吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

European

【Disc Review】“Fairytales” (1982, 1979) Radka Toneff

“Fairytales” (1982, 1979) Radka Toneff
Radka Toneff (voice) Steve Dobrogosz (piano)

フェアリーテイルズ (BOM13001)
ラドカ・トネフ
ボンバ・レコード
2015-11-21


 ノルウェーの女性ジャズボーカリストRadka Toneff、ピアノとのDuo作品。
 とてつもなく美しく、悲しいアルバム。
 アメリカ~スウェーデンのピアニストSteve Dobrogoszは、クラシックのムードも纏った美しく上品な音。
 決して派手ではありませんが、時折のタメ、零れ落ちるような、浮遊するような音使いを含めて、ECMでリーダー作があってもおかしくない、いかにもヨーロッパジャズなピアノ。
 その上を漂うような、透明度の高い可憐なボイス。
 線が細めに聞こえること、上の方で微妙に裏返る事も含めて、とても繊細で儚い歌。
 ポップスからの選曲、“My Funny Valentine”、”Nature Boy”といったスタンダード。
 大きなフェイクもなく、奇をてらったアレンジもありません。
 際立って美しい声とピアノ、全編スローで徹底的に静謐な事を除けば、この時代の作品にはたくさんありそうな構成。
 ECMの名作“Somewhere Called Home” (1986) Norma Winstoneあたりに近い感じではあるのですが、もっとポップで、もっと普通にジャジー。
 静かで淡々とした色合いは、あの時代の北欧ジャズの静かで美しい佳作、確かに妖精だなあ・・・とサラリと聞き流してしまうかもしれません。
 が、なぜか微かに漂う凄み。
 その根源はよくわかりません。
 事実としては、Radka Toneffは本セッションの数ヶ月後に自殺したとのこと・・・
 ・・・
 似た感じだからといって他のアルバムと並べるのはちょっと畏れ多い。
 大名作です。




posted by H.A.

【Disc Review】“Stomach Is Burning” (2006) Melanie De Biasio

“Stomach Is Burning” (2006) Melanie De Biasio 
Melanie De Biasio (vocal)
Pascal Mohy (Piano) Pascal Paulus (Keyboads) Axel Gilain (Bass) Teun Verbruggen (Drums) Steve Houben (Sax, Flute)



 ベルギーのボーカリストMelanie De Biasioの静かなコンテンポラリージャズ作品。
 ピアノトリオに管楽器のオーソドックスな編成。
 零れ落ちるようなピアノ音と柔らかなグルーヴがいかにもなヨーロピアンテイスト。
 ボイスは低音な感じでほんの少しハスキー。
 漂うようなウイスパー系。
 “My man's gone now”なんてスタンダードも入り、ウッドベースとハイハットと交錯してスイングする、オーソドックスな質感の4ビートも多いのですが、あくまでコンテンポラリージャズな空気感。
 ときおり電子楽器も混ざるけども、あくまでアコースティック。
 ECMっぽくもあるし、ポップスっぽくもるけども、あくまでジャズ。
 絶妙なバランスの静かな音。
 とてもクールでダークな夜のジャズ、現代版。




posted by H.A.


【Disc Review】“Liberetto III” (2017) Lars Danielsson

“Liberetto III” (2017) Lars Danielsson
Lars Danielsson (double bass, cello, piano, wah-wah cello, guembri)
Grégory Privat (piano) John Parricelli (guitars) Magnus Öström (drums, percussion)
Arve Henriksen (trumpet, voice) Mathias Eick (trumpet) Björn Bohlin (english horn, oboe d'amore) Dominic Miller (acoustic guitar) Hussam Aliwat (oud)

LIBERETTO III
V/A
ACT
2017-05-26


 北欧ジャズの大御所Lars DanielssonのLiberettoシリーズ第三弾。
 “Liberetto” (2012)、“Liberetto II” (2014) と変わらない、哀愁短編小説集のような、悲し気でメロディアス、ドラマチックな楽曲。上品、上質なヨーロピアンコンテンポラリージャズ。
 今回のピアニストはカリブのGrégory Privat
 この人のバンドのピアニスト、古くはBobo Stenson、その他以下などの強烈な面々。
  “Libera Me” (2004) Carsten Dahl
  “Pasodoble” (2006,2007), “Tarantella” (2009) Leszek Mozdzer
  “Liberetto” (2012)、“Liberetto II” (2014) Tigran Hamasyan
 よくもまあ、私的な好みの人ばかり連れてくるというか、何と申しましょうか。
 凄まじいテクニック、疾走感もさることながら、それぞれ個性は違えど、Larsさんの頭の中で鳴っている少々沈痛気味の哀愁のメロディに合いそうな人をチョイスしているんでしょうね。たぶん。
 であれば、私の好みに合うのは偶然ではなく必然なのでしょう。たぶん。
 上記の三人のピアニストに比べて、強烈な個性は譲りますが、その分、上品でスッキリした感じ。
 自身のリーダー作“Ki Koté”(2011)、“Tales of Cyparis” (2013)などでは、強烈な疾走感に加えて、カリブ~南米系特有の浮遊感が加わる素晴らしい演奏でしたが、本作でも要所で軽快に突っ走っています。
 さておき、本作も全編哀愁が漂う切ないメロディに圧倒的なバンドの演奏力。
 ピアノトリオ+ギターをベースとして、曲ごとにホーン他のゲストが入る構成。
 ゲストはこの人のアルバムではお馴染みの寂寥感の塊のような音のノルウェー人トランペッター二人に、その他エキゾチック系の楽器などなどなど。
 楽曲ごとに前面にフィーチャーされる人が変わっていきますが、美メロ、美コードをベースに長尺にインプロビゼーションする・・・というよりは、凝った構成とアンサンブルが中心になってきた感じでしょうか?
 クラシック系、アラブ系、スペイン系、ディストーションが効いたギターがうなるロック、ボッサのバラード、いかにもなヨーロピアンピアノジャズ前向き系、沈痛系、尺八のような響きのトランペットの寂寥系、疾走系・・・その他諸々。
 諸々のテイストが混在しているのですが、ここまでの諸作に比べて、全体の演奏がカッチリ、スッキリしている分、また、インプロビゼーションが前面に出る場面が少なく感じられる分、ポップに聞こえるかもしれません。
 そのあたりで好みがわかれるのかな?
 いずれにしてもメロディはあの昭和的?な哀感が漂うLars Danielssonワールド。
  北欧哀愁短編小説ジャズは健在です。





 Lars Danielson諸作、私が知る限り。
 他にもたくさんの参加作品があるのでしょう。
 現在のACTのシリーズとその前の作品の間で期間が空いています。
 オリジナル曲の作風がその間で変わっているのが面白いところ。
 くどいまでの美メロはそれまでの親分Lars Janssonの影響が強かったりするのかな?
 いずれにしても現代の北欧ジャズの親分、その最右翼の一人、ですかね。

Time Unit” (1984)
"New Hands" (1986)
"Tiá Diá" (1987) with Alex Acuña
  "The Eternal Now" (1987) Lars Jansson
"Nightlight" (1990) with Alex Acuña
"Poems" (1991)
  "A Window Towards Being" (1991) Lars Jansson
"Fresh Enough" (1992)
"Far North" (1994)
"Continuation" (1994)
"European Voices" (1995)
  "Invisible Friends” (1995) Lars Jansson
  ”The Time We Have” (1996) Lars Jansson
  "Our Standards" (1996) Joey Calderazzo
"Origo" (1997)
"Live At Visiones" (1997)
  ”Hope” (1999) Lars Jansson
  "Witnessing" (2002) Lars Jansson

Libera Me” (2004)
The Time” (2005) Leszek Mozdzer, Lars Danielson, Zohar Fresco
“Live” (2005,2006) Możdżer, Danielsson, Fresco
Melange Bleu” (2006) Lars Danielsson
Salzau Music On The Water” (2006) Danielsson, Dell , Landgren
Between Us & The Light” (2006) Możdżer, Danielsson, Fresco
  "Notes From The Heart" (2006) Ulf Wakenius
Pasodoble” (2006,2007)
  "Love Is Real" (2008) Ulf Wakenius
  "Voyage" (2008) Youn Sun Nah
Tarantella” (2009)
  "Same Girl" (2010) Youn Sun Nah
  "Arabesque" (2011) ‎with Cæcilie Norby
  "Vagabond" (2012) Ulf Wakenius
Liberetto” (2012)
  "Lento" (2012) Youn Sun Nah
Polska” (2013) Możdżer, Danielsson, Fresco
Liberetto II” (2014)
  "Just The Two Of Us" (2015) ‎with Cæcilie Norby  
Jazz at Berlin Philharmonic III” (2015) Leszek Możdżer
  "Sun Blowing" (2016) with Marius Neset, Morten Lund
Liberetto III” (2017)

posted by H.A.

【Disc Review】“Melange Bleu” (2006) Lars Danielsson

“Melange Bleu” (2006) Lars Danielsson
Lars Danielsson (cello, acoustic bass, Fender bass, piano, Fender Rhodes)
Bugge Wesseltoft (piano) Eivind Aarset (guitar) Gustaf Ljunggren (steel guitar, syntheziser) Jon Christensen (drums, percussion) Anders Engen (drums)
Jan Bang (samples, livesampling) Pål ''Strangefruit'' Nyhus (vinyl channeling) Vytas & Mario Basanov (beats & samples) Xavier Desandre Navarre (percussion)
Nils Petter Molvaer (trumpet) Cæcilie Norby (voices)
Copenhagen Concert Orchestra

Melange Bleu
Lars Danielsson
Act
2006-10-24


 Lars Danielsson の静かでクールなフューチャージャズ的作品。
 メンバーには“Libera Me” (2004)にも参加していたノルウェーのNils Petter Molvaer人脈の面々の名前。
 Nils Petter Molvaerの諸作ほど暗くて激しい場面があるわけはありませんが、いかにもそれらしいビート、展開もしばしば。
 が、全体の音の流れはあくまで静謐です。
 Bugge Wesseltoftの色合いが最も強く出ているのかもしれませんが、いずれにしてもノルウェー系のクリエイティブ系ジャズ、あるいはラウンジ系ミュージックの色合い。
 そんな電子音を含めたクールで淡々とした色合いと、Lars Danielssonの昭和的?哀愁ジャズのフュージョンミュージック。
 悲し気なメロディとクールで電子的なビートを背景にして、寂寥感の塊のようなトランペットやら、美しいピアノやら、チェロやら・・・
 私が知る限りのLars Danielsson諸作ではほとんどなかった無機質な感じが強く、とてもクール。
 ちょっと聞いただけでは彼の作品とは思わないかもしれません。
 ひんやりとした質感と淡々と進むリズム、少々のデジタル臭~人工感。
 彼の作品としては異色で、ジャズ的な色合いも薄いのですが、とても心地よい音。
 ジャズジャズした他の作品よりもポップに聞こえるかもしれません。
 この作品のピアノはノルウェーのBugge Wesseltoft
 近作の若手ピアニストのように突っ走ることはありませんが、電気楽器の使い方を含めて、とてもクールでかつ悲し気な表情。
 Lars Danielssonバンドのピアニスト、古くはスウェーデンの大御所Bobo Stenson、先の“Libera Me” (2004) ではデンマークのCarsten Dahl
 さらに本作と並行して、あるいはこの後、ポーランドのLeszek Możdżerとのコラボレーション“The Time” (2005)、“Between Us & The Light” (2006)、”Pasodoble” (2006,2007)、“Tarantella” (2009)・・・・ ‎が始まり、次いでアルメニアのTigran Hamasyanを迎えて“Liberetto” (2012)、“Liberetto II” (2014)、最近作の“Liberetto III” (2017)ではフランス領カリブ系のGrégory Privatと、凄いピアニストが並びます。
 どの人もスーパーピアニスト、本作含めて、どれも名作です。




posted by H.A.


Disc Review】“Live at Visiones” (1997) Lars Danielsson

“Live at Visiones” (1997) Lars Danielsson
Lars Danielsson (bass, synthesizer, piano)
Bobo Stenson (piano) Jon Christensen (drums)
David Liebman (soprano saxophone)

Live at Visiones
Lars Danielsson
Imports
2010-01-05


 Lars Danielsson、若手~中堅時代のコンテンポラリージャズ作品、ライブ録音。
 少々妖しげ、ヨーロピアンなコンテンポラリージャズ。
 Bobo StensonDave Liebman、Jon Christensenといったビッグネームと組んだこの期のレギュラーバンドでの最終作。
 このステージでもDave Liebmanと楽曲を分け合い、このバンドの集大成的な位置づけでもあるのだとは思います。
 フロントに立つのはソプラノサックスですが、全体の音を支配しているのは、カミソリのように鋭く繊細で美しいBobo Stensonのピアノのようにも感じます。
 サックスが抜けてピアノトリオになった場面はもちろん、さり気ないバッキングでもタダモノではない音の流れ。
 Bobo Stenson はECMに復帰して制作を続けている時期で、近作は“War Orphans” (1997)あたり。
 独特のクールな緊張感が全編に漂います。
 各曲がコンパクトにまとめられていたスタジオ録音作品ではあまり感じなかった少々重めの質感、あるいは、John Coltraneのムードが漂うのは、モーダルな演奏に加えて、その時代を経たミュージシャンならではの空気感でしょうか。
 Lars Danielssonはこの後ACTに移籍。
 若手メンバーを集めつつ、作品のムーどは大きく変わって、“Libera Me” (2004)を始めとする沈痛なまでに悲し気でメロディアスな作品を連発。
 そこに至るまでの、ミステリアスなヨーロピアンジャズのLars Danielsson。
 20世紀も最終局面、21世紀との狭間、そんな音。




posted by H.A.


Profile
記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ