久なんて言葉が浮かぶ音の流れ、あくまで静かで抑制された音。
 美しいピアノトリオ、哀感を湛えたメロディ、そしてアルコで弾かれるLyraの響きが醸し出す浮遊感が相まって、気がつけば非日常の時間。
 どこか遠い懐かしい世界へ誘うトリップミュージック。
 とても穏やかで上品なので、安心してトリップできそうです。




posted by H.A.


【Disc Review】“Epistrophy” (2016) Bill Frisell

“Epistrophy” (2016) Bill Frisell

Bill Frisell (Guitar)
Thomas Morgan (Double Bass)

Epistrophy
Bill Frisell
Ecm
2019-04-11


 カリスマBill Frisellと若手名ベーシストThomas MorganのDuo作品、ライブ録音。
 舞台はニューヨークVillage Vanguard。
 “Small Town” (2016)と同じタイミングの録音なのでしょう。
 同じ質感、静かで強烈な浮遊感、でもしっかりと軸の見える、妖しく美しい演奏。
 冠されたThelonious Monkにジャズスタンダードをたっぷり、かつての盟友Paul Motianに、映画曲などなど。
 選曲も“Small Town” (2016)に似通った感じですが、こちらの方がジャズスタンダードが多い分だけジャズ度が高く、また、スローバラードが多い分だけ、オーソドックスにメロディアスにまとまった感じでしょうか。
 もちろんギターは不思議感、浮遊感たっぷり、ロック、カントリー、少しのジャズが交錯するあの名人芸。
 かつての素っ頓狂さ、ときおりの凶悪さは影を潜め、ほどほどのリバーブが効いたクリーントーン。
 近年の色合いのソリッドな音は、少し枯れた感じを醸し出しつつの、幽玄なムード。
 あちこちを漂い、消え入りそうになりながらも、落ち着くところにスッキリ収まっていく音の流れ。
 ベースは出しゃばることなく、が、しっかりと静かなグルーヴを作る、これまた名人芸。
 不安には陥らない、心地よい幻想へと誘うトリップミュージック。




posted by H.A.


【Disc Review】“Divine Love” (1978) Leo Wadada Smith

“Divine Love” (1978) Leo Wadada Smith

Leo Wadada Smith (Trumpet, Flugelhorn, Percussion)
Bobby Naughton (Vibraphone, Marimba, Bells) Lester Bowie, Kenny Wheeler (Trumpet) Dwight Andrews (Alto Flute, Bass Clarinet, Tenor Sax, Percussion) Charlie Haden (Double Bass)

Divine Love
Leo Smith
ECM
2019-01-18


 フリージャズ系のトランペッターLeo Wadada Smithの1970年代型スピリチュアルジャズ、ECM制作。
 “Lebroba” (2017) Andrew Cyrilleで齢70歳を超えてもキリッとした音の人の若き日、約40年前のアルバム。
 ドラムレス、ビブラフォンとホーンを中心とした変則な編成。
 各曲長尺な全三曲。
 フリージャズ、スピリチュアルジャズ、その他が入り混じる、妖しく、静かな音。
 LPレコードでのA面は、ビブラフォン、パーカッションが背景を作り、漂うようなフルート、トランペットが穏やかに絡み合う瞑想サウンド。
 ときおりの不穏なフレージングから怖い方向に流れて行きそうでそうはならない、フワフワとした時間がひたすら続きます。
 LPレコードでのB面に入るとECM御用達の大物トランペッターが加わり、不思議なホーンアンサンブルが展開されますが、これまた静かです。
 激しく高速なフレーズの絡み合いも、たっぷりのエコーに包まれ、幻想的な音の流れ。
 もちろんフリー度たっぷりですが、激情にも凶悪にもならない、穏やかな非日常感。
 どこを切り取っても強烈な浮遊感、静かで妖しい瞑想~トリップミュージック。
 とても心地よいのですが、さて、行き着く先はどこでしょう?




posted by H.A.


【Disc Review】“Lebroba” (2017) Andrew Cyrille

“Lebroba” (2017) Andrew Cyrille

Andrew Cyrille (Drums)
Wadada Leo Smith (trumpet) Bill Frisell (guitar)

LEBROBA
CYRILLE/SMITH/FRISEL
ECM
2013-01-18


 フリージャズ系のドラマーAndrew Cyrilleの変則トリオ、ECMから。
 これまたフリージャズ系のトランペッターに、なんでもありのBill Frisell
 平均年齢70歳を超えるのであろう大ベテラン、大御所、曲者たちの集い。
 ベースレスでワンホーン、Bill Frisellとくれば、往時のPaul Motianトリオを想い起こしますが、その続編のような幻想的な音。
 漂うように哀し気なメロディを紡ぐトランペットは、年齢を感じさせない端正な音。
 それに寄り添うようなギター、それらに合わせるように、あるいは無視するかのように自在にビートを繰り出すドラム。
 ルバートでのスローバラードから次々と表情を変えていく音の流れ。
 拡散していくようで、そうはならず、かといってオーソドックスなところには決して落ち着きません。
 かといって難解至極にはならず、凶悪になるのもほんのわずかなギターの激しいディストーションの場面のみ、あくまで穏やかでクールな音。
 自由でノンジャンルなようで、流れる空気感はやはりジャズ。
 まだまだやんちゃ、でも混沌には行かない。
 歴戦のつわものたちの妖しく、但し、落ち着いた音。




posted by H.A.


【Disc Review】“Imaginary Friends” (2018) Ralph Alessi

“Imaginary Friends” (2018) Ralph Alessi

Ralph Alessi (Trumpet)
Andy Milne (Piano) Drew Gress (Bass) Mark Ferber (Drums)
Ravi Coltrane (Soprano, Tenor Sax)

IMAGINARY FRIENDS
V/A
ECM
2019-02-19


 アメリカントランペッターRalph Alessi、ECMでの第三作。
 “Badia” (2012)、”Quiver” (2014)とワンホーンカルテットが続きましたが、本作ではサックスを加えたジャズの王道、二管クインテット。
 ベース以外のメンバーは交代、サックスはいまやベテランRavi Coltrane。
 メンバーは変わりましたが、サウンドはここまでと同様、今風ジャズのバンドとキリッとした端正なトランペットに、ECMならではの強い浮遊感が混ざり合う音。
 ルバートのような、クールで軽快な今風なビートのような、やっぱりなんだかんだでジャズのような、摩訶不思議な質感。
 楽曲はクールなムードながらこれまた不思議系のメロディ。
 ほどほどの緊張感、ほどほどのシャープネスと、ほどほどの浮遊感、ほどほどの妖しさ。
 Ravi Coltraneも父上のような激情サックスではなく、今風、あるいはECMらしい、クールかつ漂うような音使い。
 ニューヨークなECMサウンドってな形容も変ですが、そんな感じ。
 クールでスタイリッシュでキリッとしているようで、淡くてどこか予想外の方向へ動いていく、浮遊感たっぷり、不思議感たっぷりのコンテンポラリージャズ。




posted by H.A.


【Disc Review】“Avec Le Temps” (2017) Giovanni Guidi

“Avec Le Temps” (2017) Giovanni Guidi

Giovanni Guidi (Piano)
Thomas Morgan (Bass) João Lobo (Drums)
Roberto Cecchetto (Guitar) Francesco Bearzatti (Tenor Saxophone)

Avec Le Temps
Giovanni Guidi
Ecm
2019-03-21


 イタリアのピアニストGiovanni Guidi、トリオにサックス、ギターが加わる編成。
 ベースにThomas Morganが戻り、名作”This Is the Day” (2014)などを制作したレギュラーバンドなのであろうトリオを中心に、一部にサックス、ギターが加わる編成。
 柔らかくて淡い色合いの前々作”This Is the Day” (2014)と、ハイテンションで少々ぶっ飛び気味だった前作“Ida Lupino” (2016)の半ばな色合い。
 冒頭はトリオ、甘くてセンチメンタルなイタリアンメロディを、終始今にも止まりそうなスローなルバートで奏でる、強烈な浮遊感、感傷と郷愁の”This Is the Day” (2014)の世界。
 続くはギターとサックスを加えて、Ornette Coleman色が漂うジャズ。
 さらにフリー度を高め、攻撃的でハイテンションな演奏へとなだれ込み、静かなフリージャズと交錯する世界へ・・・
 そして終盤、再び甘美なルバートでのバラード、その連続、あの”Nuovo Cinema Paradiso”の世界。
 穏やかに始まり、中盤の混沌を経て穏やかに締める、一編の映画のような時間。
 紆余曲折を経て、ハッピーエンドのようなそうでもないような、懐かしさと感傷が交錯するエンディング。
 甘美なルバートでのスローバラードが続く”This Is the Day” (2014)のようだったら・・・とか何とか思いながらも、哀しげながらも暗くはないこの人の真骨頂、あるいはイタリアンシネマのような空気感が常時流れています。
 ドラマのような一作。




posted by H.A.


Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ