吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Japanese

【Disc Review】“Libertango in Tokyo” (2011) Naoko Terai, Richard Galliano

“Libertango in Tokyo” (2011) Naoko Terai, Richard Galliano
Naoko Terai (violin) Richard Galliano (accordion, bandneon) 
Stephane Logerot (bass) Orchestra Camerata Ducale

リベルタンゴ・イン・トーキョー
寺井尚子
EMIミュージックジャパン
2011-12-21


 寺井尚子、Richard GallianoのPiazzollaトリビュート、Tokyo Jazzでのライブ録音。
 ベースを加えたトリオを中心としてストリングスがサポートする形。
 企画だけ見ると、あるいは“Libertango”なんてタイトルを見ると、ちょっと引いてしまう感もあるのですが、これがエキサイティングでカッコいい演奏。
 冒頭の“Libertango”から激しい演奏。
 この曲、私的には食傷気味で無意識に避けてしまうのですが、このバージョンはカッコいい。
 フロントのお二人のスムース&強烈な疾走感、ジェットコースターのような演奏。
 基本的には打楽器、ピアノがいないトリオの演奏に、ストリングスが彩りを加えるぐらいのバランスですが、強烈です。
 激情系のバイオリンがフロントに立ち、背後で強烈なグルーヴを作り、時に突っ走るRichard Galliano。
 激しい展開、ブチ切れ気味の流れにしばしばなりつつも、あくまでスムース。
 気がついていませんでしたが、お二人、似たタイプなのかもしれません。
 トゲや毒が少ないのも共通点でしょうか。 
 ビート感を含めて相性バッチリでしょう。
 トリオのみ強烈な疾走感、エキサイティングな場面もしばしば。
 トリオだけで全部やってしまってもよかったんじゃない、と思ったり、思わなかったり。
 Piazzolla三曲に他はRichard Gallianoのオリジナル中心。
 タンゴ風のRichard Gallianoのオリジナル曲になると、ストリングスも全開。
 哀感、緊張感、その他諸々Piazzolla風ではあるものの、いかにもフレンチっぽい、明るくてオシャレな感じもちらほら。
 またジャズ的なインプロビゼーションのスペースがたっぷり。
 二人ともキッチリとした起承転結に強烈な疾走感のソロ、さらに終盤はブチ切れ気味の激しさと興奮。
 もちろん重厚なイメージのPiazzollaバンドよりも軽快です。
 それら、ジャズでもタンゴでもない空気感あたりで好みがわかれるのかもしれませんが、バランスのとれた素晴らしい演奏だと思います。
 締めはタンゴの定番”La Cumparsita”に、ストリングスが映える名曲”Oblivion”。
 完成度の高い演奏に加えて、エンターテイメントとしてもキッチリまとまっています。
 お二人とも人気があり過ぎて、あるいはポップな演奏が出来てしまうだけに、マニアな人々からは距離を置かれる感じもあるのですが、素晴らしいアーティスト、演奏だと思います。
 ジャズからタンゴへ入っていくにはちょうどいい入口なのかもしれません。
 数えきれないぐらいにあるのであろうPiazzollaトリビュート作品、私が知っているのはごく一部だけですが、このアルバム、お気に入りの最右翼、かな?




posted by H.A.

【Disc Review】“Sailing Wonder” (1977) Yoshiaki Masuo ‎

“Sailing Wonder” (1977) Yoshiaki Masuo ‎
Yoshiaki Masuo (guitars, synth, percussion)
Eric Gale (Electric Guitar) Dave Grusin, Mike Nock (Synth) Rechard Tee (piano, organ, clavinet) Gordon Edwards, T. M. Stevens (Electric Bass) Steve Gadd, Al Mack, Howard King (Drums) Bashiri (congas) Warren Smith (percussion) Shirley Masuom, Judy Anton (chorus)

セイリング・ワンダー
増尾好秋
キングレコード



 夏の終わりに似合う音シリーズ。
 あの時代のフュージョン作品で最も好きな作品の一つ。
 大好きなStuff中心のメンバーに、メローな曲、あくまでナチュラルな音作り・・・
 さらに航海モノ、南の島モノが大好きな立場としては、完璧な音。
 トロピカルフュージョンてな言葉がありましたかね?
 その語感よりは硬派な音。
 40年近くも前、あの時代の音。
 懐かしさはありますが、2016年の耳で聞いても古さは感じません。
 冒頭のタイトル曲。
 ゆったりとしたビートに、さりげない哀愁が漂うメロディ。
 ブンブンうなるヤクザなベースにタイトなドラム。
 いかにもRichard Teeなグルーヴィーなピアノ。
 さらに増尾さんとEric Galeのツボを押さえた切ないギターの絡み合い・・・
 インタールードでのEric Galeのこれしかないようなフレーズには何度聞いてもゾクッときます。
 おまけに波の音のSE・・・
 いやはやなんともちょっとやり過ぎでは・・・
 そしてエンディングに向けた再度のギターソロ、バンドのグルーヴのカッコいいこと。
 シンプルながらこの上もなくドラマチック。
 いつまでも続けばいいに・・・と思う時間。
 最後のさりげないコーラスまで完璧なアレンジ。
 さらに、続く波の音の中からトロピカルで素敵な二曲目が立ち上がり、コーラスに繋がる流れはまさにパラダイス。
 その可愛らしい曲の背後でこれまたヤクザにブンブンうなるベースがカッコいい。
 その後もエキサイティングなラテンジャズ、爽やかで穏やかなバラード、さらにはゴリゴリ、キメキメのハードフュージョンなどなど。
 ゆるゆるから超ハイテンションまで、海~南の島なムードがてんこ盛り。
 それにしてもタイトル曲の波の音のSEにはしびれるなあ・・・
 えっ?古い?ダサい?
 最高でしょう。
 夏のドライブにはこれがなくちゃね。
 えっ?行動パターンが古い?




posted by H.A.

【Disc Review】“Flower Clouds” (2013) Naoko Sakata Trio

“Flower Clouds” (2013)
Naoko Sakata (piano) Trio
 
FLOWER CLOUDS
ナオコ サカタ トリオ
澤野工房


 最近気になっているピアノニスト。
 澤野工房さんからですが、日本人、ヨーロッパ系、不思議系、アグレッシブ系。
 ヨーロッパ的ジャズ大好き人間としては、やっとそんな音楽を演奏してくれる日本人が出てきたと、大きな期待。
 情報が無ければ日本人とは思えないぐらいヨーロッパ的な音。
 クラッシックの香りがする美しく深い音使いですが、誰に近いのかと考えてみても思いつかない。
 滑らかにかつ急激に上方向にスライドしていくロングフレーズ、さらにその連発が特徴かな?アグレッシブでエキサイティングなのだけども、キレイなメロディを文字通り綴っていくような音使い、その他この人ならではのたくさんの引き出しがありそう。
 フリージャズ的な音楽への指向が強いのかもしれませんが、そんな曲でも、美しいピアノの音と、適度に入ってくるわりやすいフレーズによって難解さが希釈され、ほどよいバランス。
 いずれにしても 魅力的かつ個性的なピアニストであることは間違いありません。
 さて、これからどんな方向に伸びていくのか楽しみなピアニスト。




posted by H.A.
Profile
記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ