吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

European

【Disc Review】“Entendre” (2020) Nik Bartsch

“Entendre” (2020) Nik Bartsch

Nik Bartsch (Piano)

Entendre
ECM Records
2021-03-19


 スイスのミニマルファンクなジャズピアニストNik Bartsch、ソロピアノ作品。
 ピアノ一台でもやはりミニマルファンクジャズ。
 楽曲もいつものModuleXXシリーズ。
 RoninMobileでの演奏で世に出ている楽曲の再演もありますが、バンドでの演奏とは印象が異なります。
 メンバー間の探り合うような時間が無くなりなり、単刀直入、直球勝負。
 硬質なピアノ、硬質なビート。
 ダークな空気感、妖しいムード。
 強い緊張感を伴いひたすら続くリフレインと現れては消えていく哀しいメロディ。
 一定のパルスを保ちつつ、グラデーションを描きながら徐々に変わっていく景色。
 各曲終盤に向けて徐々に上がっていく音量、テンション。
 そして、内に内に向かっていたエネルギーが一気に外に向けて放たれる瞬間・・・開ける視界・・・
 大筋の流れはバンドでの演奏と変わらないのかもしれませんが、ピアノ一台ゆえの混り気なし、明確な輪郭、シャープでひたすら美しい音。
 ジャズ的なインプロビゼーションの時間がほとんどないのも変わりませんが、バンド全体が絡み合いながらリフを作る諸作品よりもシンプルで、メロディと展開が明確に見えるようにも感じます。
 ビートが強くなってもピアノ独奏ゆえの静かな佇まい。
 静謐で硬質、図らずとも背筋が伸びるような時間。
 妖しく美しい音のリフレインが誘う陶酔感に浸るか、徐々に変わっていく景色を眺めるか、大きな変化の瞬間がもたらすカタルシスを待つか。
 エネルギーが外に向かうオーソドックスなジャズとは違う、内向的で求道的、静かなミニマルジャズ、ってな感じでよろしいかと。

※ソロでのライブ演奏から。
 

posted by H.A.



【Disc Review】“Mare Nostrum III” (2016) Paolo Fresu, Richard Galliano, Jan Lundgren

“Mare Nostrum III” (2016) Paolo Fresu, Richard Galliano, Jan Lundgren

Paolo Fresu (trumpet, fluegelhorn) Richard Galliano (accordion, bandoneon, accordina) Jan Lundgren (piano)

MARE NOSTRUM III
FRESU/GALLIANO/LUNDG
ACT
2019-01-19


 ヨーロッパのスタイリストたちのトリオ、三作目、2016年録音。
 メンバーそれぞれの母国で録音する趣旨だったらしく、イタリア“Mare Nostrum” (2007)、フランス“Mare Nostrum II” (2014)ときて、本作はスウェーデン録音。
 場所は違えど、三作とも穏やかで上品、スタイリッシュな音。
 ゆったりとテンポ。
 ドラム、ベースレスゆえの緩やかな浮遊感。
 美しいピアノ、洒落たムードと哀愁を醸し出すアコーディオン、クールなトランペット。
 過剰ではない、控えめでもない、絶妙なバランスのアンサンブル。
 オリジナル曲を中心としつつも、間に挟まれたMichel Legrandやイタリアの哀愁曲が中に溶け込んでしまう、美しい哀愁メロディの連続。
 ECMレコード的な毒気はなく、ひたすら美しくほのかに哀しい、そしてわかりやすい音。
 ベタかなあ・・・とか思ってもいても、はからずとも気持ちが穏やかになる、そんな音の流れ。
 ミュートされたトランペットやときおりのアコーディオンの疾走にジャズだなあ・・・と思いつつも、埃っぽさや汗臭さ、気難しさなしの徹底された洗練。
 さりげないのだけども、これでもかこれでもかと続くほのかな哀愁サウンド。
 紛れもなくスタイリッシュなのに、暖かで懐かしい感じがするのは、このバンドの色合いなのでしょう。
 三作、どれをとってもどこを切り取っても金太郎飴、穏やかで上品、優しくて暖かな音。
 冬が終わった暖かな日の昼下がりあたりにどうぞ・・・
 ・・・って、何年か前の三月にも同じようなこと書いてましたね
 この時候になると思い出す、そんな音のようです。


 

posted by H.A.



【Disc Review】“Uma Elmo” (2020) Jakob Bro

“Uma Elmo” (2020) Jakob Bro

Jakob Bro (guitar)
Arve Henriksen (trumpet) Jorge Rossy (drums)

Uma Elmo
Jakob Bro
ECM
2021-02-12


 デンマークのギタリストJakob Bro、ECMレコードでの第四作。
 ECMではトリオ二作にワンホーンカルテットときて、本作はベースレス、トランペットとドラムとの変則トリオ。
 トランペットはECM御用達、ノルウェーの寂寥感の塊の人。
 顔ぶれ通り、静かで幻想的な音。
 全編ゆったりとしたテンポ、フリー、あるいはアルペジオが作る線の細いビート、自由にアクセントをつける静かなドラム。
 リバーヴに包まれたクリーントーンのギターが作るフワフワとした空気。
 そんな空間を漂う、サブトーンたっぷり、すすり泣くようなトランペットが奏でる物悲しいメロディ。
 前作“Returnings” (2018)と似た編成ですが、質感は異なります。
 トリオでの生暖かい感じから、温度、湿度が下がった印象の前作よりもさらに温度、湿度が下がった感じ。
 トランペットがデンマークの人からノルウェーの人に北上したからか、ベースのまろやかな支えがないからか、それとも激情な場面はわずかのみ、抽象的な時間が増えたからでしょうか。
 いずれにしても、乳濁色な感じが薄らぎ、シャープになった印象。
 哀しく懐かしい空気感、静かにゆったりと進む時間はそのまま。
 そしていつもながらにドラマチックな展開。
 静かに立ち上がる序盤。
 混沌~緊張の中盤。
 安堵したような、あるいはやるせないような、複雑な結末の終盤。
 これまたいつもながらに哀しくも懐かしい映画の世界。
 ひんやりとした空気感と幻想、いかにも北欧な感じの空気感。
 そんな一作。


 

posted by H.A.



【Disc Review】“Characters On A Wall” (2019) Louis Sclavis

“Characters On A Wall” (2019) Louis Sclavis

Louis Sclavis (Clarinets)
Benjamin Moussay (Piano) Sarah Murcia (Double Bass) Christophe Lavergne (Drums)

Characters On A Wall
ECM Records
2019-09-20


 フランスのクラリネット奏者Louis Sclavis、2019年作、オーソドックスなジャズ編成カルテット。
 本作では先端エレキギターもバイオリンもエレピも出てきません。
 そんな普通な編成で、普通に寄った摩訶不思議なLouis Sclavisワールド。
 例の妖しい旋律を奏でるクラリネットと、あくまでメロディアス、不協和音までが美しいピアノが絡み合う美しいコンテンポラリージャズ。。
 ECMでのお約束、ルバートでのスローバラードの時間もたっぷり。
 Benjamin Moussayは“Sources” (2012)辺りからの準レギュラーなのだと思いますが、この共演でこれほど普通にコンテンポラリージャズピアノを演じることはなかったように思います。
 ECMでのソロ作品“Promontoire” (2019)よりも強い躍動感。
 漂い、零れ落ち、ときに疾走する、クラシックをまとった美しい音。
 タダ者ではない感、たっぷり。
 そんなピアノが全体のイメージを支配している感じでしょうか、例の不穏さはなく、激しさ、妖しさ、不思議さが抑制された印象。
 漂うビート、美しいピアノの響きの中を泳ぐ艶やかなクラリネット。
 現代音楽的、あるいは激しいプログレッシブロックな場面はなく、4ビートとはいかずとも、あくまでジャズな感じが勝ります。
 全編通じて不思議さはほどほど、抑制された美しいヨーロピアンコンテンポラリージャズ。
 毒気をお求めの向きには、さて、どうでしょう。
 ぶっ飛んだり死に至ったりする感じはありませんが、十分に痺れるほどの成分が混ざっていると思います。
 私的にはこのくらいがちょうどいい感じ。
 美しい音が支配する名演奏。


 

posted by H.A.



【Disc Review】“Asian Fields Variation” (2017) Louis Sclavis

“Asian Fields Variation” (2017) Louis Sclavis

Louis Sclavis (Clarinets)
Dominique Pifarély (Violin) Vincent Courtois (Violoncello)

Asian Fields Variations
ECM Records
2017-03-17


 フランスのクラリネット奏者Louis Sclavis、変則トリオでの摩訶不思議な音楽。
 リズム隊、コード楽器なし、バイオリンとチェロとのトリオ。
 メンバーは“Rouge” (1991)あたりから共演が続くヨーロピアン。
 前作“Silk and Salt Melodies” (2014)は中近東~インドな色合いでしたが、本作のテーマはアジアのよう。
 絡み合う弦が醸し出す強い緊張感。
 ダークさを纏った抽象的な音の流れ。
 おそらくはキッチリと譜面にされたアンサンブルが中心なのだと思いますが、フリーあるいは現代音楽的な場面も多い構成。
 アジアの何処、何時をイメージしたのかはわかりません。
 冒頭のビートを定めず漂うような哀感は雅で日本的なような感じがするし、ところどころに現れる悠久系、あるいはインド系中華系の空気感がそれなのでしょうか。
 そんな中での激しいクラリネットの疾走。
 ヨーロッパ、インド、中近東と表情を変えるバイオリン、激しくうごめくチェロ。
 打楽器なしながら、あのKing Crimsonなキツいビート、リフな場面も登場しつつ、最初から最後までダークさと緊張感に包み込まれた時間。
 そして最後に収められたほのかな光。
 さて、フレンチから見たアジアはどんなイメージだったのでしょう。
 さて・・・?


 

posted by H.A.


【Disc Review】“Silk and Salt Melodies” (2014) Louis Sclavis

“Silk and Salt Melodies” (2014) Louis Sclavis

Louis Sclavis (Clarinet)
Benjamin Moussay (Piano, Keyboards) Gilles Coronado (Guitar) Keyvan Chemirani (Percussion)

Silk and Salt Melodies
Sclavis, Louis -Quartet-
Ecm Records
2014-09-30


 フランスのクラリネット奏者Louis Sclavis、ベースレスの変則カルテット。
 前作“Sources” (2012)のトリオに中近東~インド系のパーカッションを加えた編成。
 編成、タイトル通りに中近東エスニックな空気感。
 いつもながらの不穏で摩訶不思議なメロディたちに加えて、中近東~インド系な雰囲気たっぷり。
 冒頭、エレピとバスクラリネットの漂うような絡み合い、いかにもヨーロピアンコンテンポラリージャズな感じから始まり、エスニックなパーカッションとサイケなギターが加わると、中世ヨーロッパなのか、地中海なのか、アフリカなのか、はたまた1960年代末の米英なのか、どこにいるのかわからない空気感。
 ドラムではなく中近東~インド系のパーカッションの静かな響きがとてもクール。
 ピアノが前に出るとクラック混じりのECMな現代ヨーロピアンジャズ、エレピであればエレクトリックMilesあたり、ギターが前に出る時間はサイケな音。
 ヨーロッパ、中近東、インドとさまざまに表情を変えながら、静かに漂うように、そして淡々と流れていく音。
 そんな不思議な空間の中を縦横無尽、変幻自在に動き疾走する、ヨーロピアンな艶やかなクラリネット。
 ダークで不思議感たっぷり、中近東なやるせなさたっぷり。
 激しさよりも抑制されたムードがとてもクール。
 静かな不思議系、中近東なフレンチジャズ、ってな感じでよろしいのでは。


 

posted by H.A.


【Disc Review】“Sources” (2012) Louis Sclavis

“Sources” (2012) Louis Sclavis

Louis Sclavis (Bass Clarinet, Clarinet)
Benjamin Moussay (Piano, Fender Rhodes, Keyboards) Gilles Coronado (Electric Guitar)

Sources
Sclavis, Louis
Ecm Records
2012-06-26


 フランスのクラリネット奏者Louis Sclavis、2012年作。
 本作はギターとキーボードとのトリオ。
 ピアノはいかにもECMな美しい系、ギターはサイケな感じも入り混じる先端ロック系。
 ドラムレスでのトリオならば静かに漂うような演奏・・・確かにそんな楽曲もありますが、ピアノかギターがキッチリとビートを作る速いテンポ、激しい音も多く、攻撃的な印象。
 メロディは例の不穏系、陰鬱系、あるいは複雑系。
 不思議な方向に流れていく旋律、ジプシー系、中近東系、アフリカ系などなどさまざまな表情。
 ときおりエレピとギターが絡む先端系ロックな色合いも交えつつ不思議感たっぷり。
 アンサンブルで固められた楽曲とインプロビゼーション中心の楽曲が交錯しますが、前者は現代音楽的、後者は静かなフリージャズ的。
 複雑怪奇な旋律の強烈なユニゾンに計ったような(計っているのでしょう)オブリガード。
 アンサンブルで固められていると思っているところから抜け出し、代わる代わるに明後日の方向に動き、突っ走り、転げまわるクラリネット、ピアノ、ギター。
 全編を覆うダークな空気感も含めて毒気たっぷり、気難しい系な印象。
 全部含めて無国籍、無時代、アグレッシブなトリオミュージック。
 摩訶不思議。


 

posted by H.A.


【Disc Review】“Lost on the Way” (2009) Louis Sclavis

“Lost on the Way” (2009) Louis Sclavis

Louis Sclavis (Clarinets, Soprano Saxophone)
Maxime Delpierre (Guitar) Olivier Lété (Bass) François Merville (Drums)
Matthieu Metzger (Soprano Saxophone, Alto Saxophone)



 フランスのクラリネット奏者Louis Sclavis、2009年作。
 “L'Imparfait des Langues” (2007)と同じくサックスを加えた二管編成ですが、またまた編成、メンバーを交代。
 ギタートリオに二管の一見普通なジャズ編成。
 それでも・・・と思いきや、意外にも普通にコンテンポラリージャズな、いやプログレッシブロックな色合い。
 不思議系のメロディ、エスニックな空気感、不穏なムードは同様ですが、エレキベースを含めたギタートリオが普通にビートを出している場面が多いから、混沌に突っ込んでいく場面が少ないからでしょうか。
 但し、ロック色の強い重めのビート、リフ中心。
 要所でエレキギターのロックな激しいソロやら、未来な感じの展開もあります。
 それでも諸作と相対的には非日常感が薄いのは、ビートがキッチリしているからなのでしょう。
 サックスは前任者に比べてシャープな感じですが、同じく激しい系ジャズな感じ。
 ジャズ、フリージャズ好きな人はさておき、ロックなジャズ、あるいはジャズ色の強いロックとしてわかりやすい演奏が多いように感じます。
 もちろんテーマのメロディ、リフは強烈に不思議系ですが・・・
 ヨーロピアン・エスニック・プログレッシブロック・コンテンポラリージャズ、ってなところでよろしいのでは。


 

posted by H.A.


【Disc Review】“L'Imparfait des Langues” (2007) Louis Sclavis

“L'Imparfait des Langues” (2007) Louis Sclavis

Louis Sclavis (Clarinet, Bass Clarinet, Soprano Saxophone)
Paul Brousseau (Keyboards, Electronics, Guitar) Maxime Delpierre (Guitar) François Merville (Drums)
Marc Baron (Alto Saxophone)

L'Imparfait Des Langues
ECM Records
2007-01-30


 フランスのクラリネット奏者Louis Sclavis、2007年作。
 サックスを加えた二管、ギター、キーボード、ドラムでのベースレス変則クインテット。
 ギターは先端系ロックな色合い、ベースラインはキーボードでのウネウネグニョグニョな電子的な音。
 例によって不思議系、複雑にアップダウンするメロディ、あるいはプログレッシブロックなリフ、エスニックな香り。
 攻めまくるギター、ときおり聞こえる電子音、囁き声。
 とても妖しく、激しい。
 不穏で陰鬱な空気感が流れていますが、どこかあっけらかんとした感じ、すっとぼけたような感じがするのもあの色合い。
 が、攻撃的ジャズなアルトサックスが登場すると一転、ジャズの香りも濃厚。
 もちろんリーダーのクラリネットもあのジャズな強烈な疾走。
 非日常的なテーマと先端的なギターとジャズな管の微妙なバランス、あるいはアンバランス。
 全部含めて意外にとっつきやすいアルバムだったりして。
 タイトルは“言語の不完全さ”の意?
 うーん、やはり摩訶不思議。

※別のバンドの演奏から。
 

posted by H.A.


【Disc Review】“Dans la Nuit” (2000) Louis Sclavis

“Dans la Nuit” (2000) Louis Sclavis

Louis Sclavis (clarinet, bass clarinet)
Jean-Louis Matinier (accordion) François Merville (percussion, marimba)
Dominique Pifarély (violin) Vincent Courtois (cello)

Dans La Nuit
ECM Records
2002-02-21


 フランスのクラリネット奏者Louis Sclavis、無声映画の仮想?サウンドトラック。
 そもそも不可解、理不尽な映画、演劇のような諸作からすれば、本領発揮なアルバム、なのでしょう。
 サポートはパーカッションに弦楽器、アコーディオン。
 ダークなムードで幕を開け、明るいのか暗いのか、すっとぼけてるのか沈痛なのかわからない、それらが交錯する展開。
 緊張感を煽る役回りのバイオリンとチェロ。
 雰囲気を和ませ安堵感を醸し出す役回りのアコーディオン。
 ときおり幻想を加えるマリンバ。
 それらに囲まれながら優雅にメロディを奏でるクラリネット。
 強烈な疾走は抑制し、あくまでアンサンブルの一員としての立ち振る舞い。
 ジャズな感じは薄く、室内楽クラシック、ミュゼット混じりな感じでしょうか。
 不思議感たっぷりですが、難解ではありません。
 少々の迷宮感、でも出口のない感じではありません。
 むしろメロディアスで展開も明確。
 激しい場面や強烈に悲しい場面があるわけではなく、かといって安らぎや希望に満ちた感じでもありません。
 淡々と進む音。
 感情を抑えて、諦観しつつ彷徨うようなムード。
 そんな映画なのかどうかはわかりません。
 タイトル通り「夜」、そんな感じ。
 摩訶不思議な夜。

※たぶんこの映像だと思うのですが・・・そんな音です。
 

posted by H.A.


Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ