吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Brazilian

【Disc Review】“Serpentina” (2017) André Mehmari, Juan Quintero, Carlos Aguirre

“Serpentina” (2017) André Mehmari, Juan Quintero, Carlos Aguirre
André Mehmari (Voice, Piano, Oberheim, Synth, Accordion, Harmonium, Koto, Viola de arco, Bandolim, Acoustic bass, Pandeiro, Pife) Juan Quintero (Voice, Guitar, Charango, Bombo, Percussion) Carlos Aguirre (Voice, Piano, Accordion, Fretless bass, Guitar, Percussion)



 ブラジルのAndré Mehmariと、アルゼンチン、現代フォルクローレのAca Seca TrioのJuan Quintero、現代フォルクローレのドン?Carlos Aguirreのトリオ作品。
 夢のなんとか・・・と書いてしまうのが憚られるような、あざといまでの組み合わせ。
 “Triz”(2012)André Mehmari, Chico Pinheiro, Sérgio Santosなんてブラジル人スーパーなトリオ作品もありましたが、それを上回るようなビッグネームなセッション。
 クラシックとジャズとMinasなAndré Mehmariと、元気系ポップスなフォルクローレなJuan Quinteroと、しっとり系フォルクローレのAndré Mehmari
 それらが交錯し混ざり合う音。
 穏やかな怒涛?のような全18曲。
 三人で概ね均等に楽曲を分け合い、他にブラジル曲、アルゼンチン曲を数曲。
 プロデューサーにAndré Mehmariのクレジット、また多くの楽曲でピアノを弾く彼の色が少々強いのかもしれません。
 が、さすがにつわものたち、いい感じでフュージョンし、André Mehmari諸作とは違う色合い。
 あの素晴らしくも強烈なピアノが続くと聞き疲れするかな・・・?と思っていたら、Carlos Aguirreの優しいピアノに変わってみたり、思い出したように水が滴るようなギターが聞こえたり、穏やかなだったり楽し気だったりのアコーディオンが聞こえたり・・・
 さらにはボーカリストが入れ替わりながらのさまざまなコーラスワーク。
 ・・・瑞々しい感性が有機的に絡み合いながら、自然に対するリスペクトとそこはかとない感傷、憂いを秘めた・・・とかなんとかの恥ずかしくなるような形容がそのまま当てはまってしまう音なのだから、困ってしまいます。
 André MehmariCarlos Aguirreがお互いに捧げ合っている曲もあり、まあ、そこまで演出しないでも・・・とも思ってしまいますが、それらがまた素晴らしい演奏なので、まあ、何と申しましょうか・・・
 全編、フワフワしていて、優しくて、センチメンタルで、でも前向きで・・・
 南米の郷愁感の極めつけ。
 ピアノを中心としたジャズ的インプロビゼーションのスペースもたっぷり。
 企画負けすると・・・?は全くの杞憂。
 大変失礼しました。
 期待以上の極上の出来。
 月並みな結論ですが、2017年の一番はこれでしょう。




posted by H.A.

【Disc Review】“Am60 Am40” (2017) Antonio Meneses, Andre Mehmari

“Am60 Am40” (2017) Antonio Meneses, Andre Mehmari
Antonio Meneses (cello) Andre Mehmari (piano)


Antonio Meneses 2017-09-01

 気がついたら新譜が出ている、多作の2017年のAndre Mehmari。
 サンバな“Três no Samba” (2016)、ブラジリアンジャズの“Guris” (2016)に、南米フォルクローレの“Serpentina” (2017)と来て、こちらはクラシック。
 チェリストとのDuo作品。
 Antonio Menesesについての情報はもっていませんが、タイトルからして60歳のベテラン、クラシックの人なのでしょう。
 巨匠な人なのかもしれませんが、そちらに疎くて・・・
 J.S.Bachで始まり、間にJ.S.Bachを何曲か、J.S.Bachで締め。
 その間にAndre Mehmariのオリジナル曲、さらにとても悲しいJobimナンバー、長尺、激情なAstor Piazzollaナンバーに、その他南米のクラシック曲?などなど、短めの演奏を中心にたっぷり15曲。
 前面に出るのはチェロ。
 丁寧に端正に紡がれる音。
 一歩後ろに引いた感じのピアノですが、いつものタメと疾走が交錯する例の音使い。
 ゆったりとしたチェロが奏でる旋律の後ろで漂い、舞い落ち、時に転げまわるピアノ。
 もちろん全体の空気感はクラシックですが、その合間合間にMinasのような、Jazzのような、郷愁感が漂うサンパウロ~Andre Mehmariの色合い。
 お得意のワルツを含めて、フワフワと漂うような強い浮遊感。
 さらに少々沈痛なタンゴの色も加わり、優雅で優しい音、センチメンタルな音、Egberto Gismontiなハイテンションな音、その他諸々、ブラジル~南米な空気感がてんこ盛り。
 ECMでも同フォーマットの作品が多数ありますが、それらほど妖しくなく、トゲもない端正な音。
 クラシック作品としてはどうなのかはわかりませんが、ジャズの耳からすれば、とてもわかりやすくて心地よい作品でしょう。
 中盤以降、少々重めで激しい演奏もありますが、上品で優し気なムードが勝ります。
 クラシックながら南米の香りがする音の流れと浮遊感。
 南米・コンテンポラリー・クラシックとでも呼ぶのでしょうかね。
 とても美しくて、とても優雅です。




posted by H.A.

【Disc Review】“Intimidade” (2017) Guinga, Stefania Tallini

“Intimidade” (2017) Guinga, Stefania Tallini
Guinga (voice) Stefania Tallini (paino)

Intimidade
Tallini Stefania
Alfamusic
2017-03-24


 ブラジルのギタリスト&ボーカリストGuingaとイタリアのジャズピアニスト Stefania TalliniとのDuo作品。
 全曲スローテンポ、徹底的なまでの静謐な音。
 Guingaさんの作品、特に彼のボーカルが前面に出ると、あまりにもムーディーに過ぎて・・・・・・なのですが、このアルバム、もう、その極めつけ。
 ギターの登場場面はわずかで、ほぼ、美しく端正なピアノとボイスのみ。
 ギターとボイスのみの“Porto Da Madama” (2015), “Cancao da Impermanencia” (2016) と空気感は近いのですが、ピアノが徹底的に端正な分、カジュアルさがなくなった感じ。
 スーツとイブニングドレスで盛装したようなブラジリアンバラード集。
 Stefania Tallini、おそらくは何でも弾けてしまうジャズの人なのだろうと思いますが、本作ではあくまで終始抑制された静かな音、ゆったりとした静かなビート。
 優雅なブラジリアンクラシックな色合いのピアノ。
 Jobimその他のブラジルの巨匠の楽曲に本人のオリジナル。
 聞き慣れたはずのJobimナンバー、テンポを落としているだけで奇をてらったアレンジではないのだけども、何か違ったものに聞こえてしまいます。
 美人なピアニストStefania Talliniとのツーショットを見ている、ちょいワルおやじ、なんて死語?を思い出してしまうのですが、ここまでしっとりとしてしまうと、ちょっとあざと過ぎてねえ・・・
 ま、秋の夜長に低く流すには最高でしょう。
 いずれにしても静謐度100%、Chill度120%、唯一無二とも思える凄いアルバムです。




posted by H.A.


【Disc Review】“Caipira” (2017) Mônica Salmaso

“Caipira” (2017) Mônica Salmaso
Mônica Salmaso (Voice)
André Mehmari (piano) Neymar Dias (viola caipira, bass) Toninho Ferragutti (accordion, voice) Teco Cardoso (flutes) Nailor Proveta (clarinette, tenor sax) Robertinho Silva (percussion) Sergio Santos (voice, guitar) Rolando Bldrin (voice)

Caipira
Biscoito Fino
2017-08-21


 ブラジルのボーカリストMônica Salmasoの最新作。
 とても静かで優雅、強い浮遊感。
 とてもわかりやすいのだけども、アートな雰囲気のMPB。
 “Corpo de Baile” (2014)から新作がない、と思っていましたが、出てました・・・
 そちらはストリングス入り、個性の強いGuinga曲集でしたが、本作は少人数の編成でのインティメイトな音作りのオーソドックスなブラジル曲集。
 新旧のしっとり系の楽曲を、ゆったりと静かにフワフワした音を出すバンドと、静かに穏やかに漂うミステリアスなスモーキーボイス。
 お洒落なボッサや元気なサンバはありませんが、ブラジリアンフォルクローレ的な音、ミナス的な音、バイーア的な音、ショーロ的な音、クラシックな音、その他諸々がフュージョンする音。
 旧くからの盟友André Mehmariが三曲に参加し、うち一曲はSergio Santosとのトリオでのバラード。
 名前から想像されるような最高の音。
 その他全体でも彼らの作品の空気感にも近いのですが、もっと穏やかで、山奥っぽいブラジリアンネイティブな音。
 背景を作る音の主役はアコーディオンとギター(ヴィオラ?10弦のヤツ?)でしょうか。
 ドラムレスで強い浮遊感の優雅な音は、前作のようにストリングスが入るとさらに優雅になるのでしょうが、空白の多い空間にときおり管楽器が音を出すスタイルは、素朴でかつ優雅。
 ビートが上がってもその優雅さ、穏やかさはそのまま。
 いろんな楽器が入れ代わり立ち代わり出てくるスタイルは、シンプルでさり気ないようで計算しつくされた音作りなのでしょう。
 もちろんメロディは終始郷愁感が漂うブラジリアンな音の流れ。
 いつもながらにどこか遠いところ、遠い時代に連れて行ってくれるトリップミュージック。
 素朴なようで洗練の極み・・・
 ・・・てな感じで、いつも通りの形容になってしまうのですが、高尚に過ぎずほどほどポップなバランスは、諸作の中でも本作が一番和むかもしれません。
 ジャケットはシルクでもベルベットでもないストローのハットに、色調を落とした微妙なカラーのポートレート。
 今年の私的ジャケット大賞はこれ。たぶん。
 中身もナチュラルで優雅で、アンティークなようで新しい、そんな音。





 リーダー作、並びに参加作。私が知る限り。
 ハズレなしの名作揃いですが、最近の静かで穏やかな作品も素晴らしいのですが、初期も名作揃い。
 ジャズな“Nem 1 ai”、ポップな“Iaiá”もいいなあ。
 さて、どれがベストか?・・・判断不可ですかねえ・・・

 “Afro-sambas” (1995) with Paulo Bellinati
Trampolim” (1998)
Voadeira” (1999)
Nem 1 ai” (2000)
 “Lachrimae” (2003) Andre Mehmari 
Iaiá” (2004)
“Noites de Gala, ao vivo” (2008)
 “De Arvores E Valsas” (2008) Andre Mehmari 
 “Veja o Som (See the Sound)” (2009-2010) Jovino Santos Neto 
 “Canteiro” (2010, 2011) André Mehmari 
 “Orillania” (2012) Carlos Aguirre 
Corpo de Baile” (2014)
 “Porto Da Madama” (2015) Guinga 
Caipira” (2017)

posted by H.A.

【Disc Review】“Clareia” (2017) Sabrina Malheiros

“Clareia” (2017) Sabrina Malheiros
Sabrina Malheiros (Vocals, Guitar)
Zé Carlos Santos (Acoustic Guitar) Kiko Continentino (Electric Piano, Synthesizer)
Alex Malheiros (Bass, Backing Vocals) Ian Moreira, Jakaré (Percussion)
Daniel Maunick (Programming, Synthesizer)
Marcelo Martins (Flutes), Leo Gandelman (Sax, Flute)

Clareia
Far Out Recordings
2017-07-28


 ブラジルのボーカリストSabrina Malheirosの最新作。
 バンドのメンバーはAzymuthの父上Alex Malheirosを含めて、十数年前のデビュー作“Equilibria” (2005)とほぼ同じ。
 プロデューサーも同じくIncognitoのファミリーのDaniel Maunick。
 ってな感じで、こちらも変わらないブラジリアンIncognitoなダンサブル・ブラジリアンファンク。
 冒頭から1980年代にタイムスリップしたかのような、ブリティッシュファンク、あるいはAORな音。
 チョッパーベースにタイトなドラム、フルートの涼し気な響きにクールな歌声、ギターのカッティングに少々懐かし気なシンセサイザーの音。
 “New Morning” (2008)に比べると、サウンドはよりシンプルになり、デビューアルバム“Equilibria” (2005)に戻ったようにも感じます。
 そちらよりもデジタルっぽさは薄くなりましたが、デビュー時十数年から基本的なサウンドは変わりません。
 少々悲し気でキャッチーなメロディもそのまま。
一度聞いただけで頭に残るほどの強烈な美メロはないにせよ、捨て曲なしの名曲揃いなことも、どのアルバムも共通。
 ちょっとビートを落としてルーズな音作りにすると、郷愁感が強くなって、もっと今風のブラジルっぽく浮遊感の強い音になるのかもしれませんが、ま、このタイトな感じがこの人の色合いなのでしょう。
 Incognitoもさることながら、“Night-Birds” (1982) Shakatak を想い起こしてしまうのは、ブリティッシュファンクの色合いゆえ。
 ま、あちらもブラジルの香りもあったので通じる音になるのは必然なのですかね。
 ってな感じで、あの時代のオシャレでバブリーな懐かしいような空気感。
 この時代、希少・・・なのかな?




posted by H.A.


Profile
記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ